カバラ 数 秘術 33。 運命数33の意味!カバラ数秘術の相性の良い運命数や性格に恋愛は?

カバラ数秘術 運命数「33」無償の愛を届け浮世離れした宇宙数

カバラ 数 秘術 33

カバラ数秘術とは、数が持っている性質を知ることによって自らの使命を知り、すばらしい人生を送るための方法を探るというものです。 西洋ではピタゴラスの時代にまず「数秘術」が広がり、その後カバラと呼ばれるユダヤ教の神秘主義に取り入れられて「カバラ数秘術」が誕生しました。 カバラ数秘術では主に運命数と呼ばれる数字の意味を知ることで、その人に課せられた使命やどのような人生を送るのかなどを探ってきました。 運命数は誕生数、あるいはソウルナンバー・ライフパスナンバー・パーソナルナンバーと呼ばれることもあります。 運命数を導き出す計算方法がありますが、下にある計算ツールを利用すれば簡単に運命数を出すことができます。 数秘術でナンバー「33」を持つことの意味・使命は、人とは異なった視点から物事をとらえること、独自のアイディアや発想などを目に見える形にすることです。 「3」という数字の意味は新しいものを創造するパワーですが、ゾロ目の「33」は3の持つパワーがさらに増幅されます。 6は調和を表し、人とのつながりを大切にしようとします。 ただし本来の6とは違って、より感受性の豊かな「33」の場合には場の空気を読み過ぎて疲れてしまうような面もあります。 ちなみに運命数は基本的に、生年月日を1ケタの数字にばらして、さらに1ケタになるまで足していく方法で算出します。 しかし計算の過程でゾロ目の数字「11・22・33」が出てきたら、計算をストップしてそのままゾロ目数字「11・22・33」で判断します。 このゾロ目の3つの数字はマスターナンバーと呼ばれ、カバラ数秘術ではスピリチュアル性の高い数字と考えられています。 マスターナンバーを運命数に持つ人の割合はもともと少ないですが、中でも「33」というマスターナンバーを持つ人の割合はさらに少ないです。 カバラ数秘術で「33」を持つ人の性格・特徴を5つ紹介していきます。 ゾロ目のマスターナンバーの中でも持つ人の割合が少ないとされる運命数「33」の性格・特徴は、簡単にまとめると次のようになります。 好奇心が旺盛です。 自分が好きなことはとことん突き詰めようとします。 その結果、特定の分野のカリスマ的存在になることも少なくありません。 変化と冒険を好み、平凡さが苦痛に感じることがあります。 普通の人が困難に感じるような事でも「楽しい!」と思って取り組めるのが「33」です。 損得勘定抜きに誰かを助けようとします。 そういった無欲な部分が多くの人々から愛される要素になっています。 独特な考え方・ものの見方をします。 他人と人と自分が違っていることを自覚しており、人付き合いにおいては遠慮がちになってしまうことも。 そういった背景から集団での行動に苦手意識があります。 感性が高く、人の考えていることを見抜く才能があります。 場の空気を読むことも得意ですが、感受性が高いこともあって疲労しやすい面もあります。 数秘術の運命数「33」の恋愛・結婚の特徴を一言で表すと「華やか」です。 パッと人目を引く外見に加えて、他の人とは異なった独自の雰囲気が魅力的で、多くの人から恋愛対象として意識されます。 感受性の高い33の人は、自分に恋愛感情を持っている人にすぐ気が付きます。 しかし自分からアプローチすることは少なく、たいていの場合は相手からのアプローチを受けて交際へと進んでいきます。 独自の世界観を持つ「33」の人は他人から理解されがたい部分があることを自覚しているので、そういったことも恋愛・結婚に対して受け身になる原因となっています。 運命数「33」の人は「6」という数字の意味もあわせ持っているので、恋愛面でも相手に歩調を合わせようとします。 結婚後は家族を大切にしますが、独自のライフスタイルや価値観を持っているので、他の家庭とはやや異なる部分があります。 数秘術の運命数「33」の仕事・適職はどのようなものでしょうか?お伝えしているように「33」は「3」(創造と破壊)と「6」(調和・博愛)の数字の意味をあわせ持っています。 アーティストや音楽家などのクリエイティブな仕事が適職で、新しいものを打ち立てるために古きものを破壊するといった情熱は、クリエイティブの世界では必要不可欠です。 また「他人のために献身的に尽くす」という使命を持っている「33」の人は医療・福祉・介護関連の仕事も適職です。 ゾロ目のマスターナンバーは基本的にスピリチュアル性の高い数字と考えられています。 ですから運命数「33」の人が、自分に課された使命をスピリチュアルな分野で果たすなら、占い師やヒーラー・カウンセラーといった仕事も適職です。 さらに「33」の人はやや集団行動が苦手な傾向があります。 大きな企業・組織の歯車として働くよりも、自営やフリーランスとして働く方が自分の個性や世界観が保たれ、仕事やビジネスで活躍しやすいです。

