パク チュミ。 韓国女優『パクチュミ』の主な出演ドラマとインスタ投稿について

韓国ドラマ オールイン キャスト 相関図

パク チュミ

韓国女優パクジュミ。 1972年 10月5日、ソウル生まれ 家族は 夫のイ・ジャンウォンと子供2男 163cm、42kg、A型 44歳のパク・ジュミ 経歴 1991年高校を卒業した後MBCドラマ「黎明の瞳」で芸能界にデビューする。 1992年アシアナ航空会社のCMで端麗なイメージでブレイク。 2001年SBSドラマ「女人天下」に出演した後、知り合いの紹介で出会った同い年の俳優イ ジャンウォンと結婚をすることになり、芸能界を暫定引退することになる。 イジャンウォンは中堅皮革メーカー遮光性ハイテクイジョンテク会長の息子。 韓国外大経営学科を卒業し、米国留学をしたという経歴の持ち主。 パク・ジュミは結婚と同じ年に、成均館大の映像学科に入学。 その後息子二人に恵まれ、育児と学業を並行して、8年ほどの休息期を経た。 2人の子の母であり主婦という事実が信じられないほど、20代に劣らない輝くような肌の弾力、スタイルで、 復帰してからも年をとらない「最強の童顔」美貌に多くの視聴者が驚嘆した。 ドラマ『女人天下』以来、8年ぶりに復帰した作品は映画『破壊された男』。 以前の清楚で上品なイメージではなく、娘を探しながら疲弊し、憔悴して乱れた容貌と、娘への哀しい母性を切々と表現して、観客に娘を失った苦痛をそのまま伝えた。 その後2012年にセンセーションを巻き起こしたドラマ『紳士の品格』でチャン・ドンゴン、キム・スロ、キム・ミンジョン、イ・ジョンヒョクの初恋の人として出演し、最強の童顔を誇った。 また、ドラマ『愛を信じます』ではフランス留学帰りの実力派キュレーターであり、恵まれない家庭環境に打ち勝って成功した女性主人公ソ・ヘジン役を消化して評価された。 その後KBS第1の『大王の夢』で善徳女王に扮し、華麗な衣装と端正なイメージ、カリスマまで加わった演技を見せたが、交通事故で中途で降板することになった。 ドラマへの愛着が大きかっただけに名残惜しさも強かったが、現在休息をとって健康を取り戻している。

次の

パク・チュミ

パク チュミ

パク・チュミ 先月、交通事故に遭った韓国女優パク・チュミが、出演中のKBS1ドラマ「」から降板することがわかった。 KBSは22日「先月末、交通事故に遭い、現在は通院治療しているパク・チュミが、昨日制作陣との協議で『大王の夢』から降板することを決定した」と明かした。 また「女優の健康が第一と考え、またこれ以上放送に支障をきたさないためにも降板せざるを得ないという結論を下した」とし、「パク・チュミは食道負傷から声帯も痛めており、発声も困難な状態。 病院側からも8週間は安静にする必要がある、と診断された」と説明した。 パク・チュミは、9月に放送をスタートさせた「大王の夢」に善徳女王役として出演していた。 なお制作陣は、パク・チュミの代役を検討中だという。 去る10日から放送を休止している同ドラマは、来週までこれまでの放送をまとめたスペシャル番組を4回放送した後、12月8日から通常放送に戻る予定だ。 過去記事一覧• 20年• 19年• 18年• 17年• 16年• 15年• 14年• 13年• 12年• 11年• 10年• 09年• 08年• 07年• 06年• 05年• 04年•

