ケイセイ フーズ。 【ストライキの理由】岸敏夫は片柳建設の社長も!ケイセイフーズの経営者

ケイセイ・フーズはブラック?岸敏夫社長の評判はどう?

ケイセイ フーズ

スポンサーリンク ケイセイフーズの従業員がボイコット騒動! 佐野SA 上り 商品はあるものの、ストライキにて売店は閉店中 — DJ-AmoN DJAmoN305 佐野サービスエリアの売店が従業員のストライキによって閉店しており、社長の経営方針についていけないとの訴えが。 ケイセイフーズの従業員と取引先の方によると解雇された部長と支配人の復職と経営陣の退陣を求めているそうで、ケイセイフーズの部長の不当解雇が関係しているんだとか。 部長はFacebookで不当解雇された事を告白しているようです。 引用:Facebook 部長の不当解雇がストライキに繋がっている事は間違いないようですし、社長から説明会見が行われると良いのですが… スポンサーリンク ケイセイフーズと倒産、乗っ取りの関係とは? ケイセイフーズについて検索するとサジェストに「乗っ取り・倒産」と表示されますが一体どういう事なのか。 調べてみるとケイセイフーズは倒産などしておらず「倒産した」というソースもどこにもありませんでした。 おそらく佐野サービスエリアのストライキ騒動を見て「倒産するのでは?」と多くの検索がされた可能性が高そうです。 そして乗っ取りについてですが、噂では岸敏夫社長がもともと建設会社の社長でケイセイフーズの社長に就任してから経営がおかしくなったのではと言われています。 つまり、新しく社長に就任した方が乗っ取ったと言われているのでしょう。 この件に関して詳しい情報がありませんし、分かり次第追記させていただきます。 ネット上の反応まとめ! 彼らが会社側と団体交渉を行なっているのか、組合の方針で動いているのか甚だ疑問です。 もし組合として動いているなら張り紙なんておかしい。 プレスリリースくらいあっても良いでしょう。 そもそもケイセイフーズからの謹告を見た記憶がありません。 よってこれはただの無断欠勤でしかないと思います。 — パイク pike210 佐野SA(佐野サービスエリア) ケイセイフーズ従業員のストライキで営業休止 ケイセイフーズ従業員一同による張り紙は撤去され、代わりにネクセリア東日本の張り紙が掲示されてました。 ネクセリア関係者と思わしき男性数名が事務所から出ていく場面もありました。 — 二河向 堅志 spjfcsnjd 佐野SA、 ストライキって好きな時に出来るわけじゃないよ。 少なくとも「労働組合の総意」「事前に要求を提示している」「予告」あたりがハッキリしてないとストライキの要件満たさずに、逆に経営側から高額な損害賠償請求されちゃうよ — Hiroyuki Katsura ohyuki2010 ケイセイフーズのスト、そこの従業員だけじゃなくて「取引先も」って相当だぞ。

次の

佐野SAで新たなスト通告、NEXCO東日本の「社会的責任」が焦点に(今野晴貴)

