ポケモン パーティ構築。 【ポケモン剣盾】パーティの構築方法と初心者が知るべきこと【ポケモンソードシールド】

ポケモン剣盾パーティ構築について

ポケモン パーティ構築

ポケモンソード・シールド(剣盾)で統一パーティや旅パ、そしてランクバトルでマスターボール級になっている オススメのパーティを紹介します。 レンタルの仕方 他の人のパーティを借りることが出来る ランクバトルなどで 他の人が公開しているチームIDを入力するとレンタルすることが出来ます。 入力方法:VS>レンタルチーム>レンタルするチームを管理>チームがないところを選択> 14桁のIDを入力 パーティ構築・レート マスターボール級1位達成!!! 珠パルシェンはダイマックスミミッキュをからやぶつららで確定で倒せるから最強です!!!!!! パルシェン キバ湖東・西(天気:霧・晴れ)またはシェルダー 水の石 で進化 ドラパルト ジュラルドン 10番道路・げきりん湖(吹雪)・巨人の腰かけ ドリュウズ トゲキッス ヒヒダルマ マスターボール級18位達成したリザードン構築公開しときます! きつい相手多くなってきたので使うのはお勧めしません…質問等あったらリプでお願いします。 拡散よろしくお願いします!! 1位取るまではリザードン使い続けていく予定です。 選出率や構築、努力値振りなど細かく紹介されているので育成の参考にしてはいかがでしょうか。 みなさんのオススメパーティがあれば記事内で紹介します オススメの構築があれば()にDMで送っていただければ記事内にて紹介致します。 (パーティ構築の画像付き又はブログで説明があると助かります) 剣盾で初めての幻ポケモンが登場! ポケモン総選挙の結果はこちら ポケモン剣盾の攻略をまとめました。 お役立てください 最新情報はこちら: 最新情報• お役立ち• 強化のお役立ち• ポケモン• 剣盾限定ポケモン• 人気ポケモン• レアアイテム• 新要素• yomu0007.

