空母機動艦隊 演習。 空母機動部隊、演習始め! クォータリー演習任務 | ぜかましねっと艦これ!

【心得】給各方提督的任務表和解任方法(最後更新︰6/10) @艦隊 Collection 哈啦板

空母機動艦隊 演習

活動難度看司令部等級、地圖只有3張、羅盤不會歪、王點血條不回血 2. 沒有彈著觀測系統,戰艦空母為主的大船巨砲主義時代 3. 只要參加活動就有海霧戰艦當你三個禮拜的助拳人 イオナ、タカオ、ハルナ , 而且可以下去打一般海域地圖,根本神擋殺神佛擋殺佛。 但是對於就任還沒滿兩個禮拜的蔡逼八而言,並沒有想像中的那麼好過。 在許多先進的勉勵與指導後,重新整頓艦隊與回復資源,成功打完活動拿到伊401, 並且在海霧的協助下突破2-4。 ---------------------------------------------------------------- 二、14春 第二次參加的活動,當時的背景條件如下: 1. 活動難度看司令部等級、地圖有5張、有導航條件下羅盤不會歪、王點血條不回血。 彈著觀測系統實裝,航空戰艦、重巡、航巡開始活躍的時代。 EO海域開放1-5,加上活動地圖E-4是炸SS,反潛的水雷戰隊也擁有發展舞台。 經過14冬的震撼教育,14春可說是主力艦隊摩拳擦掌的復仇之戰, 加上彈著觀測系統的實裝,對深海方的火力輸出應該更具有優勢- 但實際開戰後,又是被打到趴在地上的局面。 最棘手的是E5,戰艦棲姬出現在道中把關,還在王點當護衛艦; 離島棲鬼不僅硬,打人也超痛,讓主力艦隊在日戰就全滅的狀況屢見不鮮。 經過努力研究及戰鬥後,總算在斬殺場唯一一次打死離島棲鬼,拿到酒匂。 -------------------------------------------------------------------- 三、14夏 第三次參加的活動,當時的背景條件如下: 1. 聯合艦隊-空母機動部隊系統實裝。 鎖船機制實裝,分為AL及MI海域,且參加過AL與MI海域的艦娘不能打E6。 導航條件加入團隊索敵值,索敵值不夠或太高時羅盤會亂歪。 14夏一口氣投入了許多新系統,考驗著艦隊的練度、廣度與裝備充實度, 艦載機學、配裝學、索敵學也陸續成為研究主題。 作為活動起始的AL海域,難度卻是出乎意料的高, E1道中夜戰格勸退率並不低,即便已經有夜戰裝,還是會出現連續勸退。 E2的北方棲姬更麻煩,小船流的勸退率很高,投入大船流又怕MI跟E6缺少戰力, 道中也有夜戰格,索敵值要求又太高,甚至出現輕空彩雲架或電探驅逐艦的配置, 整個就是綁手綁腳的打法。 經過漫長的戰鬥,成功拿到時津風跟雲龍之後,以為活動結束了嗎? 殘念,出現了隱藏地圖-E6本土近海邀擊戰。 E6只能派沒參加過AL跟MI的艦娘出擊,而且E6是一般艦隊編組, 小船 重巡、雷巡、輕空 導航走上路空母棲鬼格,大船 戰艦、正空 導航走中路夜戰格, 兩邊勸退率都是嚇死人的高。 王點是戰艦棲姬,銷血期已經夠難打了,斬殺期又多一台戰艦棲姬當護衛艦, 雙薄紗的巨大壓力,讓許多提督只能眼看血量被打空的E6血條格發呆放空。 經過數不清的勸退、刷閃、勸退、薄紗HP1之後,放棄上路小船流改走中路, 總算成功斬殺雙薄紗,把磯風帶回家。 -------------------------------------------------------------------------- 四、14秋 第四次參加的活動,當時的背景條件如下: 1. 聯合艦隊-水上打擊部隊系統實裝。 與14夏相比,14秋是個短期、好打又輕鬆的活動, 獎勵艦娘是秋月、歐根親王、野分,除了E4的空母水鬼裝甲很硬 190 以外, 幾乎沒有什麼好抱怨的。 甚至可以用聯合艦隊系統練小船順便撈稀有船,一兼二顧。 ------------------------------------------------------------------------ 五、15冬 第五次參加的活動,當時的背景條件如下: 1. 