精密採点ai 表現力。 「LIVE DAM Ai」登場レポ。

【男女別】カラオケで高得点を狙うコツと裏技&おすすめ曲を大公開 |ボーカル・ボイストレーニングの知識

精密採点ai 表現力

【男女別】カラオケで高得点を狙うコツと裏技&おすすめ曲を大公開 最近はテレビでカラオケの採点番組が多く、いざ挑戦してみると思ったよりも点数が取れずガッカリしてしまうことも多いと思います。 春は会社や学校の仲間とカラオケに行く機会の多い時期ですよね。 高得点のコツをつかんで周りを驚かせちゃいましょう! 1.カラオケ採点といえば「DAM」と「JOYSOUND」? (1)「DAM」 の人気の採点シリーズ「精密採点DX--G」 テレビなどで話題の「精密採点DX」がさらにパワーアップした「精密採点DX--G」が登場。 さらに100点越えで採点する「精密採点ミリオン」も登場!! そんな精密採点ですが、音程はもちろん以下の4つの加点方式となっています。 ・こぶし・・・音を細かく動かす装飾音的な節回し ・ビブラート・・・歌に余韻を生むために、音の最後で声を揺らすテクニック ・フォール・・・本来の音程から低い音程に向かって滑らかにずり下げる ・しゃくり・・・下から上へ、しゃくりあげながら歌う歌唱テクニック (2)「JOYSOUND」の人気採点シリーズ「分析採点マスター」 「人の感覚に近づける」をテーマに新採点システムが開発されています。 新たに音程強化モードが搭載され、苦手なフレーズを繰り返し練習することができ、音程を確実にステップアップできるようになりました!ヒトカラの際には試してみたい機能です! こちらも音程はもちろん!以下の4つの加点方式となっています。 ・安定感・・・音程がぶれずに安定して歌唱できているか ・抑揚・・・Aメロ・Bメロ・サビなど、曲の展開に応じて抑揚をつけているか ・ロングトーン・・・正しい音程で、安定して声を伸ばせているか ・テクニック・・・こぶし、しゃくり、ビブラートの3つをテクニックとして採点 2.音程が最優先?機種で違う意外と知らない「カラオケ採点システム」 DAMは、採点項目が細かく、JOYSOUNDよりも採点が厳しいといわれています。 そのため、DAMでは得点が低くても、JOYSOUNDだと高得点が出る人が多い傾向にあります。 気持ちよくなりたいときはJOYSOUND、しっかり練習したい、スキルアップしたい、挑戦したい...... そんな人はDAM。 そういった使い方をしています。 なかでも「音程」が最も大きな要素となります。 「音程」 画面に表示される音程バーと自分の音程の合っている割合で採点されます。 自分の性格率は音程バーの上を流れる"キラキラ"で判断できます。 虹色が90%以上、金色が80%以上、赤色が70%以上、青色は60%以上。 それ以下の場合は何も流れません。 「表現力」 こちらは、抑揚、こぶし、しゃくり、フォールの回数で採点されます。 この抑揚ですが、声量だけでなく、マイクワークによっても抑揚が変化します、声で抑揚をつけるよりも簡単にできるので効果的です。 マイクワークの際はゆっくりと離しましょう。 急に離すと音程が下がることもあるようですので注意が必要です。 「ビブラート」 ビブラートは回数ではなく1秒以上でないと評価対象にならないことも覚えておかなければなりません。 また早いビブラートより遅いビブラートの方が採点上有利です。 ロングトーンは0. 5秒前後以上音を伸ばした箇所で音程が正しいかどうかを判断しています。 「安定性」 安定性でも高得点を得るために、むらなく正しい音程で歌い続けられるかが大切です。 また、ロングトーンは必要な数カ所を残し,その他はビブラートを適度にかけてみましょう。 安定性の評価を高めるにも上手なビブラートをかけることが大切です。 ビブラートになっていない声の震えも検知されるので注意が必要です。 いわゆるノド声になってしまうと、喉に負担が掛かり真っ直ぐな発声が難しくなってしまうので治しておきたいポイントです。 「リズム」 リズムは総合点に対して最も影響が小さいといえますが、タメ(実音より遅く)より走り(実音より早い)の方が減点が大きいです。 タメを研究し、気持ちのよいタメが残せるように練習しましょう。 ただ、テンポが遅めの曲では少し走り気味で歌うと高い評価が得られます。 前述した事も正確なリズムがあっての事ですので、ドラム等のリズム楽器を良く聞いて歌う様にしましょう。 又、楽曲によって何の楽器の音を聞く様にするか?等。 音楽に精通した人からのアドバイスを受けると良いでしょう・。 DAMと同じくガイドメロディーのとおりに歌えているかどうか、画面に表示されるバーと自分の音程の一致で点数化するところも同じです。 はじめはガイドメロを大きくし正しい音程を丁寧に正確に歌唱する事を心掛けましょう。 