ケイセイ フーズ

佐野SAのストライキで会社に質問状 14日に運営会社の従業員のストライキが発生し、営業が2日、ストップする事態に発展した東北道・佐野サービスエリア(SA=栃木県佐野市)上り線のフードコートと売店の問題。 佐野SA 上り 商品はあるものの、ストライキにて売店は閉店中 — DJ-AmoN DJAmoN305 これはひとりの従業員の解雇が原因の労使問題と目されていましたが・・・。 実は会社自他が存続の危機にあることが判明しました。 運営会社「ケイセイ・フーズ」のストを起こした社員が18日、岸敏夫社長ら経営陣に対し、ウェブ上に質問状を公開しました。 その中で「佐野SAの経営は危機的状況です。 メインバンク群馬銀行による新規融資凍結処分がかなりの痛手であると、私や取引先の皆様も考えています」と、ケイセイ・フーズが、メインバンクの群馬銀行から新規融資凍結処分を受けて、同社が経営危機に陥っていることを明らかにしています。 今回、質問状を公開したのは、スト前日の13日午後、岸社長に経営危機について追及、糾弾し解雇された、総務部長の加藤正樹氏です。 加藤も辞任しろ この質問文書の後に、 一昨日からはじまった労使交渉の場で、経営側から 「岸敏夫社長が退任するから、加藤も辞職しろ」 という要求。 私は「もう私の辞職は自分ひとりで決められる段階ではない。 みんなで相談して決断する」と返答。 その他、いろいろあるんですが・・・そこですか・・・ — 加藤正樹 katosanosacojp1 従業員がストライキまでした問題を岸社長の辞任とすり替えられています。 経営危機については触れていません。 ケイセイ・フーズはやはり経営危機? 加藤氏は、ケイセイ・フーズが栃木県佐野市に本社を置く片柳建設のグループだとした上で「ケイセイフーズは銀行から片柳建設グループとみなされています。 メインバンクから、片柳建設グループ全体に対し、新規融資凍結処分が下されてそろそろ3カ月。 借金の返済の滞納も3カ月目」 として、ケイセイ・フーズのみならず、片柳建設と一連の関連会社が、借金の返済を滞納していると主張しています。 「この問題が解消しないかぎり、我々従業員だけが戻っても、問題は解決しない可能性がきわめて高いのです」と、佐野SAの労使問題が解消しても、根本的な資金繰りに大きな問題があると指摘しました。 土産物コーナーの「全て」のレジが現金専用に。 ホントに端末故障でカードが使えないのかな? 仕入れに支払いに現金集めたいのかな? 邪推してしまう。 — ゆうすけ UskDual さらに、経営危機の説明会があったとことを明らかにし、岸社長に 「根拠を示さず『大丈夫です』と繰り返しました(取引先の多くが説明会翌日に、商品をすべて撤去したことを覚えていますか?)あなたはこの現状を『大丈夫』と言いますが、『有能な経営者』なら、その根拠を教えて頂きたい」とし、「逆に『事実無根』というなら、メインバンクの群馬銀行に、『ここ3カ月ぐらいの間、融資が凍結されていた事実はありません』というメッセージをもらってください。 (中略)事実無根なら、協力はもらえるはず。 ぜひもらってください」と突きつけた。 その上で「佐野サービスエリア再生のための事業計画を立て、必要な新規融資を獲得してください」 「少なくともここをクリアしてもらえないと、今月中の経営破綻も視野に入ってくるので、従業員も取引先の皆様も、この点のクリアは必須と考えています」 と、片柳建設グループが経営破綻する可能性があると主張しています。 従業員と連絡が取れないの「嘘」 加藤氏は「私は私で従業員たちと一緒に、佐野SA再生のための事業計画を策定をはじめたいと思います。 その提案を、まずは世間の皆様にみてもらいたい(もちろんケイセイ経営陣にもみてもらいたい)。 できれば、佐野市長、石井国交大臣はじめ政治家の皆様、国交省、NEXCO東日本(と子会社の)ネクセリア東日本の皆様にもみてもらいたいです」と、東北道を管理、運営する、NEXCO東日本と国土交通省に対しても、問題解決に関わるよう主張しました。 加藤氏は、佐野SAが代替職員を使って一部の営業を再開した16日に、同社長が「ストの従業員とは連絡が取れない」と語ったことに対し、逆に経営陣が直接交渉に応じていないと反発し、公開質問状の冒頭にも「まともに話ができるチャネルがないため、このようなかたちで、質問させて頂きます」とつづっており、直接交渉が行われないことから、質問状を公開するに至ったとみられています。 会社側からは解雇撤回 加藤氏の解雇については、岸社長が15日、一部の取材に対し 「社員の不当解雇があってストライキになった。 既に昨日の段階で解雇は撤回した」などと説明し、管理職員の解雇処分を撤回したと明言していました。 ケイセイ・フーズの岸敏夫社長 あなたこそ解雇されるべきです。 よほどのことがない限り、従業員を解雇することなんて、あなたの権限ではできませんよ。 社長やるのであれば、もうちょっと労働基準法の勉強をしてください。 RIZAPで肉体改造! 佐野サービスエリア上り線就業者ストライキ 佐野SA上り線運営会社 ・フーズ 岸敏夫社長の運営方針にはついていけません。 これは従業員と取引先のみなさんの総意です。 解雇された部長と支配人の復職と、経営陣の退陣を求めます。 そして、「社長も辞職するから加藤も辞任しろ」に至ったようです。 岸敏夫社長とは? この岸敏夫社長(61)について週刊新潮がその人物像を報じています。 岸社長は高校を卒業後、兄の経営する土木会社で働きその後結婚した奥さんの実家の片柳建設の専務になりました。 営業力のある反面、成績をあげられない社員には「辞めちまえ」と激怒していたそうです。 また、10年前から修行をはじめ岸了仙(りょう線)といいという法名で祇王山法唱院佐野別院の住職をしています。 住所:栃木県佐野市寺久保町 参照:祇王山法唱院佐野別院HP 寺の住職までしている岸社長。 やっていることは、とても仏門に入っている人間とは思えません。