活動難度開始分級 甲乙丙 、王點血條不回血、難度重置後會回滿血、。 聯合艦隊-空母機動、水上打擊部隊系統同步並行。 如果E5選甲級通關,會得到「甲級勳章」道具。 15冬是個令人心折的活動,E1到E3基本上並不難, 聯合艦隊系統很難有全隊勸退的狀況,可以安心入手U-511。 E4的難度有點高,但是還沒有到14夏E6的超高難度; E5則是讓吃甲的提督踢到鐵板的極致難度。 平心而論,E5的戰艦水鬼裝甲很硬 200 ,血量很多 500 ,火力超高 252 , 如果是用聯合艦隊進行攻略,只要打長期戰還是能夠磨血過關; 問題是-E5甲斬殺期,王點多了2台戰艦棲姬護衛。 3台媲美大和級戰艦火力與裝甲的深海棲艦,可說是當時最為變態的組合; 第二艦隊在王點夜戰打錯人根本是家常便飯,更別說被反過來打成豬頭, 加上道中有扣燃料的漩渦點,進王後迴避率大幅下降,日戰就可能全隊覆滅。 經過調查兵團的驗證,陸續找出避開漩渦點的艦種導航,包括SS、明石、香取等, 增加了無損進王的可能性,終於在經過數次的嘗試後成功斬殺, 拿到天城跟第一個甲級勳章。 另外,撈船的部分就是差強人意,其中又以夕雲型驅逐艦的朝霜最令人扼腕, 也因為丙級難度較低,艦隊周回的損耗也比較少, 後來逐漸形成活動期間先打丙撈船再轉甲拿勳章的變通方案。 ---------------------------------------------------------------------- 六、15春 第六次參加的活動,當時的背景條件如下: 1. 活動難度分級 甲乙丙 、王點血條不回血、難度重置後會回滿血、。 聯合艦隊-空母機動、水上打擊部隊系統同步並行。 能動分歧系統實裝,可以在岔路自行選擇分歧路線。 如果E6選甲級通關,會得到「甲級勳章」道具。 15春活最為特殊的設定是艦名導航,也就是對應史實作戰內容, 派出特定艦娘組合,就能夠走相對較容易的路線進行攻略。 根據調查兵團的探索情報,以及各地圖的鎖船機制, 基本上攻略難度並不高,E5的泊地水鬼確實相當棘手,不過吃三式彈就是弱點。 E6道中陸續出現戰艦棲姬、空母棲姬、泊地水鬼把關, 王點是戰艦水鬼,護衛是空母棲姬,比起15冬E6甲來說,已經相當好應付了, 最終順利入手所有新艦娘。 ---------------------------------------------------------------------- 七、15夏 第七次參加的活動,背景條件如下: 1. 活動難度分級 甲乙丙 、王點血條不回血、難度重置後會回滿血、。 聯合艦隊-空母機動、水上打擊部隊系統同步並行。 破甲系統實裝,E7可以先打特殊格的BOSS 港灣、離島、飛行場 拿到S勝, 達到降低王 防空棲姬 裝甲的效果;總破甲次數無限制,可是24小時後破甲值會重置。 艦載機熟練度系統、洋上補給、戰鬥糧食系統實裝。 如果E7選甲級通關,會得到「甲級勳章」道具。 作為令人期待的複刻地圖,卻充分展現出營運的創意與惡意。 出乎意料的是,E7的難度實在是高得離譜,防空棲姬裝甲是歷代最高 333 , 打甲級的護衛艦在斬殺期又是雙戰艦棲姬,而道中有高勸退與隨機轉歪的棘手問題, 在破甲情報出現之前,幾乎沒有提督可以成功過關; 即便破甲機制被調查兵團探索出來,截至目前的通關率還是相當低。 另外,新艦娘的掉落地點與掉落率也推動了先打丙撈船再轉甲拿勳章的作戰方案, 畢竟設定王點S勝才有機會打撈的方式實在無法恭維。 --------------------------------------------------------------------- 結語 打了那麼多字,目的是想留下一份紀錄,給未來還沒退坑的自己偶而回頭看看, 這一路走來的快樂、痛苦、淚水。 歷史不能忘記,經驗必須記取,活動全紀錄,三個月後再見。

次の

空母機動部隊、演習始め!

