あいちトリカエナハーレ。 反差別団体は抗議も…「あいちトリカエナハーレ2019」にみんなの反応は

トリカエナハーレ『二重基準』で物議、大村知事の真逆な対応・発言まとめ【表現の自由】

あいちトリカエナハーレ

最初の見出し 現在の見出しは、 反移民の催し「明確にヘイト」 大村知事、法的措置も 「反移民」、移民反対は、ひとつの政治団体としての正当な主張だと思います。 いろいろな考えがあって然るべきでしょう。 何が問題なのか、わかりません。 表現の自由は、 情報や思想だけではなく、国家や一部の人々を傷つけたり驚かせたり、または混乱させたりするようなものにも保証される 林道郎さんは、「あいちトリエンナーレのあり方検証委員会」の委員として、2019年10月5日に開かれた「 「表現の自由」に関する国際フォーラム」では、次のように発言されています。 「 曽我部 (曽我部真裕 京都大学大学院法学研究科教授)さんの発表の中にこういう言葉があります。 情報や思想だけではなく、国家や一部の人々を傷つけたり驚かせたり、または混乱させたりするようなものにも保証される。 表現の自由の基本的な考え方です。 」(2019年10月5日 「表現の自由」に関する国際フォーラム 林道郎さん) 動画 林道郎さんの「表現の自由の基本的な考え方」発言は、動画の1分37秒ころから 愛知トリエンナーレ2019国際フォーラム 表現の自由と芸術 4時間 17分 日本ヘイトへの国民の抗議を ソフトテロとテロリズムとレッテル張り 芸術への検閲と論点ずらしの理論 自称芸術専門家たちの 被害者ポジションを取るための検証フォーラム 最後の最後に その全てをひっくり返した 勇気ある発言者 — 猪鹿蝶 KicIW1TO0Yqy6Xj 物議を醸した「あいちトリエンナーレ」の作品(左)と、今回、ヘイトだとされた「あいちトリカエナハーレ」の作品(右) 愛知県の大村知事によると、左はアートだけど、右はヘイトだから訴訟するそうです。 パロディとは、現代の慣用においては他の芸術作品を揶揄や風刺、批判する目的を持って模倣した作品、あるいはその手法のことを指す。 (ウィキペディア) 『あいちトリカエナハーレ2019 表現の自由展』はヘイトではなく芸術 桜井誠さんは、「私がやったのは、チマチョゴリのような服を着て、一緒に記念撮影をして、そのままライダイハンについての講演をしただけ」「カルタだって、実際に売られているやつを、カルタ状にして並べただけ。 あれが芸術」だと語っています。 「 大村知事のヘイト発言は重大な名誉毀損」であり、 これから先の、『トリカエナハーレ』を展開するにあたって、妨害行為でもあるとして、表現の自由を守るために裁判で争って行くということです。 You Tube動画 文字起こし 皆さんご存知のとおり、つい、おとといですかね、名古屋に行って参りまして、でこのですね、名古屋での、『あいちトリカエナハーレ2019 表現の自由展』というのですね、やってまいりました、芸術祭ですね。 その芸術祭でですね、この報告はですね、今朝がたブログ更新しましてですね、そこであげてるんですけども。 まあ普通の芸術祭ですよね。 私、ヘイトスピーチも何もやってないですしね。 周りの皆さんもご存知の通りね、 私がやったのは、チマチョゴリのような服を着て、で一緒にですね、記念撮影をして、で、そのままライダイハンについての講演をしただけであって。 ヘイトなんていわれる筋合いが全くないんですよ。 ねえ、皆さんね。 芸術ですがな。 で、カルタだってね、実際に売られているやつをですね、カルタ状にして並べただけですがな。 並べただけというかあれが芸術なんですけどね。 それでいったい何の文句があるのか知りませんけれども。 愛知県知事の大村という男がですね。 