共有 フォルダ 削除 復元。 削除された共有ドライブやその中のファイルの復元

デスクトップで消えたフォルダを復元する方法

共有 フォルダ 削除 復元

共有フォルダーのデータを簡単に復元する PCでは削除したファイルは「ゴミ箱」に溜り、「ゴミ箱」を空にしない限りはいつでも戻すことができます。 しかしWindowsサーバーの共有フォルダーに置かれたデータは、削除するとその瞬間に消えてしまいます。 この場合、データを戻すには通常バックアップから戻すしかありませんが、これはシステム管理者にとっては大きな作業負荷となります。 もちろんバックアップがない場合は復元はできません。 このような問題に対応するために、Windowsサーバーには「シャドウコピー」の機能が標準装備されています。 シャドウコピーを利用すれば、クライアント側の簡単な操作でデータを復元することができます。 (シャドウコピーの機能はデフォルトでは無効になってるため、使用開始時には設定を行う必要があります。 詳しくはSIerにご相談ください) シャドウコピーの利用(クライアント操作) シャドウコピーのデータ復元操作はとても簡単です。 データが入っていたフォルダーを右クリックし、「以前のバージョンの復元」を選択します。 (下記はWindows 7の画面です) 「以前のバージョン」タブの「フォルダーのバージョン」から復元したい日時のフォルダーを選択します。 「開く」またはダブルクリックでシャドウコピーされたファイルが表示されますので、必要なファイルをローカルに保存すればOKです。 シャドウコピーの仕組み Windowsサーバーのシャドウコピーは一定の間隔でディスクのスナップショットを自動で保存する機能です。 ユーザーミスなどによるデータ消失の他、誤って上書き保存した場合や、ファイルが破損してしまった場合でも、シャドウコピー時点のデータまで戻すことが可能です。 シャドウコピーに使用する容量(最低300MB~)やコピーのスケジュールは任意に設定することが可能です。 ただし、 ・リアルタイムでのバックアップには対応していない。 ・データはシャドウコピーの利用領域によって古いものから自動削除される。 という注意点があります。 またハードディスクが破損した場合、シャドウコピーも失われますのでこの機能をバックアップの代わりに使用することはできません。 あくまで簡易的で手軽な復旧手段としてご活用ください。