「安定感」 こちらも同じですが、歌詞に気を取られず、バーを見ながら歌えるよう、歌詞をしっかりと覚えることが大切です。 ビブラートの安定感も必要となってきます。 声の大きさを自在にコントロール出来る力と、余裕の有る発声力が有ればより高得点を狙えるはずです。 「抑揚」 1曲を通してAメロ、Bメロ Cメロ等それぞれのセクションの中で抑揚がつけられているかどうかが配点基準になっています。 「ロングトーン」 安定して声をのばせているか。 途中で絶えないように日頃からの 「テクニック」 こぶし、しゃくり、ビブラートの3つで採点されます。 「分析採点の嬉しいシステム」 この記事を読んでいる方は、一人でカラオケに行くことも多いと思います。 そこで、試していただきたいのが、"プレイバック機能"採点が終わった直後に聞きなおすことができる機能です。 自分の苦手な箇所をチェックして、練習に役立てましょう! 3.カラオケで高得点を狙うコツと裏技 (1) ガイドメロディを覚える 採点基準となるのはガイドメロディです。 音程をしっかりあわせることが大切です。 また、できれば原曲キーでいきたいところですが、ご自身の歌いやすい音程にキーを合わせた方が高得点を狙えます。 (2) マイクを持つ位置は大丈夫? マイクヘッド部分を握るとマスキングされ収音しにくくなることがあります。 また、ずっと口に近づけていると抑揚がつきにくくなります。 サビ部分ではマイクを近づけて、サビ以外では少し遠ざける等の工夫が必要です。 表現力の評価では、抑揚がもっともポイントが高く,マイクの使い方ひとつで評価にも影響あります。 (3) 自分流になってない??安定が大事。 苦手な音程の動きや苦手なリズムが誰しも有ると思います。 苦手な所は徹底的に練習しましょう。 (4) 100点をとるコツ! まずはガイドメロを基準に音程をしっかりとり、安定性のある状況で歌うことです。 その上で抑揚やビブラートなど表現力をつけてゆきましょう。 その採点基準のポイントとなるところをつかみクリアしてゆくことが大切です。 4.好きな曲と高得点が出る曲は違う!カラオケで高得点が出やすい曲の特徴とは (1)音程の上下が少ない曲 DAMもJOYSOUNDも、共通して「音程」という項目の採点配分が大きいため、一番重要なのは「音程が取りやすい曲」かどうかです。 生まれつきの声質があるので、この曲!と一概には言えませんが、自分の声質に似ているアーティストを選ぶと失敗は少ないです。 分からなければ、録音して聞いてみたり、ボーカルスクールに通い講師に曲を選んでもらうのも手です。 音程で出しにくい「高音」や「低音」が多い曲は不安定になる要素があるので避けたほうが無難ですね。 また、裏声が多く、アーティストの個性が全面に出ている曲などは難易度が当然高くなりますので注意が必要です。 (2)リズムが一定だから焦らず歌える リズムが一定。 もしくはそのリズムに自分が乗れるか。 が重要です。 曲全体ではなくても一部に早口になる箇所があると、そこで点数がガクっと下がる可能性があります。 テンポが早く、メロディーの動きの大きい楽曲は音程を当てるのが難しくなります。 極端に言えば、童謡や唱歌などは高得点を狙いやすい曲と言えます。 しかし、音程がずれる原因や真っ直ぐに発声出来ない原因は様々な事が考えられ、自分ひとりでは原因の追求は難しいことでしょう。 やはり、経験値の多いプロのボイストレーナーについてレッスンを行うことは、とても意義のあることです。 表現力等、独自の個性も大切ですが、基本を身につけた上で練習を行うほうが無理もなく効率的です。 ボーカルスクールというと、プロ志望の方が通うイメージが強いかもしれませんが、ボーカルスクールVOATでは、 「とにかく上手く歌いたい」 「カラオケの得点が伸ばしたい」 「高いキーがだせるようになりたい」 などの理由で通われている方が多く受講されています。 沢山のプロを輩出してきたボーカルスクールの名門ならではのカリキュラムで短期での改善も、あるいは可能ですので大切な時間を無駄にしない為にも体験レッスンを受講してみて下さい! 東京、名古屋、福岡のボイストレーニング ボイトレ が受けられるボーカルスクールです。 歌が趣味の方からチャンスがあったらデビューを目指してみたいという方までのスクールで、優秀なボイストレーナーによる分かりやすくて質の高いボイストレーニング ボイトレ が特色の教室です!さらに快適で清潔なレッスン環境も大切にしています。 教室は洗練されたデザインのインフォメーションロビーや最新設備のレッスンスタジオとレコーディングスタジオも特色です。 ライブ、各種イベントも盛んに行っているので、歌と音楽がもっと楽しくなります!クオリティが高く、数々の実績を誇るVOATでついにオンラインレッスンがスタートしました!自宅などスタジオ以外でも一流講師のレッスンが受講できます!.

