喪中はがき 親族。 喪中はがきは親戚にも出す?葬儀に来た人や兄弟にも出すべき?

喪中はがき 範囲】兄弟・祖父母・義父・叔父・親戚・身内・会社

喪中はがき 親族

喪中はがきは、あくる年の新年の挨拶を控えることをお知らせするはがきです。 一般的には1年の間に2親等以内の親族が亡くなり、喪に服している場合に送ります。 2親等以内とは次の関係が該当します。 1親等:両親、配偶者、子 2親等:兄弟や姉妹、祖父母、孫 しかし、実際には故人との血縁関係と喪に服する期間については、明確な決まりがあるわけではありません。 3親等であっても故人とのつきあいの距離に応じて、喪中はがきを出す方もいます。 喪中はがきの役割を、「(故人との血縁関係にはこだわらずに)親しい身内が亡くなったので喪に服していること、新年を祝わず挨拶も遠慮しているということを相手方に伝えるもの」と考えると、わかりやすいでしょう。 詳しく書くというよりも、 送付する人と故人がどのような続柄の人であるのかに加え、 故人の名前や年齢、亡くなった月を書きます。 故人の名前はフルネームで書きますが 苗字が同じ場合は名前だけでも構いません。 また、 通常年齢は数え年を使いますが、最近は満年齢を記すことも多く、どちらで書いても失礼になることはありません。 続いて、 故人が生前にお世話になったという感謝のメッセージを添えることが大切です。 例としては、「生前賜りましたご厚情に深く感謝いたします」などです。 最後に、はがきの送付先の方へ今後の発展を願うメッセージを書きます。 「皆様が健やかなる新年をお迎えになりますよう心よりお祈り申し上げます」このような文章で締めくくります。 既に訃報を知っていて、お通夜や葬儀などでお悔やみの気持ちを伝えている場合は、何かする必要はありません。 もし新年の挨拶をしないことが気にかかるようでしたら、松の内があけてから立春までの間に 寒中見舞いなどで挨拶をするとよいでしょう。 なお、 寒中見舞いのはがきを送る場合は、 お悔やみは述べずに挨拶のみにとどめます。 挨拶状とお悔やみを同時に送ることはマナー違反です。 また、近年では家族葬など、生前、故人とごく親しかった近親者のみでお葬式を行うケースも増えています。 このような場合、喪中はがきを受け取ってはじめて訃報を知るということもあります。 このような場合、また故人や遺族との関係によっては、香典や、進物用のお線香などお悔やみの品を贈ることもあります。 葬儀や香典返しがすんで一段落しているころに、かえって手間や気を使わせてしまう可能性もあるため、遺族の心情を思いやりながら、 一周忌などの節目の時期にお線香やお花などを贈るという方法もあります。 喪中はがきに関連するマナーをまとめました。 喪中はがきは新年の挨拶を控えさせてもらうというお知らせの役目があります。 喪中はがきを出す方は故人がお世話になった感謝を込めつつ、なるべく12月の初旬には投函し終えることがポイントです。 葬儀のしきたりや風習、葬儀のマナーなどでお困りのことがあれば、お気軽にお問い合わせください。 いい葬儀で葬儀場・斎場を探す エリアを選択してください 北海道・東北地方 探す• 関東地方 探す• 中部地方 探す• 関西地方 探す• 中国・四国地方 探す• 九州地方・沖縄 探す• いい葬儀の鎌倉新書が運営するサービス•

