妊娠 後期 貧血。 妊娠後期の貧血について知っておきたいこと

妊娠中の貧血は危険!胎児にも影響、出産を危険にする理由と予防法

妊娠 後期 貧血

原因 妊婦中は、が進行するにしたがって、血液量が約1,000mlも増加します。 赤血球、ヘモグロビンも増加しますが、それ以上に循環血漿量の増加が起こるため、その結果として血液が水増しされて薄くなりを起こします。 つまり、妊娠中に発生する貧血の多くはこのような生理的な水血症で、治療を要さないものも多いといえます。 この生理学的変化は,母児には多くのメリットがあります。 母体では血栓症の防止に、胎児側では発育に欠かせない酸素運搬量を増加させるなど重要な要素です。 したがって、慢性の貧血が持続すると、胎児発育不全の原因にもなります。 特に運動時には、母体の筋骨系への血流が増えるため、子宮への血流量が減少します。 妊婦に貧血がみられた場合、多くは妊娠に伴う生理的な貧血ですが、病的な貧血との鑑別が必要となります。 生理的貧血以外の貧血については、胎児への鉄の供給も必要になるため、鉄欠乏になりやすく、になりやすい傾向があります。 治療 軽度の生理的では、治療の必要がない場合もあります。 その場合は、食生活の改善などをおこないます。 食事のポイントとしては以下が挙げられます。 規則正しく、栄養バランスの良い食生活を心掛ける 1 日 3 食を規則的に摂り、主食・主菜・副菜をうまく組み合わせた、バランスのよい食事をすることが大切です。 良質の 蛋白質 たんぱくしつ が含まれている食品を取り入れる 良質の蛋白質は減少した赤血球・ヘモグロビンなどの成分の材料となる重要な栄養素です。 蛋白質は体内に貯蔵しておくことが難しいため、毎回の食事にバランス良く取り入れる工夫をしていきましょう。 積極的に鉄分を摂る 医師から鉄剤が処方されている場合には、十分量が摂取されるため、あまり意識する必要はありません。 また、腸管では鉄の吸収が調整されているため、過剰摂取を心配する必要はありません。

次の

妊娠後期は貧血に注意!息切れ、動悸、めまいなどの原因

妊娠 後期 貧血

スポンサードリンク 妊娠後期はどうしても低血圧や貧血になってしまう傾向があります。 中には混同してしまっている方も多いのではしょうか。 低血圧とは、血液を体中に送る心臓のポンプ機能が弱く、体全体に血が送り届けられない状態の事です。 また貧血とは、血液中の赤血球に含まれているヘモグロビンが減少している状態の事を言います。 このヘモグロビンは体中の細胞に酸素を運ぶとても重要な役割があるので、貧血が悪化してしまうと、低酸素状態になって動悸や息切れなどといった症状が見られる事も。 どうして妊娠後期には低血圧や貧血になりやすいの?• 低血圧や貧血はどんな症状が現れる?• 低血圧、貧血と診断された時の対処法! 今回は妊娠後期の低血圧・貧血についてまとめています。 これらの症状は悪化してしまうと、母体はもちろんお腹の赤ちゃんにも影響がでてしまう事がありますので十分に注意しましょう! 診断されていないママも、常に注意をしておく事が大切ですよ。 妊娠後期の低血圧や貧血の原因は? そもそもどうして「妊娠後期は低血圧や貧血になりやすい」と言われるのでしょうか。 お腹の赤ちゃんがどんどん大きくなればなるほど、多くの栄養が必要不可欠になります。 ママが妊娠初期や中期と同じ栄養量だと足りなくなってしまいますよね。 妊娠後期には大きくなった赤ちゃんなど体の変化から、様々なマイナートラブルが発生するのです。 妊娠中の標準血圧は? 妊娠前と妊娠中では血圧の標準値が違う事をご存知ですか? 妊婦さんは「妊娠中の血圧」をしっかりと把握しておく事がとても大切です。 以下の数値を参考になさってくださいね。 一度食生活などを見直す事をオススメします。 妊娠後期に低血圧や貧血になる原因は? 妊娠中は血液中の水分量がふえるので、赤血球の生産が追いつかずに貧血になってしまう事が多いです。 また、その貧血が原因で血圧の低下が起こってしまいます。 その他にも、水分不足が原因のことも。 それに加え妊娠後期は特にお腹が大きくなり、子宮で周辺の静脈が圧迫されてしまいます。 そうすると血の巡りが悪くなってしまうので低血圧を引き起こしてしまうのです。 低血圧や貧血になるとどのような症状があるの? 低血圧や貧血を引き起こしてしまうと、妊娠中はどのような症状が起こるのでしょうか? 母体はもちろんですが、お腹の赤ちゃんにも心配が及んでしまう事がありますので特に注意しなければなりません。 「貧血や低血圧はよくあることだから。 」なんて甘く考えていると取り返しのつかない事になってしまう可能性もありますよ。 めまい 低血圧の場合、座っている状態から立ち上がるとめまいが起こる事があります。 その際に危険なのは、めまいがしてふらつき、転倒してしまう事です。 転倒をしてしまうと、母子ともにとても危険な状態になりかねません。 この事をしっかりと頭に入れておき、妊娠中は「急に立ち上がらない」「動作をする時にはゆっくり」といった事を心がけておきましょう。 吐き気 貧血が悪化すると、急な吐き気や頭痛などの症状が多くなります。 体内の鉄分不足によって起こる「鉄欠乏性貧血」の可能性も。 妊娠中はお腹の赤ちゃんの血液を作る材料となる鉄分が、胎盤を通じてママの体から運ばれて行きます。 妊娠中は常に貧血になりやすい状態だと考えておきましょう。 関連記事: 3つの低血圧、貧血の対処法! このように、低血圧や貧血の症状が見られた場合にはどのように対処すると良いのでしょうか? 私も元々、一人目を妊娠する前は貧血気味でした。 産婦人科で鉄剤を処方されて飲んでいる時期もです。 それからは、食生活や毎日の生活を見直し、今は改善する事ができています。 豚や鶏のレバー、緑黄色野菜、その他にもしじみやあさりなどの貝類もオススメです。 注意したいポイントは、鉄分はどうしても体に吸収されにくい成分なので、食べ合わせに工夫が必要! ビタミンCや酢、動物性タンパク質などと一緒に鉄分を多く含む食べ物を食べる事で、消化吸収率がアップします。 関連記事: 2.体を温めて! 体の冷えは血流が悪くなる原因の一つです。 お風呂にゆっくりと浸かる事や、腹巻きをしたり、足湯なども血流促進にとても良い効果が期待できます。 体が冷えてしまうと血圧低下だけでなく、お腹の張りにも影響がでてしまうので妊娠中は特に注意しましょう! 3.サプリメントを上手に利用して! 毎日の食事で鉄分をたくさん摂取する事は、実はとても難しい事なのです。 そんな時には、鉄分のサプリメントを上手に活用するようにしましょう。 しかし、サプリメントだけでは必要な栄養を摂取する事はできません。 毎日三食の食事はしっかりと食べ、補助食品としてサプリメントを利用しましょう。 まとめ 低血圧や貧血は多くの妊婦さんが悩んでいる事だと思います。 しかし、毎日の食事や生活を見直すことで改善できますので、自分の為、お腹の赤ちゃんの為にもしっかりと改善していきましょう! どうしても改善できない場合には産婦人科医へ相談し、鉄剤を処方してもらうのも一つの手段ですよ。