次の

『獄中花』パク・チュミ魅惑的な入浴シーン公開

パク チュミ

概要 [ ] 1958年よりに連載開始され、翌1959年、女苑社より上下2巻の単行本が出版された。 1960年には舞台化、1962年には映画化、2001年にはテレビドラマ化されている。 から、在世時の朝鮮を舞台に「朝鮮三大悪女」のひとりと彼女が仕えた中宗の正妃尹氏、蘭貞の夫で文定王后の兄たちの権力闘争と没落を描く。 あらすじ [ ] から治世下の朝鮮。 反逆者として追われる身となった王族は、自分の子を身ごもった妓生をひそかに逃がすが、彼女は単身逃亡中にの襲撃に遭い、女児を生み落して死亡する。 女児は自身の子を死産したばかりのの側室に引き取られ、 蘭貞(ナンジョン)と名付けられる。 成長した蘭貞は庶子の故に不遇な日々を過ごしながらも美しく聡明な女性として育ち、やがて若き両班に見初められる。 蘭貞は元衡の姉妹にあたるを知り、彼女の忠臣となる。 、との権力闘争の末、文定王后は実子即位後その摂政となる。 元衡の側室となっていた蘭貞は正室(金安老の姪)を毒殺後継室に収まり、外命婦最高の位である「貞敬夫人」の称号を得て共に栄華を極める。 しかし文定王后の死後、元衡夫妻は権力を失い没落。 蘭貞は正室殺害の容疑に問われ、元衡ともども自害して果てる。 書誌情報 [ ]• ()、2001年刊行。 全3巻。 『女人天下 上』• 『女人天下 中』• が脚色、が演出を担当した。 キャスト [ ] 以下の記述は に基づく。 老尚宮:• 観察尚宮:• 尚宮:• : スタッフ [ ] 以下の記述は に基づく。 脚色:• 演出:• 舞台監督: キム・ヨンシク• 助監督: ムン・ミョンチョル• 美術: キム・ジョンファン• 証明: チョン・ヒヨン• 音楽:• 監督は。 キャスト [ ]• スタッフ [ ]• 製作:• 監督・編集:• 脚本: 、• 音楽:• 撮影: テレビドラマ [ ] 女人天下 ジャンル 原作 脚本 監督 出演者 他 製作 制作 放送 音声形式 放送国・地域 、 、 放送期間 - 放送時間 毎週月、火曜日 からまで、にて放送された。 ()作品のひとつ。 が脚本を担当し、が監督を務めた。 平均30パーセントの視聴率を獲得し、当初全50話の予定が延長され、最終的には全150話となった。 「韓国史上最も当初予定より延長されたドラマ」のひとつとしても挙げられる作品である。 作品中にてに扮するが度々発する台詞「 メイヤ( 메이야) 、「何だと」の意)」は流行語となった。 韓国を代表する女優のひとりが、16年ぶりにテレビドラマに出演した作品でもあった。 この作品の出演に際して、彼女はランニング・ギャランティ方式(出演料が視聴率によって支払われるシステム)による契約を行った。 これは韓国ドラマ史上初めての事であった。 2001年度にてカン・スヨンと文定王后尹氏役のが揃って大賞を受賞した 他、ト・ジウォンが最優秀演技賞(女優)を受賞した。 カン・スヨンは同年度()最優秀演技者賞(女優)も受賞している。 登場人物 [ ] 以下の記述は に基づく。 チョン・ユンギョム家 [ ] 俳優 役名 作品中の設定等 少女時代 本作品の主人公。 とケヒャンの間に産まれるが誕生後実母を喪い、チャンフン宅に娘として引き取られる。 清楚さと妖艶さを併せ持つ美貌の持ち主。 ウォニョンの側室となりサムを儲ける。 ナンジョンの養父。 中宗反正時の功臣でもある武官。 聡明なナンジョンを可愛がっていたが、後ナンジョンとの関係が悪化していく。 夫人朴氏 ユンギョムの正妻でリョムとオンニョンの母。 後ユンギョムに実家に帰される。 チャンフン宅 ユンギョムの側室でナンジョンの養母。 元は両班だったが父が大逆罪で処刑された事に連座して奴婢階級となった。 少年時代 チョン・ニョム ユンギョムの息子でナンジョンの兄。 