野球 チェンジ アップ と は。 プロ野球歴代最強の「チェンジアップ」をなげる日本人投手は誰?人気投票ランキング中!

チェンジアップ系変化球の握り方・投げ方

野球 チェンジ アップ と は

チェンジアップってどんな特徴があるの? 打者がバットを始動させスイングに入っても、「なかなかボールが来ない」といった、不思議な感覚になるのがチェンジアップです。 ストレートと同じ腕の振りで投げるチェンジアップですが、そのスピードの差は最大40KMにもなるなど、ストレートとの緩急をつけるのには最も適した変化球です。 また、回転が少ないことから、打者の手元で少し沈むような変化も見せます。 チェンジアップを投げる際には、いかに打者のタイミングを外せるかが、最大の焦点です。 チェンジアップの効果を引き出すのであれば、打者が振り遅れるほどの、伸びのある速球を持っているかがポイントになります。 チェンジアップの握り方や投げ方を伝授! チェンジアップの握り方は、投手によりさまざまですが、一般的には「わし掴み」と呼ばれる握り方をいたします。 「わし掴み」といえば、小さい子供がボールを投げる時の握り方です。 5本の指を等間隔に開いて、何も考えずにボールを握ったのが「わし掴み」になります。 大人も地面に落ちているボール球ほどの大きさの石を、自然に拾い上げたときの握り方が、概ね「わし掴み」の状態になっています。 チェンジアップの場合、人差し指と中指は縫い目に掛からないようにします。 出来るだけスピードを落とすことで、ストレートとの緩急から打者の空振りを誘う変化球です。 もしも、人差し指と中指が縫い目に掛かると、どうしてもボールにスピンが掛かり、球速も増してしまうからです。 ボールを握った時、人差し指と中指にはあまり力を入れずに、両側の指で支えるようにグリップするのがポイントです。 そして、チェンジアップを投げる時は、人差し指と中指、さらに手首をなるべく使わず、ボールを抜くような感覚でリリースすることが大切です。 特に、指全体ですべらせるようにリリースすると、スピードがうまく落とせます。 ただし、腕の振りはストレートと同じように力強く振り下ろし、打者を惑わせる投球が大切です。 もしも、中途半端な腕の振りをして、打者に見抜かれてしまうと、スピードがない分、絶好のホームランボールに成りかねないからです。 プロ野球でイチオシのチェンジアップの使い手は? チェンジアップを武器に活躍をしたのは、杉内俊哉投手です。 2001年に福岡ソフトバンクホークスに入団した杉内投手は、ゆっくりとしたフォームから、思いっきりの良い腕の振りが特徴の投手です。 杉内投手のストレートは140km台と決して速球投手とはいえませんが、ボールをリリースするポイントが遅いことから、打ちにくい投手として名前が上がります。 杉内投手は、ストレートとチェンジアップを武器に三振の山を築き上げると、最多勝1回、最優秀防御率1回、そして最多奪三振に3回も輝きました。 杉内投手の通算奪三振率9. 28は、2000投球回数以上を投げた投手のなかで、歴代1位を誇ります。 まさに、プロ野球界トップの奪三振王といえます。 杉内投手の決め球チェンジアップには、握り方に特徴があります。 ボールは「わし掴み」に握るのが一般的ですが、中指だけを浮かせた状態にします。 よりボールにスピンが掛からず、スピードが抑制出来るようにするためです。 そして、杉内投手はボールを投げる時、常にストレート以上に強く腕を振ることを心掛けて、打者を惑わせることで三振の山を築き上げました。 まとめ 今回のチェンジアップの特集はいかがだったでしょうか?チェンジアップはバッターのタイムングをずらすのに、効果的な変化球ですね。 また特別難しい握り方や投げ方ではないので、マスターしやすい変化球と言えるかもしれません。 チェンジアップをしっかりとマスターして、杉内俊哉投手のように、三振をバッタバッタと奪ってみたいものですね(笑) 最後までお読み頂き大感謝! みっつでした。

