痩せる ダンス 動画。 痩せるダンス【ジャンプなし有酸素運動】うるさくないからアパートでもOK #088

2週間で10キロ痩せるダンスの動画ややり方は?効果や口コミが凄い!

痩せる ダンス 動画

部活動などで一番痩せるスポーツ探している人のために、まずは1時間あたりの運動のカロリー(男女別)を一覧で紹介しておきますね。 しかもダンスの種類によってはさらに消費カロリーがアップします。 ダンス別消費カロリー では今度はダンスの種類ごとに消費カロリーをチェックしていきます。 こちらも1時間あたりの消費カロリーです(50〜70kgの人の平均的な消費カロリー)。 ヒップホップはポーズをとりながら息を止める無酸素運動ですが、リズミカルに踊るようにすると脂肪燃焼効果の高い有酸素運動に変化させることができます。 上記で紹介したもの以外でもダンスの種類はたくさんありますし、ヒップホップじゃなきゃ痩せられないというわけではないので、自分が夢中になれるものを選んで踊るのがおすすめです!ではどんなダンスがダイエットに効果的か、初心者向けのものから一緒に見ていきましょう。 合わせて読みたい「デブ卒」の記事! ダンスダイエットの効果を高める4つの方法 1日20〜30分を目安に行う 脂肪燃焼目的でダンスをするなら、1日20〜30分を毎日続けるのがおすすめです。 長時間踊った方が消費カロリーは多くなりますが、ヘトヘトに疲れて息切れしてしまうと酸素を十分に取り込めなくなって、脂肪燃焼効率が落ちてしまうからです。 有酸素運動で脂肪燃焼効果がピークになるのがだいたい20〜30分頃なので、事前に軽く筋トレやストレッチをして体を脂肪燃焼モードに切り替えておいてから始めるとより効果的です。 基本ステップをマスターする ダンスは基本のステップが身につかないと楽しく踊れません。 一番痩せるダンスであるヒップホップの基本ステップをマスターするには、1つずつ動きを覚えていくといいですよ。 まずは足の動きからマスターして、徐々に上半身も動けるようにしましょう。 DCHはいわば筋トレ効果を最大限まで高めてくれる体づくりサプリです。 運動に欠かせないパワープラスし、回復をサポートしてさらに体の巡りを整えてくれる成分まで配合されています。 サプリには厳しい意見を寄せる医師たちもDCHなら「使い続けたい」と言っているほどなんですよ。 DCHに配合されている筋肉づくりをサポートしてくれるHMBは、今や筋トレをする人たちの間では欠かせない存在として注目されています。 定期コースだと初回は500円で試すことができ、しかも解約はいつでもOKなので初回だけでも解約可能です。 とりあえず試してみたいという方もぜひどうぞ! 通常価格 13,000円(税抜) 定期コース 初回500円、2回目以降9,100円、5回目以降6,500円 解約 いつでもOK 返品、交換 商品到着後8日以内に連絡、返金保証付き.