今回のこのですね、日本第一党の芸術祭をヘイトだと言い出しまして。 で止めるべきだったと、そして法的措置をですね、検討するというですね。 もうね、桜井先生、驚いちゃってね。 (中略) 日本第一党といたしまして、愛知県知事大村を相手取って法的措置を取ります。 検討じゃないです。 ということもこっちの方が早くですね、提訴すると思いますけれども、こちらですね、大村に対しましてのですね、法的措置を直ちに行うようにという指示を出しました。 これですね、 今回のこの発言はヘイトでもなんでもない、ただの芸術祭をヘイトだと認定し、そして我々の芸術祭を妨害してますのでね、彼は。 これから先もね、この間もですね、皆さんにですね、あのお約束したとおり。 これから先もですね、この『トリカエナハーレ』を展開していこうと思ってた矢先に、こんなことやられましたので。 我々のね、芸術活動が妨害されたわけですよ。 ですからこの件に関しまして提訴をするということで、現在、話を進めております。 当たり前ですがな、こんなもの。 でこの中におきましてですね、大村がですね、皆さんに言ってきたトリエンナーレですか、トリエンナーレの中でこれを擁護するために皆さんに言ってきたことですよね。 表現の自由は守られなければならい、公権力のもとでは表現の自由は最大限守られるべきだ、と言ったのは大村でございますので。 この点についても争点として争いたいと思っております。 よかったね、今日来ている1000人の皆さんですね。 どのみちメディア何ていうのはね、こっち側の言い分は絶対に報道しないですからね、だから皆さんで、今のうちにですね、拡散してくださいね。 日本第一党の党首がですね、大村相手にですね、提訴すると。 いうことで是非ともですね、 SNS で拡散して下さい。 皆さんがメディアの代わりにならなきゃいけないんですよ。 あのクソメディア、見たでしょ、朝日新聞とかね。 もうこっち側の言い分は一言も載せないというですね。 是非やってくださいね。 まあね、私もね、正直に言いましてね、カウンターはね、カウンター芸術祭というかね、これは最初だったかもしれないんですけれども。 その訴訟をね、今後起こしていくって人たちが結構いたんですよ。 今回、住民監査請求がはじかれましたので、それを元にして住民監査請求をどんどんこの大村相手にやるという話は聞いてたんですけれども。 まさか自分が一番乗りでね。 大村を訴えることになるとはですね。 これっぽっちも思っていませんでした。 しかしながらですね売られた喧嘩ですのでね。 売られた喧嘩はですね、買わなきゃいけないんでね。 (中略) このですね、大村のヘイト発言ですよね。 このヘイト発言を重大なですね、名誉毀損であるということと、それとこれから先のですね、『トリカエナハーレ』を展開するにあたってですね、妨害行為をやってくれたので、これについてですね、裁判で争って行こうと思っております。 ですからね、被告大村に対しましてですね原告桜井がですね、桜井というか日本第一党がこれから攻めていくということでございます。 その 攻める内容も、大村がこれまで言ってきたトリエンナーレに関して、散々彼が発言してきた内容を基にして、それを証拠として争いたいと思っておりますので。 これをですね、SNS で、もう多分、今、皆さんね、拡散中だと思いますけれども、どんどん拡散してください。 先ほどから言ってるけど、メディアは一切、こっちのことを報じないんですよ。 最初から私はメディアなんか相手にするなと言ってるんですけどもね。 だから皆さんにお願いしております。 皆さんに大村を相手にですね、桜井が戦うということで、是非ともですね、この件については SNS で流していただければと思います。