次の

チェンジアップ系変化球の握り方・投げ方

野球 チェンジ アップ と は

シンカー、カットボール、ツーシーム、チェンジアップが何か説明できますか? これらは、野球でピッチャーが投げる球種の一部分で、それぞれは野球ファンであれば必ず一度は聞いたことがあります。 しかし、これらの球種の軌道について説明できる人は、野球好きの人でも意外と少ないのではないでしょうか。 私も野球観戦を10年以上しているので野球は大好きですが、野球の球種についてはあまりよく分かっておりませんでした。 昔は、野球の球種はストレート、カーブ、フォークが中心でしたが、今はどんどん新しい球種が生まれています。 実は、テレビの解説者でも球種を間違えたり、ヒットを打ったバッターにインタビューしても、何の球種か分からないという事はよくあります。 この記事では野球で投げられている球種の軌道について分かりやすくまとめてみました。 Contents• 変化球はすべて回転によって決まる ピッチャーの基本はまっすぐのストレートですが、実はストレートはまっすぐな軌道を描きません。 どういうことかと言いますと、 ボールには重力がかかっているため、普通にボールを投げると必ず進行方向に対してボールは下に落ちていきます。 変化球を投げる時は、ボールを曲げたい方向に回転をかけることで生まれますが、 ストレートを投げる時もボールに回転をかける必要があります。 ストレートを投げる時は、ボールにバックスピン 下回転 をかける事で、重力に逆らう揚力が働きます。 すると、ボールの落下を抑える事が出来るので、まっすぐの軌道でバッターまで届きます。 そのため、 ストレートは下回転をかける変化球という事になります。 つまり、 すべての球種はボールの回転で決まります。 カットボールは、 ストレートの軌道からバッターの手元でピッチャーの利き腕と反対方向にボール1個分だけ横に曲がるボールです。 そのため、 ストレートとスライダーの間をイメージすると分かりやすいと思います。 カットボールを投げる時は、ストレートの握りより少しだけボールの外側を握るので、ストレートと同じ振りで自然にボールを切る感覚で投げる事が出来ます。 カットボールは、バッターはストレートだと思い振りに行ってしまうため、ツーシームと同様にバットの芯で捉える事が難しくなります。 そのため、空振りを狙うよりも、打たせて取る変化球であるため、球数を減らしたい場合に有効とされています。 横に変化する変化球 スライダー フォークは、 打者の手前で落ちる変化球です。 フォークボールは球速と回転のどちらも気を付けなければいけないので、投げるのが難しい球種です。 ボールの回転が少ないほど、急激に落ちますが、球速が無いとボールがベースに届く手前でワンバウンドしてしまいますし、球速を出そうと回転をかけようとすると、中途半端なボールになります。 また、フォークボールは非常に握力がいるため、握力が弱いとボールがすっぽ抜ける事が多いため、メジャーな球種の割には投げるピッチャーは少なくなっています。 フォークは三振を取りやすい球種であるため、分業制となっている今のプロ野球において、フォークを持ち球としているピッチャーは重宝されています。 しかし、今は様々な球種があるので、フォークを投げなくてもチェンジアップ系のボールでも十分通用します。 ストレートと同じ軌道からの変化というのが今のトレンドになっています。 最後に この記事では、ピッチャーの球種についてお話してきましたが、これはあくまでもほんの一部で、まだまだたくさんの球種があります。 これだけ球種があると、普段バッターボックスに立っているバッターや実況、解説でさえ、今のボールが何の球種か分からない事は多々あります。

次の

チェンジアップとはどんな球?軌道,意味も…使い手のすごい投手とは!?

