前髪 コテ。 前髪の巻き方は?長い前髪をコテやカーラーを使用してふんわり流してみよう

前髪の巻き方は?長い前髪をコテやカーラーを使用してふんわり流してみよう

前髪 コテ

『流し』それは、女の子をとっても可愛く見せてくれる、魔力を持つ前髪! 前髪をふんわりとおでこにかけて斜めに流すだけで、顔の印象を小さく見せてくれる上、目元の印象を強めてくれるから、笑顔の好感度もぐんと上がってしまうのです。 しかし、憧れのあのアイドルのように、「かわいい流し前髪を作りたい!」と気合を入れてやってみたけれど、「なかなかうまくいかない…」とお悩みの方もいるのではないでしょうか? 実は、流し前髪を上手に作るには、ちょっとしたコツが必要なのです。 流し前髪の3つの作り方の中でも、使用アイテムと手順が最も少ないので、日常使いにおすすめです。 コテの熱で、流すクセをしっかりと作るので、流し前髪を長時間キープしたい日におすすめの作り方です。 カーラーで前髪に流れるクセをつけながら、別の用事をすることができるので、時間がない、急いでいる時におすすめの時短テクニックです。 このように、流し前髪の3つの作り方には、それぞれに異なる特徴があります。 今回は、3つの流し前髪の作り方を順番にご紹介していきます! それぞれの特徴を捉え、その日のスケジュールや時間に応じて、使い分けてみてくださいね。 流し前髪をきれいに作るための下準備 流し前髪の作り方をご紹介する前に! 流し前髪をキレイに仕上げ、尚且つキレイな状態を長時間キープしやすくするために欠かせない、流し前髪の下準備の方法をご紹介します。 流し前髪の下準備は、大きく分けて2つのステップがあります。 前髪は濡れた状態の時、生えグセやうねりが強く出やすいという特徴を持っています。 前髪が濡れた状態の時に出た生えグセやうねりは、後から修正を試みても、なかなかうまくいかないことがあります。 生えグセ、うねりが付いてしまう前に、から出たら、できるだけ早めにドライヤーで乾かしてしまいましょう! 前髪をドライヤーで乾かすときは、 前髪の根元部分からドライヤーを当て、乾かしましょう。 ドライヤーは、前髪の上方向から当てるのではなく、前髪の下方向から上方向に、前髪を持ち上げる感覚で当てることがポイントです。 また、ドライヤーをあてるときは、頭皮から20cm程度距離をとって乾かすようにしましょう。 流し前髪のキレイな流れを長時間キープしやすくするには、まずは前髪の生えグセをリセットしなければいけません。 前髪の生えグセは、水で濡らすことでリセットすることができます。 前髪の根元部分からしっかりと水で濡らし、丁寧にブローしていきましょう! 一度、根元までしっかりと濡らした前髪を、夜と同じ手順で半乾きの状態まで乾かします。 その後、前髪全体をブラシで左に流し、ドライヤーを当てます。 ドライヤーをあてるときは、頭皮から20cm程度距離をとって乾かすようにしましょう。 今度は前髪全体をブラシで右に流し、ドライヤーを当てます。 左右の動きを、前髪が完全に乾くまで数回繰り返します。 根元の生えグセを矯正するつもりで、ブラシでしっかりと抑えることがポイントです! 3. 流し前髪の作り方【ブローで作る、流し前髪編】 下準備が完了したところで、いよいよ流し前髪の作り方をご紹介します! まずは「ブローで作る流し前髪」の作り方です。 よりしっかりと流れをつくるため、前髪を上下で2つに分け、ブローはブロックごとにしていきます。 まずは下のブロックから! 下のブロックは毛先から前髪の中間あたりまでをブラシで巻き込み、クセを付けるため、3秒程度ドライヤーを当てます。 次に上のブロックをブローします。 上のブロックは、根元にふんわりとした立ち上がりを作るために、ブラシを前髪の根元部分に当て、頭皮に対し、大体45度の角度で斜め上に向け、引き上げながらブラシをゆっくりと毛先に向けて滑らせていきます。 上下ともにブローができたら、上下を合わせて、ブラシで軽くとかし、馴染ませます。 ヘアスプレーは髪をまとめるためのものですが、つけ過ぎるとかえって前髪がくずれやすくなることもあります。 ヘアスプレーの上手な使い方は、【必要な部分にのみ使用すること】です! 流し前髪の場合、ヘアスプレーは前髪の内側、根元部分にのみ付けることがベストです。 前髪の根元にヘアスプレーをかけることで、前髪の根元のふんわりとした立ち上がりを、長時間キープしやすくなります。 ヘアスプレーをかけたら、前髪の表面をブラシでとかし、整えて完成です! 4. 流し前髪の作り方【コテで作る、流し前髪編】 次に、「コテで作る流し前髪」の作り方をご紹介します。 コテで作る流し前髪は、コテの熱により、前髪の流れをしっかりとクセづけることができます。 そのため、前髪が崩れやすくなる雨の日や、今日は絶対に前髪を崩したくない!という特別な日に、ぜひ試してみてください。 前髪を集めたら、毛先に対して並行に温めたコテを置き、毛先から根元のやや手前まで巻いていきます。 前髪の根元のやや手前まで巻き込んだら、そのまま3秒キープします。 コテは熱くなっているので、おでこに触れてしまわないよう、注意しましょう。 「なぜ、一度流したい方向とは逆の方向へ集めるのか?」と疑問に思った方もいるのではないでしょうか? 実は、この手順は流し前髪をキレイに作る為に、とても大切なポイントです。 初めから流したい方向に向け前髪を集め、コテで巻いてしまうと、コテで巻き込む際に根元のふんわりとした立ち上がりが抑えられてしまうことがあります。 前髪の根元の立ち上がりが失われると、流し前髪は「ぺちゃんこ」な印象になり、可愛さが半減してしまいます! 面倒くさくても、流し前髪をふんわり可愛く仕上げるために、一度流したい方向とは逆側にまとめる手順を、飛ばしたりしないようにしましょう! 5. 流し前髪の作り方【カーラーで作る、流し前髪編】 お次は、カーラーで作る流し前髪の作り方です。 カーラーは、前髪を巻いたまま他の作業をすることができるので、寝坊した朝や短時間で身支度をしなければならない時に、おすすめです。 かわいい流し前髪を作りながら、身支度の時短にも繋がるのは、うれしいですね。 ) 予め前髪を濡らしておくことで、コテによるクセをより、しっかりと付けることができます。 この時、前髪を完全に濡らしてしまうと、カーラーのクセづけに時間がかかってしまいます。 前髪が少し湿って、しんなりとして感じられる程度、に留めましょう。 前髪の毛先側にくるんとしたカールを付けるため、カーラーは毛先部分から巻いて、根元のやや手前まで巻き込みます。 ) カーラーを巻き終えたら、そのまましばし放置します。 と言う時は、前髪をカーラーで巻いたまま、ドライヤーで乾かしながら、クセづけしましょう! 6. まとめ 流し前髪の作り方を、「ブローで作る流し前髪」「コテで作る流し前髪」「カーラーで作る流し前髪」の3つのパターンに分けてご紹介しましたが、いかがでしたか? ふんわりとした流し前髪は顔を小さく、そして目を大きく魅力的に見せてくれる、女の子の強い味方です。 しかし、「前髪が崩れた」ただそれだけで気分に暗い影が出てしまうのが、乙女心というものですよね。 そんな時はぜひ、今回ご紹介した流し前髪の作り方を試してみてください。