漢字表記は 鄭濂。 母、妹と共にナンジョンを苛め蔑む。 母が実家に帰され父が地方に去った後、財産を失い長通橋の居候を経て、最終的にユン・ウォンヒョン率いる小尹に加勢する。 少女時代 チョン・オンニョン ユンギョムの娘でナンジョンの姉。 母や兄と共にナンジョンを苛める。 パク・ヒリャンと婚約していたが破談となる。 ユン・ジイム家 [ ] 俳優 役名 作品中の設定等 ユン・ジイムの次男、承候官。 妓生の見習いだった頃のナンジョンを見初め、後側室とする。 ナンジョンと文定王后に支えられ、後朝廷の実権を握る。 ユン・ジイムの長女でウォルロ、ウォニョンの妹。 章敬王后の死後中宗の継室となる。 ナンジョンと二人三脚で権力闘争に打ち勝ち、実子即位後は摂政となる。 ウォルロ、ウォニョン、文定王后の父。 貧乏両班だったが娘が中宗の王妃となり坡山府院君となる。 当初はナンジョンを毛嫌いしていたが後受け入れる。 ユン・ジイムの長男。 作品中では 尹元路の漢字表記が用いられている。 文定王后やウォニョンの意向に反し、敬嬪朴氏・シム・ジョンに近づいての役職を得る。 彼らが朝廷から消えるとキム・アルロ・ユン・イムらに近付き、それがきっかけで弟妹と仲たがいしていく。 夫人金氏 ウォニョンの正妻でキム・アルロの姪。 後ナンジョンに殺害される。 ユン・サム ウォニョンとナンジョンの息子。 王室 [ ] 俳優 役名 作品中の設定等 中宗の母。 第11代国王。 反正により異母兄のにかわり王となった。 即位7日後に功臣たちに押され、慎氏を廃位し王宮から追放。 以後功臣たちや後宮たちの政治的干渉を生涯において受け続ける。 中宗の最初の王妃。 夫の即位7日後に廃位され宮廷から追放された。 その後仏門に入りタンチュ和尚の寺で過ごしていた。 中宗の継室でユン・イムの妹。 元子出産後死去。 中宗と章敬王后の娘。 本名は オッカ(オクハ)。 キム・ヒの妻。 自身が灼鼠の変に関わり、弟を呪詛する品を置いた事で深く苦悩し、病に倒れ死去。 子供時代 中宗と章敬王后の息子で第12代国王。 文定王后に育てられ、彼女に対して篤い孝心を示す。 仁宗の正室。 中宗の側室でパク・スリムの娘。 で暮らしていたがパク・ウォンジョンの養女となり側室として王宮に入り、福城君・恵順翁主・恵静翁主の母となる。 文定王后とナンジョンの政敵として、一時は朝廷にて権勢を誇るが灼鼠の変と木牌の変により流刑の後賜死される。 少年時代 中宗の長子で母は敬嬪朴氏。 長じて母同様流刑の後賜死される。 郡夫人尹氏 福城君の正室。 中宗の側室でホン・ギョンジュの娘、錦原君・鳳城君の母。 敬嬪ともども王后の地位への野心を持ち、文定王后の政敵となる。 中宗と熙嬪洪氏の息子。 中宗の側室で、永陽君・徳興君の母。 常に正しい発言をし、文定王后や慈順大妃からの信頼が篤かった。 中宗死後は文定王后の計らいにより引き続き王宮にとどまることを許された。 中宗と昌嬪安氏の息子。 王世子選びで最終選考の対象者となるが辞退した。 子供時代 中宗と文定王后の息子で第13代国王。 キム・アルロ家 [ ] 俳優 役名 作品中の設定等 キム・ジョンの甥でキム・ヒの父。 文定王后とナンジョンの政敵。 キム・アルロの叔父でキム・ヒと夫人金氏の祖父。 領議政だったが高齢のため辞職。 キム・アルロの息子で孝恵公主の夫、延城尉。 ナンジョンにそそのかされ妻と共に灼鼠の変に関わる。 ユン・イム家 [ ] 俳優 役名 作品中の設定等 反正功臣のひとり、章敬王后の兄で仁宗の伯父。 判府事。 キム・アルロの盟友。 メヒャンを巡りイム・ベンニョンと争う。 貞夫人 ユン・イムの正室。 朝廷 [ ] 俳優 役名 作品中の設定等 中宗の叔父でナンジョンの実父。 行方不明となったケヒャンと実子を探している。 反正功臣のひとり。 敬嬪の養父。 