シアーシャ ローナン。 シアーシャ・ローナン【2019年最新版】身長や性格は?目の色や彼氏は?Lady Bird主演!インスタもチェック!

シアーシャ・ローナンにエマ・ワトソン…『若草物語』四姉妹のキュートでエレガントな19世紀ファッション!

シアーシャ ローナン

2013年の『わたしは生きていける』で共演したことがきっかけで交際を始めた。 シアーシャ・ローナンにとっては最初のボーイフレンドではないかとされているが、短期間の交際に終わっている。 好きなタイプ 2013年ごろ、「私は生きていける」で共演したジョージ・マッケイと付き合っていた。 その後、映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」で共演したジャック・ロウデンと2017年から交際の噂がでる。 また、同時期ごろにジャック・ロウデンの兄弟のカルム・ロウデンともデートが報じられ、「結局付き合ってるのはどっちのロウデン?」と新聞にネタにされる。 (ジャック・ロウデンと付き合っている) いずれにしても仕事仲間である共演者とお付き合いしており、公私ともに良い刺激を与えあえるパートーナーが好みだと考えらえる。 性格 シアーシャはアイルランド語で「自由」を意味するとおり、のびのびとした自由な性格。 また、現状に満足することなくアクティブな性格で、2016年には自身が初めてとなる舞台にも挑戦した。 場所は、初挑戦ながらいきなりニューヨークのブロードウェイ。 アーサー・ミラーの戯曲「るつぼ」に主役級の活躍をするアビゲイル役として舞台に立った。 共演したベン・ウィショーらとの息もぴったりで、このプロダクトは高い評価を得ている。 2018年はユニセフの親善大使としても活躍するなど、演技に留まらずしっかりと社会貢献もしている。 趣味 映画やドラマが好き。 好きな監督はデビッド・リンチ。 ドラマ「ブレイキングバッド」の熱烈なファン。 また、映画は「タクシードライバー」「ブライズメイド」が好きと話す。 またアメリカの人気番組「サタデーナイトライブ」の大ファンでこれまでに2度、ゲストとして出演している。 幼少期をアイルランドで過ごし、またアイルランドの国籍も持つため、祖国アイルランドの社会情勢には思うところがあるようで、アイルランドの未成年者の権利を守る団体や、ダブリンのホームレスを支援する団体に協力を示したり、アイルランドのようなカトリックの国でも同性婚や中絶の権利を主張する声明を出すなど、積極的な活動を行っている。 特技 様々な言葉の訛りをコピーできる。 アイリッシュ訛り、ニューヨーカー訛り、英国訛りなど。 それゆえアカデミー賞主演女優賞にもノミネートされた「ブルックリン」で、アイルランド移民を演じた際には見事に型にはまっており、各紙も大絶賛した。 また映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」でメアリーを演じるにあたってはフランス語も習得している。 武術の経験がある。 そのためアクションシーンなどはスタントなしでこなすことができる。 デビュー前の経歴 ニューヨークのブロンクスにあるアイルランド系が多く暮らす地区で生まれる。 3歳のときに家族でアイルランドのダブリンに引っ越し、そこで育つ。 学校には通わずにホームスクール育ちであった。 2003年にTVドラマ「クリニック」でデビュー。 そこで早速頭角を現しはじめ、その後続けていくつかTVドラマに出演。 同じころ、映画「ハリーポッター」シリーズのオーディションにも挑戦し、ルナ・ラブグッド役に考えられていたが、最終的にこの役を得ることはできなかった。 (イヴァナ・リンチがこの役を得ている) 映画のデビューは、2005年に撮影されたポールラッド主演のラブコメ「I Could Never Be Your Woman」であった。 出身・家族・学歴 兄弟 ひとりっこ 出生国 アメリカ合衆国 出生地域 New York 高校 ホームスクール(学校には通わず家庭で学習する) 大学 家族のエピソード・詳細 母は女優のモニカ・ローナン、父も俳優のポール・ローナン。 シアーシャは一人っ子。 ニューヨークで生まれるがシアーシャが3歳の時に家族でアイルランドのダブリンに引っ越し、アイルランドで育つ。 家族とはとても仲が良く、19歳になるまで家族3人で暮らしていた。 シアーシャという名前は、多くのアメリカ人にとってあまり馴染みのある名前ではないため、これまで幾度となく名前の読み方を間違えられてきた、と本人が語っている。 中には面白い読み間違いもあり、本人もネタとして扱っている。 ボーダーコリーの犬を飼っている。 名前はサッシー。 解散・引退について 周囲からの評判 彼女の演技に対する評価は非常に高い。 もちろん若いうちからアカデミー賞ノミニーの常連であることからもそれはわかるが、俳優のライアン・ゴズリングは「シアーシャは本物。 彼女と演技をすると、共演者も引き上げてくれる。 メリル・ストリープの生まれ変わり」と大絶賛している。 また、数々の雑誌でも「30歳以下のリーダー100人」「新しい世代のリーダー100選」「ライジングスター30人」といった特集で度々シアーシャの名前が挙げられている。 若手のホープ。 整形 整形の噂はない。 アイスブルーのきれいな瞳が特徴。 好きな食べ物 特定の食べ物への言及はないが、インタビューで心を落ち着かせたいときにどうするか聞かれ、「紅茶を飲む」と答えている。 アイルランドらしさがうかがえる。 公式サイト・SNS.

