スペイシー。 アイドリング不調のスペイシー100を修理

ケヴィン・スペイシー

スペイシー

概要 [ ] シリーズとして別に数車種が販売されていたが、共通項としてを搭載するである。 開発の経緯 [ ] に本田技研工業としては初のステップスルースクーターのが発売されると 、1年で38万台をセールスする爆発的ヒット商品となり 、バリエーションの拡大ならびにの多数設定が行われたが、それらはいずれも低コスト・小排気量でも高出力を得やすい特性・シンプルな構造ゆえの軽量な点でを搭載するモデルであった。 一方で4ストロークエンジンのもつ 経済性・ 静粛性・ 耐久性を要望する声もあり、近未来感覚のスタイリングを併せ持つスクーターとして開発されたのが本シリーズである。 なお発売当時の時点では、本田技研工業としてはに生産終了した 以来かつ日本国内では唯一の4ストロークエンジンを搭載するスクーターである。 モデル別解説 [ ] 本項では排気量別に解説を行う。 スペイシー50 [ ] スペイシー50(後期型) 1982年5月7日発表、同月13日発売。 型式名AF02。 正式車名は スペイシー の排気量49ccエンジンを搭載するである。 最大の特徴でもあるAF02E型強制4ストローク単気筒エンジンは、1981年発表のに投入された エコノパワー技術 も活用。 4(mm) から、最高出力5. また変速機も当時としても異例な自動遠心式3速フルを搭載するほか、始動方式は・併用である。 車体も近未来的イメージな直線基調のデザインを採用し、独自構造のボディ一体キー付フロントトランクは容量こそ少ないものの12インチLPレコードの収納を可能とした本モデルは、年間販売目標を240,000台に設定し、以下の標準販売価格 でグレード展開が行われた。 デラックス:159,000円• 2月14日発表、同月15日発売で以下のマイナーチェンジを実施。 グレード展開を廃止し標準販売価格179,000円とする• 変速機をVベルト式へ変更• デジタルスピードメーターを廃止し指針式アナログメーターへ変更• 先端部のウインカー・ポジション一体型を別体型に変更 それに伴いウインカー部はライトカウルに新設 ポジション部はレンズをアンバー色からスモーク色に変更• 年間販売目標を50,000台に縮小 に生産終了。 スペイシー80 [ ] 1982年10月15日発表、同月16日発表。 型式名HF02。 スペイシー50をベースにエンジンの排気量を76ccにアップしたHF02E型エンジンを搭載する2人乗り可能なモデルで、最高出力6. スペイシー50カスタムと同デザインや液晶メーターも採用されるが、タイヤサイズを10インチながら幅を50の3. 00から3. 50へ拡大。 本モデルは単一グレード展開とした上で、年間販売目標を24,000台に設定。 標準販売価格は199,000円とした。 4月25日、同月26日発売で以下のマイナーチェンジを実施。 排気量79ccのHF03E型エンジンに変更• 型式名もHF03へ変更• 標準販売価格209,000円に改訂• タンデムステップ位置と取付ステー部形状の変更 それに伴いサイドモールの形状も変更• 年間販売目標を24,000台に設定 1986年に日本国内向け仕様は生産中止となったが、海外向け輸出仕様は生産が継続され頃まで基本設計も引き継いだ Elite80(エリート80)の車名でを中心に販売された。 スペイシー100 [ ] メーターパネル 9月12日発表、同月13日発売。 型式名は平成11年適応モデルのためBC-JF13。 に本田技研工業が発表した二輪車エンジン4ストローク化方針 に伴い生産終了となったのフル車的モデルで、の現地法人 五羊-本田摩托 広州 有限公司( Wuyang-Honda Motors Guangzhou Co. , Ltd. 0(mm)・排気量102cc・9. 0・最高出力7. 1ps〔5. 8kg-m〔7. スペイシー125 [ ] 125ccクラスでは3代に渡り生産販売された。 本項では型式別に解説を行う。 