かぎ針 編み 長編 み。 CADでかぎ針編み図

CADでかぎ針編み図

かぎ針 編み 長編 み

かぎ編みといえば、編み方が複雑なもの・・・と、難しく考えてしまいがちです^^; しかし、私がかぎ編みについての考えを覆されたのが、YouTubeを見ていた時に「あみぐるみ」を編んでいる動画をみたときです。 かぎ針編みの長編みは? 編み方の手順はこちら それでは、まずかぎ針編みの長編みの編み方についてお話ししてきますね^^ かぎ針編みとは・・・ 2本の編み棒を使うのではなく、先が「かぎ爪」になっている かぎ針と呼ばれる道具を使って、帽子、バッグ、テーブルクロスなどを編んでいくことをいいます。 そして、かぎ針編みの長編みとは、 かぎ針編みの基礎になり、よく使われる編み方です。 効率よく編めるので、手編みよりも早く編めます。 かぎ編みで必要なものは、ある程度 100均でもご準備いただけますが、長編みで編む場合には専用のものが必要ですので、こちらを確認してくださいね。 かぎ針編みの長編みをするときに準備するもの• ハサミ• かぎ針・・・1本 かぎ針編みの長編みで円は?どう編むの? 次に、かぎ針編みでの長編みで、円の場合についてお話ししてきます。 まず、「円」には2種類の方法があります。 指に糸を巻きつけて輪を作る方法• 中心に穴があけ、鎖を編んで輪にする方法 円は モチーフ編みによく使われます ので、しっかりと覚えておきましょう^^ 続きまして、実際の「円の編み方」について写真付きで説明してきます。 長編みでの「2段目」は、 1段目の上に編み上げていくということです。 通常編み物は、ベストやセーター、ブランケットなどを編んでいくためには、2段目、3段目・・・という風にどんどん連なって、編んでいきます。 今回は、その2段目について手順を説明していきます^^ かぎ針編みでの長編みで2段目の手順 1、1段目を編み上げ終えたら、鎖編みを3編み作り上げます 2、編んでいる方を裏返しにして、細編みの根本の隣の【長編みの編み目】の隙間にかぎ針を入れてさらに長編みを編んでいきます 3、長編みを決めた編み目数を編み終え、その編み目数が合っていれば2段目は完成です 長編みと細編みの差があるだけで、細編みの編み方と何も変わらない方法です 今回のまとめ 今回は、 かぎ針編みで長編みを編む具体的な手順と円の編み方、減らし目とはどういう風にするのか、さらに、2段目とはどんなことなのかについて、詳しく説明してきました。 長編みは、容量は細編みと同じだけど細編みよりも早く編めるものです。 円の編み方は、使い方によってはモチーフ編みもでき、輪から作る円編みでシンプルなコースターやマットなどが作れます。 減らし目のやりかたは、 毛糸を全てほどかなくても編みながら1編み目を1つ減らせるということです。 2段目の手順は、編み目が増えていないか気にしながら 1段目の上に2段目を編んでいくことです。 長編みの作り方・減らし方・2段目の作り方は、細編みと同じ要領です。 長編みは、編み進めるのは細編みと同じですが 少しだけ編む技術が必要になってきます。