次の

シアーシャ・ローナンの年齢身長出演作プロフィール&彼氏は共演者?最新作は「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」

シアーシャ ローナン

シアーシャ・ローナン 20代にしてすでにアカデミー賞候補になること4回、若手ナンバーワンとの呼び声も高い実力派女優。 現在公開中の「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」では四姉妹の次女ジョーを演じ、アカデミー賞主演女優賞にノミネート。 アイルランド出身で、父親も俳優。 1994年4月12日生まれの26歳。 2007年の「つぐない」で弱冠13歳にしてアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたシアーシャ・ローナンも今や26歳。 透明感あふれる美しさで「天使」と呼ばれていた少女は、この若さですでに四度アカデミー賞にノミネートされ、「女王」の異名を取るまでになった。 彼女を「天才」と呼ぶ人もいる。 「レディ・バード」と新作「ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語」で二度彼女と組んだグレタ・ガーウィグ監督だ。 『彼女がどうすればあんなことができるのかわからないけど、彼女と2回も仕事できたなんて素晴らしい幸運』とグレタ監督はいう。 時代を超えて読み継がれてきた名作小説を映画化した「…若草物語」でシアーシャ・ローナンが見せる演技はまさに天才的といえるものだ。 マーチ家の四姉妹の中でひときわ個性的で、小説家を夢見る次女ジョーを、彼女は現代的で大胆な解釈で演じている。 それは私たちが長年愛してきたジョーであり、まるで新しいジョーでもある。 彼女はこの演技で四度目のオスカー候補に上った。 受賞は果たせなかったものの、そのパフォーマンスは彼女が将来、本当に「ハリウッドの女王」として君臨することを十分に予感させる。 その演技に込めたものについて話を聞いた。 『この物語は、いつの時代よりもまさに今に適切だと思う。 なぜなら、若い女性が自分の道を進むための自信を見出すストーリーだから。 人生のどんなタイミングに立っているかによって、物語の見方も変わってくる。 数年間エイミーになっていたら、今度は突然ジョーになって、次はメグで、もしかしたらベスに戻るかも。 どのキャラクターにも自分を見出せる。 これまでの「若草物語」の映像化の多くは古くて、堅苦しくて、まるで肖像画や絵画のようで、自然な描写ではなかったと思う。 グレタ監督はそれを求めていなかった。 彼女はこの物語の世界を、男性も女性も自然に描かれていたウィンスロー・ホーマー(19世紀アメリカを代表する画家)の作品や当時の写真のように捉えていたの。 グレタ監督は、劇中に出てくるどの女の子よりもジョーがモダンであるべきだと感じていた。 動き方はもちろん、特に彼女の話し方でも。 ジョーの声には現代的なリラックス感があるの。 ジョーの内なる炎に火をつけるのは、書くこと。 ジョーは昼も夜も書かなくてはならないと思っているけれど、それを職業だとは思っていない。 あの時代、女の子のほとんどは職業としての作家が現実的ではないと思っていたから。 でもジョーは書くことで自信をつけている。 ずっと一番仲の良い男友達だったローリーと教師のフレデリックです。 『ジョーは愛とロマンスの両方と、とても複雑な関係なの。 ローリーとは永遠に、子どもの頃のような純粋でプラトニックな関係でいたかったんだと思う。 フレデリックは違うことを彼女に提案した。 新しい人生と知的な世界を受け入れること。 でもジョーはフレデリックに恋愛感情を抱くなんて考えもしなかった。 ベスが病気になって家に戻るまでは。 ジョーは絶対に結婚しないと誓っていたしね。 ジョーのすべてのラブストーリーの中で、姉妹と母親に対するものが最高の愛なのだと思う。 彼女との仕事はやりやすいですか? 『そうね。 「レディ・バード」は彼女にとって初めての単独監督作品だったし、私もコミカルな作品に出演するのは久しぶりのことだったから、今回の「…若草物語」のほうがスムーズだった。 私は監督と仕事をすることに大きな意義を感じているし、ジョーという素晴らしい生き方をした女性の物語を一緒に作り上げることができた。 監督と私の間には、撮影が進むうちに共通のリズムが生まれたわ。 それがときには仕事という形だったり、人によっては恋愛という形を取ったりしている。 グレタはこの企画をソニーに打診したとき、この映画はお金とアートの物語だと言った。 私たちも何よりもそこに物語の焦点を当てることを目指したし、この映画の個性にもなっていると思うわ』.