反正功臣のひとりでシム・ジョンともども敬嬪に近づく。 領議政にまで登りつめるが朝廷内で孤立し引退。 反正功臣のひとりで華川君の爵位を持つ。 敬嬪の手足となり、彼女との姦通疑惑が持たれた事もある。 キム・アルロの策略で匿名書事件の首謀者に仕立て上げられて失脚、後流刑先で賜死される。 反正功臣のひとりで南陽君の爵位を持つ。 熙嬪洪氏の父。 娘が王妃の地位に付けるよう画策するが失敗。 病に倒れ死去。 士林派からの信頼が厚い。 ナム・ゴン辞任後に領議政となるが、中宗を批判して罷職された。 士林派のひとりでチョ・グァンジョの朝廷における後見人的存在でもあった。 策略により謀反の疑いをかけられ賜死される。 士林派のひとり。 中宗に寵愛され大司憲にまで出世するがに遭い賜死される。 兵曹参判。 チョ・グァンジョらの処刑に反対し罷免される。 大司憲。 都摠管。 キム・アルロ側に付く文臣。 キム・アルロ側に付く文臣。 中立派。 士林派のひとり。 キム・アルロに疎まれ朝廷を追われる。 シム・ジョンの一派にいたが後キム・アルロ側に寝返った。 ハン・ジュンボ 都総管。 キム・アルロの腹心。 パク・ヒリャン 儒学生でオンニョンの婚約者だったがナンジョンに色情を寄せて破談となる。 内命婦 [ ] 俳優 役名 作品中の設定等 オム尚宮 交泰殿 王后の住まい 付尚宮。 オ尚宮 交泰殿付尚宮。 キム尚宮 慶寧殿 中宗の住まい 付尚宮。 敬嬪の間者。 チョ尚宮 大妃殿付尚宮。 パク尚宮 東宮殿(世子の住まい)付尚宮。 クム 敬嬪付宮女、後昇進しチャン尚宮。 灼鼠の変の際尋問を受け、敬嬪を裏切る発言を行い、彼女を死へ追いやる。 自責の念に堪え切れず王宮内にて縊死する。 ヒャン 熙嬪付宮女。 その他 [ ] 俳優 役名 作品中の設定等 ケヒャン 巴陵君の愛妾でナンジョンの実母。 逃亡中に倭寇に襲われ、ナンジョンを出産後死亡する。 タンチュ和尚 山寺の住職で、カッパチとパン・ベギンの兄貴分。 ケヒャンの出産に立ち会いナンジョンを取り上げた。 カッパチ 革靴屋。 高い教養と見識を持つ。 チョ・グァンジョ、ウォニョン、イム・ベンニョンの師匠。 パン・ベギン 占い師。 タンゴル 巫女でパン・ベギンの妻。 かつてユンギョムの正室の依頼で、妊娠中のチャンフン宅を崖から突き落とし死産させた。 チャウナ でメヒャンの母。 長通橋で妓房を経営する。 子役時代 オク・メヒャン ナンジョンの幼馴染で妓生。 イム・ベンニョンを愛するが、科挙合格の妨げになると考え自ら身を引く。 地方の儒学生でカッパチの弟子。 後ウォニョンと共に朝廷で権勢を振るう。 子役時代 ヌングム 旅芸人だったがペク・チスとの邂逅をきっかけに商人の道を歩む。 幼いころからキルサンの事を想っており、ナンジョンの事をよく思っていない。 子役時代 キルサン 旅芸人でタルレの兄。 武術に優れている。 兄だと偽り、ナンジョンの護衛役を務めるが刺客との戦いにて生命を落とす。 子役時代 タルレ キルサンの妹。 シムトゥン 長通橋の妓房で働く少女。 モリン 山寺からナンジョンが引き取った少女。 当初は口がきけなかったが後話せるようになる。 ペク・チス 商人で南門の行首。 ヌングムに亡き娘の面影を追い、商人として修行をさせる。 朝廷の陰謀に巻き込まれて財産を失いチャン大人の軍門に下った。 チャン大人 明の巨商でヌングムの師匠。 朝鮮人の父と明国人の母を持つ。 朝廷の実力者に取り入り金儲けをしようとする。 ウォニョンの従兄弟の息子でナンジョンを叔母と慕う。 ソ・ウォリャン (ウォルヒャン) チュンニョンが連れてきた妓生。 韓国国外での放送 [ ] 台湾 [ ] 2002年9月2日から翌2003年2月26日まで、系の局である()にて放送された。 放送時、の『死了都要愛』が台湾版オリジナル主題歌として、また(ジョイ・ヨン)の『明天愛誰』および『心情不好』がオリジナル挿入歌として用いられた。 