初代 JF02 [ ] 液晶メーターパネル (輸出仕様Elite150) 3月7日発表、同月10日発売。 型式名JF02。 正式車名は スペイシー125ストライカー( SPACY 125 STRIKER)である。 5(mm)・排気量124ccから、最高出力11. なお年間販売目標は20,000台ならびに標準販売価格 は278,000円とされた。 8月7日発表、同月8日発売のマイナーチェンジでは、液晶メーターを廃止し通常の指針式へ変更・オプションだったリヤキャリアを標準装備化などのを実施。 年間販売目標は5,000台ならびに標準販売価格 は289,000円へ改訂された また本型式は海外向け輸出仕様は Elite125としたほか、エンジンの内径を拡大し排気量を149ccとした Elite150 が製造された。 50-10-4PR 後 3. 50-10-4PR 最高速度 乗車定員 2人 燃料タンク容量 8. 0 L カラーバリエーション 本体価格 289,000円 備考 スペックは1987年式のもの。 型式名JF03。 8(mm)・圧縮比10. また年間販売目標5,000台ならびに標準販売価格 289,000円も継続した。 ただし車体面では、特徴的だったリトラクタブル・ヘッドライトを廃止し一般的な固定式としたほか、外装を曲線基調のエアロフォルムデザインとした。 ・・にカラーリング変更のマイナーチェンジを実施しており、1993年のマイナーチェンジでは自動二輪車のヘッドライト義務化により点灯スイッチ廃止を併せて実施した。 5 L カラーバリエーション 本体価格 314,000円 備考 スペックは1995年式のもの。 型式名JF04。 JF03型から以下の変更を施したフルモデルチェンジ車である。 エンジンの冷却方式を水冷から空冷に変更• 圧縮比を10. 5へ変更• このため型式名をJF04Eへ変更• フロントブレーキをワイヤー式リーディング・トレーリングから油圧式シングルディスクへ変更• シート下に容量20Lのスペースを設置• またカラーリング変更を除いたマイナーチェンジは以下の3回が実施された。 11月16日発表 同月17日発売• 平成11年自動車排出ガス規制への適応• 型式名BC-JF04へ変更• エキゾースト・エアインジェクションシステム()を装着• 最高出力10ps〔7. 盗難抑止に効果的な強化ハンドルロック機構・強化キーシリンダー・直結始動防止回路を採用• 前後輪連動のコンビブレーキを搭載• 小型用 スペイシー125( 教習車仕様)を追加• スペイシー250フリーウェイ [ ]• 導入当初はBが小型スクーター、Fが本格的スクーターに分類されており、50ccクラス原動機付自転車では、本モデルとリード(AF01)がFとされたが、1983年以降はサイズに関係なくスクーターはFに集約。 以後Bは・などレジャーモデル用とされた。 他の排気量モデルと明確に区別するために排気量表記も加えて スペイシー50と通称で呼ばれることが多い。 同様のケースではリードシリーズでも見られるが、初代AF01型リードは正式車名がリード50という例外がある。 ・は3,000円高。 北海道・沖縄は3,000円高。 また16,000円高でウインドシールド付モデルを設定。 北海道・沖縄は5,000円高。 その後もしばらくの間は、100のアジア向け生産を継続したが、頃までスペイシー125も含めた車体構造やデザインを流用した環境規制対応エンジン搭載車を生産していた。 EBL-JF19型リードの発売は2008年1月のため厳密には8ヶ月ほど併売されたことになる。 北海道・沖縄は5,000円高。 北海道・沖縄は8,000円高。 映画「」ではが所有する設定がある。 北海道・沖縄・一部離島は除く。 フロント部分の造形に独特な平らさがあり、特に白色モデルは「」という異名を持つ。 北海道は12,000円高。 沖縄は8,000円高。 一部離島は除く。 北海道は12,000円高。 沖縄は8,000円高。 一部離島は除く。 北海道・沖縄は8,000円高。 一部離島は除く。 教習所専用モデルのため一般販売計画はなし。 出典 [ ].