次の

LIVE DAM Aiの精密採点AiでのAi感性の取り方!新しい項目を攻略しよう!│カラオケステップアップ講座

精密採点ai 表現力

LIVE DAM AI とは LIVE DAM AIは2019年10月よりビックエコーなどを中心に導入が始まった最新カラオケ機器です。 従来の「LIVE DAM LIVE DAM GOLD EDITION 」、 「LIVE DAM STADIUM」 、「 LIVE DAM STADIUM STAGE」に続くDAM採点機器にして初めてAI(人工知能 を搭載しています。 さらにPV曲も追加され本人映像とともにカラオケを楽しめるようになりました。 LIVE DAM AI の特徴 新たな操作方法の導入 最大の特徴とも言えるのが、名前にもあるように AI 人工知能 を搭載していることです。 機械ではありますが、より人間の感情に近い形でカラオケを楽しめます。 曲の予約の手順に新たな方法の追加 カラオケで曲を入れる際はタッチパネルから入れたい曲をタップして入れるシステムになっていたと思います。 しかしLIVE DAM AIではこのシステムに加え、音声認識操作ができるようになりました。 この方法を用いれば マイクで声を入れるだけで曲を入れることができます。 やり方はシンプルです。 たったこれだけでタッチパネルを触ることなくマイク一本で曲の予約ができちゃいます。 曲予約以外にも 先ほどはマイク一本で曲の予約をする方法を紹介しましたが、これ以外にも以下の操作をするときにもタッチパネルや機械をいじることなく、マイク一本で操作を済ませられます。 マイクによるAI操作が慣れていない方はタッチパネルなどで操作する方が意外と早く済ませられることもあるので、状況に応じて使うようにしましょう。 臨場感あるBGM LIVE DAM AIではカラオケのBGMがライブ感覚で楽しめるライブサウンドとなりました。 音質が向上したのはもちろんのことですが、選択した曲に応じてドームサウンドが決定されドームで歌っているような感覚でカラオケを楽しむことができます。 現時点では東京ドームやナゴヤドームなどの有名なドームがあります。 今後のリリース次第では新たに増えることもあるのでカラオケのBGMにはより期待が高まります。 新たなコンテンツの追加 今までの精密採点などのコンテンツに加え、アニメとコラボしたコンテンツや人気歌手とデュエットできるコンテンツなど多彩なコンテンツを加えています。 新たに加わったコンテンツの中にはカラオケ業界初のAIを用いたコンテンツも誕生しました。 続いてはそちらを紹介します。 新たな採点機能追加 LIVE DAM AI から新しく導入された採点機能として「精密採点Ai」があります。 この機能では従来の精密採点機能とは違い、AI視点での採点項目が新たに加わりました。 従来の精密採点との比較 ここからは具体的にどう変わったのかを「精密採点DX-G」と比較しながら確認していきます。 カラオケ画面 まず最初に表示される音程バーや加点項目(しゃくり、こぶし、フォール、ビブラートの項目)ですが、加点項目の表示デザインが変わったぐらいで目立った変更はあまりありません。 精密採点DX-G 精密採点Ai しかし精密採点Aiでは新たに採点項目として「Ai 感性」が追加表示されています。 プラスになると右方向に赤のゲージが、マイナスになると左方向にゲージが貯まります。 一概にこうとは言えない部分もあるので、参考程度ととらえてください。 