次の

【ポケモン剣盾】上位勢が意識しているパーティ構築のコツ

ポケモン パーティ構築

構築経緯 万能ダイマックスのトゲキッス トゲキッスは攻撃以外の種族値が600族並みに高く、現環境最強技「ダイジェット」が使える 非常にタイマン性能の高いポケモンです。 また、技「エアスラッシュ」と特性「てんのめぐみ」のコンボによって 相手の受けポケモンを崩す性能も環境随一です。 これに加えて、 道具「いのちのたま」を持たせることによって採用率の高いポケモンほぼ全てに対して確定数を変化させられるため、相手の想定を崩す初見殺し性能を確保することができます。 以上のように超ハイスペックポケモンであるトゲキッスを使わない手はないと思い、このポケモンを軸としました。 対面選出の確保• トゲキッスを初手に出してダイマックスさせた場合、その圧倒的タイマン性能で得た数的アドバンテージを活かして戦いたいため、 ダイマックスせずとも相手のダイマックスと打ち合うことのできるギルガルドとミミッキュを採用し、『対面構築』的選出を可能にしました。 サイクル選出の確保• ここまで採用した3体、特に軸であるトゲキッスが相手のロトム 炎 に弱く、この3体の選出では相手のダイマックスロトム 炎 と打ち合った結果数的不利を取るとそのディスアドバンテージを覆せず負けてしまいます。 そこで、 相手のロトムに強くトゲキッスの不利対面をカバーでき、ギルガルドとのタイプ相性補完でサイクル戦を行うことで数的不利を取ってしまった場合でも挽回できるサザンドラを採用しました。 また、「こだわりスカーフ」を持つことでトゲキッス軸の天敵であるスカーフヒヒダルマの上から行動でき、場合によっては「だいもんじ」で一撃で倒すことができます。 TOD性能の確保• トゲキッスは基本的に相手のダイマックスポケモンとの打ち合いで勝利することができますが、その トゲキッスと対等に打ち合ってくるダイマックスポケモンとしてギャラドスとドリュウズが挙げられます。 そこで、この2体のポケモンとトゲキッスが 対面した時の引き先としてナットレイを採用しました。 上記の対面でナットレイに引き 相手のダイマックスを受け流すことで、こちらのトゲキッスでより全抜きしやすくなります。 さらに、ナットレイとタイプ相性が良く、 2体で合わせてTODを仕掛けることができるドヒドイデを採用しました。 初手をダイマックスさせて受けポケモンに引いて時間を使うことで判定勝ちを狙う、せつないさんのTOD特化構築のような動きも可能になりました。 個別紹介 トゲキッス 特性 てんのめぐみ 性格 ひかえめ 持ち物 いのちのたま 努力値 HP:4 攻撃:0 防御:0 特攻:252 特防:0 素早さ:252 実数値 161-x-115-189-135-132 技 エアスラッシュ マジカルシャイン だいもんじ くさむすび 調整意図 ・CS振り切り 解説 高いタイマン性能 トゲキッスは使わない種族値 トゲキッスの場合は攻撃 を除いた実質種族値が現環境TOP5に入るほど高く、さらに広い技範囲により多くの相手と撃ち合えます。 また、今作最強技「ダイジェット」のおかげで自身より速い相手に対して素早さ関係を逆転させて行動回数を増やすことも可能です。 これらの要素のおかげで ダイマックスを使用した際のタイマン性能は環境随一で、対等に張り合えるのはギャラドス・ドリュウズ・ミミッキュ・ドラパルト程度でしょう。 「いのちのたま」による確定数の変化 トゲキッスは採用率が高く常に警戒の対象で、耐久調整などで露骨に対策されてしまう ことがあります。 しかし「いのちのたま」を持たせることでダイマックスドラパルトやミミッキュ、カバルドンなどの確定数が劇的に変化するため、 メジャーポケモンでは本来持ち得ない相手の想定を崩す性能を得ることができます。 ミミッキュ 特性 ばけのかわ 性格 ようき 持ち物 アッキのみ 努力値 HP:148 攻撃:92 防御:12 特攻:0 特防:4 素早さ:252 実数値 149-122-102-x-126-162 技 ゴーストダイブ ドレインパンチ かげうち つるぎのまい 調整意図 HB:防御1段階上昇時、177 252 ギャラドスの 「いのちのたま」持ち 「ダイジェット とびはねる 」を93. さらにダイマックスターンを稼ぐのに使える「ゴーストダイブ」を覚えさせているので、 「ばけのかわ」・1発耐える・「ゴーストダイブ」というようにこのポケモン1体で相手のダイマックスターンを枯らすことができます。 また、ダイマックス同士の撃ち合いで負けてしまうドリュウズに対しても「じゃくてんほけん」を活かして殴り合うことができ、 トゲキッスを展開する前に投げることで事前にトゲキッスの弊害となるポケモンを取り除くことが可能です。 サイクルとタイマンの両立 ギルガルドといえば「じゃくてんほけん」や「きあいのタスキ」を活かしたタイマン性能の高さに注目されがちですが、トゲキッスや後述するサザンドラとの優秀な タイプ相性補完を活かしたサイクル戦も得意とするので、相手のパーティ・選出に合わせた柔軟な対応が可能です。 サザンドラ 特性 ふゆう 性格 おくびょう 持ち物 こだわりスカーフ 努力値 HP:0 攻撃:0 防御:4 特攻:252 特防:0 素早さ:252 実数値 167-112-111-177-110-165 技 りゅうせいぐん あくのはどう だいもんじ とんぼがえり 調整意図 C:なるだけ高い火力を出したいため振り切り S:同族やヒヒダルマを意識して最速 解説 「とんぼがえり」で対戦をコントロール ポケモンHOME解禁前である 現環境においてサザンドラより速いポケモンはかなり限られており、その中でも「こだわりスカーフ」を持つことがあるポケモンというとドラパルト程度であるため、その他のポケモンはぼ全てに対して「とんぼがえり」から有利なポケモンを繰り出すことが安定します。 「だいもんじ」を耐えることもあるヒヒダルマに対しても「とんぼがえり」から入りギルガルドで氷技を受けることで、次サイクルでのヒヒダルマの処理が望めます。 「あくのはどう」でスイープ 現在のシングル環境で悪技を半減以下に抑えてくるポケモンはトゲキッスとニンフィア、バンギラス程度しかおらず一貫性が高いです。 前述した 「とんぼがえり」で試合をコントロールし相手を削り、最終的に「あくのはどう」を上から連打することで全抜きすることを目指します。 ナットレイ 特性 てつのとげ 性格 のんき 持ち物 たべのこし 努力値 HP:252 攻撃:0 防御:252 特攻:0 特防:4 素早さ:0 実数値 181-114-201-x-137-22 技 ジャイロボール ボディプレス やどりぎ てっぺき 調整意図 HP:総合耐久をできる限り高めるため振り切り B:役割対象のギャラドスとドリュウズと打ち合うことを考えて特化 解説 「てっぺき」+「ボディプレス」 本サイトで何度も紹介している「てっぺき」+「ボディプレス」のコンボが強力です。 また、通常の鋼+草の攻撃範囲では相手のドリュウズに「つるぎのまい」を許してしまいますが、この技構成ならば 「てっぺき」から入ることで「じゃくてんほけん」をケアしながらも迅速な処理をすることができます。 ドヒドイデ 特性 さいせいりょく 性格 ずぶとい 持ち物 くろいヘドロ 努力値 HP:252 攻撃:0 防御:252 特攻:0 特防:4 素早さ:0 実数値 157-61-224-73-163-55 技 ねっとう どくどく くろいきり じこさいせい 調整意図 HP:総合耐久をできる限り高めるため振り切り B:役割対象であるミミッキュから受けるダメージをできる限り抑えるため特化 解説 ナットレイとの受け選出 ナットレイとのタイプ相性補完が優れており、受けて完封したり特性「さいせいりょく」を活かした交代連打でTODを狙うことができます。 今シリーズはTODのルートを確保しているかそうでないかが非常に重要で、 このポケモンを採用するだけで本来は勝てない相手にも判定勝ちを狙うことが可能になります。 選出・立ち回り ドリュウズを見たらナットレイの選出を優先する、ロトム 炎 がいたらサザンドラの選出をするなどといった多少の決め事はありますが、それ以外はほとんど決まっておらず 相手のパーティと状況を見て柔軟な選出と立ち回りを行います。 柔軟な立ち回りを行うにあたって 何よりも重要なのは知識で、どういったパーティ・型が流行しているか把握しどれだけ警戒する必要があるかを判断する ことで初めてスタンダードなパーティで高い勝率を出せるようになります。 終わりに 以上が最終23位のトゲキッス軸スタンダード構築の紹介となります。 相手に合わせて選択を行う『スタンダード構築』なので選出や立ち回りについて詳しく言及できなかったのは申し訳ないのですが、上位構築の紹介記事などを見て知識を付けた後にレンタルチームを使ってその対応力を実感していただければと思います。

