アベノマスク 受注企業。 福島の無名会社「アベノマスク4億円受注」の謎

アベノマスク予算466億円マイナス受注3社の90.9億円の差額はいずこへ:4社目の受注企業「ユースビオ」はユウレイ企業か(新ベン… 赤かぶ

アベノマスク 受注企業

Contents• アベノマスク4社目の「ユースビオ」ってなんの会社? コロナウィルス対策の一環として、妊婦さん向けに配布されているアベノマスク。 これまでに3社の受注先が公表されてきました。 公表されていた3社は「伊藤忠商事」・「興和」・「マツオカコーポレーション」の3社です。 上記の3社は皆さんもご存知の大手企業ですよね。 「ユースビオ」って?聞いたことがない気がします。 何の会社かわからずじまいです。 もう少し詳しく見ていきましょう。 「ユースビオ」は存在している会社? 「ユースビオ」について調べたところ所在地がわかりました。 株式会社ユースビオの情報(出典元:法人. info 項目 内容 商号又は名称 株式会社ユースビオ 商号又は名称(読み仮名) - 法人番号 2380001028430 法人種別 郵便番号 〒960-8074 国内所在地(都道府県) 国内所在地(市区町村) 国内所在地(丁目番地等) 西中央5丁目54番6号 国内所在地(1行表示) 福島県福島市西中央5丁目54番6号 国内所在地(読み仮名) フクシマケンフクシマシニシチュウオウ5チョウメ 更新年月日 2017年09月04日 変更年月日 2017年08月30日 法人番号指定年月日 福島にある会社のようです。 歩人番号は保有していますが、事業内容がわかりません。 アベノマスク受注先の4社目は株式会社ユースビオと判明したけど、 ・法人登記簿が取れない ・住所以外の会社の情報が全く分からない ・ストリートビューで見ても長屋風の建物があるだけ ・何をしている会社なのかすら分からない 政府納入企業でありながら怪し過ぎるし、不正の匂いがプンプンする。 会社の登記簿を取るためだ。 だが「登記手続き中」として閲覧は不可能だった。 田中龍作ジャーナル 【福島報告】アベノマスク4社目、福島みずほ議員の追及直後から登記簿の閲覧不可能に — ぴーろM whtevriwnt 住所以外の情報がない会社って??? 怪しすぎませんか??? ホームページも見つかりませんでした。 「ユースビオ」の社長は誰?過去に脱税も??? 「ユースビオ」の社長は誰なのでしょうか? SNS情報によると・・・・ 4社目の『ユースビオ』と同じ登記住所に、 『株式会社樋山ユースポット』があるけど、社長は樋山茂で間違いないかな... たぶん。 というか、この社長は一昨年脱税で摘発されてるじゃん。 これは色々出て来そうだな。 そりゃ、公表を拒むわけだわ。 9億円。 配達費が128億円。 となると・・・ 「 ユ ースビオ」へは約247億??? ん〜ますます怪しいと言わざるを得ませんね! これは徹底的に調査してほしいと思います。 随意契約はやむを得ないにしても「なぜ」その会社を選んだのか国民に情報公開して説明責任を果たす必要かもありますね。 公開できないなら何らかのやましい事情があるんでしょうね。 安倍はまた隠蔽するんでしょうね。 — 産経新聞とネトウヨが大嫌いな保守 wanpakuamatsuka 何故、マスコミはユースビオを追しないのか。 本当に不思議極まりない。 となぜ断言出来るのか!そもそも4社のマスクがどこに投函されたかなんて分からないだろうに、それとも目に付かない目印でもしていたのか?もしくはユースビオから出てはまずいのか? — KINTA48 bluedragon5022 当然の事ながら世間の反応は厳しい! マスコミが追求しないのも気になります。 これから解明されていくのでしょうか? この先の情報に注目ですね。 アベノマスク「ユースビオ」の会社実態は?受注金額は?まとめ.