次の

カバラ数秘術、運命数33の意味と基本情報とは?

カバラ 数 秘術 33

【運命数】とは、カバラ数秘術とも言われ、自分の生年月日から導き出すことができる、 生まれ持った特別な数字のことです。 運命数からは、その人の性質や性格だけではなく、どんな考えを持っているかなどもわかります。 運命数33は誰よりも愛情深くユーモアがるのが特徴ですが、細かい性格をみていくと意外なことがわかってきます。 今回は 「運命数33の人の運命傾向」 「運命数33の人の特徴」「運命数33の人の恋愛傾向」「運命数33の人の取り扱い方」について紹介します。 運命数33の運命傾向 運命数33は「自分のポリシーに従う運命を持つ」 運命数33の人は、人助けや社会貢献に興味があり、利益追求の仕事にはあまり関心が持てません。 いわゆる普通の仕事を選ばない可能性も高く、自分のやりたいことをストイックに追求する人生を歩むはず。 運命数33は「肩書に縛られない」 運命数33の人からすれば、高収入や高い地位は無意味なもの。 自分のポリシーに従って生きることこそ、最高の幸せなのです。 その運命を理解して受け入れることが大切でしょう。 運命数33の特徴 運命数33は「世界の救世主的存在」 深い慈愛を持ち、他人の幸せのためにも努力できるのが、運命数33の人。 精神的価値を重視する傾向が強く、お金に対する執着や物欲が希薄です。 運命数33は「奉仕と社会貢献が生きがい」 ボランティア活動にのめり込んだり、自分の信念をつらぬくために私財を投じたりするかもしれません。 運命数33の人にとっては、奉仕と社会貢献が生きがい。 高い理想は世界平和にも通ずるはずです。 運命数33は「教祖的立場」 運命数33の人は、自分のことを後回しにしても人の幸せを考えられるタイプ。 ガンジーやナイチンゲールのような崇高なポリシーがあり、それは多くの人の尊敬を集める要因になるでしょう。 運命数33は「ファンができる」 運命数33の人が自分の欲や利益を無視してがんばる姿に、サポートしたいと申し出るファンの人ができるはず。 また、運命数33の人が自らリーダー役を申し出なくても、周囲から支えられて「指導者」的な立場を取ることが多いようです。 運命数33の恋愛傾向 運命数33は「支えてくれる人を好きになる」 運命数33の人にとって、恋愛の優先度は決して高くありません。 人を好きになるまでに時間がかかるタイプで、友だちや仕事仲間として親しくするうちに恋に落ちるパターンが多いでしょう。 運命数33と相性が良いのは「世話好きの人」 自分のことは後回しで奉仕活動などに熱中するため、プライベートがおろそかになりがちというのも、運命数33の人の特徴。 恋人が身の回りの世話をして、そのまま結婚するというパターンも少なくないでしょう。 運命数33の取り扱い方 運命数33を取り扱うには「気にかけてあげる」 運命数33の人は、自分の事がおろそかになりがち。 「頑張りすぎないでね」と気にかけてあげると、関係を良好にたもてます。 運命数33の人は、つねに人のために役立ちたい。 社会のために働きたいという高い志を持っています。 運命数33の人は、「普通」に生きる必要はありません。 狭い地域の中ではなく、広い世界に飛び出すことで全うされるはず。 仕事も生活拠点も、自分のポリシーがつらぬける選択をすることが、幸せをつかむカギです。 運命数33の有名人とは? 運命数33という数字をもっている人は、共通の運命や、性格、生き方があるはずです。 運命数が同じ有名人をみていきましょう。 人名 誕生日 羽生結弦(フィギュア スケート選手) 1994年12月7日 黒柳 徹子(タレント) 1933年8月9日 福山 雅治(歌手) 1969年2月6日 石原 さとみ(女優) 1986年12月24日 堀北 真希(女優) 1988年10月6日 カズレーザー(芸人) 1984年7月4日 どうでしたか?運命数について、もっと深く知りたい方は以下の記事もご覧ください。