次の

かぎ針編みの基礎、編み目記号と編み方、五十音順、か行

かぎ針 編み 長編 み

長編交差編みの記号図 その前に長編って?という方は、こちらのブログを参照下さい。 長編交差編みの記号図はこちら 文字通り長編が交差しています。 長編交差編みの編み方 まず長編みなので、立ち上がりはくさり編み3目。 次に、長編みを編むのですが、ここで、立ち上がりの隣ではなく、1目開けて、2目となりの目を拾って下さい。 編み方は普通の長編み。 1目編めました。 次は、また長編みを編みますが、1目戻って、立ち上がりの隣の目を拾います。 編み方は普通の長編み。 編みあがりです。 後から編んだ目が、上に乗って重なっているのがわかります。 編み図にするとこうなっていますね。 交差しているので、砂時計のような真ん中が細くなったシルエットになります。 1段編むとこんな感じ。 ちなみに長編交差の下側は、ただの長編みです。 これだけで全然違った表情の編地になりますね~。 数段続けて編むとこんな感じです。 裏と表で、編む方向が違うので、少しボーダーのように見えますね。 同じ方向で編みたいときは、間に細編みなどを入れて、常に表側を見て編むようにするとまた違った規則的な編地が出来上がります。 まとめ いかがでしたでしょうか。 交差した目が重なっているので、少し厚みのある編地になります。 全面に使っても部分的に使っても効果的なニットらしい柄になると思います。 是非使ってみてください。