次の

【パヨク発狂】あいちトリカエナハーレ2019を見れなかった人の為に作品をご紹介! ネット「正反対の事をやるのほんとセンス感じる

あいちトリカエナハーレ

多くの日本国民の悲しみや怒りを買って、あいちトリエンナーレが閉会となりました。 表現の不自由展と称しながらの反日パヨク作品群に呆れ返るばかりです。 天皇陛下の御真影を焼き払い足で踏みつけ、特攻隊の遺書を小馬鹿にし、「愚かな日本人の墓」なる日本人全体への冒涜を行い、挙句朝鮮芸人による売春婦の像や、福島第一原発の事故を揶揄する作品など、日本人に対してケンカを売っているとしか思えないものでした。 こうした反日政治プロパガンダを芸術だと言い張り、公金 税金 を投入して行われたのが、今回の反日パヨク祭り あいちトリエンナーレ だったのです。 だからこそ、右派や保守派の反発だけではなく国民各層にも実態が知れ渡り、このような反日パヨク祭りに公金を投入するとは何事か! と国民が怒りを露わにしたのです。 その怒りは、政府も動かし、反日パヨクへの補助金不支給という異例の措置が取られることになりました。 考えてみれば、当たり前のことですが、いったん支給が決まっていた補助金を取りやめるということ自体が異例のことだったのです。 それほどまでに国民の側の怒りが大きかったことを表しています。 パヨクは相も変わらず「表現の自由ニダ! 」と口から涎を垂らして叫び回っています。 しかし、その一方で真逆の芸術祭、あいちトリカエナハーレ2019「表現の不自由展」に関しては、ヘイトニダ! とダブスタなんのそので発狂しているのです。 聞くところでは、会場となるウィルあいちにパヨク側の抗議が殺到しているとのことですが、反日パヨク祭りが行われたトリエンナーレの一件があるため、会場側も今のところ、こちら側に「芸術祭中止」の要請は出していないようです。 さて、このあと、愛知県に対しては各所から訴訟が起こされるものと思われますが、本当にそれだけで良いのでしょうか? やりたい放題をやられて、挙句、12億円もの巨費から幾らがパヨク活動費として抜かれたか分からない状況です。 この日本を罵るのであるなら、何でもありの状況に対して、もちろん訴訟というのも必要でしょうが、何しろ時間が掛かるのが裁判であり、決着がつく頃には関心は下がりきっているでしょう。 それが彼ら反日パヨクの狙いです。 愛知県が訴訟で負けても、その頃には責任の所在はうやむやになり、パヨクには活動費がガッポリ懐に入るだけという有様に、歯がゆい思いをされている方も多いのではないでしょうか? だからこそ、日本第一党では10月27日 日 一日限りですが、急遽「あいちトリカエナハーレ2019 表現の自由展」を開催することを決めました。 私たちの側から反日パヨクに屈しない意思表示をする必要があるのです。 あいちトリカエナハーレ2019 表現の自由展 開催日時 令和元年10月27日 日 14:30 ~ 18:00 開催場所 ウィルあいち セミナールーム6 愛知県庁横の建物 入場料金 無料 展示作品 ライダイハン像 桜井誠超先生作、構想15年・制作5分の超大作 安重根・李承晩らの写真を燃やし踏みつける作品 他にも燃やすかも 間抜けな朝鮮人の墓、更に大間抜けな反日パヨクの墓 その他、盛りだくさんの作品群 なお、当日は桜井誠がライダイハン問題について解説まで行う大サーヴィス! すべてはゲージツであり、ゲージツ家桜井誠超先生 大先生では桜井の偉大さが足りないため超先生と名乗る によるライダイハン問題の解説、ゲージツとは何か? を大いに語るミニ講演会まで付いてくる出血大サーヴィスの芸術祭を開催します。 反日パヨクへの反撃がようやく始まるのです。 ただ黙っているだけではなく、彼らに断固とした反撃を行ってきたのが私たちです。 これからもその方針にいささかも変わりはありません。 是非、皆様お誘いあわせの上、当日は愛知県で開催される『あいちトリカエナハーレ』にご参加頂けますよう、心からお願い申し上げます。 また、日本第一党愛知県本部に、皆様からの応援のメッセージをお送り頂けますよう、こちらも重ねてお願い申し上げます。 ここから反日パヨクへの反撃開始です。 私たちにも出来ることを彼らに見せつけましょう! なお、本日 10月15日 13時より愛知県庁でトリカエナハーレの後援問題について、桜井誠自身が行政交渉に赴きます。 その際の様子は以下のURLで生放送する予定です。 お見逃しなく! 桜井誠 vs 愛知県庁 ~ 後援問題 ~.

