ゆうちょ同士 振込 反映。 ゆうちょ銀行年末年始2019

ゆうちょの土曜日振込の疑問を解決!手数料や入金反映はいつ?

ゆうちょ同士 振込 反映

ゆうちょ銀行同士の振込は即時反映 ゆうちょ銀行口座を持つ人がそこから 相手のゆうちょ銀行口座に振り込みをした場合は、即時反映されます。 振り込み時間の締切はなく24時間いつでも即時反映されますのでとても便利です。 例えば夜中の2時に振込をしても大丈夫です。 他銀行からゆうちょ銀行口座へ振込みは3時が締め切り 他銀行からの振込みまたは、その逆でゆうちょ銀行から他銀行の振込みですが午後3時までに手続き完了すれば、当日に反映されます。 反映までの時間については、他銀行との処理都合となり明確には言えません。 午後3時を過ぎてしまうと当日反映はしません。 翌営業日の取扱として処理されます。 月曜日の午後3時過ぎに手続きをすると火曜日に反映されます。 金曜日の午後3時過ぎに手続きをすると週明けの月曜日に反映されます。 もし、翌営業日が祝日の場合は、さらに翌日という風に反映が遅れていきます。 大型連休前の手続きだとかなり遅れますので注意しましょう。 ゆうちょ銀行の振込み手数料 2018年10月1日より「ゆうちょ口座同士の送金」での手数料条件が少し変更になりましたので注意して下さい。 ・窓口で手続きをしてもらった場合:144円 ・ゆうちょATMを利用した場合:月1回までは無料。 月2回目以降は123円 ・ゆうちょダイレクトを利用した場合:月5回までは無料。 月6回目以降は113円 他銀行への振込み手数料は以下の通りです。 ・窓口で手続きをしてもらった場合:5万円未満648円。 5万円以上864円。 ・ゆうちょATMを利用した場合:5万円未満216円。 5万円以上432円。 ・ゆうちょダイレクトを利用した場合:5万円未満216円。 5万円以上432円。 窓口手続きが高くなるのでなるべくATMまたは、ダイレクトを使いましょう。

次の

ゆうちょ銀行なら即日入金OKってホント?土日祝日や深夜は?