次の

カバラ数秘術で『33』が運命数の特徴は?2020運勢や相性のいい人の誕生数も!

カバラ 数 秘術 33

【カバラ数秘術】の運命数・誕生数の使命や特徴 33の使命は独自の感性で周囲を癒していく 時には、相手の要求を更に促進させてしまうほど、母性愛を感じさせる人と言えます。 それはさりげなく、自分からアピールすることも、したいと思うこともないため、気づかれにくいことも多いのです。 33の人の存在がなくなることによって、初めて周囲の人はその大きさに気づくこともあるでしょう。 33の人は、幼い頃から純粋な気持ちの中にも大人の感性を強く持ち、時にはさりげなく大人を気遣うこともあるでしょう。 どちらかというと、子供らしさを感じさせないことによって、大人からは「素直ではない。 」と感じさせ、受け入れられないことも多いでしょう。 そのような経緯も手伝って、自分から前に出ることはせず、常に支える側にいようとします。 そして、そこに困った人がいればいつでも手を差し伸べたい、と敢えて周囲の中に溶け込んで2番手にいようとする傾向があります。 33の人は、何故自分がこのような感情を抱くのか、長い間自分でもわからずにいることもあるでしょう。 それゆえ周囲の人の感性とに非常に違和感を感じながら育っていきますが、自身でコントロールができるようになると、スローで内面から素直に溢れる表情に、人々が癒されるシーンはとても多いでしょう。 人とは異なる感性を持つために評価が二極化する 33の人がスピリチュアルな部分で目覚めていない日々は、自分のことを「変わっている人」として認識しながら育っていくでしょう。 自分でそう感じてしまうので、周囲に変人と見られることに慣れ、開き直って自分は自分とばかりに生きてしまうと、せっかくの素質もその環境の中で生かされず、辛いだけの日々になります。 それが例え善意で行っていることでさえ、周囲と協調性がないまま進むと、理解し、一目置く人と、しがらみの中で生きることに価値を置く人との間で二極化するでしょう。 経験や年数を経る中で自己啓発にも取り組む33の人は、その渦中で本当に大切なことを見つけ出すことができたり、どこかの過程で運命的な人と縁することができれば、必然的に変化していき、自由度や居場所は格段に広がっていきます。 全てのものに愛情を注ぐ慈愛の心を持つ 33の人は、自分の愛情の持って行き所に困ることも多いでしょう。 常にどこかに愛を注いでいることで生きている心地がしているといっても過言ではありません。 それは自分の機嫌がいい状態でも、不愉快な気分になっている時でも変わることはなく、常に誰かのことを気にかけ、また気に病んで過ごしているので、時には病的に「心配性」であると、自身が認識してしまうこともあるでしょう。 33の人は、世俗的なことにあまり興味は向きませんが、TVで知らない人の訃報にも涙を流すこともあり、弱い立場の人や幼い子供の虐待報道等のたびに心を痛めてしまうため、知らず知らず心が消耗することも多くあります。 元より、誰のことも放っておいて良いはずはない、という思いが占めているので、取り組んできたことの経験値が高くなっていくほど、それを活かせる慈善的行動に精力を傾ける人も多くなります。 存在が癒し系で周囲を安心させる 33の人の、柔和な微笑みそのものが、周囲の人を々波動に巻き込みます。 異性の心をぞっこんにさせることも多いでしょう。 また、同性であっても「心を許せる」存在にいち早くなるはずです。 他の人がダメでも、33の人なら打ち解け、胸の内を全て話してくれる存在となり得ます。 ただ、そのためには33の人本人も意識的に自分の存在価値を認識していく必要もあるでしょう。 それがないと、控えめな変人という、コンプレックスを抱えかねません。 自分の胸のうち全てを理解されないことをわかっているため、上手に周囲との調和を図りながら進めていくことで、その癒しの素質が生きてくるでしょう。 