次の

トリカエナハーレ『二重基準』で物議、大村知事の真逆な対応・発言まとめ【表現の自由】

あいちトリカエナハーレ

スポンサーリンク 記事「「日本人のための芸術祭」催しを続行 反差別団体は抗議」より 記事をざっくりとまとめると以下のような感じ(朝日新聞の有料記事で最後の方は登録しないと読めません)。 記事タイトル:「日本人のための芸術祭」催しを続行 反差別団体は抗議 <記事をざっくりまとめてみると>• 愛知県の施設「ウィルあいち」にて日本人のための芸術祭「あいちトリカエナハーレ2019」が開催• 「犯罪はいつも朝鮮人」と書かれたカルタの読み札など在日コリアンへの憎悪をあおる内容がありヘイトと判断される• 市民団体などが激しく抗議し施設に中止を申し入れたが、施設の管理者は「中止を判断できない」として催しを続行 参考元:(朝日新聞2019年10月27日) 日本人のための芸術祭「あいちトリカエナハーレ2019」を許していいのか? 日本人のための芸術祭「あいちトリカエナハーレ2019」が開催されているようです(あいちトリエンナーレ2019をもじっており内容も全く異なります)。 日本人のための芸術祭「あいちトリカエナハーレ2019」の内容 内容は「犯罪はいつも朝鮮人」と書かれたカルタの読み札などがあるということで、それが本当ならば「ヘイト」表現であり許されないものだと思われます。 愛知県は本来ならば指導すべき。 それで内容が差し替えられないならば撤去を指示しても良いでしょう。 愛知県はあいちトリエンナーレ2019で「芸術ならばヘイトOK」の前例を作ってしまった しかしながら愛知県は「あいちトリエンナーレ2019」にて「芸術作品であればヘイトではない」という事例を作ってしまったのでこれらの展示を撤去させる根拠が全くありません。 仮にヘイトであるからと退けるようであれば「あいちトリエンナーレ2019」もアウト、そして国の補助金停止も根拠あるものと認めざる得ない状況になります(国の補助金停止について愛知県は抗議しているがその根拠も失われる)。 基本的には共にアウト 基本的には「あいちトリエンナーレ2019」も今回の「あいちトリカエナハーレ2019」もアウトでしょう。 共に憎悪の対象であり芸術だという名目で許されるべきものではありません。 また政治プロパガンダでもありそれを公共の施設で行うというもの問題があります。 「あいちトリカエナハーレ2019」の内容はヘイトであると思われ、許されるべき対象ではないと思われますが愛知県の間違った判断を浮き彫りにするということで意味のある展示と言えるかもしれません。 あいちトリエンナーレ2019 あいちトリカエナハーレ2019 内容 ヘイト表現あり問題 (陛下の肖像画を燃やすなど) ヘイト表現あり問題 (カルタ) 政治的主張 あり (慰安婦像など) あり (ライダイハン像など) 開催場所 愛知芸術文化センター ウィルあいち 主催など 愛知県 市民団体?(政党?) 補助金 愛知県、名古屋市、国 (一部停止) 無し 申請と内容の相違 相違あり問題 相違なし 報道規制 あり なし ざっと、比較したのが上記の表です(間違っていたらご指摘願います)。 問題あると思われるものは赤字にしています。 まず内容についてですが、共にヘイト表現があり問題ですが肖像画を燃やす方がヘイトの度合いが強いのでより大きな問題と言えるでしょう。 また主催が愛知県ということで政治的主張は許されない立場。 市民団体については政治的主張は問題はありません。 政治的主張がある展示をしているというのもあいちトリエンナーレ2019に問題があると言えます。 あと補助金を受けてヘイト表現をしているという意味でもあいちトリエンナーレ2019の方に問題があります。 