ゆうちょ同士 振込 反映

土曜日の振込は可能 振込の予約になる 土曜日に振り込みを行うことは振込の予約のようなもので、反映されるのは翌営業日となるケースが多いです。 また、同じ銀行間であるか、他行への振込になるかによっても振込先へ反映される時間は変わってきます。 他行への振込であると、平日であっても15時以降の振込は翌営業日となる銀行がほとんどです。 つまり他行への土曜日の振込は「振込の処理自体の受付はできても、振込先へ反映されるのは翌営業日(月曜日が祝日でなければ翌週の月曜日)となる」と覚えておくとよいでしょう。 ネットバンクなら即反映も可能 同じ銀行間であれば24時間振込可能のシステムを構築中の銀行も最近では多いようで、その場合はリアルタイムで反映されます。 一部のネットバンクでは、同じネットバンク間の取引であれば、土日祝日であってもリアルタイムに振込が反映できます。 りそな銀行とゆうちょ銀行も同じ銀行間であればすぐに振込が確認できるようです。 代表的な銀行の土曜日の振込手数料 ATMからの振込み ATMからの振込は、銀行のATMでもコンビニのATMでも土曜日に振込することが出来ます。 注意すべき点は、コンビ二のATMでは振込予約となり、処理の受付はできても反映されるのは翌営業日となることがほとんどです。 加えてコンビニATMでは基本的には現金での振り込みができないため、銀行口座からの振込になるため一度口座に預入れをしてから振込するようになります。 手数料はおおむね土日は216円が多いようですが、手数料に加えてATM利用料としてプラス108円がかかるケースもあります。 対応している時間も24時間対応もあれば、夜間21時~翌朝8時までは使用不可などさまざまです。 コンビニATMはローソンでは使えてセブンイレブンでは使えないなど、コンビニに置いてあるATM機の種類で使用できる銀行カードが異なりますので覚えておきましょう。 三菱東京UFJ銀行 三菱東京UFJ銀行では、自行他店あてに振り込みをする場合、自行ATMでは1回あたりの振込金額が3万円未満でも3万円以上でも手数料は108円となっています。 土曜日は8:45~21:00まではATM利用料は無料ですが、その他の時間帯は手数料108円となります。 ネットバンキングの三菱UFJダイレクトのおいては、自行他店でも振込手数料は無料で、他行あては3万円未満が216円、3万円以上が324円です。 ゆうちょ銀行 ゆうちょ銀行同士の振込は平日と同じように、土日祝日も振込後にすぐに確認が取れます。 ATMを使えば手数料は月に3回まで無料です。 ATM利用で月に4回目からは123円の手数料がかかります。 なお窓口の手数料は毎回144円です。 ネットバンキングは、5回まで無料でその後は113円となります。 他行への振込は平日も土日祝日も、5万円未満は216円、5万円以上は432円でとなっています。 ゆうちょ銀行のATMは土曜日には使えないところが多いですが、ファミリーマートはゆうちょ銀行が使えるため、土日祝日にはファミリーマートが便利です。 みずほ銀行 みずほ銀行は土日祝日にATMで振り込むためには、現金の振り込みはできずキャッシュカードが必要になります。 土曜日の0時~22時、日曜日の8時~21時までが振込のできる時間です。 それ以外の時間帯では振込はできません。 手数料は、8時~22時までは108円、0時~8時までは216円のATM手数料がかかります。 振込手数料は、自行他支店は3万円未満は108円、3万円以上は216円となり、他行あては3万円未満は216円、3万円以上は432円です。 三井住友銀行 三井住友銀行の土日祝日の振込は、ATMとネットバンキングを利用する方法となります。 ATMはローソン銀行やファミリーマートのイーネットATMが利用できます。 土日祝日の振込が反映されるのは、自行ATMまたはローソンATM、イーネットATMを使い三井住友銀行同士の振込みであれば、即反映されます。 それ以外は、振込の予約のようなかたちで、振込先の入金対応時間で変わってきます。 手数料はATM手数料と振込手数料がかかります。 自行同一支店内は無料ですが、自行他支店への振込手数料は108円です。 他行への振込の場合、3万円未満は216円、3万円以上は432円です。 イオン銀行 イオン銀行は自行への振込の場合、いつでも0円で振込ができます。 また、ローソンやファミリーマートでのATM利用の場合も月に5回までは手数料無料です。 以降は200円となります。 他行への振込手数料はATM利用の場合、5万円未満であれば432円、5万円以上は648円、ネットバンキング利用の場合は金額に関係なく216円の手数料となっています。 楽天銀行 楽天銀行は自行の場合は、ATM手数料も振込手数料も0円です。 特徴的なのはハッピープログラムという楽天銀行を利用するとポイントが貯まるようになっています。 そのポイントによっては、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートでは月7回までATM手数料は無料になります。 振込手数料も同行あては無料、他行あてはハッピープログラムのポイント数によって変わりますが0~3回までは無料で、以降3万円未満は152円、3万円以上は238円となっています。 土曜日の振込の反映 土曜日に振り込みをしたときの反映は、銀行によって異なります。 これは、振込をした銀行だけでなく振込先の銀行によっても変わってきます。 振込の予約という形で振込の処理を受付できても、即時反映されるのは限られた銀行の中の同一支店内などが多いです。 おおむね、翌営業日に反映される銀行が多いため、もし振込の締切が必要な場合は、前日までに振込を済ませておくのが良いでしょう。 ネット銀行がお勧め ネット銀行は、ATMや窓口に行かずパソコンを使いインターネットを通して取引が行えます。 そのため24時間365日、入出金や取引履歴の確認などができます。 振込に関しては同じ銀行同士であれば土日祝日でも、振込が即時に反映できることもあります。 他行への振込となると翌営業日になるケースが多いですが、手数料が安いという点も魅力です。 同行であれば、ネット上で口座の確認がするできるため、きちんと振込がされているかのチェックも簡単に行えます。 ネット銀行は実店舗がない点が不安という声もありますが、コンビニATMに対応しているネット銀行が多いため、実店舗よりも利便性は高いという見方もあります。

次の

ゆうちょの土曜日振込の疑問を解決!手数料や入金反映はいつ?

