重ね重ね申し訳ありません。。 「申し訳ありません」と 「申し訳ございません」の違いと正しい使い方・例文

「度々」の意味とは?ビジネスメールでの使い方も分かりやすく紹介

重ね重ね申し訳ありません。

「申し訳ございません」が正しい敬語なのか、ふと疑問に思う人もいるのではないでしょうか。 中には、 『「申し訳ない」を1つの形容詞ととらえたときに、「ない」の部分を「ある」もしくは「ございません」に変えられないのでは?』と思う人もいるはず。 ですが「申し訳」を名詞としてとらえたとき、「申し訳」は「言い訳」という意味をもっています。 つまり、 「申し訳ございません」もしくは「申し訳ありません」は正しい敬語表現ということ。 捉え方にもよりますが、今日のビジネスにおいては「すみません」に変わる敬語として多くの人に使われているので、敬語として使用しても全く問題ありません。 「申し訳ございません」と「申し訳ありません」の違いとは?• I am truly sorry. (本当に申し訳ございません)• We sincerely apologize for the trouble this has caused you. (トラブルが起こったことをお詫びいたします)• I do apologize for any inconvenience caused. (ご迷惑おかけしたことをお詫びいたします)• I would like to convey my apology to you. (謝罪いたします)• We very much regret the error. (問題が起きたことを深く反省しております)• We are awfully sorry about the delay. (遅れてしまい、大変申し訳ございません).

次の

「重ね重ね」の意味とは?使い方から注意点、類語、英語表現まで詳しく解説!

重ね重ね申し訳ありません。

「重ね重ねお詫び申し上げます」という言葉は、ミスに対する心からの謝罪の意味を表します。 「重ね重ね」と繰り返していることからも、何度もお詫びしたいきもちでいっぱいということです。 「重ね重ねお詫び申し上げます」は、自分が犯したミスだけでなく、自分の部下のミスや会社全体のミスに対しても使うことができます。 「本当に申し訳ない」という気持ちを何回も伝える意味合いになります。 「重ね重ねお詫び申し上げます」の使い方は? 「重ね重ねお詫び申し上げます」という言葉は、自分のミスや全体の代表としてのミスに対する謝罪・申し訳ないという気持ちを表す時に使われます。 単に「申し訳ありません」や「お詫び申し上げます」よりも、より心の底から反省しているニュアンスが相手に伝わります。 また、何回か似たようなミスをした場合も使えます。 「また失敗してしまった、申し訳ない」という意味で「重ね重ねお詫び申し上げます」とも使います。 メールではどう使う? 「重ね重ねお詫び申し上げます」という言葉は、丁寧でかしこまった言い方なので日常生活で用いるということはほとんどありません。 日頃は「申し訳ありません」「お詫びします」のような言い方がされますが、丁寧な言い方にして「何度も謝罪する」意味が込められています。 同じミスを繰り返したり同じ取引先の人に再度迷惑をかけたりしたときは繰り返しの謝罪が必要です。 