プラス・・・曲を聴くと気分が盛り上がる・強弱がはっきりして躍動感がある マイナス・・・曲を聴くと不快感になる・声のハリを感じられずあまり盛り上がらない 採点画面 採点画面では「精密採点DX-G」と「精密採点Ai」とで大きな違いが出てきています。 それぞれ見ていきましょう。 まず 「精密採点DX-G」 です。 精密採点DX-Gの採点画面では最初にボーナス得点を含むカラオケの総得点と採点項目のフローチャート、分析レポートが表示されます。 カラオケの全国平均点や過去の点数まで表示してくれるのは本当に画期的ですよね。 精密採点DX-G 10秒ほど経ったら自動的に次の画面に切り替わり採点の詳細が詳細されます。 ここでは最初の画面に引き続き採点項目の点数の詳細を見ることができるので、カラオケ分析に役に立ちます。 そして20秒ほど経てば画面が閉じる仕組みになっています。 精密採点DX-G 続いて「精密採点Ai」です。 「精密採点Ai」の採点画面では採点項目や分析レポートなどの項目は 「精密採点DX-G」 と変わりはありませんが、デザインに加え Ai感性の採点結果が加わりました。 精密採点Ai そしてAi感性の評価に応じて加点される「Ai感性ボーナス」も同時に表示されます。 ボーナス点ですが「精密採点DX-G」では採点項目の評価に応じて音程ボーナス、表現力ボーナス、ビブラートボーナスなどが加わっていました。 しかし、「精密採点Ai」ではそれらがなくなりAi感性ボーナスしか加点されなくなってしまいました。 点数アップを狙う際は音程や表現力に加えこのAi感性ボーナスがカギとなります。 そして次の画面で採点項目の詳細を見ることができます。 精密採点Ai Ai感性の項目が点数化されていてどこでプラスになったのか、マイナスになったのかが一目で分かりますね。 採点画面操作の注意点( 精密採点Ai ) ここで気を付けたいのは精密採点Aiの採点画面において点数表示画面から項目詳細画面に移る時です。 精密採点DX-Gでは時間が経てば自動的に画面が切り替わっていましたが、精密採点Aiの場合ボタン操作をしない限り10秒ほどたてば強制的に画面が閉じるようになっています。 項目詳細画面に切り替える際は以下の手順で切り替えを行うようにしましょう。 個人的には 精密採点Ai>精密採点DX-Gと表記しておきます。 なぜ断定的ではないのかというと「この部分が難しい」といった一概と言えない要素があり、 曲や歌う人によりけりの部分が多く存在するからです。 精密採点DX-Gでは高得点を出していた曲が精密採点Aiでは低い得点だったり、あるいはその逆のパターン、あまり変わらないパターンだったりと歌う人や選んだ曲によって点数に個人差があります。 今回は新たにAi感性の項目が加わって攻略が難しいのもあったりするので、精密採点Aiの方が若干難易度が高めかなという印象です。 まとめ 今回はLIVE DAM AIを紹介しました。 LIVE DAM AIは首都圏などを中心に導入されており、全国に広がるまでは時間がかかるかと思います。 すでにビッグエコーのみならず、カラオケ館やまねきねこ、カラオケの鉄人といった大手カラオケチェーン店、またラウンドワンなどのアミューズメントパークでも導入が始まっています。 店舗によっては追加料金がかかったりと利用に制約もあったりするので、利用する際には各店舗の情報を確認しておくのが吉です。 とはいえLIVE DAM AIは今までのカラオケ機器にはない最先端技術を導入しているので、カラオケ好きの方は是非利用してみてくださいね。