また、自分と同じように孤独感を抱く人の心理も理解でき、どんな人のこともわかってあげようとします。 時に八方美人と言われたり、自分で思ってしまうこともありますが、それについても、人を理解したいと思う気持ちの表れとして認識する必要もあるでしょう。 楽天家で自分は怒らないが周囲を怒らせている時がある 33の人は、その広い慈愛の心で物事を見ているため、周囲も同じと錯覚し、自分に対しても甘くなってしまう傾向があります。 社会生活では当然利害的な問題が発祥しますが、お互いが協力しあって進むのが当然という気持ちが強いために、社会常識や周囲から外れたことをしがちです。 33の人自身は周りの状況やそれまでの経緯から学び、適切なことをしていると思っても、きちんと把握しないまま独自の判断で行ってしまうことで、不合理が生じることもあるのです。 また、理解しているつもりで、理想や感情が先に立ち、誤解が生じていることもあります。 それを、さも善意のように行ってしまうところで、周囲は口に出さずとも、腹の底で面白くないと感じる場合もあるでしょう。 特に社会生活の中では、少し距離をとり、一つ一つ確認をとって進めていくことで、周囲との関係性もスムーズになっていくでしょう。 感受性が豊かで涙もろい 33の人は感性が豊かで、人の話を聞いては自分のことのように考え、時には自分を犠牲にしてでも悲しみの底にいる人を助けたい、という感情に駆られることでしょう。 人の悲しむ姿、苦しむ姿を見ていることに耐えられず、つい頼まれてもしないことまで手を出してしまうなど、何もしないではいられません。 多くの人もまた、できばえのいいドラマや映画のシーンで涙もろくなりますが、33の人は、一旦感情移入してしまうと、長時間にわたって抜けられないことも多々あり、何度も自分に置き換えて回想することも多いでしょう。 時には人から話から聞くあらすじだけで想像力が働き、感極まって涙が止まらなくなることもあります。 33の人は一つのことからあまりにいろんなことを感じてしまうため、人の顔色から、言葉一つ、或いは声の調子一つで、どこか自分に非があるのではないか、相手を怒らせていないか、はたまた何か悩んでいるのではないか、と勘ぐって、余計な負担を抱えがちです。 33の恋愛運は相手に困ることは無いが波乱万丈な恋が多い 人のことを敏感に読み取る33の人は、時に自分に好意を寄せる人の心情も読み取り、自分がそれに答えられないと思えば、相手を気遣ってそっと離れようとすることもあるでしょう。 有頂天になって恋愛感情を楽しむ、という気持ちは薄く、本質的な部分で理解し合える相手を探したいと考えます。 しかし、若い時には「理解されにくい自分」という意識が働くため、恋愛も結婚も、ある程度折り合いをつける形で進行することが多いでしょう。 それというのも、基本的に33の人の受け入れ範囲が広く、たいていの人に合わせられるため、自分でも誰と相性がいいか悪いか、知る手がかりがないと言えます。 そのため、つい情にほだされて付き合いを始めてしまい、後に断ることができなくなったり、既婚者であるにも関わらず、深みにはまっていったりすることもあります。 どのような場合でも、自分から動かずとも、癒しの波動は多くの異性を惹きつけてしまい、時には強烈な異性からのアプローチに抗えず、波乱な恋愛を呼ぶ因を作ってしまうこともあります。 【カバラ数秘術】33が運気を上げるポイントは健康管理が大切 33の人は、元々健康面で恵まれていないわけではありませんが、ともすれば愛する家族のために、無理をしたり、自分のことを後回しにしがちです。 そのため、自己管理がしっかりできているつもりでも、普段の生活によって免疫力が低下することもあり、それが原因で体調不良に陥ることもあります。 