ボーナス 使い道 30代。 30代のボーナス事情 いくらもらってる?何に使うのか?

30代以上のベテラン社員は、いくらボーナスをもらってる? 何に使う?

ボーナス 使い道 30代

(写真=PIXTA) 日本生命の調査では、全年代の今夏の平均ボーナス支給額は1万円増の51万5000円である。 それに対し、30代の平均支給額は2万2000円増の38万8000円であった。 30代は支給額こそ全年代の平均より少ないが、増加率は大きいという特徴がある。 30代の支給額を男女別に見ると、男性は2万8000円増の47万8000円、女性は1万2000円増の24万8000円となっている。 同調査ではボーナスの使途についての質問も行っている。 全体の回答では貯蓄・資産形成の33. 買い物や娯楽やレジャーに使うといった回答の割合は高くなく、ボーナスが入っても消費に回す人は多くない。 年代別の回答は開示されていないものの、ライフイベントが重なる30代ではその傾向は変わらないものと推察される。 ボーナスは増えるが自由なお金は少ない? ボーナス支給額が増加する30代であるが、同時にライフイベントも重なる年代である。 30代のお金に関する事情をもう少し追求してみる。 30代は結婚して家庭を持ち、将来の蓄えを築き始める年代である。 金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(平成28年)」によると、30代の二人以上世帯における金融資産保有額の平均は395万円となっている。 20代の平均が184万円である事を考えると、金融資産を増やし始める時期であると言える。 一方で保険が24. 将来を見据えた保険加入や資産運用の一環としての投資に目が向く年代である。 金融庁の「NISA口座の利用状況調査(平成28年)」によると、昨年12月末時点で30代のNISA口座開設件数は107万口座と20代の2倍以上となる。 また、同時点における30代のNISA口座内残高は4500億円であり、こちらは20代の約3. 5倍の規模である。 住宅購入を30代で経験する人も多い。 住宅金融支援機構によると2016年度におけるフラット35の利用者平均年齢は39. 8歳であり、利用者の44. 結婚、出産、住宅購入などのライフイベントや将来への備えというように30代は何かとお金がかかる年代である。 晩婚化の進行が30代に重要なライフイベントが集中する要因となっている可能性がある。 厚生労働省の人口動態推計によると、2016年の平均初婚年齢は男性31. 1歳、女性29. 4歳である。 また、第1子出生時の母の平均年齢は30. 7歳である。 晩婚化が進み、30代に差し掛かるタイミングでの結婚や出産が多くなっており、多くのライフイベントが30代へ集中する事に拍車をかけている。 30代はボーナスが増加する時期であるが、様々な出費が必要となる年代でもあり、自由に使えるお金は少ないと見られる。 中にはライフイベントの多さから月々の家計が赤字となり、ボーナスで補てんしているという人もいるだろう。 30代のボーナス事情はライフイベントによる制約が付きまとう事がわかる。 しっかりと自身のライフプランやマネープランと向き合い、計画を立てる事が重要であろう。 (ZUU online編集部)•

次の

ボーナスの使い道って何がある?ボーナスの使い道ランキングを紹介!

