事務 所 総出 で やり ます ね。 カズレーザー、木下優樹菜の「事務所総出で」に驚き→世間への対応が悪すぎたね。

木下優樹菜が用いる「事務所の力」|ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜|武田砂鉄|cakes(ケイクス)

事務 所 総出 で やり ます ね

コトの発端は、木下の姉が〈都内にタピオカ店をオープンした〉と今夏、一部週刊誌に報じられたことだった。 姉は従業員にすぎなかったが、これを機に木下の姉と、女性オーナーとの間に軋轢(あつれき)が生じ、姉は退職に追い込まれた。 これに木下が激怒した。 芸能ライターが話す。 「オーナーに送りつけたダイレクトメールが流出したんです。 間違いなく恫喝(どうかつ)ですよ」 木下は元ヤンキー。 地金が出たと言えばそれまでだが、ことはそう簡単ではない。 別の芸能関係者が声を潜める。 「文面が暴力団の脅しに酷似しています。 『事務所』を挙げていることに、その体質まで問われているんです」 木下の事務所は2000年年に設立され、人気急上昇中の女優の菜々緒が所属するなど、ここ十数年で急成長している。 一方で、設立当初から半グレ集団との関係もささやかれている。 古手の芸能プロモーターがこう証言する。 なぜかって? 元暴力団員で、芸能界や格闘技界ではいわく付きの男が木下の事務所の名刺を持って動いているからね」 この男は、9月に都内の不動産会社社長を女性問題をネタに強請(ゆす)った一味の一人として逮捕、起訴された。 事件の捜査チームには、マル暴刑事も加わっている。 夫でお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史の活動にも影響を及ぼしている今回の炎上騒動。 (本多圭) 引用元:.

次の

【事務所総出でいくよ。ばばあが】木下優樹菜、脅迫DMで活動休止免れず…事務所、解雇も視野 テレビ各局も自粛の動き★15

事務 所 総出 で やり ます ね

画/彩賀ゆう (C)まいじつ コロナ自粛とは別の意味で自粛中の人気タレント・が『週刊女性PRIME』の直撃取材に応じたことで話題になっている。 【関連】ほか 木下といえば昨年10月、姉が勤務していたタピオカ店のモメ事に介入。 500万人近いフォロワーがいるインスタグラムで《もうこのお店には行かなくていい》と投稿し、オーナー女性宛てにツイッターで《事務所総出でやりますね》など、恫喝めいたメッセージを送ったことが発覚。 ネット上で批判が大きくなり、芸能活動を自ら慎んでいた。 日に日に風当たりが強まる中、年末には『』との離婚を発表するなど、わずかな期間で波乱万丈状態に。 しかも離婚に関しては〝ビジネス〟と陰口されるほど、好感度は地に落ちてしまった。 「仕事は芸能界だけではありません」の辛らつな声も 直撃取材を受けた木下は、芸能界復帰について聞かれると、「再開したいというより、母親として再開しなきゃという感じです。 今は、自分がやるべきことをやっています」などと意欲を見せた。 また、「一連の騒動や報道について言いたいことは?」という質問に対しては、「そういうのは復帰して、きちんとファンの方や迷惑を掛けた方に対して、自分の言葉で言いたいです。 会見を開くとか具体的なことは決まっていませんが、自分の言葉で話したいんです。 こういうふうにどこかのメディアを通して言うのは優樹菜っぽくないから、そこはきちんとしたいと思っています。 すいません…。 これ以上は、事務所に聞いてもらえますか?」などと、いつの日か自分自身の言葉で話すことをにじませて締めくくった。 この記事がネット上で公開されると、案の定というべきか、 《テレビに出ていたときから、上から目線のコメントは聞いてて不愉快だったので個人的には復帰しないでほしいです》 《復帰もくろむより、子どものケアしなさいよ。 親のせいでかわいそうに》 《いい年で子どももいるのに、まだ自分を優樹菜って言っているところが痛い》 《母親として仕事再開したいなら、コンビニやファミレスでバイトでもやりなよ。 生活のために働いてる主婦さんはたくさんいます。 仕事は芸能界だけではありません》 《タピオカ屋さんの生活を破壊しておきながら、自分は生活のために芸能活動を再開したいと言う。 生活のために仕事をするのを否定はしないけど、和解なり何なりのケジメをつけてからにしてほしいですね》 など、批判的な声が続出した。 記事によると、木下はYouTubeにチャンネルを開設し、有名なユーチューバーとのコラボ話も進んでいるとのこと。 何やら元夫の同僚でもあったみたいな感じになるのだろうか…。