次の

カラオケの、精密採点DX

精密採点ai 表現力

前機種より全国平均点は高め 全国平均点は前機種DX-Gに比べて2~6点ほど高い傾向にあります。 Children 80. 506 86. 520 6. 554 83. 234 2. 268 87. 344 6. 素点はそんなに高い印象はないのですが、なんといってもAi感性ボーナスが高くなりがちです。 6点までは確認しました。 ただ、それを加味しても全国平均が6点も高いというのは異常なのですが、これはおそらく 単純に母数が少ないことが原因でしょう。 まだライブダムAiがそれほど普及しておらず、わざわざ指定して使う人は歌が上手い人達だからだと思われます。 今後ライブダムAiが普及してくれば、色々な人が採点を使うので平均点は下がってくるのではないでしょうか。 99~100点は前機種より取るのが難しい これは私(最高98点)には関係ない未知の領域の話ですが、テレ東のカラオケバトルやネットの情報を総合すると、こういう結果になりそうです。 例えば直近のの放送では、普段は全員99点以上を取るほどレベルの高いU-18の大会で99点以上はなんと一人だけ。 あとはすべて97~98点です。 2年間の平均点が99点を超えている猛者でさえ98点台でした。 理由としては、素点(ボーナスが加味される前の点数)がそもそも厳しくなっているのと、今回点数が高くなる要因である Ai感性ボーナスは素点が高くなるほど低くなる傾向にあるからです。 151 1. 668 2. 311 1. 確かに素点95点でAi感性ボーナスが5,6点だと100点連発ですからね。 DX-Gでは100点が取りやすかったので、それの対策かもしれません。 抑揚は取りやすくなったが表現力への影響は少ない 抑揚はDX-Gでは意識しないとなかなか高得点が取れなかったのですが、 Aiでは比較的高得点が取りやすくなっています。 実際、特に抑揚を意識せずに歌った場合でも80点台、少し意識するだけで90点台は取れました。 高得点が取りやすくなっている反面、 表現力への影響はDX-Gより小さくなっているようです。 つまり、 表現力は抑揚以外の影響が大きくなっているということが分かります。 それが何の項目なのか後ほど説明します。 マイク遠近法は効果低くなった 歴代の精密採点で重要だったマイクを近づけたり離して歌声の強弱をつけるテクニックの効果が低くなっています。 これをやることで抑揚の点数をかなり上げることができたのですが、Aiではこのテクニックを使うと、 効果がないどころか逆に減点される可能性もあります。 まだ試行回数が少ないので不確定情報ではありますが、マイク遠近法を使いすぎて 不自然に強弱をつけるとAi感性が減点となりやすいです。 実際に、マイクを離した時にAi-の値が増えたことがありました。 こうなると、Ai感性ボーナスの+点数が少なくなります。 また、 有線マイクによる点数のかさ増しも効果が低くなっています。 ただし、これはAi専用のマイクの場合に限ります。 Ai専用のマイクの性能が上がったからなのかもしれませんが… テクニックがより重要に ネットの情報や実際に歌った感触として、 高得点のコツはテクニックだと思われます。 既存のテクニックである「 しゃくり」、「 こぶし」、「 フォール」に加えて、精密採点Aiでは下記が追加されています。 参照: これはfistiaでDAMとも連携することでしか見れない項目ですが、Ai感性はこの4つの新項目も判定基準にしているようです。 これが「膨大な歌唱データを機械学習することで生まれた」項目だと思われます。 それぞれの項目について公式に発表はないので未確定ではありますが、ネットで調べてみたので説明します。 