日本 [ ] 2006年7月1日から翌2007年12月1日までのにて放送された後、三重県の地方局であるにて2009年5月6日より放送された。 香港 [ ] 系チャンネルである()にて放送された事がある(放送日時は不明)。 放送時、(フランシス・イップ、)の『活出個未來』、および『又是命運』が香港版オリジナル挿入歌として用いられた。 音楽・主題歌 [ ] 作品中の音楽、および主題歌の製作に、名唱(歌い手)の()、奏者の()、ソプラノ歌手のが参加した。 安はオープニングテーマにも用いられたタイトル曲を歌い、吉はヌングムのテーマソング『哀歌』を担当した。 オープニングテーマ: V. 『Main Title』• 挿入歌: V. 『Main Theme part2』 関連商品 [ ] DVD [ ] 韓国ではDVDは未発売であり、台湾および日本でDVDが発売されている。 台湾版はNew Her Ming Videoから2006年11月にDVD-BOX(全3巻)が発売された。 日本ではより2009年7月にDVD-BOXの第1作目が発売され、翌2010年3月までに全9作が発売された。 VCD [ ] 香港では-BOXの第1作目が2005年5月に楽貿より発売され 、翌2006年1月までに全6作が発売された。 CD [ ] 韓国では2002年6月に、ユニヴァーサルよりCDが発売された。 脚注 [ ]• 1960. 24付記事(内)• 2 06:58 UTC 閲覧• (朝鮮語) 舞台芸術アーカイヴ公式サイト 2013. 2 09:12 UTC 閲覧• 이준목 (朝鮮語) www. dailian. kr 2006. 8付記事• (朝鮮語) etnews. com 2001. 14付記事• (朝鮮語) xportsnews. hankyung. com 2013. 28付記事• シネマコリア. 初版1998、最新版2002. 31、2009. 21 08:57 UTC 閲覧。 (朝鮮語) jbnews. com 2002. 1付記事• (朝鮮語) 公式サイト 2013. 28 10:19 UTC 閲覧• (朝鮮語) 2013. 26 12:36 UTC 閲覧• 2013. 29 08:46 UTC 閲覧• 28 08:30 UTC 閲覧• 28 09:15 UTC 閲覧• (朝鮮語) 中央日報 2002. 18付記事(オリジナル: 日刊スポーツ)• (朝鮮語) SBS公式サイト 2013. 27 12:06 UTC 閲覧• (朝鮮語) SBS公式サイト 2013. 28 08:14 UTC 閲覧• (朝鮮語) 2002. 9付記事(オリジナル: )• (朝鮮語) SBS公式サイト 2013. 28 08:59 UTC 閲覧• (朝鮮語) 2001. 4付記事• (朝鮮語) 中央日報 2002. 14付記事(オリジナル: 日刊スポーツ)• 전원 (朝鮮語) newsen 2013. 14付記事• (朝鮮語) SBS公式サイト 2013. 27 11:58 UTC 閲覧• (朝鮮語) SBS公式サイト 2013. 28 08:45 UTC 閲覧• コリア・エンターテインメント 2013. 29 09:28 UTC 閲覧• (中国語) 2013. 29 09:39 UTC 閲覧。 (朝鮮語) 2001. 15付記事• 29 08:24 UTC 閲覧• (中国語) yesasia 2013. 26 09:03 UTC 閲覧• コリア・エンターテインメント 2013. 29 09:06 UTC 閲覧• (中国語) yesasia 2013. 29 09:11 UTC 閲覧• (朝鮮語) 2013. 29 09:18 UTC 閲覧 外部リンク [ ]• (朝鮮語)•

次の