次の

流し前髪の作り方|長い・短い前髪をコテやストレートアイロンで流す方法まとめ

前髪 コテ

リンク メイクをする際、ピンでこのように留めることがあると思いますが、根元がペタンコになったり、前髪の方向が思っていた方向と違ったりと厄介です。 コテやアイロンを温めて、時間を待ったり、準備をしたりする必要がありません。 ついでに、やけどの恐れもありません。 準備は、しまっておいた場所から、取り出すだけです。 マジックテープ素材が髪の毛をキャッチ。 カーラー全体にマジックテープ素材が使用されており、細い毛一本一本をしっかりキャッチしてくれるので、途中でポロポロ落ちてくる心配がありません。 クリップ仕様がカーラー初心者でも使いやすい。 クリップの形になっているので、初心者でも前髪を挟みやすく、カーラーに髪を巻きつけやすいです。 メイク中の邪魔な髪の毛をひとまとめ。 メイク中に髪の毛を上に上げておけるから、メイクする時の前髪を押さえるピンの役割もしてくれます。 旅行先にも軽くて持ち運びできる とても軽くて、コンパクトな形なので、旅行先にもメイクポーチの中に入れて持ち運べます。 くるんと前髪カーラーのコツ くるんと前髪カーラーは、簡単なんですが、コツを掴むと、このアイテム一つで色んな前髪が作れちゃうのです。 まずはベーシックな使い方 初心者の方はまず、このやり方を習得してください。 これは前髪の方向がキレイに揃うための大きなポイントです。 クリップに挟む時、前髪が曲がらないよう、真っ直ぐにして、カーラーに巻きつけていきます。 力を入れすぎて強く巻きすぎると、カールが強くなってしまうので、力加減は普通に。 メイク時間内巻いていれば、大体カールがつきます。 何もしなくて、外しただけでこんなにキレイにカールが仕上がります。 軽くクシで整えるとこんな感じ。 毛先に全体より少し強めのカールがつきます。 小顔になれる大きめカール前髪 くるんと前髪カールは楕円の形をしています。 間に前髪の毛先を挟むと、最初の毛先部分は強めのカールになります。 それを、挟まずにそのままカーラーに巻きつけます。 そうすると、毛先~根元の前髪まで全て同じカールになりますよね。 少し、 カールの大きさが大きくなって、顔に奥行きができます。 ちょっと小顔効果。 前髪が長い時も、こっちの巻き方だと、カールが大きいので前髪が短くなります。 前髪が伸びてきたら、こっちの巻き方に変えるのが私流。 くるんと前髪カーラーを使えば、可愛く時短できる。 いかがだったでしょうか? こんな画期的な道具があるなんて、びっくりですよね。 私は毎日必ずこのカーラーを使っています。 数百円で購入できるので、ドラッグストアやネットで探して、今すぐ取り入れるべきアイテムだと思います!! 作った前髪にオイルを付ければ、流行りのシースルーバングだってキレイにできちゃいます。 是非、試してみてくださいね!.