ボーナス 使い道 30代

一人暮らしで毎月厳しいんで、次のボーナスまでの約半年分の生活費の補充に月1万円ずつ。 合計6万円を「貯蓄」とは別に「生活費貯金」としてストックしてます。 後は両親に1万円ずつお小遣いで渡して、その残りから奨学金をひいた残りをきれいに2等分して…。 半分は自分の欲しいもの。 もう半分は将来のための貯金にしてます! との事でした!しっかりしてますね!! 突然の出費に備えた「いざという時貯金」 また、 「車検貯金」や 「結婚式のご祝儀貯金」のような突然の出費に備えた、いざという時のお金も貯めている人も多いんです。 結婚情報誌を見ていたら、独身女性の約7割が「24歳~28歳」の間に結婚したい!と思っている…とあったんですけど。 でも、短大卒の同期は社会人1年目から毎月コツコツ貯金して、ボーナスもほぼ全額貯金して、10年目には1000万円貯めてたんです! 結婚するときに… このお金の事は旦那には絶対に言わないの! もしも離婚した時の為の保険なんだから。 笑 …と、笑いながら言ってましたけど、きっとあれは半分本気なんだろうなと思います。 笑 30歳を過ぎて、結婚した周りの友人を見ていると本当にいろんな人がいて…結婚ってゴールじゃないんだなってしみじみ思うんです。 一人暮らしって生活費がかかるので、毎月親への仕送りがしたくても出来ない事もありますよね。 そんな場合はボーナスの機会にちょっと多めにお金を渡している人も。 ボーナスの額にもよりますが、私の友人(一人暮らし)ではほとんどが1万円~3万円以内という結果でした。 こちらは「無理のない範囲」で、自分も両親も気を使わない額を使ってる人が多いようです。 スポンサードリンク 夏のボーナスの使い道 自分へのご褒美にはいくら何に使う? でも、貯金も大事ですけど、買い物も大事です! 夏のボーナスは「夏休み前」のいろいろとお金が必要な時期に支給されますよね。 「欲しいけどなかなか買えないもの」って、やっぱりそれくらいの金額はしますよね。 ファッションやコスメ用品• 新しい家具や家電• エステや脱毛 夏のボーナスの特徴なのかもしれませんが、独身の女性の場合は、来るべき夏に備えた準備にお金を使う事が多いようですね! 確かに、夏のボーナスをもらう6月下旬から7月上旬は梅雨の欝々とした時期…。 エアコンや除湿機など、一人暮らしの部屋の電化製品をグレードアップするのにちょうどいいタイミングなんですよね。 そんな憂鬱な気分を晴らすために、友達との夏の旅行の計画を立てて申し込んだり、デートのプランを考えたり。 あのお金のおかげで、30歳で仕事を辞めて海外留学したのですが、結果…「こんな世界があったんだ!」という新しい価値観や世界に出逢えました。 いざ!という時にお金があるのとないのとでは全然違うなと身に染みて思うんです。