次の

喪中はがきは親戚に出す?葬式に来た人にも出すのか

喪中はがき 親族

喪中とは 最初に、喪中とはどのような意味を持つ期間なのかについて解説しましょう。 喪中は「故人への弔いに専念する期間」と「故人に対する哀悼の意をあらわす期間」に分かれており、弔いに専念する期間は「忌中」と呼ばれます。 忌中は四十九日の法要をもって忌明けとなり、故人の家族・親族は忌明けから少しずつ日常生活へ戻っていきますが、すぐに元の生活を送れるわけではありません。 忌が明けてもすぐに哀しみが消えることはなく、故人の家族・親族は時間を掛けて故人の死を受け入れて心を癒していくのです。 この心を癒す期間が喪中であり、喪中の間は慶事も慎しみ大きな行事を行わないようにします。 近年ではライフスタイルの変化にともない喪中に対する考え方もかなり柔軟になりましたが、喪中が持つ本来の意味を大切にして行動することを忘れないようにしましょう。 喪中の範囲 故人への哀悼の意をあらわす喪中の範囲は、故人との関係性で変わってきます。 では、喪中の範囲は具体的にどこまでなのか、基本的な考え方を詳しく解説します。 基本は故人から2親等内 基本的な喪中の範囲は、故人からみて2親等内の家族・親族です。 例えば、父親が亡くなった場合、次の人たちが2親等内になります。 配偶者である母親• 子ども• 父親の両親• 父親の兄弟 子どもが亡くなった場合には、次の人たちが2親等内になります。 亡くなった子どもの両親• 亡くなった子どもの祖父母• 亡くなった子どもの兄弟 もし故人が養子縁組で家族になっていた場合も、基本的な範囲の考え方は変わりません。 故人の両親・祖父母・配偶者・子ども・孫は2親等内になると覚えておきましょう。 配偶者も同じ立場で考える 結婚したことでつながりができた義両親・義兄弟・義父母も、配偶者と同じ立場で考えるようにします。 ごくまれに「血がつながってないから」という理由で喪に服さない人がいますが、喪中の範囲では配偶者も直系として考えなければなりません。 つまり、配偶者の義両親・義兄弟・義父母が亡くなった場合は、血のつながりがなくても喪中になります。 配偶者同士では問題にならなくても、周囲の人から見れば同じ家族の一員です。 配偶者も直系と同じ立場と考え、喪中の期間は喪に服するようにしましょう。 故人との親密度にもよる 故人の2親等内や配偶者でなくても、故人の親密度によって喪に服するケースもあります。 例えば、• 故人と兄弟同然で育ったいとこ• 故人にかわいがられていて家族とも親密な付き合いがあった親戚• 血の繋がりはなかったが故人と親しくしていた友人 などが、自ら喪に服することも少なくありません。 喪中は故人を哀悼する期間ですから、血縁ではなくても喪に服する行為は、故人とその家族・親族に対する最大の敬意とも言えます。 血縁の家族・親族と同じ期間喪に服することは難しいかもしれませんが、例えば旅行を控えたり出掛ける回数を減らしたりなど、自分のできる範囲で故人への哀悼の意をあらわしましょう。 喪中の期間 喪中は故人への哀悼の意をあらわす期間ですが、日常生活における慶事や行事も自粛するとなると、喪中の期間がどこまで続くのか気になりますよね。 実は、明治時代には喪中の期間が細かく定められていたのですが、昭和22年に廃止されて以降、時代の変化によって期間は変わり、現代では目安となる期間がわからないという人も少なくありません。 では、近年の喪中の期間はどこまで設けるのが一般的なのか、故人からみた立場別に詳しく解説していきます。 故人の配偶者・両親 故人の配偶者や両親の場合、喪中の期間として一番多いのは約1年です。 