ボニーク レシピ。 同時調理でらくらく 【63℃の低温調理レシピ】TOP7

低温調理機「BONIQ」で料理したら、肉も魚もレストラン並みの仕上がりになった!

ボニーク レシピ

温度管理を完璧にしてくれる、 調理家電の低温調理器「BONIQ」を購入してみました。 私のものは、通常のボニークではなく、 ボニーク・プロという業務用(100V)にも使える、1200wのハイパワータイプなので加熱も早く、5リッター~20リッターまでの容量の大きな鍋やコンテナも使えます。 一度に多く作れるので、作り置きなどにも便利なので嬉しいですよね! 先ずは、YouTubeにアップした温泉卵の作り方の動画を見てもらえば、低温調理の便利さがわかるかと思います。 温度計で計りながら、68度で30分の一定の温度を保てば温泉卵を作れますが、時期による温度差などもあるので、絶対に均一という訳にはいかず、 加熱調理と殺菌をしないといけない肉類などには、美味しさだけでなく中心まで火を通して安全面も含めて考慮しなくてはなりません。 それでは、ボニーク・プロを見ていきましょう。 レシピも付属してあるので、肉、魚介類、野菜、など色々と試してみたくなりますね! 使い方はというと、本体にクリップを取り付けるだけです。 ちなみに、 通常のボニークは防水ではありませんが、ボニーク・プロは防水使用ですので丸洗いできますよ! 清潔に保ちたいので、このポイントは大きいですよね! 鍋やコンテナの縁をクリップで挟んでセットします。 低温調理器のデメリットをなくす方法とは? 広告 鍋を使う場合に、蓋をできないのが気になっていたマイナスポイントです。 長時間の低温調理をすると蒸発して水量が下がり、密閉できないため保温力も良くないので電気代も余計にかかってしまう・・・ (容器にラップを被せたりすれば同様にできます) そこで、 ボニーク専用のコンテナも同時に購入しました。 コンテナ用保温ルーフ、コンテナ用保温ジャケット、バルクアップコンテを組み合わせて使います。 12リッターと24リッターのサイズがあるのですが、私が購入したのは12リッターのフルセットです。 これで、 低温調理の気になっていたマイナスポイントがなくなりました! コンテナのサイズは、12リッターと24リッターがありましたが、一般家庭では12リッターで十分だと思います。 アースを気にしなければ問題ありませんが、低温調理器は電子レンジのように、アースを固定して備え付けしたままだと洗うときに外すのが不便なので、アダプターを使って3Pコンセント(アース付き)に使えるようにしました。 誰でも失敗なく簡単に作れる低温調理の魅力! 前菜やトッピングなどにも使えて便利な温泉卵を作ってみませんか? 半熟卵とは違った温泉卵も美味しいですよ! 温泉卵も低温調理器を使えば、絶対に失敗することもなく誰でも簡単に作れます。 これから、色々と低温調理で料理を楽しんでいけそうです!.

次の

BONIQ(ボニーク)鍋のサイズ・大きさ・深さは?おすすめ鍋も紹介

ボニーク レシピ

BONIQ(公式サイト): 低温調理器BONIQの使い方は? 使い方は,思いのほかシンプルでしたよ。 鍋に水か,40度くらいのお湯をいれます。 BONIQ (ボニーク )と,肉などの素材を入れたジッパー付き袋を,鍋に入れます。 温度と,時間を設定し,終わるまで待つ…以上です。 イメージトグはバッチリです!それでは,実際に作ってみたいと思います。 低温調理器BONIQで作るのレシピ BONIQ (ボニーク )を使って,を作ってみましたので,レシピをご紹介しますね。 材料 豚肩ロースかたまり 約400g 適量 コショウ 適量 ニンニク 1かけ サラダ油 少々 使用する道具 低温調理器 BONIQ (ボニーク ) 鍋 フライパン ジッパー付き袋 1枚 の作り方 さあ,作ってみましょう。 1,豚肉に,と,コショウをふり,全体につける。 (がなければ,普通の塩でOK) 2,スライスしたニンニク,1の豚肉をジッパー付き袋に入れ,空気を抜きジッパーを閉める。 3,鍋に40度くらいのお湯と,2のジッパー付き袋を入れ,低温調理器 BONIQ (ボニーク )を鍋に入れる。 使用する鍋は,小さすぎると使用できませんでした。 深めの鍋でないと,お湯が足りずにエラー音がなってしまいます。 出来るだけ深めの鍋を使用してくださいね。 鍋に入れる際,水ではなく,40度くらいのお湯を入れた方が設定温度に上がるまでの時間短縮になるのでおススメです。 4,低温調理器 BONIQ (ボニーク )の時計のマークを押して,3時間(180分)に設定。 温度のマークを押して,60度に設定。 すぐに動き始めますので,あとは放っておきます。 BONIQ には,ボタンが3つしかないので,とっても簡単です。 5,アラームが鳴り,終了したら袋から取り出し,フライパンにサラダ油をしき,強火で肉の全面(6面)を1分ずつくらい焼く。 加熱はできているので,周りに良い焼き色がつけばOKです。 いつもの調理方法で作った豚肉と大きく違うのは食感ですね。 3時間待ってよかったです! スライスして食べたらシンプルな素材の味が味わえました。 家にあったドレッシングや,ポン酢,わさび醤油をつけて食べたら変化があって,おいしかったです。 夫は,「しっとりしてて,低温で調理するとやっぱり違うね~」と言っていました。 作る前は「時間が掛かるんだな…」とネガティブな気持ちがあったんです。 でも自立できる安定感のある作りで, 放置しておいても大丈夫でした。 誰でも経験のあることだと思いますが,味を染みさせるために,食材を冷蔵庫で寝かせておくことがありますよね。 感覚としては,「煮卵に味が染みるように冷蔵庫に寝かしておく時間」や,「唐揚げ用の肉に味付けして,冷蔵庫で寝かせている」みたいな放置時間でしたね。 実際わたしが料理した 時間は10分くらいでした。 来客がある時や,1品持ち寄りパーの時に作りたいと思いました。 他の人とはかぶらないお料理ができますね。 ちょっとこだわりたい人にオススメです。 しっとりお肉が気になる方は,こちらの公式サイトをチェックしてみてくださいね。

