ゴキ キャップ。 ゴキブリキャップの株式会社タニサケ

ブラックキャップの効果を徹底検証!置き場所は?【ゴキブリ対策】

ゴキ キャップ

ジメジメして蒸し暑く嫌な時期が続いていますが、この季節になると気になる生き物がいますよね・・・。 つい最近、筆者の自宅でも見かけてしまったので、早速ゴキブリ退治グッズの購入を決定! そこで今回は、そんなゴキブリを退治すべく、有名なゴキブリ駆除用品である「 コンバット」と「 ブラックキャップ」、 どちらがおすすめなのか調べてみました。 ゴキブリといえばこれ!キンチョー『コンバット』 まずは様々な害虫駆除用品を販売しているキンチョーから、『 コンバット』の紹介です。 主な特徴は以下のとおり。 2度効く!巣ごと効く! 1. コンバットの餌を食べます。 2.巣に戻りフンをし、やがて死にます。 3.有効成分( ヒドラメチルノン)が残っているフンや死骸を仲間や幼虫が食べ、凄と駆除。 2倍の広さに効く(当社従来比) 新誘引成分(イースト)配合で、ゴキブリの食い付きがアップ。 誘引範囲も約2倍に拡大。 1個でも10m2(約6畳)までしっかり効く。 どんなゴキブリにも効く 大型、小型、抵抗性ゴキブリに効く。 メスの卵にも効果を発揮。 新誘引成分によって広範囲のゴキブリを呼び寄せ、1度だけでなく巣に戻ってからと2度効果が出るのを売りにしているようです。 以下Wikipediaより引用。 ヒドラメチルノン(英 Hydramethylnon)は有機フッ素化合物の一種。 コンバットやアリの巣コロリなどの毒餌式殺虫剤に配合され、ゴキブリやアリの駆除に使用される。 昆虫のミトコンドリアにおける電子伝達系に作用し、エネルギー代謝を阻害することで効果が生じる。 同剤を直接摂取した虫だけでなく、同剤を摂取した虫の糞や死骸を食べた虫に対しても殺虫効果が現れることから、「一度で二度効く」のキャッチコピーで宣伝されている。 魚毒性があり、96時間の半数致死濃度はニジマスで0. これを見る限り、虫や魚には一定の効果があるものの哺乳類には毒性が低いようなので、誤って子どもやペットが誤飲しても大丈夫というのは安心ですね。 ネットで評判が高い!アース製薬『ブラックキャップ』 続いてアース製薬の『ブラックキャップ』を調べてみました。 主な特徴は以下のとおりです。 以下wikipediaより引用。 フィプロニル(英:fipronil)は、バイエルクロップサイエンス de:Bayer CropScience の前身であるローヌ・プーランが開発したフェニルピラゾール系殺虫薬の1つ。 神経伝達物質であるGABAの作用を阻害することによりノミ、ゴキブリ、アリ、アルゼンチンアリ、シロアリなどの駆除に使用される。 遅効性の毒物であるため、混ぜたエサを摂食した昆虫が致死するまでに巣やコロニーに戻る時間余裕があることが特徴である。 ゴキブリやアリの場合、その死骸やフンを摂食した巣の仲間にまで効力を発揮するため巣の集団全体へその効果が広がっていく。 このように様々な害虫の駆除に用いられる、いわばプロ用の殺虫成分という感じです。 アース製薬の「ブラックキャップ」はこの独自成分フィプロニルを売りとしています。 