ただし、これは明治時代の法令の名残から続いている目安期間なので、仕事が忙しかったりどうしても外せない行事がある場合は臨機応変に対応することもあります。 法令の名残から続いている喪中の期間ではありますが、故人の喪主を務めた妻の場合は法要や事務手続きなどで1年は掛かることも多く、とても普段どおりに過ごすことができません。 1年という喪中の期間は、心と身体を癒す意味でも必要な目安です。 故人の子ども・兄弟 故人の子どもや兄弟の場合、喪中の期間は3ヶ月から1年が目安です。 こちらも明治時代の法令から受け継がれている目安ですが、仕事や学校で忙しいとなかなか生活のすべてを自粛するわけにはいきませんよね。 実際に喪中を経験した人の中には、少人数で静かに話したり短時間のお出かけなら参加し、会社の新年会や海外旅行などの大きな行事は自粛したというケースもあります。 子どもが未成年の場合自分でコントロールするのは難しいかもしれませんが、修学旅行などの学校行事以外の旅行は避ける、喪中の期間は帰ってくる時間を早くするなど、わかりやすい目安を提示すると良いでしょう。 それ以外の親戚 上記以外の親戚が喪に服する期間は、1ヶ月〜半年が目安です。 1ヶ月を過ぎると四十九日を迎えるので、四十九日の法要を機に喪中も終える人もいます。 ただし、喪中を終えたからといって派手な行動を取ると、喪中の家族の気持ちを踏みにじることにもなりかねません。 喪中の期間は故人に近しい家族よりも短いですが、喪に服している家族の気持ちも考慮して行動し、たまに声を掛けたり手伝いを申し出て穏やかに過ごせるよう協力しましょう。 喪中にやってはいけないこと 喪中の人が気になることで一番多いのが、「喪中にやってはいけないことは何か」という点です。 確かに、具体的な例を知らないと喪中を理由にお断りすることも難しいですよね。 では、喪中の期間にはどのようなことをやってはいけないのか、具体的な例を挙げて詳しく解説していきましょう。 お正月のお祝い お正月は新年を喜ぶ日本の伝統的なお祝いの日なので、喪中の人はお正月のお祝いを控えるようにします。 年始回りや初詣などはもちろんのこと、お正月のお飾りやおせち料理、お屠蘇といった縁起物の用意もしません。 地域によっては消防団による年始回りなどの行事もありますが、喪中の年は地域の行事も控えておきましょう。 お年玉に関しては、子どもたちの楽しみなので渡しても大丈夫ですが、その場合はお年玉用のポチ袋ではなく「おこづかい」と書いて渡すようにしてください。 年賀状を出す 年賀状は新年を祝って相手に送るものなので、喪中の人は控えなければなりません。 最近はパソコンや携帯メールでご挨拶をすることも多いですが、喪中の人はできればメールでのご挨拶も控える方が望ましいです。 もし年賀状を出した後に不幸があり喪中になった場合は、年賀状はそのままにして年が明けてから改めて連絡するようにしましょう。 お祝い事への出席 結婚式や出産祝い、成人のお祝い、還暦祝いなど、お祝い事への出席も基本的にしてはなりません。 ただし、近年では次のような条件のときのみ、お祝い事への出席が許される傾向にあります。 喪中ではあるが四十九日は過ぎている• 喪中であることを知っている先方から強い要望がある• 数人だけのひっそりとしたお祝いの席である 喪中であることがわかっていても、お祝い事に声を掛けてもらえるのはありがたいことですが、心からお祝いできる状態でなければ出席することもつらくなります。 喪中の期間中はできるだけお祝い事への出席を控え、どうしてもというときには自分の心の状態をよく確かめてから返事をするようにしましょう。 旅行や宴席の集まり 喪中の期間中は、旅行や宴席、スポーツ観戦、コンサートなど人が集まる場所に行くことも控えるようにします。 