次の

【ポケモン剣盾】初心者向け!対戦パーティ構築のやり方を解説!【ポケモンソードシールド】

ポケモン パーティ構築

こんにちは、すうです! 今回は「負けがちになるパーティの特徴」や「勝てるパーティの作り方」 そして上位勢が常識にしているパーティ構築のコツについてお話しできればと思います。 自分はポケモンORASからポケモン対戦を続けてきましたし、毎シーズン上位勢の構築記事を読んできました。 上勢の構築を学び続けて5年以上ということになります。 長年上位勢の構築を分析した中で、上位勢が意識しているパーティ構築のコツには共通点があるなぁと思い始めて来たので、ご紹介します。 どのポケモンでどうやって勝つのか明確にしよう! 上位勢の構築記事を見てみると、多くのポケモン上位勢が意識していることが見えてきます。 それは「どのポケモンで勝つか」「どうやって勝つか」ということがはっきりしているということです。 例えば… 「鬼火やトリックで相手のポケモンを動けなくした隙に能力をアップさせて買っていく」 など、どうやって勝つのかということを明確にしている人が多いです。 どのポケモンで勝つかということは多くの人が決めていると思いますが、「そのポケモンをどうやって通すか」というところまで考えることもとても大切なパーティ構築のコツです。 上位勢の構築を見てみると、「基本的にはドラパルト・ミミッキュ・カビゴンの3体を出します」といった感じで「基本選出」を決めている方が多い印象です。 「ドラパルトで鬼火を入れて、カビゴンで詰める」「ミミッキュのトリックルームで場を整えて、カビゴンで攻める。 あとはドラパルトで掃除する」みたいな感じの文章を上位勢の構築記事でよく見かけます。 みなさんもまず「このポケモンでこう勝ちたい!」というポケモンを決めて、そのポケモンを通しやすくするためのポケモンを2体決めて、基本選出とすると良いかもしれません。 なお、通したいポケモンが通しにくい場合、「そんな時はこのポケモンを通す」という、第2のエースポケモンを決めていくことも大切です。 基本選出3体+基本選出で通せない 基本選出が苦手な相手に勝てるポケモン を入れることが、パーティ構築のコツです。 まずは上位構築を真似してみよう! パーティ構築のコツ2つめは、まず上位構築を真似してパーティ構築するということです。 上位勢の構築を真似して使ってみて、あとから自分流にカスタマイズしていく…そうしてパーティ構築を進めていくという方法もあります。 上位勢の構築を真似して使ってみることには、様々なメリットがあります。 まず、「パーティの動かし方や勝ち方が明らかになっている」ことが挙げられます。 構築記事を読んでみると、「このポケモンはこういう使い方をします」「このパーティはこう使います」などなど、パーティの使い方を公開してくれている方が多いことがわかります。 勝てる構築の、勝てるパターンを手っ取り早く学ぶことができることが上位構築を真似るメリットです。 ふたつのめのメリットとして上位勢の構築を真似して使ってみると、「いや、自分はこういう戦い方は合わないなぁ」と感じることもあると思います。 自分の対戦スタイルや、使いたいポケモンの方向性が見えてくることもある…これも上位構築を真似ることで得られるメリットのひとつです。 人によって好きな戦法や得意な戦法は違います。 能力あげて一気に勝つ戦法が好きなのか、ポケモンを入れ替えながら状況を有利にしていくサイクル戦が好きなのか…本当に人それぞれです。 上位構築を真似て、少しずつ自分流にアレンジしていく…。 そんなパーティ構築方法もひとつの選択肢としてアリです。 ぜひ、試してみてください。 まとめ ここまでパーティ構築のコツについて話してきました。 いかがでしたか? 上位勢の構築記事を見てみると、ポケモンの採用理由や構築の使い方をはっきりさせている方が多いです。 みなさんもぜひ「このポケモンをこう使って勝ちたい!」ということを決めて、パーティ構築を決めてみてください。 その意図通りに勝てると、「自分の考えが上手くいった!」という感覚が芽生えると思います。 自分が考えたことが上手くいった…その感覚はとても楽しいものです。 ポケモンに限らず頭脳ゲームの醍醐味と言えます。 ぜひ、みなさんもいろんな考えをパーティに注いでみてください。 ここまで読んでくれて、どうもありがとう。

次の