次の

佐野SA総支配人T(ケイセイフーズ)誰?名前や顔画像は?パワハラ解雇?|WUG Love〜エンタメ話題のわぐらぶ〜

ケイセイ フーズ

佐野サービスエリア 佐野SA などの高速道路のサービスエリア運営を任されている、株式会社ケイセイフーズ。 その関係者が栃木県警佐野警察署に対し、岸敏夫社長の犯罪の証拠を提出したと暴露。 事実ならば、非常に重大な事件となりそうだ。 ・10億円規模の融資詐欺を行おうと企てた? 物議を醸しているのは、佐野SAの運営をしていた民間企業の株式会社ケイセイフーズ。 そこの関係者だと名乗る加藤正樹氏 佐野SA労働組合所属 と、かつて犯罪に加担していたA氏のふたりが、岸敏夫社長の犯罪の証拠を提出したというのである。 加藤正樹氏はインターネット上で「岸敏夫氏は、金融機関を騙し、10億円規模の融資詐欺を行おうと企てました」と激白。 以下のように情報を公開し、拡散を希望している。 本人が拡散を希望している事もあり、この記事には全文を掲載する。 先日、栃木県警佐野警察署に、岸敏夫の犯罪の証拠を提出しました。 「犯罪の証拠」を提出するとともに、その詳細な状況に関して証言をしてきました。 昨年クビになるまで、お金面の流れはすべて知っている方です。 岸敏夫氏は、金融機関を騙し、10億円規模の融資詐欺を行おうと企てました。 Aさんは、岸敏夫氏の命令により、その実務(書面づくり等)を強要されました。 Aさんは、佐野警察署内で、勇気を持って警察に証拠を作成時の話、実際のやり方など、事細かに証言をしてくれました。 ・・・だから、Aさんや詐欺被害者に配慮を続けた結果、今まで告発をすることをためらっておりました。 ただ、私たち佐野SA関係者にとっては、経営危機の発端となりました。 従業員や一部マスコミのみなさんには、すでに音声データを渡してあります。 岸敏夫氏が新規融資凍結になったことを説明。 その説明は、 岸敏夫「ケイセイフーズ経営会議。 議事進行の前に、ひとつ、お話をしておきます。 」 から始まります。 以下、要旨。 実は、午前中に群馬銀行に行った。 そこには、S佐野支店長、ぐんぎんリース職員が居た。 新規の融資は凍結する。 そのかわり、滞納は許す(銀行は許すとは言っていないと後日聞きましたが、岸敏夫は返済を許すと言っている) ケイセイフーズは7月に7000万円の融資を受ける予定でした。 この7000万円をなんとかするため、定期解約、支払いを延期できるものは延期するなど、大変状態に陥っていきます。 これは群馬銀行にとって、苦渋の選択だってのではないかと推測します。 それは警察に証拠を交え、先日、説明済です。 もう破綻からは逃れられない。 ソフトランディングするしかない・・・という認識になりました。 ただ、nexco東日本グループの対応批判がこの告発の趣旨ではありません。 明確にYESです。 地元では有名な話であり、証拠も証言も大量に存在します。 行くときは午後5時ピッタリにピンポンを鳴らさないとか妙なルールがあって、監視カメラも首降ってこっち観てるし、毎月毎月緊張した。 今は加藤さんが俺に近い立場にいるから、気をつけたほうがいい」と、具体的かつ詳細な警告も頂きました。 平池秀光氏(元栃木県議会議長) 古賀誠氏と井上秘書 飯島勲氏(片柳建設の経団連加盟のとき口添えしてもらった。 月額100万円払っていると自慢していた。 