ドラクエウォーク ipad iphone 共有。 ドラクエウォーク攻略まとめ|ゲームエイト

【ドラクエウォーク】通信制限でもプレイは可能?データ通信量を抑える方法について

ドラクエウォーク ipad iphone 共有

歩いて冒険にでかけよう。 【動作環境】 動作OS: iOS 10. 9月からこのアプリをプレイしています。 どちらかと言えば体を鍛える勢な為、楽しませてもらっておりますが、色々惜しいゲームだと思っています。 今のままでは人には勧められないです。 開発者の方も見ているかもしれないので少し物申させて下さい。 ガチャ、戦闘、メガモン、お土産、自宅全てチグハグで別コンテンツに感じてしまいます。 少し実例を出します。 良くあるソシャゲでは劣化版特攻武器くらいありそうなのに何も無し。 モデリングやモーションの開発に費用が掛かるなら流用だって全然構わないと思うんですよね。 属性武器の技であれば、モーションは全てマヒャド斬りとかののエフェクト違いだって良いわけですし。 また、常設のSPガチャが完全に意味のないガチャになっています。 ここまで意味無いならば、SPくらいは無料ガチャ等で1日一回引けても良いレベルと思います。 もしくはSPの福引き補助券くらいなら、フィールドモンスターが1枚ずつ落としてもバチは当たらないと思います。 ただでさえ武器はガチャがメインなのですから…。 ここまで、ガチャを引かせないガチャゲーも珍しい気が…。 次はメガモンですが、レアな心のドロップ率が渋いのも、まあ納得は出来るのですが、それ以外のレアドロップが使えないアクセサリーのみと言うのが頂けないです。 竜王装備やデスピサロ装備見たいなネタ装備は、それこそメガモンのレアドロップにしても良かったのでは。 勿論性能が落ちるのは仕方ないとして…。 もしくは見た目装備とか落として欲しいです。 トロルコスプレ。 ドラゴンコスプレとか。 見てみたい! 兎に角、現状の心D C連発ドロップだとライトユーザーはメガモンなんてやらないと思います。 メタルドラゴン9割がC以下のドロップです…。 お土産も中途半端。 せめて自宅に飾れるとか。 お土産をアクセサリーとして装備出来る物にしていれば、もうちょい意味があったのかもと思いました。 サントリーとコラボも素晴らしい事と思いますが、それよりもゲーム内の各コンテンツのコラボ??を、もう少し何とかして欲しいと切に思います… 最後にコロプラさん。 ただ難易度やドロップ率を調整して課金を煽ったり、逆に難易度を落とす事がユーザーの為とは思わず、商売なのですから課金させる為の工夫を切にお願い致します。 スクエニさん…。 自社の看板コンテンツなのですから、もっとちゃんと監修して下さい! そうしたら、また売り上げ1位に戻る事も出来るのかも知れません。 長めです。 まず、UIについての悪いところを箇条書きで。 ・メニューと準備が分かれているのがややこしい メニューというのは使用できる機能一覧のことを指すはずだが、そうではないうえに頻繁に使う機能へのショートカットが全く無い。 せめて、準備の画面にいかせてほしい。 ・1つの操作ごとの待機時間が長すぎる 例えば、マップの壺を触るだけでも、投げるモーション、アイテム獲得の表示、そしてその確認のタップと一連動作の時間が長い。 転職も福引の画面への移行もバトルも全部そう。 戦闘開始後遠く離れても良いようにして欲しい。 ・説明を分かりやすく 例えば、スラミチメダルとかあそびかたの交換所でようやく何かわかった。 ・マップ 右上 の改善 レイドボスの姿も見れん、クエストが受けられるポイントも見れんし、本当にただの地図。 チュートリアルが短く機能の説明がほとんどないため全容を掴むのが困難。 ゲーム自体は楽しいから、操作性に関してもっと利用者のことを考えて欲しい。 ただ、操作についてはストレスが多い。 毎日のサブクエストの選択しづらさ。 ダウンロード量が多く、プレイポイントが通り過ぎてからロードされる。 回復スポット触るたびにメッセージの表示、しかも遅延して消すのにも時間かかる。 そもそも外でプレイするのが前提なんだから、歩行中のデータ送受信両方はwifiなしで成立するくらいに抑えてもらわないと、ストレスで仕方ない。 あっという間に通信費が増えるし、画面固まるし。 再起動せざるを得ないことが多すぎる。 いらない反復の表示は消すとか、簡単にできるところは改善をお願いしたいです。 できれば通信量を全体的にスマートにしてほしい。 プレイ初めて3ヶ月になりますが、既に改善されたところもあるので、運営のやる気は伝わってきます。 今後もアップデートを頑張っていただきたいです。 思い出したように移動して、また「GPSの信号を〜」。。 なんなの? たまに明後日の位置にいることになってるし。 何かGPSの受信のところ変えたの? これじゃ遊べません。 2kmくらいズレて、一瞬現在地付近に戻って、また「GPSの〜」。。 改善してる時期もあるんだから、イベントで作り込んだバグなんじゃないですか? 画面上で動かなきゃ何もできないゲームなんだから、そこはリリース前にちゃんとチェックしてほしいです。 移動できなきゃ遊べないし、ガチャ引く気にならないでしょ。 互換性 iOS 9. 0以降。