次の

コテなしで【ゆるふわ巻き髪】は作れる!コテ&アイロンを使わないで髪を巻く方法♡

前髪 コテ

前髪のスタイリングに、コテ カールアイロン と アイロン ストレートアイロン 、どちらを使えば良いのか分からない… 伸びてきた・イメチェンしたいから前髪の印象を変えたいのに、うまく出来ない… そんなお悩みありませんか? 覚えて欲しいコテとアイロンの部品の名前! 前髪を巻くとき、このフリッパーの向きが重要になります。 ~アイロン ストレートアイロン のプレート~ プレートとは、アイロンの熱が入る部品です。 こちらに前髪を挟んで、伸ばしたり巻いたりします! 6:【アイロンで作る! 】 キレイで良い女感を演出! 1:【コテで作る! 指を挟まないように注意しながら、根元から3~4cm離れた場所をフリッパーで挟みます。 フリッパー位置は、ななめ上からスタートしましょう! 毛束を持っていた指のうっかりヤケドを防ぐと同時に、コテ カールアイロン を安定させる事が出来ます! ヘアクリップなどを使い、しっかりブロッキングしていきましょう! めんどくさがってブロッキングを怠ると、うまく熱が伝わらず何度もやり直したり 温度ムラによって、仕上がりが悪くなる事があります。 巻きたい前髪の半分ほどの量を、サイドか頭頂部にヘアクリップで固定します。 毛束を持ったままコテ カールアイロン を利手に持ち、フリッパーに毛束を挟んでいきます。 指を挟まないように注意しながら、根元から3~4cm離れた場所をフリッパーで挟みます。 フリッパー位置は、真上からスタート! 重さがしっかりあるため、強めにカールを付ける必要があります。 毛束を持っていた指のうっかりヤケドを防ぐと同時に、コテ カールアイロン を安定させる事が出来ます! フリッパーを少しずつ下へ向かせながら、コテ カールアイロン 全体をスライドさせ、毛束を抜き取りましょう。 ブロッキングを外しましょう。 巻き終えた後は、毛束があたたかい内にほぐします。 】すけ感アリのななめバングでキレイを叶える! 利手とは逆の手で、毛束を取ります。 指を挟まないように注意しながら、根元から3~4cm離れた場所をフリッパーで挟みます。 フリッパー位置は、ななめ上からスタートを目安に! 前髪の量が少ないため、強めのカールではなく 毛先にカールを出す程度にとどめる方が、こなれ感が出ます。 毛束を持っていた指のうっかりヤケドを防ぐと同時に、コテ カールアイロン を安定させる事が出来ます! コテ カールアイロン 全体をスライドさせ、フリッパーから毛束を抜き取るようなイメージで外しましょう。 巻くときにコテ カールアイロン が通しにくい方は、毛束を左右2つに分けて巻いてあげましょう! 癖が強い髪の方は、ブロッキングをオススメします! スタートは、まん中の毛束から! 指を挟まないように注意しながら、根元近くから毛束を挟みましょう! アイロンをしっかり動かしたい場合は、先端部分をつまんでもOKです! アイロンをおでこに密着させるより、視界に入るぐらいまで離した方が 巻き込みやすいです。 毛束を持ったままアイロンを利手に持ち、プレートに毛束を挟んでいきます。 指を挟まないように注意しながら、根元近くから毛束を挟みましょう! 指を挟まないように注意しながら、根元近くから毛束を挟みましょう! 毛束を引っ張りながら、アイロン ストレートアイロン を下ろしていきます。 この時、アイロンを内側へ回転させましょう! 眉上バングでもしっかり挟める! 」 6:【アイロンで作る! 】キレイで良い女感を演出! 根元から挟まないのは、センターの分け目がぺたんこになってしまう理由からです。 アイロンをしっかり固定したい場合は、先端部分をつまんでもOKです! アイロンに、毛先を巻き付けるイメージで、回転させましょう!

次の