次の

シアーシャ・ローナン

シアーシャ ローナン

吸血鬼と少女との恋を描いた『トワイライト』シリーズを生み出したステファニー・メイヤーのSF小説を、「ガタカ」「TIME/タイム」のアンドリュー・ニコル監督が映画化。 人間に寄生し身も心も乗っ取る知的生命体の侵略に遭い、人類が絶滅の危機に瀕する近未来を舞台にしている。 知的生命体に寄生されながら人間としての意思や記憶を持つ美しい女性を、「つぐない」で第80回アカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、「ラブリーボーン」でも高い評価を受けたシアーシャ・ローナンが演じる。 ほか、「赤ずきん」のマックス・アイアンズ、「蜘蛛女のキス」のウィリアム・ハート、「ナショナル・トレジャー」のダイアン・クルーガーらが出演。 監督 出演キャスト 6月12日 21:30 Movie Walkerスタッフが、週末に観てほしい映像作品を 独断と偏見で 紹介する連載企画。 6月に入り全国的にも劇場の営業が再開された。 たくましく成長するマーチ家の四姉妹の姿がまぶしい本作、シアーシャ・ロー… 6月11日 18:00 全国11チェーンの劇場で配布されるインシアターマガジン「月刊シネコンウォーカー」創刊時より続く、作家・松久淳の大人気連載「地球は男で回ってる when a man loves a man」。 今回、「 やっぱり 地球は女で… 5月23日 14:00 新型コロナウイルス感染拡大を受けて、公開延期になっていた『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』の公開日が新たに、6月12日 金 に決まったことが発表された。 19世紀を代表する女性作家、ルイーザ・メイ・オル… 2月10日 19:32 ポン・ジュノ監督の『パラサイト 半地下の家族』 公開中 が作品賞、監督賞をはじめ4冠を達成。 歴史的快挙に沸いた第92回アカデミー賞授賞式。 … 1月13日 12:00 『レディ・バード』 17 で女性監督として史上5人目のアカデミー賞監督賞候補になったグレタ・ガーウィグ監督が、19世紀を代表する女性作家ルイーザ・メイ・オルコットの世界的ベストセラー小説を映画化した『ストーリー・オブ・マ… 12月11日 09:45 ルイザ・メイ・オルコットの自伝的小説を、『レディ・バード』 18 でアカデミー賞監督賞をはじめ5部門にノミネートされたグレタ・ガーウィグ監督が斬新にみずみずしく、モダンに生まれ変わらせた『Little Women』 原題… 9月23日 15:00 FOXサーチライトは、フランスで撮影が行われていたウェス・アンダーソン監督最新作『The French Dispatch 原題 』の全世界配給権を取得したと発表した。 本作は、フランスの架空の街にあるアメリカ系新聞社のジ… 3月15日 16:00 シアーシャ・ローナンとマーゴット・ロビー。 この若くしてアカデミー賞ノミネート歴を持つ実力派女優たちが主演を飾る『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』が、3月15日より公開中だ。 彼女たちの演技合戦に目を見張る本作だが、脇を….

次の