次の

共有フォルダのデータを誤って削除した時の対処

共有 フォルダ 削除 復元

こんにちは、です。 弊社グループ会社の吉積情報株式会社(以下、吉積情報)は10年以上 G Suite の販売代理店として活動しています。 これまで数多くの企業に G Suite の導入を行い、 G Suite に関して多くの知見を得てきました。 最近では、 Google ドライブの「共有ドライブ」が企業のファイルストレージとして注目を集めており、 吉積情報の G Suite サポートチームは日々これらの問い合わせに対応しています。 今回のコラムでは、最近注目を集めている共有ドライブのtips集を吉積情報の G Suite サポートチームの協力を得て作成しました!共有ドライブをこれから導入する、もしくは既に運用を行なっている企業、ユーザ様の課題解決にお役立ていただければ幸いです。 初心者向け!共有ドライブの「課題解決tips集」 これらのtips集は、共有ドライブを運用する企業様からよく問い合わせをいただく「あるあるtips集」です。 今回は初心者向けの内容になっていますが、上級者向けのtips集については、次回以降に公開予定です。 前提条件 共有ドライブを利用するためには、以下エディションの契約が必要です。 G Suite Basic をご利用の場合は、共有ドライブを利用することはできません。 共有ドライブを作成することができません 共有ドライブに対して「閲覧者」以上の 権限を保持していないのが原因です。 権限を保持していない場合、上記画面が表示されますので、「アクセス権限をリクエスト」を押下してください。 ボタンを押下すると、共有ドライブの管理者に「アクセス権のリクエスト」がメールで送信されます。 管理者が共有を許可した場合は権限が付与され、共有ドライブにアクセスできるようになります。 企業のセキュリティポリシーの設定によっては、社外のユーザは共有ドライブに追加することができない場合もあります。 共有ドライブを削除できません 共有ドライブで削除されたファイルはゴミ箱に移動され、25日後に削除されます。 その期間であれば、ファイルを復元することが可能です。 以下の通り、共有ドライブ名からコンテキストメニューを表示し、「ゴミ箱を表示」を選択します。 ゴミ箱に移動したら、対象のファイルを右クリックし、「復元」を選択してください。 共有ドライブの管理者である場合、「完全に削除」を実行できてしまうため、注意が必要です。 共有ドライブの権限をおさらいしよう! 共有ドライブに関しては、やはり権限に関する問い合わせが多いようです。 今回ご紹介したtipsの内容を踏まえて、共有ドライブの権限をまとめてみます。 ただし、「共有ドライブの作成」は G Suite 管理者の設定に依存するため、上表には入っていません。 共有ドライブに対する、さらに細かい権限についてはをご参考ください。 共有ドライブを学習したい人にはコチラの記事がオススメ! 共有ドライブについて詳しく知りたい方は以下の記事がオススメです。 共有ドライブの概要から権限の種類、運用の注意点まで詳細に解説をしています。 是非チェックしてみてください。 記事タイトル 内容 共有ドライブの概要、権限、制限、運用する上での注意点について詳しく解説しています。 共有ドライブの運用課題を解決してくれる「おすすめツール」を紹介しています。 共有ドライブをフル活用するための「 Cmosy 」 弊社グループ会社の吉積情報株式会社は Google ドライブ拡張サービス「 Cmosy 」を提供しています。 Cmosy は Google ドライブのセキュリティポリシーを保持した状態で、ファイルを送受信するためのサービスです。 有効期限やパスワードによるセキュリティの保護、ログによるデータ追跡等、様々な機能を提供しています。 Cmosy は共有ドライブにも対応しており、社外共有チェックや利用状況のログも出力することができます。 Cmosy の共有ドライブ機能についての詳しい説明はをご参考ください。 Cmosy はウェビナーを定期開催 吉積情報株式会社は、 Cmosy のウェビナーを定期開催しています。 このウェビナーでは、 Cmosy の営業担当が Cmosy の概要や新機能の紹介を行います。 Cmosy のウェビナーの詳細についてはをご確認ください。 また、機能や導入実績等、Cmosyについて詳しく知りたい場合は、以下バナーから資料請求、もしくはから直接お問い合わせください。

次の

削除された共有ドライブやその中のファイルの復元

共有 フォルダ 削除 復元

共有フォルダのファイルを削除した場合 共有フォルダのファイルを削除した場合、オーナー(データ作成者・アップロード者)と共有者により下記のような違いがあります。 (下記に詳しく説明していますが、簡単に言うとオーナーなら完全削除するまでは復元は可能です。 ゴミ箱に入っている間は、 オーナーも共有者も【履歴】からそのファイルを開くことができます。 履歴にアクセスするには 共有フォルダを開き「履歴」に表示されているファイル名をクリックします。 この時、コピーの作成を促され、コピーがマイドライブに作成されると、作成したユーザーがオーナーになります。 尚、オーナーはゴミ箱から復元も可能ですし、完全に削除も可能です。 完全に削除すると誰も復元はできません。 共有者は全員アクセスできなくなりますが ファイルオーナー及び フォルダのオーナーは 共有フォルダの「履歴」からファイルを開けます。 共有フォルダにアクセス• 右上の 「詳細を表示」ボタン をクリック• 「履歴」をクリック するとファイルが表示され、クリックして開けます(ゴミ箱に入っている間のみ)• 「コピーを作成」をクリックすると マイドライブに作成され、オーナーは自分自身になります。 オーナー及びフォルダのオーナーはフォルダにアクセス• 右上の 「詳細を表示」ボタン をクリック• 「履歴」をクリック するとファイルが表示され、クリックして開けます(ゴミ箱に入っている間のみ)• 復元したい場合は「履歴」から ファイル名を右クリックし 「コピーを作成」をクリックします.

次の