空母機動艦隊 演習

第7艦隊担当海域 「 7F」で示される海域 (2009年現在) 東経160度線以東の東太平洋(担当の南米西岸海域を除く)を担当海域とするとともに、アメリカ太平洋艦隊を構成する。 神奈川県の横須賀海軍施設の他、、、の、、、などに基地を展開している。 第7艦隊は、「」 と艦載されるを戦闘部隊の主力とし、戦時には50〜60の艦船、350機の航空機を擁する規模となる。 人的勢力も6万の水兵と海兵を動員する能力をもつ。 平時の兵力は約2万。 アメリカ本国の反対側に当たるの半分を活動範囲とし、アメリカ海軍の艦隊の中では、最大の規模と戦力を誇る。 また、 日米同盟 下にあるの・ 米韓同盟 下にあるの及び、 米比同盟 下にあるのと密接な関係を持っている。 現在の司令官は、海軍中将 であるフィリップ・G・ソーヤー Phillip G. Sawyer (第51代、〜) 沿革 [ ] 3月、の指揮下にある南西太平洋海軍部隊が改編され第7艦隊となる。 中の第7艦隊は、司令長官大将(1944年12月に昇進)の指揮には属さなかった。 が率いた10月のの際には、大将が率いる第3艦隊との間で連絡の齟齬があり問題となった。 西太平洋海軍部隊に改編されたが、第7特派艦隊となり、2月に第7艦隊へと再編成された。 朝鮮戦争後の11月、司令官の指揮下から太平洋艦隊司令長官の指揮下に移った。 (1950年~1953年)、(1965年~1973年)、のに参加している。 時には、非公式であるが、「トンキン湾ヨットクラブ 」のニックネームがあった。 中東はが編成される1995年以前、この地域の責任は第7艦隊となっていた。 横須賀や佐世保・グアムを母港とする艦艇以外は東太平洋を担当するから派遣を受けているが、状況によっては第5艦隊へ艦艇を派遣している。 歴史的に第5艦隊との関係が深いが、最近は、の動向により、第5艦隊へ派遣されるが途中、第7艦隊の空母打撃群との演習をしてと行き来したりしている。 2017年に所属艦船および航空機に事故が相次ぎ、責任を負う形で上級幹部(艦隊司令官()、第70任務部隊司令官()、第15駆逐隊司令官())および複数の艦長が解任され、事故原因および再発防止策の調査が行われた。 任務部隊 [ ] 任務部隊は、単独もしくは複数の第7艦隊所属部隊や所属部隊で編成する。 また、コマンダー Commander の「C」を冠して「コマンダータスクフォース」 CTF と呼称する。 第7艦隊隷下のタスクフォースは、70番台で表記され、「CTF-7x」となる。 第70任務部隊 Task Force 70, CTF-70 Battle Force, Seventh Fleet で編成する。 司令部は、横須賀海軍施設を母港とする「」艦内。 第71任務部隊 Task Force 71, CTF-71 (Navy Special Warfare Unit One, NSWU-1)で編成する。 司令部は、グアム。 第72任務部隊 Patrol Reconnaissance Force Seventh で編成する。 司令部は、。 第73任務部隊 Logistics Group, Western Pacific, LOGWESTPAC 司令部は、シンガポール。 第74任務部隊 第7潜水艦群 SUBGRU7 で編成する。 グアムを母港とするで構成され、状況により第7艦隊担当海域に展開し作戦行動する原子力潜水艦も第7戦水艦群の構成艦となる。 司令部は、横須賀海軍施設。 CTF-74は、第5艦隊担当海域に部隊を展開させると第54任務部隊 Task Force 54, CTF-54 として機能する。 CTF-74とCTF-54の司令官は兼任する。 第75任務部隊 で編成する。 司令部は、グアム。 第76任務部隊の旗艦も「ブルー・リッジ」である。 平時は、も隷下に置く。 司令部は、を母港とする「」艦内。 第77任務部隊 第7艦隊の機雷戦部隊。 平時は編成されていない。 により機雷戦を行う。 第78任務部隊 Task Force 78, CTF-78 司令部は、(・)。 