次の

【HANDCLAP】2週間で10キロ痩せるダンス15分ノーカットでアラサーが本気で踊ってみたから一緒に踊ろう!【#家で一緒にやってみよう】

痩せる ダンス 動画

2週間で10キロ痩せるハンドクラップダンス ハンドクラップとは、手を打ち鳴らすことです。 その動作を基本として音楽に合わせて楽しく踊るエクササイズが、ハンドクラップダンスです。 元々は韓国人YouTuberのJosh(ジョシィ)さんとBamui(バミィ)さんが公開した動画です。 単純な動作の繰り返しながらも運動量が高く、すぐにダイエット効果を感じる人もいます。 全身運動なので終わった後の爽快感や達成感も病みつきになる人が続出しています。 基本の動画は3分なのですが、今ではたくさんの人たちがアレンジをしており、15分バージョンと30分バージョンがメインとなっています。 ハンドクラップダンスの効果は? 一般的なダンスのカロリー消費量は10分で40~50キロカロリーと言われています。 1時間頑張った場合、240~300キロカロリー消費されるということで、速度の速いウォーキングとほぼ同じかそれ以上の効果があります。 また、全身を使って動くため日常の動作ではあまり使わない筋肉を使用します。 筋トレ効果も期待でき、脂肪燃焼が期待できます。 ダンスでは体を伸ばす動きも入っており、ストレッチ効果もあるので柔軟性が上がります。 一番のメリットはダイエットですが、そのほかに全身を動かすことでのストレス発散作用が一番大きいのではないでしょうか? 終わった後には自然に笑顔がこぼれますよ。 ハンドクラップダンスの動画紹介 ハンドクラップダンスは、基本となる韓国の動画の他に、日本でも様々な人たちが動画をあげています。 ここでは基本の動画と15分バージョン、30分バージョンを紹介します。 韓国で作られた基本の3分動画 ハンドクラップダンスのブームを作り出した基本のものがこちらの動画です。 この動画は3分だけなので、普段運動する習慣がない人はまず基本の3分からスタートしてみてはいかがでしょうか? ハンドクラップダンスの体験談 ネットでは多くの人たちがハンドクラップダンスにチャレンジしており、その効果を実感しています。 早い人では3日目で既に体重が減ったという人も! 単純なダンスでリズム感が無い人でも気軽にできることがこのダンスの魅力ですね。 ハンドクラップダンスをはじめて、2. 5キロ痩せた。 パツパツだったスキニーもすんなり入る。 でも少し朝晩の冷えが堪えるようにも。 家でできる簡単な動きだからこそ、けがには気を付けて下さい。 また、飛び跳ねるような動きが入っているので、騒音などで近所からクレームがでないよう、ダンスをする時間帯にも注意しましょう。 女性の場合、バストが揺れる動きがあるので、バストを保護するためにもスポーツブラやさらしなどで固定をし、揺らさないように気をつけましょう。 せっかく痩せてもバストも一緒に小さくなってしまっては悲しくなりますよね。 この夏はハンドクラップダンスでスタイルのいい身体作りをしましょう!.

次の

2週間で10キロ痩せるダンスの動画ややり方は?効果や口コミが凄い!