33の人は、ある程度年齢を重ねることで、スピリチュアルな方向で思考することも多くなるため、ヨガなどで健康維持を図る人も多いことでしょう。 ただ、贅沢はしないまでも、美味しいものを作って振る舞ったり、33の人自身、食べることが好きな人が多く、注意を怠ると肥満の傾向もあります。 この健康と精神とは、一体となって働くことで更に運気がアップしていきます。 どちらも疎かにしないことが、33の人の素質を十分に発揮するために大切なのです。 数秘術|運命数33と1の相性 33と1の二人は、基本的な性格が正反対。 だからこそ良い相性だと言えます。 33は他人に愛情を注ぐことに幸せを感じる仏様のような人柄です。 対して1はトップを目指す野心家で、アグレッシブな性格の持ち主。 チャレンジ精神旺盛な1を献身的な33がサポートする形で、発展的な関係を築くことができます。 また、お互いに過剰なほどにお人好しな一面も持っており、優しさのあまり損をしてしまうこともしばしば。 似た感覚を持っている者同士、優しく慰め合う場面もありそうです。 数秘術|運命数33と2の相性 33と2は、恋愛に対する基本的なスタンスが少し異なります。 33のちょっとした気遣いで、安定した関係を築くことができそうです。 33はフリーダムな恋愛を好む傾向にあり、2は相手についていく、ぐいぐい引っ張っていってほしいと思うタイプ。 奔放すぎる態度は温厚な2の心を傷つけてしまう可能性があります。 また、33は己の世界観が強く、マイペースすぎる一面も。 周囲と足並みを揃えようとする2の振る舞いに息苦しさを感じることもあるかもしれません。 お互いのペースや思い、考えを尊重することに注力すると良いでしょう。 数秘術|運命数33と3の相性 33と3は、どちらも我が道を行くタイプ。 息ピッタリの関係になれる二人です。 神秘的で独自の価値観を持つ33と、楽しいこと大好き・天真爛漫な3は共通の趣味などがあると一気に仲が深まります。 33の独創性と3の自己主張の強さは時に衝突することもあるかもしれません。 負けん気が強く猪突猛進タイプの3を、おおらかな33が小さな子どもを見守るような気持ちで接すると良いでしょう。 3もお互いのペースを保ちつつ楽しいことだらけの毎日を過ごすことができそうです。 数秘術|運命数33と4の相性 33と4が良い関係を築くには、少し努力が必要です。 33はちょっぴり変わり者で、4は真面目で堅実という基本性格を持っています。 オリジナルのスタイルで、自然体でいたい33が4のお堅い考え方を息苦しく感じてしまうかも。 そんな時は33の持つ「博愛精神」の出番。 4の真面目さをポジティブに捉え、自分にプラス要素を与えてくれると考えましょう。 4の気難しく考えがちな性格も個性の一部と受け止めて、時には受け流し、時には自分のペースに巻き込んで楽しさを共有するような柔軟さが大切です。 数秘術|運命数33と5の相性 33と5はどちらも自由人なので、気楽な関係が築けます。 恋愛においても、「刺激を求める」という共通の性格を持っています。 自由奔放な基本性格そのままに、多少の障害もへっちゃら、型破りな恋愛を楽しむタイプです。 また、5はテンプレート的な単調さが苦手な一面があります。 33の個性は5を飽きさせることなく、刺激を与えあう関係を長続きさせることができるでしょう。 常識の枠に囚われることなく、ありのままの思いを通じ合わせることができる二人だと言えます。 数秘術|運命数33と6の相性 33と6は、個性と優しさのぶつかり合いにならないように気配りが必要です。 全力で相手に尽くす6に対して、型にはまらない自由な恋愛を好むのが33。 また、6は尽くした分だけ愛されたいと望む傾向にあるため、マイペースで気ままな33の振る舞いに満たされない感情を抱いてしまうことがあります。 しかし、33は見返りを求めない献身・博愛精神も持ち合わせているため、その点では6と感覚を共有することができます。 