第79任務部隊 Task Force 79, CTF-79 (Landing Force, Seventh Fleet) の部隊で構成される。 3MEBに編入された3MEF所属の部隊や 〈 が、として乗艦した際に、第79任務部隊として編成される。 第79任務部隊は、作戦統制は第7艦隊司令官、部隊管理は の指揮を受ける。 なお太平洋艦隊海兵軍司令官は、太平洋海兵隊司令官が兼任する。 所属部隊 [ ] 第7艦隊戦闘部隊 [ ] 第7艦隊戦闘部隊 Battle Force, Seventh Fleet は、空母「ロナルド・レーガン」を中心とした戦闘部隊。 司令部は、横須賀海軍施設を母港とする「」艦内。 第15駆逐隊 Destroyer Squadron 15, 15 は、第5空母打撃群の護衛を担当する。 そのほかにも、空母打撃群から離れ任務に就いたり、水上艦部隊のみで構成される海上警戒やトマホークによる攻撃任務、佐世保の第11揚陸隊に合流し第7遠征打撃群を編成する。 また、近年はにおける中国の人工島埋め立てに対応して(Freedom Of Navigation Operation)を実施したりもしている。 なお、アメリカ海軍における駆逐隊は旧日本海軍の駆逐隊や海上自衛隊の護衛隊に相当する単位ではなく、水雷戦隊 や護衛隊群と同等の単位とされており、司令官には代将級の海軍大佐が、次席指揮官には海軍大佐が充てられている。 「」 ベースライン9Cを搭載した統合航空ミサイル防衛 IAMD 駆逐艦• アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦「」 弾道ミサイル防衛 BMD 駆逐艦• アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦「」 BMD駆逐艦• アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦「」 BMD駆逐艦• アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦「」 BMD駆逐艦• アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦「」 イージス・システムベースライン9Cを搭載したIAMD駆逐艦• アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦「」• アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦「」 「バリー DDG-52 」・「カーティス・ウィルバー」 DDG-54 ・「ジョン・S・マケイン」 DDG-56 ・「フィッツジェラルド」 DDG-62 ・「ステザム」 DDG-56 ・「ベンフォールド」 DDG-65 ・「ミリアス」 DDG-69 は、アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の基本形「」である。 「マッキャンベル」 DDG-85 ・「マスティン」 DDG-89 は、「」で、ヘリコプター用格納庫を装備しSH-60 シーホークを2機まで格納できる。 2017年に「フィッツジェラルド」 DDG-62 、「ジョン・S・マケイン」 DDG-56 が相次いで民間輸送船と衝突損傷浸水し、特に「フィッツジェラルド」はイージスシステムも損傷し米本国での修理が必要となり、稼働艦が減少するため代替補充艦としてが配備されている。 2018年1月に佐世保に配備されたを中心に新たに形成される「強化型」に配備されるとが穴埋めを兼ねる可能性も報じられている が、後者2隻はBMD対応可能か不明。 2018年5月22日、「ミリアス」(DDG-69)が横須賀へ入港した。 VRC-30 DET. 5 「プロバイダーズ」 C-2A グレイハウンド 第1海軍特殊戦部隊 [ ] 第1海軍特殊戦部隊(Navy Special Warfare Unit One, NSWU-1)は、グアムに司令部を置く、海軍第1特殊戦群 Naval Special Warfare Group ONE, NSWG-1 に所属する部隊。 