痩せる ダンス 動画

小山 啓太 トレーナー歴20年。 NATA-ATC。 2020年よりエビジムのトレーナーに。 1978年1月22日生まれ。 北海道札幌市出身。 立正大学法学部を卒業後アメリカに渡り、エンポリア州立大学大学院スポーツ医科学専攻課程と、セントラルミシガン大学大学院運動科学専攻課程を修了。 オリンピック選手やプロのアスリートのトレーナーとして活躍。 障害者スポーツについて学び、帰国後は群馬大学にて教鞭を取り、運動と脳の働きを研究。 2018年英国ケンブリッジ大学での世界教育会議にて最優秀研究発表賞受賞。 プロアスリート、モデルや芸能人から一般の方まで幅広く正しい体の使い方、運動法や生活習慣の指導を行っている。 体や脳、運動に関する著書も多数執筆。 『』『』『』他 踊ってダイエットなどの動画がかなり流行っていますね。 近年、ダンスフィットネスは人気のエクササイズ種目となったように感じます。 では、ダンスエクササイズ、果たしてホントにダイエットや健康に効果あるのでしょうか? 米国運動学会など多くの学識者により、ダンスエクササイズは減量、健康、運動機能向上などさまざまな恩恵をもたらすと認められ、ダイエットについては、 一時間のダンスレッスンで、およそ400キロカロリー燃焼できるとしており、これはジョギングに勝り、水泳に匹敵する高い数値といえます。 もちろんどんなダンスをするのか、同じダンスでも動きの速さやバリエーション、大きな筋肉である太もも、おしり、体幹をどれだけ働かせるかなどによりカロリー消費は大きく異なります。 フリースタイルダンスとクラシックバレエでのカロリー消費を比較した研究では、バレエはおよそ2倍カロリー消費が高いという結果が報告されています。 ダンスエクササイズを行うさいには、 自分の体型、柔軟性、筋力、持久力、体調などを十分に考慮して選ばなければ、効果が得られないだけではなく、ケガのもとにもなります。 2.ベリーダンス エキゾチックアートとして世界的に人気なダンスです。 ラクスシャルキとも呼ばれ、アラビア語で「お腹を中心にしたダンス」の意で、 ゆっくりな動きとアイソメトリック運動が含まれていることで、柔軟性の向上、血行促進、筋力アップなどの効果が期待できます。 腰回りの機敏な動きにより体幹の運動量を高め、さらに骨盤周りの筋肉が働くことでヒップアップなどの効果も期待できます。 太ももや腰回りの引き締めに最適なダンスエクササイズであることが女子の人気が高い理由でもあります。 また、骨盤周りの動きにより腰痛改善や姿勢矯正効果も期待できる点も大きなメリットです。 からだを酷使しないことから関節を痛めるリスクも低い反面、 カロリー消費は若干低めになり、一時間におよそ300キロカロリーと言われます。 こんな人にオススメ ウェスト周りやお尻のたるみ、太ももなどを引き締めたいけど、ひざなど関節に負担をかけたくない人に適しています。 オススメのベリーダンス動画 3.ヒップホップ 人気の高いダンスエクササイズの1つで、ビギナーからベテランまでレベルに応じて動きやスピードの難易度に差があります。 アーバン・ストリート系のダンスがもととなり 基本はクイック動作で、全身運動を行うため、消費カロリーも高くなります。 その名の由来の通り、お尻やウェストを軸として体幹を回転させることで動きが構成されているため、体幹が弱く不安定な人がいきなりはじめると関節にストレスがかかり、痛めるリスクがあります。 米国での研究報告によると、自宅で人気のヒップホップダンスビデオによる カロリー消費は、平均して一時間で250キロカロリー程度であるとしています。 こんな人にオススメ 人気がありコンテンツも豊富なため、レベルの自由度も高く、自宅でちょっとはじめてみたい人には適した運動です。 オススメのヒップホップ動画 4.ズンバ 南米コロンビアで発祥したダンスフィットネスで、 サルサ、ルンバ、ヒップホップの要素を取り入れた有酸素系の運動となります。 根本的なところで、楽しく踊ろうというコンセプトがあるため、世界中のフィットネススタジオ、運動施設で取り入れられており需要も高く、老若男女ビギナーが気軽にはじめやすいダンスエクササイズです。 ステップや動きも単純なものが多く、手、足、体幹の筋力強化に優れた動きも豊富にあります。 ラテン系のノリでとにかく明るく楽しみたい方にはオススメのダンスエクササイズです。 こんな人にオススメ 笑顔で楽しく、息を切らせてたくさん動きたい、有酸素運動志向の人にオススメです。 オススメのズンバ動画 5.クラシックバレエ バレエはゆっくりした動きで、あまり動かず負荷が小さいダンスと思われがちですが、動き方やからだの使い方の基礎が確立されており、柔軟性、バランス能力や筋力など高い運動能力が要求されるため、 たとえ動きが少なくてもカロリー消費は高く、基礎代謝を向上できるダンスエクササイズです。 見た目にゆっくりの動きの中に、体幹を使いバランスを安定させる動きや、指先、足先まで神経を集中してからだをコントロールする動きなど、ビギナーにとっても比較的に親しみやすいピラティスや筋トレ種目でも応用されるような効果の高い動きがたくさん含まれています。 つま先の指一本までストレッチするなど、大きな筋肉から深いところの小さな筋肉まで、あらゆる関節の柔軟性を追求し動かすことで、脂肪の蓄積を抑える効果が期待できます。 さらに、指先まで神経を集中することは、脳神経をたくさん働かせることにもなるため、細く見えるボディメイクや動作の美しさにもつながり、 ダイエット志向の女子のメリットは大きいかもしれません。 こんな人にオススメ 速い動きは苦手だけど、柔軟性や動きを改善して姿勢を美しく、細くキレイになりたい人に適しています。 オススメのクラシックバレエ動画 難しい動きが苦手な人はズンバ、激しい動きが苦手な人はバレエだったら楽しく最後まで踊れそう!踊るのが好きな人は激しめのフリースタイルやベリーダンス、ヒップホップなどにチャレンジしてみるのはどうでしょう?。 本気でダイエットしたかったら高強度を選ぼう 自宅で行うよりはスタジオでやるのがベターなのは当然ですが、自宅でやっても痩せることは可能です。 ただし、本気で痩せたいのなら、エネルギーをたくさん使うダンスであるズンバや、ヒップホップをややきついレベルで行うことが必要です。 ただし、どんなトレーニングでも継続しなければ意味がありませんので、自分の好きな音楽で、楽しみながら取り組めて、続けられるダンスを選ぶのがベストチョイスです。 YouTube動画をTVで見る方法! ダンス動画を見ながら行う際に、スマホやタブレットだと画面が小さくて見えにくいですよね。 そんな時はTVでYouTubeをみるための機器を使用すれば、見ながらダンスするのがやりやすくなります。 下記を参考にしてみてくださいね! iPhoneとTVを繋ぐだけ、設定不要で使用可能。 TVに挿してスマホやタブレットから操作。 挿すだけでおうちが映画館に。 リモコン付きで操作が簡単。 ゲームだけでなく、YouTubeも見れるんです! にて最新情報をお届け! 女性の身体のお悩み解決記事はこちら! この記事を読んだ方におすすめ.

次の