次の

アイドリング不調のスペイシー100を修理

スペイシー

スペイシー100は、静粛性と低燃費に優れた空冷4ストロークエンジンを搭載し、街中での走行を重視した出力特性としている。 扱いやすい車体サイズに、タンデム走行が楽しめるゆったりとしたシート、安定感ある走行を可能とする前後アルミ製のホイールを採用するとともに、フロントは12インチホイールを採用するなど、ゆとりの走りと快適な操作性を実現している。 さらに、盗難抑止システム、安心のコンビ・ブレーキシステム(前・後輪連動ブレーキ)など充実した装備でありながら、お買い得感ある価格設定としている。 カラーバリエーションは、ブラック、パールホワイト、ボスグレーメタリック、パールコーンイエローの4色を標準設定し、幅広いお客様の要望に応えられるものとしている。 スペイシー100の生産は、Hondaのグローバルネットワークを活用し、日本で研究・開発、アジア諸国で最適な部品を調達し、徹底した品質管理のもと、中国の五羊-本田摩托(広州)有限公司が担当している。 Hondaは、これまでに二輪車を中国から日本(Todayを2002年8月から発売)、アフリカ、中南米、中近東等へ、タイから欧州、大洋州等へ、インドから欧州、アフリカ、中南米等へ、ブラジルからアメリカ、欧州、中南米等へ輸出している。 今回のスペイシー100は、Todayに続く中国からの輸入車第2弾となる。 このように世界中の経営資源を活かし、地域間で商品を補完しあうことで、お客様の多様化する需要に応え、最適なところで生産し、最適なところへ供給するという「Made by Global Honda」の展開をさらに推進していく。 大型ヘッドライトを大胆にレイアウトした印象深いフロントフェイスに、40W/40Wのハロゲンヘッドライトを採用。 アクティブな走りを表現するリアビューと個性的なデザインのコンビネーションランプは優れた被視認性とシャープな躍動感あるスタイルとしている。 シートは、表面にシボ付き表皮を採用し、座り心地の良いウレタン素材を採用するとともに、足つき性に優れた、730mmの低シート高を実現している。 また、リアフォルムをスポーティーに引き立てるアルミキャスト製リアキャリアを装備するとともに、スタンドがけに便利なサイドグリップも装備している。 070 軸距 m 1. 235 最低地上高 m 0. 125 シート高 m 0. 730 車両重量 kg 101 乾燥重量 kg 94 乗車定員 人 2 最小回転半径 m 1. 0 圧縮比 9. 0 最高出力 kW[PS]/rpm 5. 2[7. 1]/7,500 最大トルク N・m[kg・m]/rpm 7. 8[0. 8]/5,000 燃料消費率 km/L 45. 0 60km/h定地走行テスト値 キャブレター形式 VK0AE 始動方式 セルフ式 キック式併設 点火方式 CDI式バッテリー点火 燃料タンク容量 L 6. 5 潤滑方式 圧送飛沫併用式 クラッチ形式 乾式多板シュー式 変速機形式 無段変速式 Vマチック 変速比 1 速 2. 830~0. 850 減速比 1次/2次 2. 500/3.