海軍第1特殊戦群の司令部は。 第7艦隊哨戒部隊 [ ] 第7艦隊哨戒部隊 Patrol Reconnaissance Force, Seventh Fleet は、に司令部を置く、対潜・哨戒・偵察部隊。 第1哨戒偵察航空団 Patrol and Reconnaissance Wing One, CPRW-1 から構成する。 の、に分遣隊を配備する。 主な使用機体は、とその派生型又は後継の。 西太平洋兵站群 [ ] 西太平洋兵站群 Logistics Group, Western Pacific, LOGWESTPAC は、シンガポールに司令部を置く、西太平洋における支援部隊。 等の補助艦艇から構成する。 第7艦隊潜水艦部隊 [ ] 第7艦隊潜水艦部隊 Submarine Force, Seventh Fleet は、横須賀海軍施設に司令部を置く。 グアム海軍基地を母港として展開している第15潜水隊と同基地を母港とする潜水艦母艦「フランク・ケーブル」が所属する。 作戦行動時には、第5空母打撃群のから数隻のミサイル駆逐艦が合流する。 第11揚陸隊 [ ] この節のが望まれています。 第51洋上攻撃ヘリコプター飛行隊 [ ]• 第51洋上攻撃ヘリコプター飛行隊 - - 太平洋艦隊ヘリコプター洋上攻撃航空団司令部 Commander, Helicopter Maritime Strike Wing, Pacific Fleet, COMHMWINGPAC の部隊で、厚木航空基地に駐屯する。 ミサイル巡洋艦「シャイロー」、ミサイル駆逐艦「ラッセン」など横須賀海軍施設を母港とする第7艦隊第70任務部隊 CTF-70 のヘリコプター搭載可能艦船に展開する。 テールコードは、"TA"。 HSM-51には緑色に塗装されたSH-60F シーホークが配備されていて、司令官等の要人輸送を担当する。 主に揚陸指揮艦「ブルー・リッジ」に展開する。 HSM-51 「ウォーローズ」 SH-60F シーホーク 歴代司令官 [ ]• 海軍中将 アーサー・S・カーペンダー 1943年3月15日 - 1943年11月26日• 海軍中将 Thomas C. Kinkaid 1943年11月26日 — 1945年11月20日• 海軍中将 ダニエル・E・バービー 1945年11月20日 — 1946年10月2日• 海軍中将 チャールズ・M・クック・ジュニア 1946年10月2日 — 1948年2月28日• 海軍中将 オスカー・C・バジャー2世 1948年2月28日 — 1949年8月28日• 海軍中将 ラッセル・S・バーケイ 1949年8月28日 — 1950年4月5日• ウォルター・F・ブーン Walter. Boone 1950年4月5日 — 1950年5月20日• 海軍中将 Arthur D. Struble 1950年5月20日 — 1951年3月28日• 海軍中将 ハロルド・M・マーティン Harold. Martin 1951年3月28日 — 1952年3月3日• 海軍中将 ロバート・P・ブリスコ 1952年3月3日 — 1952年5月20日• 海軍中将 Joseph. Clark 1952年5月20日 — 1953年12月1日• 海軍中将 アルフレッド・M・プライド 1953年12月1日 — 1955年12月9日• 海軍中将 スチュアート・H・インガーソル 1955年12月19日 — 1957年1月28日• 海軍中将 ウォーレス・M・ビークリー Wallace M. Beakley 1957年1月28日 — 1958年9月30日• 海軍中将 フレデリック・N・キヴェット Frederick N. Kivette 1958年9月30日 — 1960年3月7日• 海軍中将 チャールズ・D・グリフィン 1960年3月7日 — 1961年10月28日• 海軍中将 "ビル"ウィリアム・A・スコーク 1961年10月28日 — 1962年10月13日• 海軍中将 Thomas H. Moorer 1962年10月13日 — 1964年6月15日• 海軍中将 ロイ・L・ジョンソン 1964年6月15日 — 1965年3月1日• 海軍中将 ポール・P・ブラックバーン Paul P. Blackburn 1965年3月1日 — 1965年10月9日• 海軍少将 ジョセフ・W・ウィリアムズ・ジュニア Joseph W. Williams, Jr. 1965年10月9日 — 1965年12月13日• 海軍中将 ジョン・J・ハイランド 1965年12月13日 — 1967年11月6日• 海軍中将 ウィリアム・F・ブリングル 1967年11月6日 — 1970年3月10日• 海軍中将 モーリス・F・ワイスナー 1970年3月10日 — 1971年6月18日• 海軍中将 ウィリアム・ P・マック 1971年6月18日 — 1972年5月23日• 海軍中将 James L. Holloway III 1972年5月23日 — 1973年7月28日• 海軍中将 ジョージ・P・スティール 1973年7月28日 — 1975年6月14日• 海軍中将 Thomas B. Hayward 1975年6月14日 — 1976年7月24日• 海軍中将 ロバート・B・ボールドウィン 1976年7月24日 — 1978年5月31日• 海軍中将 シルヴェスター・R・フォーリー・ジュニア 1978年5月31日 — 1980年2月14日• 海軍中将 Carlisle A. Trost 1980年2月14日 — 1981年9月15日• 海軍中将 M. スタザー・ホルコム 1981年9月15日 — 1983年5月9日• 海軍中将 ジェームズ・R・ホッグ 1983年5月9日 — 1985年3月4日• 海軍中将 ポール・F・マッカーシー・ジュニア Paul F. McCarthy, Jr. 1985年3月4日 — 1986年12月9日• 海軍中将 ポール・D・ミラー 1986年12月9日 — 1988年10月21日• 海軍中将 ヘンリー・H・モーズ・ジュニア 1988年10月21日 — 1990年12月1日• 海軍中将 スタンリー・R・アーサー 1990年12月1日 — 1992年7月3日• 海軍中将 ティモシー・W・ライト Timothy W. Wright 1992年7月3日 — 1994年7月28日• 海軍中将 アーチー・R・クレミンス 1994年7月28日 — 1996年9月13日• 海軍中将 ロバート・J・ナッター 1996年9月13日 — 1998年8月12日• 海軍中将 ウォルター・F・ドラン 1998年8月12日 — 2000年7月12日• 海軍中将 ジェームズ・W・メッツガー James W. Metzger 2000年7月12日 — 2002年7月18日• 海軍中将 ロバート・F・ウィラード 2002年7月18日 — 2004年8月6日• 海軍中将 Jonathan William "Jon" Greenert 2004年8月6日 — 2006年9月12日• 海軍中将 ウィリアム・ダグラス・クローダー 2006年9月12日 — 2008年7月12日• 海軍中将 ジョン・M・バード John M. Bird 2008年7月12日 — 2010年9月10日• 海軍中将 スコット・R・ヴァン・バスカーク 2010年9月10日 — 2011年9月7日• 海軍中将 スコット・H・スウィフト 2011年9月7日 — 2013年7月31日• 海軍中将 ロバート・トーマス2世 Robert L. Thomas Jr. 2013年7月31日 — 2015年9月7日• 海軍中将 ジョセフ・P・アーコイン 2015年9月7日 — 2017年8月22日• 海軍中将 フィリップ・G・ソーヤー Phillip G. Sawyer 2017年8月22日 — 2019年9月12日• 海軍中将 ウィリアム・R・マース William R. Merz 2019年9月12日 — 現職 脚注 [ ]• 時事通信2019年09月12日12時42分• 7th Fleet. 