ゆうちょ同士 振込 反映

ここでは、ATMで振り込んだ場合の 反映時間について解説します。 下記で説明した新システム同士の振込であれば、特にトラブルなどがなければ 平日の9時~15時は即時反映です。 振込み先もしくは自分の銀行口座が、新システムではない どちらもそうではない、のなら平日では当日中の反映の扱いになります。 いつ入金になるかは、混み具合や、相手や自分の銀行口座によります。 月曜 7時~24時 日曜 7時~21時 火曜~土曜 24時間 に接続などと、日曜の夜や月曜の朝など一部でやってない時間帯もある この場合には、銀行のシステムが稼働していないので、この銀行であったのなら、自分から振込ができない、 または相手口座であるなら、翌営業日後からの反映となります。 銀行の窓口が営業しているような時間帯、ATMで、平日の15時までの振込については、 上述のモアタイムシステムに参加する銀行同士は 手続きが終わり次第で即時反映 となります。 それ以外は、順次に反映されて、当日の中での着金となります。 15時が過ぎた、16時や19時といった夕方や夜での振込の時間などです。 翌営業日の何時になるかは、これも正確にこの時間というのはなく、当日内に順次反映となります。 振込予約の扱いとなります。 お金を振り込む口座の方からは、引かれた状態で相手への着金は次の営業日になります。 何時に反映されるかについては、週明けの翌営業日の銀行が始まる9時以降から順次に相手の口座に反映されます。 順次にデータが反映されていって、当日内での着金となります。 データがたくさんあるので、この時間というのはきっちり決まってませんが 午前9時半、10時、11時など、お昼くらいまでには反映されたりすることもあります。 例えば、自分の口座、相手の口座も、三菱UFJ銀行で同じ銀行同士といった意味です。 「本支店間の振込」ともいいますが、 同じ銀行同士だと、支店同士などのお金の取引になるので、振り込みをして即時に反映する時間も広めです。 例 全銀システムという銀行の団体のシステムにつなげず、1つの銀行の内部の取引で処理できるからです。 ただし、銀行のネットワークが開く午前9時の間際は営業時間外にたまった振込などの取引もたくさんあり システムが混雑するので、9時ちょうどよりちょっと遅れてでの振込もあるようです。 ネット銀行同士でもモアタイムシステムに参加した銀行であれば、土日や平日の夜も即時反映されます。 そうでなければ、翌営業日にお金が反映されます。 月曜日~金曜日の間に祝日だと、昼間の振込でも翌営業日になる場合も 祝日が、本来なら銀行が営業する月曜日から金曜日になってしまう場合もあります。 祝日が月曜から金曜の場合は、銀行の窓口が休みになります。 土曜日や日曜日と同じ休日になるので、昼間に振込が行われても、すぐに相手に反映されない可能性もあります。 自分と相手の銀行が、即時反映のシステムに参加する銀行なら即時に反映もありますが、 そうでないと翌営業日になります。 「あれなんで木曜日の昼間に振り込んだのに、予約扱いで、相手に反映されないんだろう」 と思った時に 「実はその日が祝日だった」、ということもありえます。 モアタイムに入っている銀行でそれ同士なら、すぐに反映、そうでなくても、昼間に振り込めば当日中に反映されます。 1つ注意したいのは、 コンビニは24時間営業していますが、店舗にあるATMで、銀行によって 1週間のうちである時間だけ、サービスを休止している時間帯があるようです。 例えば、ファミマATMの三井住友銀行の時間を見てみると 「日曜の21時から翌月曜日の7時まで」は、システムメンテナンスのため、サービスを休止している とあります。 この時間は、ファミマのATMで三井住友はできないので、振込そのものができないので反映するしないの話もないことになります。 銀行振込の仕組み 銀行同士の振り込みは、銀行員の人が連絡を取り合ってA銀行からB銀行にお金を移しているのでなく大きなシステムで行っています。 例えば 全銀システムと呼ばれるほとんどの銀行が参加するオンラインの通信ネットワークを通して 銀行同士の振り込みのデータのやり取りをして反映させています。 振込データの全銀システムの接続時間は 平日の8時半から15時半までです。 参考 システムが動く時間が決まっているので、土日や夜の振込が振込予約扱いになって、次の営業日の扱いになるのです。 これが24時間化する流れとなってきました。

次の