次の

20~30代社会人女性の「ボーナスの使い道」|「マイナビウーマン」

ボーナス 使い道 30代

一般的に20代とは違い、30代になると ボーナスが一気に増えると言われます。 でも、実際のところどのくらい増えるかは、ボーナスを貰うまで分かりませんよね。 もちろん、自分のボーナスの手取りも気になるところ。 そこで、今回は30代で貰うボーナスの平均の手取り額で、夏と冬のボーナスの平均の手取り額、男性と女性でボーナスの手取り額の違い、大手企業と中小企業での手取り額の違いについて調査したので、紹介したいと思います。 30代の夏と冬のボーナスの手取りの平均額は? まずは、30代の 夏と冬のボーナスの手取りの平均額から見ていきましょう。 30代の前半(30~34歳まで)、後半(35~39歳まで)、30代全体の3パターンでの調査結果です。 こちらの表をご覧ください。 年齢 夏のボーナス手取り額 円 冬のボーナス手取り額 円 30代前半 39万円前後 44万円前後 30代後半 47万円前後 50万円前後 30代全体 43万円前後 47万円前後 30代の平均のボーナス 手取り額は45万円前後です。 20代の平均の手取りと比べると、 30代は15万円前後も増えるようですね! ちなみに、20代のボーナス平均の記事はこちらに詳しく書いています。 また、夏のボーナスより冬のボーナスの方が5万円ほど増えるようです。 上の表は、ボーナスについての様々な情報サイトと資料を調べ、大手企業、中小企業、男性、女性を総合したデータから算出しました。 ボーナスの手取りの計算方法 ボーナスの手取りは、下記の計算方法で出します。 こちらをご覧ください。 ボーナス額面、あなたの年齢、住んでいる地域、仕事の内容、前の月の給与など 様々な条件で金額が異なってきます。 社会保険料と源泉徴収税のシミュレーションをしたい方は、を参考にしてみてください。 30代女性のボーナス手取りの平均は? 続いて、30代女性のボーナスの平均の手取りです。 30代の女性の1回分のボーナスの平均の 手取り額は33万円前後。 30代の平均のボーナスの手取り45万円と比較して、 10万円以上の差があります。 残念ながら、まだまだ男女の格差はあるようですね。 ちなみに、大手企業と中小企業の30代女性のボーナスの平均手取り額がこちら。 大手企業・中小企業のボーナス平均手取り額 大手企業: 49万円 中小企業: 25万円 中小企業より大手企業の方が、 約2倍ボーナスの手取りに差があるようです。 大手企業は1回のボーナスの手取り額が 基本給の約2. 5ヵ月分。 中小企業が 基本給の約1ヵ月分というのが一般的。 また、大手企業は夏と冬のボーナスが2回あるのが一般的ですが、中小企業の場合は夏か冬の1回しかボーナスが無いなんてこともザラです。 基本給は30代の平均が約30万円ですが、友人は月給で35万円以上貰っています。 しかし、ボーナスの時期になるとボーナスを貰っている他の友人を見て、「羨ましいなぁ…。 スポンサーリンク 30代男性のボーナス手取りの平均は? では、次は30代男性のボーナス手取りです。 30代の男性の1回分のボーナスの平均の 手取り額は51万円前後。 つまり、30代女性より 30代男性の方が20万円ほど多い金額を貰っていることになります。 これには理由がありまして、30代になると女性は結婚して専業主婦になったり、あるいは正社員を辞めてパートで働く人が増えることも関係しています。 ですから、30代の男性の方がボーナスの手取り額が多いのは、ある意味当然かもしれませんね。 ここで、大手企業と中小企業の30代の男性のボーナスの手取り額の平均を見てみましょう。 大手企業・中小企業のボーナス平均手取り額 夏のボーナス:57万円 冬のボーナス:61万円 30代の大手企業のボーナスの平均手取り額は60万円前後となっています。 20代が40万円くらいでしたから、大手企業の場合は30代の ボーナスの増加率が大きいですね! 30代になると、責任ある立場を任される年齢になってくるため、役職に就いたりすることで、ボーナスに反映されてくるんでしょうか。 逆に言うと、大手企業でも業種によっては、あまりボーナスが増えない場合も当然あるということですね。 でも、とにかく一般的には大手企業のボーナスは期待して良いでしょう! 中小企業の30代のボーナス平均手取り額は? それでは、中小企業の場合の30代のボーナス平均手取り額はどうか? こちらをご覧ください。 夏のボーナス:35万円 冬のボーナス:39万円 中小企業は、 大手企業に比べると半分以下というのが一般的。 大手企業のように、20代から30代になった時に、ボーナス大幅アップという風にはいかないのが中小企業です。 それは、大手企業に比べて中小企業の業績が安定しないこと、会社の運営資金が多くないことが、ボーナスをたくさん支払えない原因にもなっているようです。 なので、6月や11月に「今年の大手企業はボーナスが大幅アップです!」なんてボーナス関連のニュースを見ると、悲しくなると言っていたり…。 まとめ 30代のボーナスの手取りの平均額について、夏と冬のボーナス、女性と男性の違い、大手企業と中小企業の違いなどについて紹介してきました。 30代の男女のボーナス平均額は 45万円前後でしたね。 夏と冬では、冬の方が5万円ほど多い傾向です。 また、女性と男性では30代になると、 20万円以上も男性の方がボーナスが増えるのが一般的のようです。 30代は女性が家庭に入ったり、正社員を辞めてパートになる人も多いので、どうしても男性と差が大きくなってしまうとのこと。 大手企業と中小企業でも、やはりボーナスの手取り額で20万円前後の差が出てしまっています。 大手企業は、20代に比べて30代は大幅にボーナスがアップする場合が多いでしょう。 反対に、中小企業の場合は20代と30代でそこまで大きな金額のアップは望めません。

次の