次の

低温調理器BONIQ(ボニーク)を使った感想と口コミ、本当に使えるのかを検証したよ!

ボニーク レシピ

味も染み込むので、このひと手間が重要ですね! さて翌日、牛肩ロースに下味が充分に付いたところで、いよいよBONIQの出番! BONIQをセットします。 温度調整と調理時間は、ボタンとホイールダイヤルを回すだけで簡単に設定が可能です。 真ん中のスタートボタンを押すと、設定温度までお湯の温度を下げ、設定温度に達したらタイマーでお知らせしてくれます。 食材を鍋にセットしたら、あとは時間まで待つだけです。 あとは放置でOKなので、その間に他の調理ができ効率の良さも抜群。 私はローストビーフにかける フォンドボーソースを作りました。 コンパクトで場所を取らず、狭いキッチンでも扱える 後述しますが、水平なスツール台の上でBONIQでの調理を行いました。 コンセントがあればキッチンではなくても扱えます。 しかも火を使うわけではないので安全です。 狭いキッチンでも、BONIQを別の場所で扱えば、その間広々と有効活用ができます。 大きさも 全長37cm、横幅最大10cmというコンパクトサイズなので、保管も場所を取りません。 操作が簡単で誰でも扱いやすい やはり調理器具というと、扱いがどうしても難しいイメージですが、BONIQのボタンは「温度設定」「時間設定」「スタート」の3つのみ。 調節もホイールダイヤルを回すだけなので機械に弱い方も、お料理が苦手な方でも簡単に使える点がメリット。 設定とかややこしいのかなと思っていましたが、 時間と温度を設定してスタート押すだけなので、即使い方を覚えられました。 スタイリッシュでプレゼントにも最適 BONIQは誰でも簡単に扱えるので、プレゼントにも最適です。 デザインがシンプルでスタイリッシュですし、簡単な調理器具なので扱う人を選びません。 一人暮らし〜大家族まで、どのライフステージの方でも喜んでもらえます。 故障時のアフターサポートあり もしも、ポンプ部分やヒーター部分が故障してしまっても1年以内なら交換が可能。 誤った使い方等では有償修理になる場合もありますが、 1年間の保証期間があるので安心して使えます。 コンセントの確保 最初キッチンの調理台でBONIQを使おうとしたのですが、なんと 自宅の調理台からコンセントが届かないというハプニングが発生。 そのためスツールの上でBONIQの調理を行いました。 しかし、お湯の温度が高すぎたり低すぎたりすると、設定温度に達するまで時間がかかります。 BONIQ口コミ・レビューまとめ 初めての低温調理、本当に食材とBONIQを入れておくだけでできてしまいました。 「あれも作れる、これも作れる」と 謳 うたう調理器具って、結局「買って満足」で終わってしまいがち。 ですが、はそもそも操作が簡単ですし、保管もしやすくサッと調理に使えるので、ふだんの家庭料理でも大活躍します。 調理中も場所を取らないので、一人暮らしのキッチンでも扱いやすかったです。 これで私もお嫁に行けるといいんだが……。 これだけ多彩なレシピが作れるようになると、独身貴族街道まっしぐらになってしまいそうです……。

次の