次の

かぎ針でかぼちゃ帽子☆子供サイズ[編み方説明動画その③]crochet

かぎ針 編み 長編 み

母の日のプレセントに三角ショールを編みました。 正確には、母の日のプレゼントにしたいと思って試し編みをしたものが出来上がりました。 かぎ針は得意ではありません、思考錯誤の2ヶ月、遂に できましたあーーーー! 春先、ちょっと肌寒い時、セーターを出すほどでもないけど羽織物が欲しい時、お客様がお見えになっても野暮ったくなくおしゃれに見えて温かい。 軽やかで、サッと羽織れて、しかもおしゃれな、回覧板を回すときも羽織って行けるショールです。 ボタンを付けてずれにくくしました。 お花模様の裏には・・・ ボタンを付けてショールがずれないようにしました。 後ろから見てもすっきりとしたデザインになっています。 中細で編んでいるので軽くて薄くて、春先に梅雨寒にピッタリです。 三角ショールの作り方 材料 中細毛糸 50g、205m 7個、5号かぎ針、中細用綴じ針、直径2. 5㎝のボタン、ボタンを留めるための手縫い用糸 ミシン糸でもいいです。 ショールのサイズ 大きさをcmで書きました。 また、 内の数字は段数です。 模様編み以外は中長編で編んでいます。 編み方記号図 ショールの編み方を書きました。 記号図は初めて書くので当たっているかどうかわかりませんが、束編みという方法で編むので、中長編みと中長編みの間に中長編みの記号を書いています。 編み始めの処理は編んでいくと最初の所が三角で欠けているようになります。 そこを後で編みます。 くさり3番目に4つ中長編を入れます。 一段目が出来ました。 そのまま編み続け、真ん中に4つ中長編を入れ編みます。 2段目の終わりは最後の目に2つ中長編を編みます。 2段目が出来ました。 中央まで来たら2つ中長編を入れます。 三段目の終わりは2つ中長編を編みます。 三段目が出来ました。 三角の形が出来てきました。 中央の増やし目は2段4目、1段2目を繰り返します。 48段まではひたすら中長編の繰り返しです。 色の違う毛糸などで、段数が分かるようにすると数を数えやすくなります。 10段ずつ印をつけました。 中央の中長編を4つずつ行うと目が余り波打ってしまいます。 中央の山の部分は、2段4目増し3段目2目増しを繰り返します。 三角が出来て喜んでウキウキと編んで、40段にきて広げてみるとこんな感じに。 残念ながらまたほどいて初めから編みなおしです。 花模様を編む サクラの様な小さな花を散らしたいと思い挑戦しました。 編み方記号図 編み方の赤い丸い点は、指で毛糸を抑える場所です。 分かりにくいので糸を変えて編んでいます。 一目開けて、次の目に2回糸を引き出します。 赤い点の付いている場所は全てこの作業を行います。 このようにして作った編み目に玉編みを編みこむと花模様が綺麗に編めます。 ここでできる輪っかが、花模様の中心になります緩すぎないように注意します。 糸を引いた後、鎖編みを一つ編みます。 引き出す糸の長さは、中長編より長くなると綺麗に仕上がりません。 横向きの球編みをができます。 最初に作った縦の玉編みの所と、一目飛ばして次の目に玉編みを作ります。 三つの球編みの準備ができました。 指で押さえた糸をくぐり引き締めます。 それから鎖編みを一つ作ります。 こんな感じにできます。 次に、玉編みの所にもう一つ玉編みの途中を作り、隣の花の中央に玉編みの途中を作り、2つ同時に毛糸を引き抜いて作り鎖編みを一つ作ります。 それを繰り返すとこのようになります。 小花の模様が出来ました。 玉編みの長さを均一にすることで綺麗な花模様が出来ます。 花模様の時も中央の山の部分では増し目をします。 中央のまし目の後の花模様は、右側の模様と向かい合うように作ります。 花模様の後はまた長編を繰り返します。 最終段は少ししっかりめに編んで生地が伸びすぎないようにします。 角は、4目編み入れます。 三角の底辺部分 首にかかる部分 、中長編みの所にひとつ、立ち上がりの鎖編みの所に2つ中長編を入れるといい具合になります。 中央の三角を処理した部分は、ひと目に一つ長編を編むといいです。 花モチーフ、ボタン、ループの作り方付け方 花のモチーフ 花モチーフの記号図です。 こちらも束編で編みます。 1段目立ち上がり4目鎖を編み、長編を鎖の輪の中に17編みます。 2段目は、鎖り5目を編み、2目あけて細編みをし、次に鎖3目編み2目あけて細編みを5回繰り返します。 3段目は、立ち上がり鎖2目編み、次は鎖3目の所に中長編、長編5個、中長編を編み、細編みの上に細編みを編みます。 中長編みの糸を引き出したところを上から針を差し込みます。 鎖編みの連続になるようにします。 出来ました。 糸の処理は、裏側で、編み地に2〜3回返しをしてくぐらせれば取れません。 残った糸で本体に縫い付けます。 本体へは、花びらの下の部分を1㎝間隔でとめます。 その時返し針をするとしっかりととまります。 ボタンの付け方 ボタンは花の下に手縫い用の糸で縫い付けます。 糸の端を5センチ位残して結び、ショールに針を通し、結んだ輪に通してから縫います。 付け終わりに、残した糸と結んで出来上がり。 ボタンの足をつけるようにします。 ループの作り方付け方 中細2本取りで編みました。 長さ11センチで編み、糸を20センチ残して切ります。 鎖編みをループ状にして、1本の糸で、2センチ縫い合わせます。 綴じるのは裏山をすくいます。 最初の編始めの糸をくるみながらとじます。 分かりやすいように赤い糸でとじました。 編終わりに残した糸でとじます。 もう1本の残りの糸でショールに縫い付けます。 ループは少し長めにできめにできています。 最初に考えたデザインが花モチーフをつなげるつもりだったのですが、モチーフの所が重くなってしまい、ふっくらとした感じにならなくなったので、花モチーフはやめて、今のデザインにしました。 出来上がってからかたにかけると、前がゆらゆらで手で押さえなければ邪魔です。 そこで、ボタンを付けることにし、ボタンを付けると表から見えてかっこ悪かったので使わなかった花モチーフを付けました。 色んなデザインを考えて失敗しては作り直しました。 結局地味な感じのものが出来ましたが、とても暖かくて気に入っています。 オットー!母のために作った物でした。 気にいってくれるとうれしいです。 早く本番に着手せねば… この作品はシンプルで簡単に作ることができます。 出来たから簡単などと言っています 花柄をもっと増やしたい時は、好きな場所で増やすことができます。 その時はもう少し毛糸が必要です。 フリンジをつけると、さらに違った雰囲気の作品になります。 さらに毛糸が必要です。 秋の色で編むとまた一味違うショールができるかもしれません。 かぎ針編みもなかなか面白いですね。 スポンサーリンク.

次の