黒部 ダム ライブ カメラ。 黒部川宇奈月ダム上流ライブカメラ(富山県黒部市宇奈月町)

大町市のライブカメラ 一覧

黒部 ダム ライブ カメラ

黒部川上流部に昭和38年に建設された巨大なダムが黒部ダムです。 間組が鹿島建設、熊谷組、佐藤工業、大成建設が総力を結集して臨み、歴史に残る開発事業としてしられていますが171名もの殉職者を出す結果となってしまった最難工事でもありました。 その苦しい工事の状況や作業に関わった人々の人間模様をを映画化した「黒部の太陽」は大ヒット作となりました。 只少し調べてみると危険な工事に取り組んだ建設会社への賞賛や感動の裏には、利益を捻出するために安全面で費用を怠ったため多くの死傷者を生み出す結果となったのだという意見もあります。 現在の黒部ダムは電源県供給源としての機能、洪水・流量調整機能だけでなく、大規模ダムであるがゆえん放水の様子が圧巻であることから多くの訪問客が訪れる一大観光地となっています。 6月下旬〜10月中旬に実施される観光放水のほか、通常機能としての放水も以下のサイトで閲覧することが出来ます。 ダムフェチなりそう。 — J. ロープウェイに乗りました。 — keiko.

次の

黒部川宇奈月ダム上流ライブカメラ(富山県黒部市宇奈月町)

黒部 ダム ライブ カメラ

大町市のライブカメラ一覧 長野県大町市には、積雪量が多い地域のため、今の天気や道路状況、災害時の状況をリアルタイムの画像で確認できるライブカメラが複数取り付けられています。 特に、小谷村は立山黒部アルペンルートの長野県側玄関口として、山道の積雪状況・道路状況の確認にライブカメラが多く利用されています。 プルダウンメニューから月日を選択していただくことにより、15日前の映像を見ることができます。 プルダウンメニューから月日を選択していただくことにより、15日前の映像を見ることができます。 剱岳、鹿島槍ヶ岳とならび、日本では数少ない、氷河の現存する山と言われています。 (標高 1164m) プルダウンメニューから月日を選択していただくことにより、15日前の映像を見ることができます。 そんな霊松寺山門周辺に設置されたライブカメラは、山門と境内の様子を見ることが出来ます。 ライブカメラでは、テイクオフ方向の様子を見ることが出来ます。 5秒毎に更新 *黒部ダムのライブカメラ* 黒部ダムは、富山県と長野県の県境に位置しているダムです。 日本一の高さから噴き上げる放水や巨大建造物として観光名所としても知られています。

次の

黒部ダムライブカメラ(富山県立山町芦峅寺)

黒部 ダム ライブ カメラ

タグ Canon VB-C60 VB-M40 プリセット操作可能 音声あり ズーム可 YouTube Ustream 視点操作 お城 山 海 自然 田舎 街並み 都会 道路 お店 建築物 世界遺産 積雪 遊歩道 歴史・文化 観光地 芸術 滝 春におすすめ 夏におすすめ 秋におすすめ 冬におすすめ 静止画 動画 瀬戸内海 ライブカメラ情報のみ 鉄道 子供におすすめ 神社 湖 寺院 動物 温泉 夜景 離島 女子におすすめ 男性におすすめ VB-M44 VB-R12VE 海外 ライブカメラと観光情報コラム 空港 飛行機 港 渋滞情報 0:00-4:00がオススメ 4:00-8:00がオススメ 8:00-12:00がオススメ 12:00-16:00がオススメ 16:00-20:00がオススメ 20:00-0:00がオススメ ハイライト映像 台風情報 道路・交通情報 天体観測 花火大会 地震情報 お祭り・踊り 気象情報 スポーツ その他 河川 ゲレンデ情報 駐車場 タイヤチェーン装着義務区間 桜・開花状況 子供におすすめ" 有料道路 お花 国道 都道府県道 高速道路 その他道路 Sponsored Link ライブカメラの映像 ライブカメラの仕様 ライブカメラ映像詳細 カメラ機種 - 配信種類 静止画(一定時間ごとに切替) 配信方法 独自配信 配信日時・期間 4月15日~11月30日 ライブカメラ操作詳細 視点切り替え 不可 カメラズーム 不可 カメラ解像度変更 不可 明るさ調整 不可 音声 なし 過去の映像・画像 なし 配信元 関西電力 黒部ダム 対応デバイス PC, スマートフォン, タブレット その他事項 静止画は、60秒ごとに更新されます。 黒部ダムについて 富山県中新川郡立山町芦峅寺にある黒部ダムのライブカメラ映像配信・LIVE生中継です。 風物詩ともいえる「観光放水」により、綺麗な虹が見えることがあります。 観光放水の期間は、6月26日~10月15日となっております。 この辺りの観光は、関電トンネルトロリーバスを利用すると移動がスムーズです。 ちなみにこのバスはガソリンではなく、電力で動いています。 黒部ダムとは、黒部川水系の黒部川に建設された貯水量2億トンの水力発電専用のダムです。 1956年(昭和31年)着工し、7年のかけて1963年(昭和38年)に完成されました。 黒部ダムが作られたその理由は、第二次世界大戦後にまで遡ります。 当時の関西地方は復興が遅れており、電力不足により計画停電が続き、それが社会問題となっていました。 そのため、黒部峡谷での水力発電に着手することに。 大正時代からこの地で関西電力は水力発電をしようと何度か挑戦しましたが、過酷な自然環境ゆえに失敗続きでした。 しかし、当時の太田垣社長は、諦めず、多大な資金をかけて171人の殉職者を出しつつも、7年かけて完成に至りました。 黒部ダム建設の背景には以上のようなストーリーがあり、このようなことを知った上で黒部ダムを見るとまた違った視点から感じられるものがあるかと思います。 黒部ダムの天気.

次の