首相官邸が顔パスで入れるとか) Aさんはともかく、私自身がその違法な政治献金の受け渡し現場を目撃したわけではありませんが、その他にも大勢、政治家と反社会的勢力の名前が挙がっていました。 ケイセイフーズは200万円担当してもらうから、資金繰りに入れておくように」という指示は、録音も撮れていたはずです(録音データの整理が追い付いていない)。 政治献金で大きくなった」というのが常識のようです。 今私は、数十億円規模の企業グループ、それも反社や政治家と親しくしている経団連加盟の片柳建設グループに盾突いています。 公開されれば、倒産の危機にある犯罪の証拠。 それが私の口さえ封じれば、何とかなるかも知れない・・・そんな状況です。 佐野警察もそう認識しており、十分な配慮とともに、パトロールを毎日複数回、やってくれています。 岸敏夫陣営は、今のところ、私が証拠を握っている事実ほ知らないと思いますが、そろそろ限界です。 バレます。 私は、もうAさんに配慮する余裕がなくなりました。 それどころか、Aさんの身も危なくなっていると感じます。 この告発により、できるだけ多くの世の中の皆様が知ってくれることで、私に手出しできなくなる・・・そう考え、この情報を公にすることにしました。 以下、公式のメールアドレス窓口やお問い合わせフォームが無く、電話連絡もなかなか取れないため、やむを得ず、公開の場で質問をさせて頂きます。 2019年7月にケイセイ・フーズに7000万円の融資を頂く予定だったことが中止、佐野SAの軽食・厨房のエアコンをぐんぎんリース経由で調達することも不可能になりました。 群馬銀行佐野支店の応接室で、私は4月ごろから、支店長、次長、担当者と何度も何度も相談していました。 そのときの内容を覚えていますよね。 具体的には、融資詐欺。 当初の佐野支店長は、事実を率直に認め、迅速に対応をしてくれました。 ただ、私たちからすると、告訴ではなく、新規融資停止のみだったことが想定外。 ケイセイフーズは「現在進行形の犯罪者」岸敏夫氏が社長。 この社長を支えていかないと、従業員や取引先に迷惑がかかるという、苦しい日々が始まりました。 「夫婦で全株を持っているオーナー社長」というだけで、ここまで権限が強いというこの国の現実、そして何ひとつ逆らうことができない絶望(私たちは、ストライキなどしたくなかったんです)・・・そう、思い知らされる日々のはじまりででした。 それから3ヵ月以上が経過しても、告訴をしない理由を教えてください。 「融資だけ止めて、できるだけ多く回収する」という姿勢は、営利企業として理解しますが、社会的にもこれだけのニュースとなり、事ここに至った今でも、表向き、一切の対応をしない理由を知りたいのです。 「コンプライアンス上問題ない」というのなら、そう仰ってください。 こちらも証拠を世間に向けて公開する準備はできています。 今、私とAさんの身が危険に晒されていることをご承知おきください。 一刻も早い回答・対応をお願いいたします。 加藤正樹(佐野SA労働組合所属) ・非常に危機的な状況 加藤正樹氏がインターネット上に書き込みした情報が事実であれば、かなり大規模な事件であり、まさに佐野SAや株式会社ケイセイフーズ関係者にとって、非常に危機的な状況と言える。 ・健全な企業としてダメージは甚大 あくまで事実ならばだが、反社会的勢力との関係があるのであれば、健全な企業としてダメージは甚大で、浄化するにはかなりの時間と労力が必要になると考えられる。 もし事実でないのであれば、社長側はすぐさま弁明すべきであり、対応を急ぐべきだ。

次の