『コンバット』と『ブラックキャップ』どっちがおすすめ? ではそれぞれの商品を紹介したところで、肝心のどちらがおすすめなのか、お答えしたいと思います。 いきなり結論となってしまいますが、筆者のおすすめは断然 『 ブラックキャップ』です。 もちろんちゃんとした根拠があります。 それが以下の動画。 どうでしょうか?? 流石に自分で実験する勇気がなかった(笑)ので他人の動画を借りてしまいましたが、これを見る限り 「コンバット」は餌を食べたゴキブリが数日間ピンピンしているのに対し、 「ブラックキャップ」は餌を食べたゴキブリが8時間足らずで死んでしまっています。 同じ毒エサグッズなのに、ライバル会社とここまで差があるのは驚きです。 (wikiでは遅効性と説明されているんですけどね・・・) キンチョーの「コンバット」が何故このフィプロニルを使用していないのか不明ですが、おそらく毒エサを食べたゴキブリが素に戻り、他のゴキブリにも毒を広めるために効果が発生するのを遅くしているのでしょうか? それとも子どもやペットが誤って口にしてもダメージが少ないよう安全性を配慮している?? 何かしら理由があるんだと思いますが、正直これでは駆除より繁殖力が上回ってしまってキリがないと思います・・・。 ということで、 筆者のおすすめは『ブラックキャップ』一択となりました。 ちなみにこのブラックキャップ、室内用、屋外用、隙間用と3タイプ販売されていますが、餌の効果などは差がないので(違いは形状と防水耐性)、基本的にはどれを買っても問題無いです。 ブラックキャップ+ゴキジェットプロで最強!! さて、キンチョー『コンバット』とアース製薬『ブラックキャップ』を比較した結果、断然『ブラックキャップ』がおすすめとお話しましたが、ここでもう一つおすすめのグッズをご紹介します。 それがスプレータイプの殺虫剤、アース製薬の『 ゴキジェットプロ』です。 これは毒エサのように餌を巣に持ち帰ったり、毒エサを食べたゴキブリのフンや死骸を他のゴキブリが食べるといったことは無い為、広い範囲に効果を出すことはありません。 その代わり、 ピンポイントで非常に強力な威力を誇っています。 (一応ゴキジェットプロも待ち伏せとして使えるみたいです) その威力は凄まじく、 1,2秒あてたゴキブリはすぐに動かなくなり、まさに虫の息となります。 スプレーがクリーンヒットしなくても、少しかすっただけで致命傷をおって動きが鈍くなるのがわかるので、非常に強力な毒性があるということですね。。。 というかスプレーで気化してるので、使用後は手洗いをしたほうがいいです。 これは実際に使ってみるとかなり感動するパワーを持ってるので、 巣にいるゴキブリには『ブラックキャップ』、運悪く(運良く?)見つけてしまったゴキブリには『ゴキジェットプロ』と使えば、 ゴキブリ対策は完璧です! ちなみにこの『ゴキジェットプロ』、強力なので ゴキブリ意外にもムカデや巨大なクモ、ゲジゲジといった不快害虫にも効果があります。 自然が多い田舎や、古い一軒家等に住んでる人にはまさに必須のアイテムと言えるでしょう。 ゴキブリが発生するこの季節、『ブラックキャップ』と『ゴキジェットプロ』があれば心強いこと間違いなしです!.