次の

モバP「事務所総出でやりますね」 : アイドルマスター シンデレラガールズ SS

事務 所 総出 で やり ます ね

ある日の夜、仕事を終えて事務所を帰宅中のプロデューサーは偶然にも学生時代の同級生と再会した。 意気投合した二人は近くの居酒屋に立ち寄り、飲み交わしていた。 モバP「ぬわああああん疲れたもおおおおん」 同級生「アイドルのプロデューサーって大変なんだな」 モバP「そりゃーいろいろとあるからね。 お前の方はどう?今何の仕事してるの?」 同級生「実は俺、今度アダルドグッズ宣伝店を開くつもりなんだ」 モバP「えっ!?」 同級生「ははっ、おかしいだろ……。 実は学生時代からアダルドグッズに興味があってな、ずっと周囲には言えなかったけど夢だったんだよ」 モバP「……いや、そんなことないさ。 夢を追い求めて実現するんなら、それがアダルドグッズの店だろうと俺は笑わない」 同級生「…………ありがとよ」 モバP「店がオープンしたら教えてくれよ! 開店祝いの花でも贈るから」 同級生「おうっ!」 その後同級生は店をオープンさせ、プロデューサーは凛の実家の花屋さんに頼んで開店祝いの花を贈った。 しかしオープンからしばらく経ち…… 同級生「うえぇぇぇーーーーーんん!! プロデューサー助けてぇーーー!!」 モバP「おい! どうかしたのか?」 同級生「……バイト店員と揉めた」 モバP「え?」 同級生「バイト店員がギャルっぽい30代くらいの女の人で元ヤンキーなの。 態度悪いからクビにしたらあーだこーだ言われたんだ……」 モバP「いや、なんでそんな人雇ったの。 面接の段階で落とせよ」 同級生「んでさ、その人の妹さんがなんか勘違いしたのかわかんないけど、SNSで店のこと紹介したらしいんだ。 別に紹介してくれるのはいいけど、どうやら妹さんはお姉さんが店をオープンさせたって投稿したのよ」 モバP「ふむふむ」 同級生「そのことでクレーム入れたら逆ギレされて、で態度も悪いからクビにしたんだ。 んで今までの給料払うから取りに来いって行ってもなかなか来ないのよ」 モバP「振り込みじゃないのか?」 同級生「契約の時振り込みにしてなかったからな。 でもなかなか来なくてSNSでも間違ったこと流されて……はぁ、俺どうすればいいんだよ」 モバP「うーむ……」 それからしばらくして…… モバP「今日はひっさびさの休日だぁ~! 一日中家でのんびりしよーと!」 prprpr…… モバP「電話だ。 相手は……ちひろさんからだたくっ、あの緑の悪魔め、休みの日くらい仕事の電話すんなよな」 ガチャッ モバP「あ、もしもし~」 ちひろ『プロデューサーさん! あなた一体何してくれてんですかぁぁぁぁぁーーーーー!!?』 モバP「えっ!? そんなに大きな声出してどうしたんですか!?」ビクッ ちひろ「自宅にテレビがあるなら今すぐニュース番組観てください!!」 モバP「え、ニュースを」 ポチッ アナウンサー『薬物問題などで混乱の続く芸能界において、またしても大きな問題が起こりました。 しかも今回は大手芸能プロダクションのアイドルプロデューサーがトラブルを起こしました』 モバP「………えっ」 アナウンサー『346プロダクションのアイドルプロデューサーが知人が経営するアダルトショップで働いていた元アルバイトの従業員に対して、反社会的勢力の存在をちらつかせて圧力をかける脅迫メールを送ったとして、メールを受け取った元従業員がそのスクリーンショットをネット上に公開し告発しました』 モバP「ファッ!?」 アナウンサー『こちらがその問題のスクリーンショットなのですが、これについてどう思いますか?』 コメンテーター『これは非常に悪質ですね。 事務所総出でやると書かれていますが、一般の方に対して使う言葉ではないし、プロダクション全体がそういう勢力と繋がってることを示唆する内容を明かすことが非常に良くないですね』 アナウンサー『なお346プロダクションは取材に対して「担当者不在のため回答できない」とお決まりのパターンで居留守こいています』 モバP「…………」 その後プロデューサーの人生は、大きく荒れた。 事務所にはマスコミの取材が殺到し、この件について直接関係のない他のアイドルにも執拗な取材を求めるマスコミの姿勢が問題視され、批判が集まった。 小学生組にも取材を求めた記者もおり、ストレスからしばらく休養しなければならないアイドルも多数出てしまった。 そして346プロダクションのイメージは悪化し、反社会的勢力とのつながりを疑う声が世間でも大きくなった。 事務所は当然それを否定するが、ネットでの炎上は止む気配がない。 この機に乗じてか、大手事務所である346プロを良く思わないあの事務所や勢力、アンチなどが呉越同舟的に団結して346プロダクションの疑惑を追求する運動を展開。 世間からの目は厳しくなり、業界からも346プロのアイドルを起用するなという空気が出来てしまった。 モバP「はぁ……俺の人生は終わった」 モバP「アイドルからも信頼を失い、同級生からも絶縁を言い渡された。 しかも裁判で訴えてやるとか言われたし……事務所からも謹慎しろって言われて、俺もう生きてけねぇよ……」 prprpr… モバP「電話……え、美城専務からだ」 ガチャッ 美城『私だ』 モバP「あ、美城専務。 私が言いたいことはわかるかね?」 モバP「はっ……まさか、それだけはご勘弁を! 僕まだ童貞なんです!!」 美城「君はことの重大さを理解していないようだ。 今回の件で事務所にどれだけの悪影響が及んだことか……」 モバP「ぐぬぬっ……」 モバP 確かに俺が今回招いたことは本当なら簡単に許されることじゃない。 本当は卯月か由貴か美穂か舞か楓さんか美優さんか千枝か薫か唯あまりで卒業したかったけど……まあミッシーは美人ではあるしギリギリ許せるかな モバP「……許してください! なんでもしますから!」 美城「…………そうか。

次の