次の

【ドラクエウォーク】通信制限でもプレイは可能?データ通信量を抑える方法について

ドラクエウォーク ipad iphone 共有

ドラクエウォークのデータはiPhoneからAndroidに移行(引き継ぎ)できる? ドラクエウォークのデータの引き継ぎはできます。 iPhoneからAndroidへのデータ移行もできますし、実際に僕もやってます。 ちなみに僕がiPhoneからAndroidへのデータ移行に成功したのは2019年10月11日です。 仕様変更などによって状況が変わる可能性があるので、一応ご注意ください。 ドラクエウォークのゲームデータ保存にはiCloudの「Game Center」は使われていない なんとなんと!iPhoneでドラクエウォークを始めた身としては意外だったのですが、ドラクエウォークのゲームデータ保存にはiCloudの「Game Center」は使われてないんです。 iPhoneのゲームデータ保存って、有名タイトルはほとんどGame Centerに対応している気がしてたので意外でした。 Game Centerに対応していると、iPhoneでもiPadでもカンタンに同じゲームデータの共有ができるんです。 ドラクエウォークは、スクウェア・エニックス独自のゲームデータ保存システムを使っています。 そのときに毎回表示されたエラーメッセージがこれ。 ・・・というもの。 このエラーによって何度やってもデータ引き継ぎを失敗していたのですが、下に書く手順通りやればこのエラーはでないはずです。 ジェムやゴールドは引き継ぎできた? 異なるiPhoneからAndroidへの引き継ぎの様に、異なるプラットフォーム間のデータ移行をする場合、ジェムやゴールドの引き継ぎが果たしてどうなるのか怖い部分があります。 僕の場合、ジェムやゴールドの移行は問題なくできました。 もちろん装備やこころ、レベルやストーリーの進行具合など、欠けた部分なく引き継ぎできています。 ですが「課金して購入したジェム」の場合は話が別です。 課金して購入したジェムは引き継がれない・・・とする公式の情報があります。 上がそうなのですが、「ゲーム内通過の残高が引き継がれないことがあります」と書いてあり、ちょっと曖昧な感じです。 できれば引き継ぎの前にジェムは使い切っておいた方が良さそうです。 ドラクエウォークのデータをiPhoneからAndroidに移行する方法 ドラクエウォークのデータをiPhoneからAndroidに引き継ぎできたので、その手順を書きます。 多分AndroidからiPhoneにも引き継ぎできるかと思いますが、確認できていません。 手順的にはiPhoneでもiPadでもAndroidでも同じはずです 移行元(iPhone)でやったこと フィールド画面の下にある「メニュー」をタップします。 「その他・設定」をタップします。 「データ引き継ぎ」をタップします。 お知らせメールの受信設定がありますが、これはオフにしてもOKです。 どっちでも可。 スクウェア・エニックスアカウントへの新規登録か、すでにアカウントを所持している場合はログインをします。 僕は新規登録をしました。 スクウェア・エニックスアカウントの新規登録が完了しました。 先ほどの「データ引き継ぎ」の画面まで進んで、上の画像の表示になっていれば、ゲームデータのバックアップができています。 ちなみにこの手順は、他の端末でプレイするつもりがなくてもやっておいた方がいいです。 今使っている端末の故障など、もしものときに新しい端末でゲームの引き継ぎをするときに役立ちます。 これをやっていないと、ドラクエウォークのゲームデータは今のスマホの中にあるだけです。 移行先(Android)でやったこと 次は引き継ぎ先のAndroidスマホでやったことです。 手順的にはiPhoneでもiPadでもAndroidでも同じはずです。 引き継ぎ先の端末に、新しくドラクエウォークをインストールします。 ポイント!すでにゲームを進めているドラクエウォークがインストールされていると、他のゲームデータへの引き継ぎはできません。 その場合はドラクエウォークを再インストールすればOKです(引き継ぎ先の端末に入っていたデータは、スクウェア・エニックスアカウントにバックアップされていない場合は消えます) ドラクエウォークがインストールされたら起動します。 ここで「ぼうけんをはじめる」をタップしないのがポイント!「ぼうけんをはじめる」をタップすると新しいゲームデータが作成されるので、その状態から他のゲームデータへの移行はできません。 「ゲーム引き継ぎ」をタップしましょう。 いきなりこれをタップするのが最大のポイント。 ぼくはこの前に「ぼうけんをはじめる」をタップしてしまっていたので、エラーメッセージが表示されて引き継ぎができませんでした。 「SQUARE ENIX ACCOUNT」でバックアップのボタンをタップします。 その場合は引き継ぎ先の端末からドラクエウォーク再インストールしてやり直せばOKです。 引き継ぎ元のゲームデータをバックアップしているアカウントにログインします。 「引き継ぎをする」をタップします。 これで引き継ぎ作業は完了です。 「移行に成功しました」と表示されました。 ホッとする瞬間です。 移行元のiPhoneでは「通信エラー」として元のデータでプレイできなくなった 今回の引き継ぎ元のiPhoneではドラクエウォークが元のデータでプレイできなくなりました。 1つのゲームデータでログインできる端末は1つまでというルールがあるようですね。 なので、.