昔と比べるとかなり柔軟な考えになってきましたが、それでも喪中の人が積極的に遠出をしたり楽しんでいる状態は、あまり好ましくありません。 故人を偲んでの小さな集まりや家族を労う内輪の飲み会程度なら大丈夫ですが、自ら率先して楽しむような旅行や宴席はできるだけ避けるようにしましょう。 神社への参拝 神社では、死は穢れ(けがれ)とされ忌み嫌われるため、特に四十九日の法要が済んでいないうちは参拝してはなりません。 神道では50日を過ぎたら故人は神として祀られるので、故人の死後50日目を過ぎたら神社にお参りしても大丈夫です。 ただし、初詣はお祝い事になるので、50日目を過ぎていても行ってはなりません。 どうしてもお札を頂きたいというときは、松の内を過ぎてから神社へ参拝しましょう。 喪中期間の神棚 喪中で四十九日を迎えていない間は、神棚の扱いにも注意しなければなりません。 故人が亡くなった後の神棚はどのようにすれば良いのか、順を追って解説します。 故人の家の神棚は神封じする 故人の家に神棚があるときは、誰が亡くなったのかを神棚に報告してからお供え物を下げ、神棚の扉を閉めて白い半紙を貼って神封じをします。 もし、神棚にしめ縄を貼っているときは、しめ縄に半紙を貼り付けて神封じしましょう。 50日目からは祀って良い 神封じは50日目、つまり仏道の四十九日の翌日から解きます。 よく四十九日の法要と一緒に神封じを解く人がいますが、仏道と神道では違いがあるので注意してください。 神封じを解く前は、身体にお清めの塩を掛けるか、お風呂に入って身を清めるようにします。 半紙をはずして神棚の扉を開け、神棚のほこりを清めてからお供えをして祀りましょう。 故人の家以外は祀って良い 故人が住んでいた家の神棚だけが神封じの対象なので、故人と別の家に住んでいる人の神棚は神封じする必要はありません。 神棚は祀られている家を守る役割があり、家の中の小さな神社という位置づけになります。 したがって守っていた家から死者が出た場合、家の中自体が神社に相応しくない場所になるので、穢れから守るために神封じが行われるのです。 ただし、地域によっては神封じにも細かな違いがあるため、心配なときは地域の氏子さんや神社の神主に尋ねてみましょう。 喪中でもやって良いこと 喪中の期間はさまざまな行事やお祝い事を自粛しなければなりませんが、季節の行事やお祝い事の中には喪中でも行えるものがあります。 では、喪中の人はどこまでなら行事やお祝いをして良いのか、その具体的な例を解説していきましょう。 お中元・お歳暮 お中元やお歳暮は、季節のご挨拶なので喪中の人が送っても大丈夫です。 また、送られてきたお中元やお歳暮を受け取ることも問題ありません。 故人が亡くなった後もお中元やお歳暮を送ってくれる人は大切なご縁なので、お世話になった人やいつも助けてくれる人に感謝の気持ちを込めて、お中元やお歳暮を通してお礼をしてみましょう。 暑中見舞い・寒中見舞い 暑中見舞いや寒中見舞いは、季節によって送られるご機嫌伺いのはがきなので、喪中の人でも近況報告をかねて送ることができます。 喪中で少し縁遠くなった人たちに現在の状況を書き添えて送ると、それだけでも安心してもらえますので寒中見舞いや暑中見舞いを送ってみましょう。 身内での小さな祝い事 大きなお祝い事への出席は控えた方が良いですが、身内の中で行われる小さなお祝い事には出席しても問題ありません。 小さなお祝い事の具体例は次のとおりです。 