パートナーに対してもその性格を発揮し、愛情を注いであげることでお互い満足のいく恋愛ができそうです。 数秘術|運命数33と7の相性 33と7は相性ピッタリ。 フリーダムな33と職人気質でクールな7は一見正反対に見えますが、良いバランスの二人です。 33と7の共通点は「束縛を嫌うこと」。 それぞれ独自のペースを持っている二人は、過度に干渉されると関係を続けるのが億劫になってしまいます。 その点、33も7も同じ価値観を共有しているので、気楽な関係を長続きさせることができます。 また、個性的なファッションを好むという共通点もあります。 全く同じものを好きになることはなくても、相手の個性を受け入れ、尊重し合うことでお互い自然体でいられます。 数秘術|運命数33と8の相性 33と8が良い関係を築くためには、お互いを理解する努力が必要です。 バイタリティに溢れ、チャレンジ精神旺盛な8は常に野心に満ちています。 仕事に一直線、という人が多いのも特徴です。 一方で常識に囚われず、独自の世界・価値観を持っているのが33。 8のパッションに33が置いてけぼりにされたり、逆に33の世界観を8が理解できなかったり…。 気持ちを通じ合わせるのには少し時間がかかりそうです。 自分にはない相手の性格をポジティブに受け止め、歩み寄る姿勢が円満な関係を築く第一歩になります。 数秘術|運命数33と9の相性 33と9が良い関係を築くためのポイントは、33の優しさです。 平和主義で感受性豊かなのが9の特徴。 周囲との調和を重視します。 加えて自己主張が弱めな9は、33の奔放さに辟易しつつもそれを上手く伝えることができないかもしれません。 さらに9は表には出さない秘めた一面を隠し持っている傾向にあります。 一歩引きがちな9の本当の気持ちを引き出せるのは、自由でおおらかな33。 安心して本音を話せるようなコミュニケーションの取り方を意識すると、9は心を開いてくれるでしょう。 数秘術|運命数33と11の相性 33と11は神秘的な一面が共通しており、良い相性だと言えます。 33は独特の価値観を持つ個性的なタイプで、11は直感を信じるセンスに溢れた芸術家肌という特徴があります。 双方とも自分なりの世界観・価値観があり、何気ない会話の中でも新鮮な発見があるでしょう。 一つ注意しなければならないのは、11の言動の捉え方です。 11は自身の直感を信じるあまり、ストレートに気持ちを伝えがち。 そのことで自分の価値観を否定されてしまった、と解釈しないようにしましょう。 お互いの考えを伝え合い、歩み寄る姿勢が大切です。 数秘術|運命数33と22の相性 33と22はどちらもおおらかな性格のため、良い関係を築くことができるでしょう。 33は自由奔放に我が道を行くタイプで、22はカリスマ性に溢れた天才肌タイプです。 22のカリスマ性は決して独善的なものではなく、理想と現実の境目を見極め、持ち前の強運で成功を手にすることができます。 自信に満ちた性格の22にとっては、33の奔放さは気になるほどのものではありません。 33はマイペースを崩すことなく、自然体でいられる相手です。 ただし22は、生まれ持ったカリスマ性から、自己中心的な振る舞いが多いのが玉にキズ。 そんなときこそ33のおおらかさで受け流し、程よい距離感を保つよう心がけましょう。 数秘術|運命数33と33の相性 33同士は、互いのペースを崩すことなく自然体でいられるとても良い相性です。 個性と個性がぶつかり合うかもしれませんが、持ち前の博愛精神と広い心で受け止めることができるでしょう。 似た者同士、許し合うことができるのです。 ただし恋愛においては、自由奔放さが仇になる可能性があるので要注意。 刺激を求めるあまり不誠実な行動をとったりするのは絶対にNG。 相手への想いを忘れることなく、二人の時間を作ったり、気持ちを確かめ合う努力を怠ってはいけません。

次の