ドット 絵 コンバータ。 【あつ森】ドット絵に好きな画像を変換!簡単なマイデザインの作り方【ドット絵ナニカ】

ドット絵用 svg コンバーターの用途|リックェ|note

ドット 絵 コンバータ

先日公開した ドット絵用 svg コンバーターがどんな使用目的に合致するのかまとめます。 コンバータを使って便利な理由は100個ぐらい正座して言えるんですが、とりあえず3つほどあげておきます。 前提 svgファイルは ブラウザ上でcssと組み合わせて使用します ドット絵をアンチエイリアスをかけずに引き伸ばす ・小さい画像サイズ(100x100以下のアイコンサイズ)のものをcssを使って引き伸ばして使うと昔ながらのドット絵感がでます。 画像ファイルをラップするDOMに width, heightをいれるだけです アニメーションさせる cssの変形に animation や transition をあわせて設定すれば、変形のアニメーション が行えます。 色違いのバリエーションをつくる このコンバータで変換したsvgは色ごとのパスグループにclassが振られているので、色ごとにスタイルを変えることができます。 よくありそうなのは色違いのバリエーションをつくるケースです。 svgのsymbolとuseを使えば、ひとつのsvgファイルから色違いファイルを生成できます。 red. red. red. red. red. この辺はちょっとむずかしいかもなので、以下のsvgの公式のリファレンスを参考にしてください。 今度もうちょっと詳しく記事を書く予定です。 あと未定ですが、要望があれば色違いバリエーション作成のcss生成ツールもつくるかも。

次の

ドット絵用 svg コンバーターの用途|リックェ|note

ドット 絵 コンバータ

途切れ途切れの輪郭線とかノイズのドットが気になるときは平滑化するとマシになるかも。 質問とか要望とか言いたいことがある人はまでどうぞ ざっくりとした仕様とか• 対応している画像は2MBまでのjpegとpngです• 画像解像度は容量以内であれば制限はありませんが、長辺が1024pxを超えるものは1024pxに縮小されます• 「透過PNGで書き出す」にチェックを入れるとRGBAの画像は透過PNGとしてそのまま書き出されます• ただしこの時アルファチャンネルはドットのサイズに拡大され、半透明は無視されます• 「Twitter用に1pxだけ透過」にチェックを入れると左上の1ピクセルだけ透明な透過PNGとして書き出します jpegへの強制圧縮を回避したい時に使ってください• 処理結果画像は一定期間保持された後削除されます。 SNSなどに貼るときは一度ローカルへの保存をおすすめします だいたいの原理とか• この時必要に応じて平滑化やerodeなどのフィルターを掛けます• 次に全ピクセルの色をk色にkmeansで分類しそれぞれの平均値を求め、色を置き換え減色します• UIを変更修正しました• 「彩度を上げる」機能を追加しました• 透過pngの読み書きに対応しました 半透明は無視します• Twitter用に左上1ピクセルだけ透過する機能を追加しました• 「輪郭線を膨張」の機能を追加しました• 公開しました.

次の

PixaTool

ドット 絵 コンバータ

基本操作 最初に画像のサイズを決めます。 サイズを決定するとドット絵作成画面になります。 中央の大きなエリアが作業領域、左上のグレーの角丸の中の小さい四角が実際のドット絵のサイズになります。 (丸いボタンで周囲の色が変えられます) 右側のパレットをクリックするとペンの色(選択色)が変わります。 「保存する」を押すと保存用のダイアログが開きますのでダウンロード先を指定して保存してください。 透過GIFを作る(一部のドットを透明にする) パレットから透明にしたい色を選択し、右下の 「選択色を透明に設定」ボタンをクリックします。 選択した色が透明色として設定されます。 「透明を削除」ボタンを押すと透明色の設定は解除され、透過しなくなります。 画像を読み込んで加工する 「画像読み込み」ボタンをクリックすると、ファイルを選択するダイアログが出ます。 読み込みたいファイルを選択して 「送信」ボタンを押してください。 また、アニメーションgifの加工はできません。 (!)大きい画像は画面内に入るように縮小されます。 読み込む画像の縦横比と近くなるように画像のサイズを設定するときれいに縮小されます。 縦横比を変えずに縮小したい時は、「 縦横比を変えずに送信」をチェックしてから「送信」してください。 (読み込み先と読み込まれる画像の縦横比が違う場合は周囲に空白ができます) (!)透過gifを読み込んだときは、透明色を指定する必要があります。 透明色と同じ色のドットは全て透過されますので、画像内で使われていない色を選んでください。 (!)使える色は最大256色です。 写真など256色以上ある画像は256色に減色されます。 256色ぎりぎり使用しているドット絵にパレットの色を使うと、256色を超えてしまい出力結果がおかしくなることがあります。 ドットのサイズを変更して保存する 「画像を保存」ボタンの右の「 保存時のドットのサイズ」の数値を変更することで、ドット 打った点 一個あたりの大きさを設定することができます。 作成した画像を後で再度加工したい場合は、ドットのサイズを大きくしたものとは別に、 等倍の画像も保存しておくことをおすすめします。

次の