アクセント 部分部分で 強調して歌う技法のことです。 前機種のDX-Gまでは音程を合わせるために淡々と強弱をつけず歌うと良かったのですが、Aiでは強弱をつけることが良いとされるようになっていると思われます。 ハンマリング 主にギター演奏で使う 叩きつけるような奏法の事です。 この用語は歌唱時には使わないようなので、Ai独自の項目のようです。 ただし、叩きつけるような歌い方がどのようなことなのが具体的に分かりませんでした。 エッジボイス 声帯を閉じた状態で声を出すと出る ブツブツした音のことです。 例えば、平井堅の「瞳を閉じて」の冒頭、「あぁ~さめーざめーるたーびにぃーー」の「あ」の部分です。 ヒーカップ フレーズの最後に語尾を裏返す歌い方です。 B'zやラルクやシャ乱Qなど90年代のJ-POPアーティストに多いですね。 実際にシャ乱Qの「ズルい女」を語尾を裏返しながら歌ったところ、ヒーカップが33回取れました 表現力91点、Ai感性100点。 普段は5回前後なので、ヒーカップは裏返す歌い方でほぼ間違いないと思います。 これらのテクニックを多く使うことで主に表現力、Ai感性ボーナスの点数が高くなります。 Aiが採点しているわけではない可能性が高い これは高得点を取るコツではなく、完全に個人的な感想です。 精密採点AiはDAM公式サイトでは以下のように説明されています。 「精密採点」シリーズの最新作が登場。 膨大な歌唱データを機械学習することで生まれた「Ai感性」が、 人の感情を揺さぶる歌声を検出して得点化。 歌のテクニックだけでなく表現力まで理解できるようになりました。 引用: 初めてこれを見た時は、Aiが1曲1曲リアルタイムに学習しながら何だかよく分からないけどすごい方法で採点している?と思っていました。 しかしながら、実際に採点結果を集計してみると、ちゃんと決められた項目があって、その項目毎に今までと同じように点数をつけて最終的に点数を出しており、リアルタイムに学習しながら採点しているわけではないのではないのではないかと思うようになりました。 つまり、精密採点Aiとは、 単純にDX-Gの評価項目にハンマリングやヒーカップなどの新しい評価項目を加えただけではないか、という気がします。 「Aiが採点」と聞くと、何かリアルタムで採点しているように聞こえますがそうではなさそうです。 とはいえ、新項目(ハンマリングやヒーカップなど)はAiが導き出した項目だとは思うので、表現に嘘はないんですよね。 ということでAiについて色々書きましたが、一番言いたいことは、 Aiって言っても得体のしれない怖いものじゃなくて ちゃんと分析すれば点数の根拠は出せるんだよということです。 ちゃんと分析して対策すればAi感性の高得点もコンスタントに出せるようになると思います。 まとめ ということで最後にもう一回まとめます。 まとめ 前機種より全国平均点は高め 99~100点は前機種より取るのが難しい 抑揚は取りやすくなったが表現力への影響は少ない マイク遠近法は効果低くなった テクニックがより重要に Aiが採点しているわけではない可能性が高い 色々書きましたが、 個人的には精密採点Aiは良いと思います。 マンネリ化していた精密採点の判定基準を変えただけでも評価に値しますが、何より、 感情を込めて歌っても点数が下がりづらくなったことが個人的に嬉しいです。 99点以上が取りづらくなったことで カラオケバトルなどのテレビ番組での点数のインフレ化も抑えられましたしね。 番組としては嬉しいんじゃないでしょうか。 私自身もまだそれほど精密採点Aiで歌えていないので(今の所50~60曲程度)、今後試してみて何か分かりましたら更新します。

次の