次の

アベノマスク受注企業3社はミャンマーに拠点を有する:安倍氏は、2013年、私人・加計氏を政府専用機に乗せてミャンマーを訪問し… 赤かぶ

アベノマスク 受注企業

アベノマスクの受注先の一つであるユースビオ(福島市)の事務所。 表の窓には公明党・山口那津男代表のポスターが貼られていた(筆者撮影) 新型コロナウイルスの対応で、安倍晋三政権の行き当たりばったりを象徴するような、466億円の予算を投じた「アベノマスク」こと、布マスク。 その受注先について、当初は納入業者は4社とされ首相官邸と厚生労働省は興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社を明らかにしていたが、残る1社については、なぜか、かたくなに公表を拒んできた。 政権との癒着疑惑が強まってきたからか、ようやく4月27日に公表された社名。 第4の会社は福島市の個人経営会社 「布製マスクを納入した事業者は、興和、伊藤忠、マツオカ、ユースビオ、横井定の5社であります」 4月27日午前に行われた官邸の記者会見で、菅義偉官房長官は用意したペーパーをさらりと読み上げた。 それまで納入業者4社のうち1社の名前だけが公表されていなかったため、臆測が飛び交っていた。 この日、納入業者は5社だったことを明らかにし、未公表だった2社の社名を公表した。 横井定株式会社は1958年に創業、「日本マスク」というブランドで中国やフィリピンに工場を持つマスク専門企業である。 一方、株式会社ユースビオは福島市にある無名の会社だ。 ホームページもないし、NTTの番号案内にも登録されていない。 しかも、グーグルマップで見る限り、社屋は平屋のプレハブのような簡素な建物だった。 まるでペーパーカンパニーである。 政府が公表を渋っていた理由は、この会社の関与を知られたくなかったのだろうと思うのが自然だ。 4月27日の時点では、法務局の登記内容が確認できない状態だった(これはのちに、会社の定款に輸入業を加えるために、登記を書き換え中だったことが判明)。 さらに調べてみると、同じ住所、同じ代表者名で、複数の会社が登記されていることがわかり、その一つ「樋山ユースポット」の電話番号が判明した。 4月27日午後、この番号にかけてみるが、反応がない。 約10分後、携帯電話からの着信があった。 それがユースビオ社の社長・樋山茂氏だった。 【2020年4月30日17時45分追記】初出時、樋山ユースポットの名称を誤って記載していたため、修正しました。 「会議中だから、手短に質問してくれますか」 やや高い声で樋山氏は言った。 マスコミ各社からの取材が殺到しているのだろう。 最大の疑問は、安倍政権の目玉政策である布マスクの納入を、なぜ無名の会社が担当することになったのかという点。 樋山社長は次のように答えた。 「私の会社では、海外から燃料用の木質ペレットを輸入する仕事がメインです。 その関係で、ベトナムのマスクを製造している工場を知っていた。 東日本大震災のときから、復興関連事業で福島県と山形県とお付き合いがあったので、もしあれでしたらマスクを調達しますよというお話がスタートしたんですね」.

次の

アベノマスクは天下りで興和株式会社は麻生太郎の会社?製造工場も調査!

アベノマスク 受注企業

466億円のマスク。 4月22日の福島瑞穂党首のツイッターでは以下のコメントがありました。 布マスクについて厚生労働省に確認。 予備費で233億円補正予算で233億円。 補正予算の審議はこれからです。 予備費の233億円分のマスクで90・9億円です。 発注企業については3社であり4社目はないとのことです。 事務費や発送代についてはこれから回答をもらいます。 補正予算の分については聞いていきます — 福島みずほ mizuhofukushima 「発注企業については3社であり4社目はない」 4社に発注したと公表していたのに発注企業は3社だけってどういうことでしょうか? 非公開の部分が多くて詳細がよくわかりません。 隠したいことがあるから公開できないのではないかと感じてしまいますね。 利権がからんでいるのでは?という声も出ています。 スポンサーリンク 公表しない理由は麻生太郎の利権と関係? 残りの1社を公表しない理由として利権が絡んでいるのではないかという声が多くあります。 その中で 麻生太郎大臣が関連してるのでは?という声もありました。 どういうことでしょうか? 3月にミャンマーで日本向けのガーゼマスクが生産されることが発表されました。 ミャンマーで日本向けのガーゼマスクが4月から1か月あたり5,000万枚生産されることがわかった。 7Day Dailyが伝えたもの。 マスクを生産するのは、名古屋市に本社がある医薬品・繊維事業の興和で、3月中に1,500万枚を生産し4月には5,000万枚に増産する予定。 日本政府・経済産業省からの要請に応えたもので、既に第1便は日本に到着済み。 使い捨ての不織布マスクに対し、ガーゼマスクは洗濯して何度も使うことができる。 興和の現地工場は、ヤンゴン市郊外シュエピーター工業団地内にある。 出典: アベノマスク用として興和が生産するという内容です。 一方、そのミャンマーと繋がりがあるのが 麻生太郎大臣。 経由でミャンマーに受注。 またまた利権絡み。 ここまで来ると政界一の税金泥棒。 アベノマスクの詳細を非公開にしているのは麻生太郎大臣の利権が関係しているのでは?と疑問を持たれています。 世間の反応は? 今回のアベノマスクの情報が公開されないことに対する世間の反応を見ていきます。 配ってるのは郵便局。 どっちもトップに君臨してるのは麻生太郎。 この期に及んでもなお利権ですか?総理にとってもはやアベノリスクでしかないのでは? — jogsusu jogsusu 製造元も仕様も明かさない 実はアベノマスクを受注したのも、麻生太郎の関係会社。 興和㈱経由でミャンマー協会が受注。 ミャンマー協会の役員名簿を見てみたら、 最高顧問は「麻生太郎」。 有事の際にも、利権で動く安倍政権。

次の