更にその補助金の申請をする際に内容を開示していますがその申請内容と開催内容に相違があるという意味でもあいちトリエンナーレ2019の方が問題あります。 よって共に問題はあるものの、愛知県が主催したあいちトリエンナーレ2019の方が圧倒的に問題の多い芸術祭であると言えるでしょう。 愛知県は「あいちトリカエナハーレ2019」に文句を言える立場でないのは明白です。 抗議している人もいますが抗議するならば「あいちトリエンナーレ2019」も含めて愛知県に抗議するしかないと言えます。 片方だけを批判するのはダブルスタンダードであり正義でもなんでもありません。 表現の不自由展のサヨク 「もし傷付く人がいても表現の自由は守られるべき!」 「芸術に政治が混ざるのは当然!」 「公金を投入しろ!」 日本人のための芸術祭のサヨク 「傷付く人がいるから止めろ!」 「これは政治的だから芸術じゃない!」 「私費でやっててもアウト!」 もはや潔い程のダブスタ。 「あいちトリエンナーレ2019でも議論となった表現の自由につきまして、改めて私共から問題提起を致し皆様に考えて頂きたいと思っております」とのことで、展示内容は駄目でしょうが行政のあり方について議論しようという趣旨については素晴らしいと言えます。 高須院長は大村知事に擁護するように要求 また大村知事はあいちトリエンナーレ2019を許すならば今回の「あいちトリカエナハーレ」も問題ないと全力で擁護すべきと指摘しています。 確かにその通りですね。 ダブルスタンダードは許されない。 表現の自由を力説している大村知事はこのイベントも擁護しなくちゃいかんと思います。 — 高須克弥 katsuyatakasu 愛知県の罪は重い 共にヘイトでありレベルの低い話。 正直恥ずかしいレベルの争いです。 でもそのようなレベルの低い争いを作ってしまったのは愛知県です。 「芸術はヘイトではない」とおかしな判断をしてしまった愛知県に問題があります。 愛知県はきっちりと謝罪して「共に問題あり」「ヘイトは許されない」と判断すべきでしょう。 朝日新聞のダブルスタンダード 一方で朝日新聞のダブルスタンダードがひどい。 今回の「あいちトリカエナハーレ2019」展示がヘイトでアウトならば「あいちトリエンナーレ2019」もアウトでしょう。 その辺り、朝日新聞としての見解をしっかりと示して欲しいところです。 人気記事ランキング• タピオカ店への脅迫問題で木下優樹菜さんが引退すると言われています。 7月1日に復帰発表をしたばかりで7月6日には... 「徴用工問題で日本企業は資産の現金化前に和解始めるべき」という論調が日本の一部で出ています。 こういった動きは韓... モロッコで現代自動車が旭日旗看板で宣伝しています。 確か旭日旗は駄目と韓国が言っていたのでは?それなのに何故宣伝... 韓国の雇用保険基金が2020年末にほぼ枯渇するという試算が出ています。 対策するとなれば雇用保険金を今までよりも... 日本が韓国より先に台湾の入国規制緩和を検討しているとの報道がありました。 台湾はここ最近、新型肺炎の感染者が出て... 韓国2020年6月の外貨準備高は4107億ドルになりました。 新型コロナで外貨準備高が100億ドルほど減少する場... ベナン沖で韓国人船員5人が拉致されたとの速報が入っています。 どのような状況なのでしょうか?韓国の報道や韓国の反... 国連27カ国が中国に対して「香港保安法の廃止」を要求しました。 しかしながらその声明に韓国は含まれていません。 韓国で大企業の1次下請け会社も倒産するという状況になりつつあります。 人件費の急騰で韓国国内で製造業を続けること...

次の