野球 チェンジ アップ と は

今週末はいよいよ春季大会開幕です。 今年のチームもとても楽しみで、例年にない強力打線に仕上がってますし、 さらに楽しみなのは2名のピッチャーです。 右の本格派TクンとサウスポーのDクンは、二人ともマウンド度胸もあり、 きっと活躍してくれると信じています。 ところで両名、 この冬場の練習で 「チェンジアップ」を覚えました。 チェンジアップボールとは本来変化球の一つですから、 小学生には禁止されているものです。 ここで私が言う 「チェンジアップ」とは、 あくまで本来の球速のストレートボールを、 握りを少し変えることによって、 同じ投球フォームとストレートと同じ腕の振りでありながら、 球速を落とし、バッターのタイミングを外すことを、 意図したものです。 ですからチェンジアップを投げさせて、ボールが変化する場合は、 すぐにやめさせて、また違う握りを指導し直します。 参考までに・・ 「チェンジアップはボールを鷲掴みにするなどボールに力が伝わらないように、 握りを工夫することによって速球と同じ腕の振りから投じられる遅いボールである。 主に打者のタイミングをずらすために投じられる。 握り方に統一性はなく、 様々な握りや投法の違いにより変化・回転・球速も変わる。 チェンジアップ — Wikipediaより」 ちなみに私が指導している握りのパターンですが・・ (大人の手のためボールサイズをわかりやすくするため、 硬球で撮影しました) 1、ストレートと同じ握りながらボールを深く入れ込んで、 人差し指と中指を気持ち浮かせる。 2、人差し指と中指に薬指もかけさせるか、手のサイズによって、 小指までかけて握る。 3、人差し指と親指で輪を作る。 つまり中指・薬指・小指で、 握るもので、OKボールと呼称された握りです。 ただしこれは変化しやすく、投球そのものもちょっと難しくなるので、 めったに教えるケースはありません。 いずれの握りも必ず 「ストレートと同じモーションで、 ストレートと同じ腕の振り及びリリースを指導すること」です。 このチェンジアップは、制球がむずかしいですから、 くれぐれもそれを気にして、置きに行くフォームにならないように、 注意することと、 この指導はあくまで 「それなりにフォームができた野球少年で、 ストレートに速さと制球力が備わった場合」にのみ指導しています。 小学生ピッチャーの基本もまた、コントロール有りきであって、 球速はその次に考え、この球速が110kmを超すようでしたら、 そこで初めて、 「タイミングを外すボール=チェンジアップ」を教えたいものですね。 またこれは私見ですが、 「チェンジアップ投球時の球速の差」は、120kmを投げるピッチャーなら、 100kmまでが目安で(20kmのスピード差) もしこれ以上落ちるなら・・(ストレートと同じ腕の振りで) 「ボールが抜けすぎている」と考えられ、肘への負担増に繋がる、 と考えます。 それでは今年も全国の野球少年と関係者の皆さまにとって、 幸多き野球シーズンとなりますように… —————————————- ぜひ少年野球ブログランキングへの、 応援クリックを2つお願いします。 あなたの熱い声援が、明日の記事更新のパワーの源になります! —————————————- 少年野球塾さんにお勧め教材が追加されました。 私も少し前にお勧めした優良教材のひとつで、 小学生高学年から中学生向きの教材です。 小学生なりにバッティングの基本ができた野球少年で、 長打不足や強い打球を生む指導するにはお勧めですね。 —————————————- 安心してください!まだ間に合いますよ!! 野球少年にとって本当に大事なバッティングモーションを解説した、 「9回限定:野球セミナーメール」 ぜひ今のうちに読んでいただいて、 正しいバッティングモーションを野球少年にご指導ください。 少年野球の指導方法や練習方法は、たとえば高校野球などに比べたら とてもやさしいように思われがちですが… じつは大変難しいものです。 なぜなら少年野球の子どもたちは、文字通り 「真っ白なキャンバス」 だからです。 中学野球以上の、野球経験のある野球少年ならまだしも 小学生である彼らは、野球については見事に何も知らないのです。 たとえば… バッティングの、バの字も知らない少年に、 どうすればバッティングについて、正しい指導ができるのか? それが、指導者である我われのもっとも苦労する点です。 私が初めて、少年野球チームのコーチとして、 少年野球に たずさわった時 「たかが子どもの野球」 と、 とんでもない思い違い… つまり、タカをくくってしまいましたが これが大変な間違いであることを、やがて知らされたのです。 それから、私の少年野球指導者の修行の道が始まりました。 こんな隅っこまでお読みいただき、 ありがとうございます。 このブログを隅から隅まで、 読んでいただければ、 野球少年への正しい指導法が、 おわかりいただけると自負しています。 この 「少年野球 夢日誌」には、 野球少年指導歴18年の私が学んできた 正しい野球技術指導のノウハウ全てを、 紹介しています。 またメンタル的にまだまだ未熟な、 野球少年への罵声や怒声による、 パワハラ指導を徹底的に排除すべく、 微力ながら警鐘を鳴らし続けています。 ぜひ、このブログをBOOKマーク (お気に入り)に登録して随時追跡して みてください。 当ブログが少しでもお役に立ちましたら 記事更新の力強い励みになりますので、 ぜひ、2つのブログランキングを、 ポチポチッと押していただき、 伊能優介の 「少年野球 夢 日誌」 に、熱い声援・応援をお願いします! 応援していただけたあなたに、 心から感謝いたします!!.

次の