その際は、「重ね重ね」という言葉が非常に適しています。 忌み言葉なので注意 汎用性の高い「重ね重ねお詫び申し上げます」という言葉ですが、「重ね重ね」という言葉は忌み言葉と言われています。 忌み言葉というのは、災いが降りかかって来ないようにいうのを慎む言葉です。 冠婚葬祭の場では忌み言葉とされることが多いです。 結婚の場合では、「結婚が重なる」という意味になり「何度も結婚する」の意味を含みます。 これはおめでたいことではありません。 お葬式でも「不幸が重なる」ことを表すので厳禁です。 申し訳ありませんとは違う? 謝罪やお詫びの言葉と言い換えることのできる「重ね重ねお詫び申し上げます」ですが、正確には「申し訳ありません」とは異なる意味を持ちます。 「申し訳ない」という言葉は、弁解の余地がなくごめんなさい、すみませんという気持ちを表しています。 「重ね重ねお詫び申し上げます」は迷惑をかけたときや重大な過失があった場合に使われます。 一般的な謝罪や普段使う場合には「申し訳ありません」の方が適しています。 「重ね重ねお詫び申し上げます」の例文 「重ね重ねお詫び申し上げます」を用いる謝罪の場合、メールでの謝罪や口頭での謝罪にかかわらず、まず謝罪を行い、その原因について説明し、今後の対策を述べ、最後に最後にもう一度謝罪するという流れになります。 最後にもう一度謝罪を行う際に、締めの言葉として使うのが一般的です。 実際に例文を見てみよう これまで「重ね重ねお詫び申し上げます」の意味や使い方、特にビジネスでの用法についてお伝えしてきました。 次に説明するのは類語です。 「重ね重ねお詫び申し上げます」というのは謝罪・お詫びの意を表すので、反省や謝罪の言葉は基本的に言い換えとして適しています。 細かく分けると正確にはニュアンスが異なる言葉もあります。 しかし、ほとんどの場合は謝罪やお詫びを表す際に使う言葉と言い換えられるので覚えやすいです。 謝罪を表す言葉 謝罪を表す意味の言葉は、ほとんど類語となります。 ただし「重ね重ね」と何度もお詫びを重ねていることから、「重ねてお詫び申し上げます」や「重ね重ね恐縮でございます」が類語として適切です。 さきほども述べましたが一般的なすみませんという謝罪を表すわけではないので、普段使いとしては向きません。 むやみにどのような場面でも使って良い言葉ではありません。 場面によってどのような謝罪が適しているかを考えましょう。 重ね重ねの他の表現 「重ね重ね」という言葉は「同じようなことを繰り返すさま」という意味だけでなく、「くれぐれも、じゅうじゅう」という意味があります。 念を入れていうニュアンスが含まれているので、何度も謝罪する意味だけでなく、念入りに謝るという意味もあります。 「重ね重ね」の他の表現として、重ねて、くれぐれも、重々、心より、幾重にもなどが挙げられます。 いろいろな言い方を知っていることで、バリエーションが増えます。 「重ね重ねお詫び申し上げます」の文末 「重ね重ねお詫び申し上げます」と文の最後に締めの言葉として用いることはできますが、言葉を続ける場合、申し上げるという言葉の語尾が変わります。 いくつか使い方はありますが、最も頻繁に使われるのは「重ね重ねお詫び申し上げますとともに」という用法です。