お食い初め• お誕生日のお祝い• 卒入園のお祝い• 卒入学のお祝い• 成人式のお食事会• 就職祝い• 婚約祝いの顔合わせ あまり大人数でないお祝い事なら問題ありませんが、もしお祝いに出席する人が多く喪中が気になるようなら、主催の人に相談して出席しても良いか確かめてみましょう。 結婚式(周囲と相談) 結婚式が喪中の時期と重なったときは、周囲の人とよく話し合ってから予定を決めるようにします。 例えば、結婚式の日が四十九日を過ぎているなら予定どおり行われることが多いですが、結婚式が四十九日以内だと忌明けをしていないため、場合によっては日程をずらしたり一旦キャンセルすることも少なくありません。 ただ、故人が結婚式を楽しみにしていたなどの事情があると、故人の供養になるからという理由で理解を得られ、忌中であっても結婚式が行われることもあります。 招待客として出席する場合も、忌中であることを相手に伝えて理解を示してもらえるのであれば出席、判断に迷っているようならお祝いだけ送って欠席など、臨機応変に対応しましょう。 お宮参り・七五三 お宮参りや七五三は、人生の節目に行われる大切な行事にあたるため時期をずらせません。 周囲とよく相談して理解を得られるようなら出席し、迷惑にならないよう気をつけて予定を立てましょう。 もしどうしても気になるのであれば、お参りする予定の神社にお伺いを立てることも一つの方法です。 地域に密着している神社の場合、多少時期がずれても事情を理解して参拝を受け付けてくれることもありますので、まずは必ず周囲と相談してから出席するかどうか決めましょう。 喪中はがきのマナー・注意点 喪中の人は新年のご挨拶ができない代わりに、年末に喪中はがきを出して新年のご挨拶ができないことを伝えます。 年賀状の代わりになる大切なはがきなので、喪中はがきはマナーを守って出さなければなりません。 では、喪中はがきを出すときにはどのような点を注意しなければならないのか、ポイントを押さえて解説していきます。 基本は11月半ば頃に出す 喪中はがきを出す時期は、11月の半ば頃が基本です。 11月の半ば頃は丁度年賀状を書き始める前にあたるため、この頃に着くように送ると相手に迷惑を掛ける心配がありません。 11月の半ばより早くても良いですが、あまりに早いとはがきをなくしたり相手がうっかり忘れてしまうこともあるため注意してください。 喪中はがきを用意する前には故人に届いた年賀状の中でも一番新しいものを探し、漏れがないようにリストを作ってから喪中はがきを出すようにしましょう。 葬儀が年末の時は寒中見舞いで対応 もし故人が亡くなったのが年末だった場合、喪中はがきを送っても間に合いません。 その場合は年賀状を出すことをやめ、届いた年賀状に寒中見舞いを出して対応します。 寒中見舞いは基本的に相手の健康を伺うものですが、文章中に「昨年末に〇〇(故人の名前・続柄)が急逝し、年始のご挨拶は控えさせていただきました」といった一文を入れて状況を伝えましょう。 メッセージは書き込まない 喪中はがきに個人的なメッセージを添えて送ることはマナー違反です。 喪中はがきとは相手に自分が喪中であることを伝え、年始のご挨拶をしないことを詫びるためのものなので、近況を書き込んだり私的なメッセージは書き込まないようにします。 どうしてもというときは喪中はがきとは別に寒中見舞いを出し、マナーを守ってメッセージを伝えるようにしましょう。 まとめ 喪中の範囲や喪中の期間は、どこまでなのかを知らないと対応に困ることも少なくありません。 自分では大丈夫だと思っても、周囲の人と認識がずれてしまうとそれだけでもマナー違反になってしまうので注意が必要です。 喪中の範囲や喪中の期間、喪中にやってはいけないことなどは事前によく確認し、周囲の人と意見をすり合わせて失礼のならないよう心掛けましょう。