次の

スペイシー|中古あげます・譲ります|ジモティーで不用品の処分

スペイシー

受賞 『』 『』 『ユージュアル・サスペクツ』『セブン』 『ユージュアル・サスペクツ』『』 『セブン』 AFI賞 『』 (悪役部門第48位) 『ユージュアル・サスペクツ』 『アメリカン・ビューティー』 『』 『アメリカン・ビューティー』 『アメリカン・ビューティー』 『ハウス・オブ・カード 野望の階段』 『ハウス・オブ・カード 野望の階段』 『ロスト・イン・ヨーカーズ』 『氷人来る』 2015年 その他の賞 1999年 映画産業への貢献、映画、演劇界における功績に対して 2015年 ケヴィン・スペイシー( Kevin Spacey, 本名: Kevin Spacey Fowler, — )は、の、のの元芸術監督。 中ごろからは・・としても活動した。 来歴 [ ] サウスオレンジにて、3人兄弟の末っ子として生まれる。 1963年にに転居。 に通うも、喧嘩(同級生にを投げつけた)が原因で退学。 の高校に転入したころから本格的に俳優への道を志すようになる。 一時期、スタンダップ・コメディアンとして活動したのち、1979年にへ渡り、に入学するが2年で中退。 1981年にシェイクスピア・フェスティバルで舞台デビューした。 1986年には『』で映画デビューを果たすと、1991年には作の舞台『』でを受賞。 ・・の全てをそつなくこなす俳優として次第に業界関係者の注目を集めるようになる。 1995年に『』の演技で注目を浴び、同年の『』でをはじめとして数多くの映画賞を受賞し、映画俳優としての地位を確固たるものとした。 1999年には『』でを受賞。 同年には作の舞台『 ()』への出演も話題になった。 2004年の映画『』では、監督・製作・脚本・出演の4役を務めた。 のの芸術監督を、2004年から2015年まで務めた。 2006年公開の『』では、かつてが演じた悪役をハックマンと見まがうほど、役に入り込み演じたことで批評家・観衆双方の絶賛を得た。 モノマネが得意で、これまで、、、などのモノマネを披露したことがある。 2015年、として第2位のKBE Knight Commander of the Order を受勲。 2017年10月、俳優のが14歳の時にスペイシーにを受けたと告発した。 その後、多くの男性たちが同様の告発を行った。 2018年12月、自身の公式チャンネルに、「 Let Me Be Frank」と題された動画を投稿し、『ハウス・オブ・カード』でスペイシーが演じたフランク・アンダーウッドになりきり、自身のセクシャル・ハラスメント疑惑を否定する主張を動画内で語った。 、、、らが上で反応を示し 、現在、動画は1000万回以上再生されている。 同年同月、当時18歳の男性への強制わいせつの暴行の疑惑で刑事告訴された。 しかし、2019年7月に被害者証言の不在を理由に告訴は取り下げられた。 告発した男性が当時使っていた携帯電話の記録は、スペイシーの無罪を証明し得る重要証拠とされていたが、記録の一部削除がされた疑いがあり、携帯電話の提出が求められたが、男性は紛失したと主張していた。 証拠隠滅の罪に問われる可能性を指摘されると、男性は黙秘権を行使し、証言を拒否していた。 また、男性は民事裁判でも訴えていたが、訴えを取り下げている。 告発の結果、はスペイシーとのあらゆる関係を打ち切り、主演映画『Gore』の配信を中止。 主演ドラマ『』シーズン6のキャストからもスペイシーを外した(彼が演じたフランシス・アンダーウッドは死亡した設定となった)。 撮影を終えて公開間近であった映画『』は、が代役に立てられ、スペイシーの全出演シーンが撮り直された。 2018年公開の映画『 』は、告発より前の2016年に完成していたこともあり、セクシャルハラスメントを黙認しない旨とキャスト・スタッフの努力を届けたいという思いを配給側が発表した上で、スペイシーの出演シーンに手を加えず公開に踏み切った。 私生活 [ ] 結婚歴は一度もない。 生活についてはほとんど語らず、何も明かさなかったため 、ではないかと長年にわたり指摘され続けていたが、本人は否定していた。 しかしながら10月、に(当時14歳)にを加えようとした事実がラップ自身の告発により発覚。 この件を「深く酔っていて覚えていない」としながらも謝罪し、同時にであると明言。 に至った。 このカミングアウトに対しては「同性愛とペドフィリアの間に何らかの関係があるという偏見を強化した」「セクハラ告発から注目をそらすための巧妙な策だ」という主旨の批判が同業者及びLGBT関係者から殺到した。 高校ではとと同級生だった。 在学中にメアが役、スペイシーが役で『』を上演したこともある。 Stated on Inside the Actors Studio, 2000• com 2015年6月22日. 2015年6月22日閲覧。 Nordyke, Kimberly 2017年10月29日. 2017年10月30日閲覧。 Felman, Kate 2017年10月29日. 2017年10月29日閲覧。 Miller, Mike 2017年11月2日. 2017年11月3日閲覧。 Brown, Mark; Weaver, Matthew 2017年11月2日. 2017年11月3日閲覧。 Politi, Daniel 2018年12月25日. San Francisco, California:. 2018年12月26日閲覧。 Henderson, Cydney 2018年12月25日. Mclean, Virginia:. 2019年1月4日閲覧。 「」『BBCニュース』、2019年7月18日。 2020年4月30日閲覧。 時事ドットコム. 2020年4月30日閲覧。 Adalian, Joe. Vulture. 2017年12月4日閲覧。 Stolworthy, Jacob 2018年6月20日. London, England: Independent Print Ltd. 2018年7月25日閲覧。 Player. Interview by Lesley White, portraits by Peter Marlow 1999年12月19日. Sara Bliss 2007年5月. Gotham Magazine. Kanetkar, Riddhima 2017年10月29日. New York. 2017年10月29日閲覧。 2017年10月30日閲覧。 2017年10月30日閲覧。 2017年10月30日閲覧。 Interview. 1997年2月. 映画ナタリー. 2016年9月21日. 2016年9月21日閲覧。 関連項目 [ ]• - ケヴィン・スペイシーが設立した製作会社。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 - (英語)• - (英語)• KevinSpacey -• 英国 , 外国 1952• 英国 , 外国 1953• 英国 , 外国 1954• 英国 , 外国 1955• 英国 , 外国 1956• 英国 , 外国 1957• 英国 , 外国 1958• 英国 , 外国 1959• 英国 , 外国 1960• 英国 , 外国 1961• 英国 , 外国 1962• 英国 , 外国 1963• 英国 , 外国 1964• 英国 , 外国 1965• 英国 , 外国 1966• 英国 , 外国 1967 1968-現在• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1979• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019.

次の