とおりゃんせ 歌詞 意味。 「とおりゃんせ」はめちゃくちゃ恐かった‥。神隠しの唄?間引き??子殺し???

通りゃんせの歌・・・帰りの何が怖い?

とおりゃんせ 歌詞 意味

三芳野神社 歌詞の解釈はさておき、なぜこの三芳野神社が「通りゃんせ」と呼ばれるのか。 調べたところによると、こうである。 これが天神さまの細道じゃ この神社は川越城ができる前からあって、地元の人の信仰の対象だった。 川越城築城により、神社はお城の敷地内になってしまった。 そのため、一般の人は参拝できなくなってしまった。 けれども、地元の人々の信仰心があついため、特別に時間を区切って参拝を許した。 参拝客に紛れて敵方のスパイが入り込み、城内の機密を持って外に出るのを防ぐため、出口でのチェックを厳しくおこなった。 それが「行きはよい、帰りは怖い」となる。 参道は若干変化しているそうだ 例に漏れず、この神社も猫が多い 数匹いた たしかにぴったり なるほど、僕の解釈よりも理にかなっている気がする。 お昼過ぎに会社を出て、三芳野神社に着いたのは午後4時過ぎだった。 周囲はほんのりと薄暗くなってきたが、「怖い」というほどの暗さではない。 しかし、「帰りはこわい」というちょっと唐突で意味深な歌詞も上記の説で説明がつく。 公園のさみしげな動物も歌のイメージにあっていた 通りゃんせ 由緒ある神社 童謡の舞台になったといわれるだけあって、しっとりと落ち着きのある雰囲気の神社だ。 子供の頃からなじんでいた童謡がここで生まれたと思うと感慨もひとしおだ。 どこか懐かしい境内の様子とあいまって、ここが「通りゃんせ」の発祥地だという思いは強くなった。 これが発祥の碑 通りゃんせに関する新聞の切り抜きも 絵馬にも「通りゃんせ」の文字が 天神さまの細道を「帰り」方向から見たの図 もう一つ、小田原にもあるのだ すっかり納得して忘れてしまいそうになったが、もう一つ、神奈川県の小田原にも「通りゃんせ発祥の地」があるのだった。 そちらも見ておかないと、「通りゃんせ」を理解したとは言えまい。 翌日、小田原へと向かった。

次の

わらべうた「通りゃんせ」の遊び方と歌詞の意味

とおりゃんせ 歌詞 意味

通りゃんせ 通りゃんせ 御通りなさいまし 通ってもいいですよ。 ここはどこの 細通じゃ ここは どこの細道ですか?天神様の 細道じゃ 天神様の細道ですよ。 ちっと通して 下しゃんせ ちょっと通して下さいませんか?御用のないもの 通しゃせぬ 御用の無い者は 通しはしません。 この子の七つの お祝いにお札を納めに 参ります この子の七つの御祝いに 御札を納めに参ります。 行きはよいよい 帰りはこわい 行きは好い好いとして行ったとしても 帰りは怖いですよ。 こわいながらも通りゃんせ 怖いですけれども、御通りなさいまし通りゃんせ 通ってもいいですよ。 その理由は、この曲の場合は「この子の七つの御祝いに御札を納めに」という事になっている。 七歳になった御祝いに天神様に御札を納めに行く、その内容で、なぜ「行きはよいよい帰りは怖い」か。 この歌の場合には、昔から居た 人さらい(拉致者)への対処が含まれている。 人さらいにとって特に、小さな子供は格好の餌食であった。 そこで、天神様の細道を行く時に「理由」を尋ねる事によって、帰りにその真偽を問うわけである。 その「理由」が確かに正しいかどうか。 もし違えていたら「怖い」のである。 天神様の細道を通る理由は、歌では「この子の七つの御祝に御札を納めに」だが、「他のどのような理由を持ってしても、天神様の細道を通るという事は、そのようなものですよ」という 教訓が含まれている。 北海道及び東北の一部、茨城、千葉などの方言で「こわい」は、疲れたと言う意味がある。 つまり、遊廓で遊んで疲れ果ててしまうという隠喩である。 あるいは単に出かけるときは気持ちが高揚していたが帰りには疲れてしまったということか。 この「とおりゃんせ」は、有名なわりに実は、とても恐ろしい歌詞です。 どうやらこの歌は、現代風にいえば「児童虐待」、はっきりいって「子殺し」「間引き」の歌だそうです。 江戸時代には、よけいな(家計にとって負担な)子供は、親によって、どんどん間引かれて(殺されて)いったそうです。 そのあたりのことを遠回しに表現したのが、この歌だ、という説を聞いたことがあります。 確か、岩波新書の「児童虐待」(池田由子 著)に乗ってましたので、時間のある人は調べてください(ああ無責任)江戸時代の川越の三芳野天神(郭町、三芳野神社)が発祥地。 三芳野神社は、川越城の築城前からあったそうで、それを太田道灌父子が城を築くとき、敷地に取り込んだ。 神社横の細道が歌の舞台になり、川越城内の子女の間で歌われていたものが城下に流れ、武士や僧侶、町人たちによって江戸へ運ばれ、やがて全国へ広まって行った。 三芳野神社の天神さまにお詣りするときは、(城内になっても、お詣りの人は絶えなかった)、行くときはいいが、帰るときは携帯品を何度も城の警護のものに調べられたので、「帰りはこわい」となった。

次の

通りゃんせの2番の歌詞をおしえて!

とおりゃんせ 歌詞 意味

三芳野神社 歌詞の解釈はさておき、なぜこの三芳野神社が「通りゃんせ」と呼ばれるのか。 調べたところによると、こうである。 これが天神さまの細道じゃ この神社は川越城ができる前からあって、地元の人の信仰の対象だった。 川越城築城により、神社はお城の敷地内になってしまった。 そのため、一般の人は参拝できなくなってしまった。 けれども、地元の人々の信仰心があついため、特別に時間を区切って参拝を許した。 参拝客に紛れて敵方のスパイが入り込み、城内の機密を持って外に出るのを防ぐため、出口でのチェックを厳しくおこなった。 それが「行きはよい、帰りは怖い」となる。 参道は若干変化しているそうだ 例に漏れず、この神社も猫が多い 数匹いた たしかにぴったり なるほど、僕の解釈よりも理にかなっている気がする。 お昼過ぎに会社を出て、三芳野神社に着いたのは午後4時過ぎだった。 周囲はほんのりと薄暗くなってきたが、「怖い」というほどの暗さではない。 しかし、「帰りはこわい」というちょっと唐突で意味深な歌詞も上記の説で説明がつく。 公園のさみしげな動物も歌のイメージにあっていた 通りゃんせ 由緒ある神社 童謡の舞台になったといわれるだけあって、しっとりと落ち着きのある雰囲気の神社だ。 子供の頃からなじんでいた童謡がここで生まれたと思うと感慨もひとしおだ。 どこか懐かしい境内の様子とあいまって、ここが「通りゃんせ」の発祥地だという思いは強くなった。 これが発祥の碑 通りゃんせに関する新聞の切り抜きも 絵馬にも「通りゃんせ」の文字が 天神さまの細道を「帰り」方向から見たの図 もう一つ、小田原にもあるのだ すっかり納得して忘れてしまいそうになったが、もう一つ、神奈川県の小田原にも「通りゃんせ発祥の地」があるのだった。 そちらも見ておかないと、「通りゃんせ」を理解したとは言えまい。 翌日、小田原へと向かった。

次の