次の

喪中はがきって何?はがきを出す時期、親族の範囲、マナーは?

喪中はがき 親族

記事内容(項目をクリックすると飛べます)• 喪中はがきを出す範囲 一般的には「二親等」までの親族に不幸があったら、喪中はがきを出す 基本的には 、なくなった方が二親等の親族までは喪中はがきを出すと言われます。 親等 続柄(自分との関係) 0親等 配偶者 1親等 両親、配偶者の両親、子 2親等 祖父母、孫、兄弟(姉妹)、兄弟(姉妹)の配偶者、 配偶者の祖父母、配偶者の兄弟(姉妹) 伯父(叔父)や伯母(叔母)、甥・姪、曾祖父母は3親等になります。 基本的に1親等までは人として出す必要があると思いますが、2親等からは必ずとは言えないです。 この点は故人とどのくらい仲が良かったのか、交流があったのかなどが決め手になると思います。 関係の深さや感情が決める基準になる 喪中はがきは、 「身近な人を亡くしたことから気持ちの切り替えができておりません。 とてもでおめでとうと言える心境ではないので、年賀状は遠慮させていただきます。 」という意味を伝えるものです。 なので、 1親等までの親族以外は、自分の気持ちがどうであるかが一番の決め手になると思います。 たとえば自分の兄弟であっても縁が切れたような状態になっていれば、喪中はがきを出す必要は無いように感じます。 逆に3親等の親族でも同居していたりお世話になることが多かったなら、出しても良いのではと思います。 配偶者の祖父母などについては自分にとってあまり悲しみを感じないかもしれませんが、奥さんや旦那さんが悲しんでいる様子なら、その気持ちを尊重してあげるのが大切かと思います。 スポンサーリンク 喪中はがきを出す相手(送り先)の範囲は? 先にも言いましたが、喪中はがきは、 「身内に不幸があり、おめでとうと言える状態ではないので、新年の挨拶を控えさせていただきます」という、年賀状を出さないことを伝える挨拶状です。 なので喪中はがきを出す必要があるのは、 基本的に毎年年賀状を出している相手です。 ( つまり、不幸がなければ年賀状を送っていたであろう相手) これはとてもわかりやすいので、あまり考える必要はないですね。 なので、マナーとしても喪中はがきを送ることは大切です。 なお、日頃から親密にしている知り合いや友人などには、現在年賀状を送れるような状態ではないことを知らせる機会があると思いますので、喪中はがきは送らなくてもいいのでは、と思います。 送り先については一部悩む例もありますので、以下で紹介していきます。 お仕事関係で年賀状を出す場合 お仕事の関係で年賀状をやり取りしている相手がいる場合、 プライベートでも関わりがある場合は喪中はがきを出しても構わないと思います。 つまり個人的なやり取りがあって関係性が深く、葬儀にも参列されるくらいであれば、喪中はがきを送ってOKという考えです。 ただ、取引先から来る会社宛の年賀状というのは個人的なものではないので、通常通り年賀状で出すのがいいでしょう。 スポンサーリンク 喪主だった場合は故人の友人や知人へも出す 喪主の場合は、 故人と年賀状のやり取りがあった友人や知人 、 故人の葬儀へ参列してくださった方なども調べて、出す必要があります。 調べきれていなかった方から年賀状が届いてしまったときは、寒中見舞いで亡くなったことを知らせましょう。 (喪中はがきはあくまで、「今年は身内がなくなってお祝いをする気持ちになれないので、年賀状は出せません」…というお知らせなので) しかし、香典などで気を使わせてしまうかもしれませんし、 面識がない方でも喪中はがきを出すのはよくあることなので、マナー違反にはならないかと思います。 故人とともに自分も仲良くしていた知り合いの方なら、これからもお付き合いしていくと思うので、喪中はがきで正しいんですけどね。 一般的には喪中の人へ年賀状は出さないもの、というのが認識されていますので、年賀状を書き始める前に喪中はがきが届いたほうが親切なのです。 (本来であれば喪中であっても「年賀状を受け取ること」はマナー違反ではないのですが) 年賀状の発売日は毎年変わりますが、だいたい10月下旬~11月上旬に販売され始め、引受けは12月15日あたりです。 なので、 喪中はがきは11月中から、遅くても12月上旬には届けるようにしましょう。 喪中はがきの範囲まとめ 基本は二親等までという基準がありますが、個人的には親族でなくても、身内のようにお世話になった方が亡くなれば、とても悲しい気持ちになると思います。 なので大切な人がなくなり、現在おめでとうを言えるような状態ではないなら、喪中はがきは出しても良いのではないかな…と感じます。

次の