次の

Windows用BluetoothキーボードをiPad用として持ち歩いた感想

ドラクエウォーク ipad iphone 共有

『ドラクエウォーク』おすすめ記事 ファミ通Appドラクエウォーク攻略チームによる、人気アプリゲーム『ドラゴンクエストウォーク( ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届け。 本日の担当:ゴジラ太田 第6章と賢者武器の実装は来週の後半か!? 各章ごとのおおまかなストーリーを確認できるほか、 それぞれの話を選択すると、会話シーンも振り返ることが可能。 ここぞとばかりに「これまでのストーリーを思い出してね!」という機能なので、間違いなく第6章が実装されるはず! そして第6章の発表と同時に、さりげなく戦闘シーンで新モンスターのほか、賢者の新装備をチラ見せしてくるのではないでしょうか? バトルマスター、レンジャーの新装備は既にふくびきで実装済みなので、第6章が実装されるとしたら、同時に賢者の新装備がふくびきで登場するのは間違いないでしょう。 賢者の武器ではイオナズンを使える武器が登場すると予想していましたが、全体攻撃は強敵相手に使いにくく、通常モンスターとの戦闘では別武器の全体攻撃が活躍していたので「イオナズンが登場しても魅力が薄いかも」と感じていたのですが、第6章が実装されるとなると、この考えが大きく変わります。 筆者の予想ですが、第6章の通常モンスターはイオ属性が弱点で、それ以外の属性は等倍 という調整にしてくるのかなと。 これまで活躍した全体攻撃可能な武器はそこそこ使えるけど、イオナズンがあれば楽に殲滅できるよ、というバランスに落ち着かせるのではないでしょうか? そして新章実装で超楽しみなのが登場モンスター! 『ドラクエ』シリーズには、サイクロプスやシルバーデビル、キングリザードなど強くてかっこいいモンスターはまだまだいます。 どんなモンスターが出てくるのか楽しみですよね。 メタルホイミンがフィールド戦闘に登場するのも、ほぼ確実でしょう。 もちろん、それらモンスターから取れるこころも、メチャクチャ性能がいいはず! ついにキラーマシンやキングスライムを越えるこころが登場するのか期待大です! こころ集めは『ドラクエウォーク』最大の魅力とも言えるものですが、筆者は2019年11月中旬から『ドラクエウォーク』を始めたので、プレイ期間は約3ヵ月ほど。 こころの情報共有サイトは使わずに(田舎なので使えないという言葉が正しいかも)、日々コツコツとプレイを続けて、これだけのこころを集めることができました。 AやBのこころも結構集まっています。 『ドラクエウォーク』は、都会と田舎でもそれほど差がなく楽しめるゲームになっています。 もちろん、こころ情報共有サイトが使いやすいなど都会が便利な要素もありますが、都会から離れて生活している人でも、筆者のように毎日の積み重ねでこころは十分集められますし、なにより『ドラクエ』シリーズ好きな人ならば、メチャメチャ楽しんで遊べると思います。 強いて言えば、メガモンスターがほぼソロでの戦いになるのでキャラクターが成長するまでは辛かったかな。 でもある程度強くなればソロでも勝てるようになるので、それほど気にならなくなりました。 間もなく第6章も実装され(ると思い)ますし、『ドラクエ』好きな人は、ぜひこの機会にプレイしてみてはいかがでしょうか? そろそろ温かい季節にもなってきますし、まずはウォーキングがてら少し触れてみるのもいいかもしれませんね。 本作の攻略から雑談など『ドラクエウォーク』に関わるコミュニケーションがとれる場として運用しております。 興味のある方はお気軽にご参加ください。

次の