2015年12月26日閲覧。 2004年4月から10月まではブルー・リッジが入りしていたため旗艦「」 USS Coronado, AGF-11 が臨時の旗艦となっていた。 2015年10月1日配備• The New York Times. 2017年8月22日. 2017年8月23日閲覧。 2014年7月1日に創設• 「アンティータム」は、防空能力強化型イージス巡洋艦で空母打撃群の防空指揮艦。 「シャイロー」はBMD指揮艦。 なお、イージス・システムを「ベースライン9A」に更新した「チャンセラーズビル」にBMD指揮能力は付与されていない。 「ロナルド・レーガン」 CVN 76 の奥に映っているのは、艦艇交代 hull swap 実施前の「ジョージ・ワシントン」 CVN 73 で第5空母航空団 CVW-5 を艦載している。 2015年6月18日アジアリバランス追加配備。 後方に映っている艦は、海上自衛隊のミサイル護衛艦「きりしま」 DDG-174。 (2016年6月18日フィリピン海にて撮影。 艦橋側面に第70任務部隊 CTF-70 の部隊記章が確認できる。 アメリカでは旧日本海軍の水雷戦隊もDestroyer squadronと訳している。 2016年3月14日アジアリバランス配備「」 と交替配備。 2015年10月17日アジアリバランス追加配備。 2018年5月22日. 2018年5月22日閲覧。 グアムにて2016年3月4日撮影• US Navy Website 2012年3月12日. 2012年6月18日閲覧。 写真は、佐世保に配備される前のサンディエゴを母港にしていた時のもの。 (アラビア海・2010年7月29日撮影)• 画像は、大韓民国の鎮海海軍基地に寄港中のもの。 (2014年10月19日撮影)• 半潜水式重量物運搬船に積載されて佐世保に配備される「パイオニア」と「チーフ」。 (寄港地の横須賀海軍施設にて2014年6月26日撮影)• 2011年12月14日撮影。 写真は、グアム海軍基地に配備される前ののを母港にしていた第3潜水艦隊時代のもの。 (2009年9月16日撮影)• 写真は、第51軽対潜ヘリコプター飛行隊第3分遣隊時代のもの。 (2007年6月25日撮影) 参考文献 [ ]• 河津幸英『図説 徹底検証 アメリカ海軍の全貌:対中国戦と新型軍艦』アリアドネ企画、2016年。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (英語)• (英語)• us7thflt - (日本語)• US7thFleet - (英語).

次の

【艦これ】新任務_空母機動部隊、演習始め!・水上艦艇装備工廠の整備(第二期)

空母機動艦隊 演習

任務情報• 1日のうちに演習で4回以上勝利 空母は軽空母や護衛空母でもOKです。 報酬は• 弾薬ボーキ400,選択報酬に• 九九式艦爆4 or 彗星2 or 開発資材3• 零式艦戦21型3 or 零式艦戦52型2 or 洋上補給1 前提に• 敵艦隊を撃破せよ!(デイリー出撃一回) あり。 今だと二式艦上偵察機の改修に必要な 彗星が需要多めでしょうか。 こちらもお好きなものを選択してください。 演習の場合攻撃機を満載するとボーキを消耗しやすいので注意。 敵編成が弱い場合烈風のみを積んで、戦艦や駆逐に殴ってもらうと楽ですね。 (クォータリー) を同時にこなすことが可能です。 定期任務・EOリンク• 【侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦】• 第一海域• 第二海域• 第三海域• 第四海域• 第五海域• 第六海域• 第七海域• 掘り1 E11 E12 E21• 掘り2 E42• 【最近の更新】• II 実装• 【各海域紹介リンク(二期)】 EO海域と鎮守府海域・5-2から先は個別記事のほうが充実しています。 【マンスリー任務リンク()】 【クォータリー任務リンク()】 【戦果任務】.

次の