次の

「申し訳ありません」と 「申し訳ございません」の違いと正しい使い方・例文

重ね重ね申し訳ありません。

英語を外国語として必至に使わなければならない人に限らず、この表現は当然ネイティブ同士の間でもよく使われる表現ですよね。 従って言い方もまた十人十色。 私が個人的によく使っていた表現もまた紹介しますね。 一つは、〝Please bear with me for... 相手も怒る気にもなれない一つのテクニックですね。 次に、ネイティブならではの、言いたいことをストレートに表現してしまう直接的な表現。 so many times の部分を again にすれば、「また聞いてゴメンね」ぐらいでしょう。 「何度もゴメン」ならso many timesでしょうかねぇ。 あるいはover and over againに入れ替えるか。 ランケンは割と頻繁に使っちゃいます。 ゴメンねって言った後に、let me clarify xxxxって書くパターンが多い気がします。 xxxxの部分は詳細に聞きたい部分で、let me clarify what you just have told me about xxxにすると、より詳細な議論に入っていけますよ。 Firstly you only need to apologise for something that is wrong. Seeking clarification of points in business is not in itself wrong. It may be irritating or annoying to the other person but it is not wrong. So you can either opt for an apology, express your gratitude or combine the two. Every apology needs to start with two magic words: "I'm sorry," or "I apologise. " This is essential, because these words express remorse over your actions. Then ask them to forgive you. You might want to say either, I do apologise taking up so much of your time, I do appreciate your assistance in this matter, it is important that I clarify everything so that I can finalise the deal. I do assure you I wont need to trouble you further once I have the information. まず、間違っていることを謝るだけです。 ビジネスにおけるポイントの明確化を求めること自体が間違っているわけではありません。 それは、他の人をイラつかせるかもしれませんが、それは間違っていません。 だから、謝ったり、感謝の気持ちを表明したり、2つを組み合わせたりすることができます。 すべての謝罪は2つの魔法の言葉から始める必要があります:「I'm sorry」、または「I apologies」 これらの言葉はあなたの行動を反省しているので、これは必要不可欠です。 何がダメだったのかを説明し、再び起こらないことを彼らに伝える必要があります。 そして彼らに許してもらうように頼みます。 どちらかと言うと、 私はあなたの時間の多くを使いお詫びします。 そのため、私はこの問題についてあなたの助けに感謝します。 すべてを明確にし、トラブルがまた起きた時あなたを必要としないことが重要です。 My apologies for asking again... - Apologies is saying sorry... So you say sorry for keep asking questions so much. Sorry if I am being a nuisance by asking so many questions. - Nuisance is to cause inconvenience or annoyance. So you basically saying sorry if you are annoying them by asking so many questions. Forgive me, as in Excuse me,, or Pardon me for asking, These phrases are used as an apology. We can use these phrases to apologise for most things E. Forgive me for interrupting but it's time we were leaving Please excuse me but I need to leave now Forgive me for not answering sooner but I was busy Please excuse my late reply Forgive meは、excuse meやpardon meの代わりにお願いするときに使われます。 こういったフレーズは謝罪にも使うことができます。 色んな場面の謝罪に使うことができます。 例えば. Forgive me for interrupting but it's time we were leaving ;お邪魔してすみませんでした、そろそろ失礼いたします。 Please excuse me but I need to leave now すみませんが、そろそろ行かなくてはならないので・・・。 Forgive me for not answering sooner but I was busy. すぐに返答できずすみません、ちょっと忙しかったもので。 Please excuse my late reply 返答が遅れて申し訳ございません。 I apologize for bombarding you with questions, but I am grateful for your answers. "bombarding" emphasizes and can also exaggerate the amount of questions asked, however used in a sentence like this it is professional and also will tell the recipient that you want to know all the details. I believe this will also put a smile on the recipients face and they will answer your questions in detail. I do appreciate your quick response to the questions - this tells the recipients that you are grateful but also looking for a quick response to the questions. This is also professional. You may also join the sentences like so "I apologize for bombarding you with questions, but I am grateful for your answers. I do appreciate your quick response to the questions. " 私はあなたに質問をして謝罪しますが、私はあなたの答えに感謝しています。 「bombaring」は質問された質問の量を強調したり誇張したりしますが、このような文章では専門的であり、すべての詳細を知りたいと受け手に伝えます。 私はこれも受信者の顔に笑顔は笑顔だと信じて、彼らはあなたの質問に詳細に答えます。 I do appreciate your quick response to the questions -これは、あなたが感謝していることを受信者に伝えますが、質問への迅速な対応も求めています。 これはプロフェッショナルでもあります。 "I apologize for bombarding you with questions, but I am grateful for your answers. I do appreciate your quick response to the questions. " このように合わせることもできます。 Phrases 3 is a lot more informal and can be used in making new friends, asking an estate agent, asking at an interview. フレーズ1と2はフォーマルなもので、仕事中、仕事用の電子メール、ビジネス交渉などで使用できます。 フレーズ3はよりインフォーマルで、新しい友達を作る際に使用することができ、不動産業者に尋ねる際などにも使用することができる。 Apologies for all the questions. - Is simply saying sorry for asking so many questions. formal I appreciate your patience. - is saying thank you to the receiver for being patient and answering your questions. It is polite and formal. Sorry for all the questions. - Can be used in a formal or informal email. If there has been an unusual delay perhaps in an order for supplies or some kind of confusion and it has to be resolved or has finally been resolved after some time. Definitely use this if there has been any delay and you are sending a follow-up email or letter to someone. If you would like to reply a business email and apologize for asking so many questions, you can say something like "I apologize for all the questions, but... " and then you may continue with your next sentence. This is a good way to show that you are sorry for having to bother the other person by asking so many questions. Well, if you ask a lot of questions in an email it could be that they are essential questions and it is vital that you have this information in order to do your job. In that case, there is no need to apologise - better just to say something like: "Thanks so much for helping me with all my queries. " Efficient business people don't apologise because they don't make mistakes! And they don't ask unnecessary questions. Using this sentence is a simple way to apologize for asking a lot of questions. Asking questions is a good habit to get into however, because if you don't ask, you don't know. To thank the person for answering all of your questions, you could say something like: thank you for patiently answering all of my questions, I really appreciate it!

次の