関西 ゴー 宣 道場。 小林よしのり

ゴー宣道場歴史年表

関西 ゴー 宣 道場

撮影:和ナビィ 春から初夏に出回る「葉玉ねぎ」。 「不安・恐怖・怯え」という状況が作られることは、潜んでいた本性が剥き出しに なり狂気に翻弄される状況を招くと思います。 そして自由 自分に由ること を進んで 売り渡し結局縛られてしまう世の中を招いてしまう危機なのだと思います。 ----煽り に乗せられてしまうことの危険をあらためて思います。 和ナビィ さん 撮影日:令和2年6月14日 「卯の花の匂う垣根にホトトギス早も来鳴きて・・・」 御存じ 「夏は来ぬ」の曲の歌詞です。 この花が卯の花。 初夏、梅雨入りの頃に咲きます。 満開になると細かい花びらがサラサラ散ります。 「民主主義という病い」 2016年5月発行 の第16章。 グローバリズムというものの 取り返しのつかない危うさが示されます。 呼び込んでしまうもの、 崩壊させてしまうもの、 ここにこの度の全世界を席巻した している コロナ禍が重なります・・・。 まさに予言、再読して その指摘に空恐ろしくなりました。 【写真募集】 このコーナーでは、 「花とゴー宣の写真」を募集しています🌸 応募先.

次の

radiko(ラジコ)

関西 ゴー 宣 道場

全文を紹介すると… 仁和寺に、ある法師、年よるまで石清水を拜まざりければ、心憂く覺えて、ある時思ひたちて、たゞ一人徒歩(かち)より詣でけり。 極樂寺・高良(こおら)などを拜みて、かばかりと心得て歸りにけり。 さて傍(かたへ)の人に逢ひて、「年ごろ思ひつる事果たし侍りぬ。 聞きしにも過ぎて尊(たふと)くこそおはしけれ。 そも參りたる人ごとに山へのぼりしは、何事かありけむ、ゆかしかりしかど、神へまゐるこそ本意なれと思ひて、山までは見ず。 」とぞ言ひける。 すこしの事にも先達(せんだち)はあらまほしきことなり。 普通は書きそうなところをあえて書かずに読者に想像させる兼好の絶妙さに、思わず笑ってしまう。 そしてこれは、今でもよく起こりうる「旅行あるある」でもある。 やっぱり、ガイドはいた方がいい! 背景は京都 石清水八幡宮 楼門と廻廊。 acsunifu23さんによる写真ACからの写真。 久々となる、観客を募集して行う通常開催、テーマは 「コロナの正体」 ゲストは医師・元厚労省医系技官の木村もりよ氏。 以前、テレビのワイドショーでスタジオの全員が「緊急事態宣言が遅すぎる」と口を揃える中で、「緊急事態宣言は早すぎる」と断言して場を凍り付かせたという逸話を持つ木村氏。 緊急事態宣言、東京アラートなどを経緯した今、それらをどう総括するか? 果たして「自粛」「ステイホーム」に効果はあったのか? 第2波、第3波は来るのか? 結局、コロナはどの程度の脅威なのか? そもそも、専門家って信用できるのか? などなど、お聞きしたいことは限りなくある。 一連の騒動の総括を誰もしないまま、未だ不安だけが煽られているいま、現状を正確に分析し、認識できる場は他にない! 参加応募締切は7月1日。 全文を紹介すると… ある人清水へ参りけるに、老いたる尼の行きつれたりけるが、道すがら、「嚔(くさめ)嚔」といひもて行きければ、「尼御前(あまごぜ)何事をかくは宣(のたま)ふぞ」と問ひけれども、答へもせず、猶(なお)言ひ止まざりけるを、度々問はれて、うち腹だちて、「やゝ、鼻ひたる(くしゃみをする)時、かく呪(まじな)はねば死ぬるなりと申せば、養ひ君の、比叡の山に兒にておはしますが、たゞ今もや鼻ひ給はむと思へば、かく申すぞかし」といひけり。 有り難き志なりけんかし。 ある老尼の、ちょっと不可解な行動。 なぜ彼女はそれをやっていたのか? その老尼の行為をどう解釈し、どういう感想を持つかは、人によって分かれるところ。 そもそも、原文も写本によっては最後の「有り難き志」が「わりなき志」になっているものもあり、正反対の解釈も可能となっている。 しかし、これはやっぱり「有り難き志」と取るべきでは?.

次の

ゴー宣道場歴史年表

関西 ゴー 宣 道場

全文を紹介すると… 仁和寺に、ある法師、年よるまで石清水を拜まざりければ、心憂く覺えて、ある時思ひたちて、たゞ一人徒歩(かち)より詣でけり。 極樂寺・高良(こおら)などを拜みて、かばかりと心得て歸りにけり。 さて傍(かたへ)の人に逢ひて、「年ごろ思ひつる事果たし侍りぬ。 聞きしにも過ぎて尊(たふと)くこそおはしけれ。 そも參りたる人ごとに山へのぼりしは、何事かありけむ、ゆかしかりしかど、神へまゐるこそ本意なれと思ひて、山までは見ず。 」とぞ言ひける。 すこしの事にも先達(せんだち)はあらまほしきことなり。 普通は書きそうなところをあえて書かずに読者に想像させる兼好の絶妙さに、思わず笑ってしまう。 そしてこれは、今でもよく起こりうる「旅行あるある」でもある。 やっぱり、ガイドはいた方がいい! 背景は京都 石清水八幡宮 楼門と廻廊。 acsunifu23さんによる写真ACからの写真。 久々となる、観客を募集して行う通常開催、テーマは 「コロナの正体」 ゲストは医師・元厚労省医系技官の木村もりよ氏。 以前、テレビのワイドショーでスタジオの全員が「緊急事態宣言が遅すぎる」と口を揃える中で、「緊急事態宣言は早すぎる」と断言して場を凍り付かせたという逸話を持つ木村氏。 緊急事態宣言、東京アラートなどを経緯した今、それらをどう総括するか? 果たして「自粛」「ステイホーム」に効果はあったのか? 第2波、第3波は来るのか? 結局、コロナはどの程度の脅威なのか? そもそも、専門家って信用できるのか? などなど、お聞きしたいことは限りなくある。 一連の騒動の総括を誰もしないまま、未だ不安だけが煽られているいま、現状を正確に分析し、認識できる場は他にない! 参加応募締切は7月1日。 全文を紹介すると… ある人清水へ参りけるに、老いたる尼の行きつれたりけるが、道すがら、「嚔(くさめ)嚔」といひもて行きければ、「尼御前(あまごぜ)何事をかくは宣(のたま)ふぞ」と問ひけれども、答へもせず、猶(なお)言ひ止まざりけるを、度々問はれて、うち腹だちて、「やゝ、鼻ひたる(くしゃみをする)時、かく呪(まじな)はねば死ぬるなりと申せば、養ひ君の、比叡の山に兒にておはしますが、たゞ今もや鼻ひ給はむと思へば、かく申すぞかし」といひけり。 有り難き志なりけんかし。 ある老尼の、ちょっと不可解な行動。 なぜ彼女はそれをやっていたのか? その老尼の行為をどう解釈し、どういう感想を持つかは、人によって分かれるところ。 そもそも、原文も写本によっては最後の「有り難き志」が「わりなき志」になっているものもあり、正反対の解釈も可能となっている。 しかし、これはやっぱり「有り難き志」と取るべきでは?.

次の