次の

ゴキブリキャップの株式会社タニサケ

ゴキ キャップ

ゴキブリ対策 サイト概要 ゴキブリ対策の基本 ゴキブリ対策の基本は、「全ての穴を塞ぐこと」です。 侵入される穴がなければ、家の中でゴキブリを見ることは絶対にありません。 しかし、家には多くの穴が開いています。 これら「穴を塞ぎ、ゴキブリの侵入を防止する」というゴキブリ対策の基本となる考え方について、紹介しています。 ゴキブリの原因 ゴキブリの侵入原因、発生原因を知るには、彼らの行動・生態を知ることです。 それらを知ることにより、「なぜ増えていくのか」、「どうやって駆除すれば良いのか」、「なぜ早く駆除しなければならないか」などの理由が明らかになります。 彼らの行動は単純で5パターンしかありません。 いろいろな駆除対策をする前に、基本となる生態について紹介しています。 ゴキブリ対策一覧 ゴキブリ対策グッズを無料、市販品をまじえ8種類に分類し、各々の特徴について紹介しています。 どのような場面でどのような駆除剤を使えば良いか分からない場合や、今使っている駆除剤で良いのか迷っている場合、 これから対策をするため概要を知りたい場合などには、まずはこちらをご覧下さい。 製品ごとの大まかな特徴を紹介しています。 購入時の手助けになれば幸いです。 ゴキブリ退治用品 ゴキブリ対策に駆除剤は欠かせません。 しかし駆除剤は毒エサタイプだけでもブラックキャップ、コンバット、ホウ酸団子など市販品、自家製を含め様々な種類があります ここではそれらひとつひとつの駆除法方法について、特徴、有効成分、効果、即効性などについて、紹介しています。 どのような駆除方法にしようか、お悩みの方は是非ご覧下さい。 また、市販の毒エサタイプの駆除剤として、「ブラックキャップ」、「コンバット」、「ゴキブリキャップ」を取り上げています。 この3商品は毒エサタイプの市販品の中でも最も売れている製品ですが、少しずつ特徴が異なります。 利用用途にあわせてお選び下さい。 また、自家製のホウ酸団子や重曹については、その作り方を中心に、少し変わった使い方やターゲットを絞った使い方について紹介しています。 燻製タイプとしてバルサンを例にとり、バルサンを使うのに効果的な場面や使用時の注意事項になどいくつか紹介しています。 超音波や電磁波タイプは非常に効果があったとするレビューがある一方、全く効果がなかったとするレビューもあります。 個々の製品の紹介はしていませんが、超音波タイプと電磁波タイプに分け、 本当に効果があるのか、あるとすればどういう原理なのかについて、いくつかの考察を交えながら紹介しています。 忌避剤の代表としてハーブとアロマを紹介し、選び方や効果のある匂いのランキング、匂いをより遠くへ届ける方法などを紹介しています。 最後にこれら全ての駆除製品について、手軽さ、外用、即効性、総合評価といったいくつかの切り口でランキングを作成しています。 ゴキブリ対策 住居 ゴキブリ対策は対象となる住居が異なれば対策のポイントも異なります。 ここでは一軒家、アパート、マンション、飲食店と住居を4つに分け、それぞれの具体的な対策方法について紹介しています。 また、それぞれの住居対策以外に一軒家では家の作りに注目し、どうすれば侵入を防ぐことができるのかについて、基本的な対策の考え方を紹介します。 この基本となる考え方をベースに、「アパート対策」と題して、より具体的な侵入対策場所を紹介し、 「巣作りを防ぐ」で、万が一侵入された場合の駆除方法について紹介しています。 上記3つを基本対策とし、マンションと飲食店については上記以外の特有のポイントについて紹介しています。 以上で住居毎の対策は終了ですが、特に困る事例として「隣人」と「新居」をあげ、各々の対策を取り上げます。 また、重点対策ポイントとして「キッチン」と「床下」を取り上げ、なぜ重点ポイントとなるのか、どのような対策が良いのかを紹介していきます。 そして最後に赤ちゃんがいるご家庭については赤ちゃんを最優先するための対策について紹介しています。 ゴキブリ対策 卵・幼虫・巣.

次の

市販のゴキブリキャップだけでは効かないときはブラックキャップ

ゴキ キャップ

ホウ酸攻撃で効かなければフィプロニル攻撃だ!! フィプロニルが有効成分のブラックキャップの良い点は、 卵鞘にも効くというところです。 卵鞘とは卵がいくつか入ったケースです。 ゴキブリをやっつけられても、卵が無事では、そのうち孵化し一気に増えてしまいますからね。 ゴキブリキャップを使ったのに効かなかったという方は、おそらく卵鞘が退治できなかった為に新たなゴキブリが生まれ、ゴキブリが減らないと感じたのだと思います。 私の個人的な意見ですが、市販されているゴキブリ駆除剤の中で一番効くのは アース製薬のブラックキャップです。 ブラックキャップですが、実は シリーズ化されています。 どれを買えばいいのか迷ってしまったら、オーソドックスなブラックキャップをオススメします。 ドーム型の12個入のものです。 ブラックキャップもだめなら 残すところは業者です。 素人の力ではもう、どうすることもできません。 他の害虫駆除剤を購入してあれこれ試すよりも、駆除業者に来てもらい徹底的にゴキブリ駆除をしてもらったほうが確実です。 市販の駆除剤も安いものではありませんからね。 なにより、プロに退治してもらったほうが安心できますよね。 また出てきたらどうしよう。 夜中にゴキブリが出てきたら怖いからトイレに行きたくなっても我慢しよう。 なんてビクビクすることもなくなるんです。 ゴキブリ、姿を思い出しただけでもすごく嫌ですよね。 1日でも早くゴキブリから開放されて、あなたが安眠できる家になるよう、駆除業者への依頼も検討してみてください。

次の