次の

貧血症状がひどい妊婦さんは鉄剤の副作用が不安…食事で改善する方法

妊娠 後期 貧血

赤ちゃんの成長のために ママからたくさんの血液が送られます。 しかし 普段足りていた血液成分が 妊娠中は胎児へ優先されるため 足りず 貧血になるになることが多いです。 中でも多いのは 体内の鉄が不足する 鉄欠乏性貧血。 まずママの体に影響があらわれます。 動悸や息切れ• めまい、立ちくらみ• からだがだるい などの症状が出ます。 大きく重くなっていくお腹のせいかと 思っていたら、貧血の診断をされたという 先輩ママも多いのですよ。 「立ちくらみ」するから貧血かも? と思う妊婦さんも多いでしょう。 立ちくらみだけのときは 別の原因かもしれません。 必ず検診で血液検査をして確認しましょう。 さらに貧血で怖いのは 胎児や出産に影響が出ることです。 スポンサーリンク 貧血による胎児や出産への影響 photo credit: via 貧血で血液中の栄養素や酸素が不足し さきほどお伝えしたような症状が ママに起こります。 さらに 強い貧血により胎児への酸素不足が あらわれてしまいます。 酸素不足により• 胎児の発育不足を促す• まれに 鉄欠乏性貧血になる といった影響が胎児へ起こります。 アメリカの研究によると 妊娠初期から中期に貧血だった場合、 早産や低出生体重児が生まれるリスクは 1. 2倍以上も高くなります。 そして母体が貧血だと 胎児にも十分な鉄分が蓄えられず 生後に 貧血を発症する確率も上がります。 乳児期の鉄分不足は 免疫機能の障害を起こすなど その後の成長にも影響するので 注意が必要です。 胎児の酸素不足は羊水を濁らせる原因にも。 大量の輸血が必要• お産が長引く• 産後の回復が悪い という影響もあるのです。 たかが貧血と侮っていると、 出産時に大量出血を起こしてしまい 命の危険にまで関わってきます。 管理人友人は妊娠前から貧血体質。 なんとか改善を試みたのですが、 出産時は大量出血を伴ってしまい 大量の輸血を行う緊急手術に。 生死をさまようほどの危険な状態でした。 出来る限り妊娠中に改善しましょう! スポンサーリンク 妊娠中の貧血予防法 貧血というと 鉄分の摂取が 頭に思い浮かぶのではないでしょうか? 確かに純粋な鉄分不足による貧血は 鉄分の補給で改善されます。 食品でいえば動物性鉄分を多く含む• 卵 は、吸収率も良いので 積極的に摂りたい食品です。 レバーにも多く鉄分が含まれますが 妊娠中は控えましょう。 ひじき• ほうれん草 などは ビタミンCと一緒に摂ると 吸収率が高まります。 管理人も服用したことがありますが その後に排便が大変なことになります^^; 結局、鉄分は葉酸と一緒に摂取しましたよ。 しかし妊娠初期に重度の貧血状態が続くと 早産や低出生体重児というリスクが高まり 出生後も貧血になる可能性があります。 また出産時には大量出血のリスクや 陣痛が弱くなりやすく、 お産が長引いてしまうこともあります。 安全な出産にするためにも たかが貧血と言わずに きちんと治療をしておきましょう。 症状が軽いうちに食事や生活環境で 改善を図ることを心がけてくださいね。

次の