生協 仕事。 コープの宅配員に転職しようかと迷ってます

生協の仕事は人手不足?仕事内容はブラックか?

生協 仕事

このページの目次• はじめたきっかけ 求人紙をみていて基本給プラス歩合で40万以上稼げる!みたいな事が書いてあったので稼げそうだったから始めました。 1日の仕事の内容 まずは7時に営業所に出社。 所長立会いの元アルコールチェックと点呼をして荷主である生協の倉庫へ向かいます。 各コースを担当しているドライバーが荷物を積み込み8時半から全体朝礼。 9時に出発します。 配送件数は1日大体80〜100件ほど。 曜日毎で宅配先が決まっている感じです。 17〜18時に生協の倉庫へ戻り、空箱や回収品の積み下ろしと整理。 翌週分の注文票のチェック、しばらく注文が無いお客さんには電話で催促。 ひと通り終えて注文票を提出。 20〜22時くらいに営業所へ帰社後、日報を書いて終了といった感じです。 この仕事できつかった事 まず始めに覚える事が山のようにある事です。 場所だけでなくチャイムを押すのか押さないのか、押さなければ荷物はどの場所に置く事になっているのか?を前任ドライバーから全て引き継ぎ期間中に暗記しなければいけません。 もうひとつは時間がかなりシビアな所。 前任ドライバーの力量にもよりますが、私が引き継いだコースの前任ドライバーはメチャクチャ仕事が早い人だったので、配達時間が分刻みで決まっていて何かイレギュラーとかがあって少しでも時間が遅れてしまうと、お客さん達から鬼電が来ますw あとは団地ラッシュの日が憂鬱でした。 基本的に生協は買い物に行けない妊婦さんや高齢の方がメインなのですが、団地の上層階のそういった人達は水物のケースをアホみたいに箱買いするので夏場は本当に死に物狂いで配達していました。 そして配送業務だけでも一杯一杯なところに毎月新規顧客開拓の営業ノルマがあります。 まぁ確か毎月4件ぐらいだったのでそこまで大変では無かったですが。 この仕事をして良かった事 かなり体力はつきます。 あとは安全運転を心掛けるようになりました。 別に生協の看板を背負ってるからでは無く荷物が崩れやすい状態なので。 とにかく【G】のかからない運転技術を極めましたw この仕事を辞めた理由 給与形態の『基本給+インセンティブ』ですが、配送件数がインセンティブの対象という説明だったのが、フタを開けてみれば営業でのインセンティブがメインだった事が判明し、騙された感がありました。 別に営業なんかヤル気はなかったので毎月ノルマの事でグダグダ言われるのがウザすぎたので最終的には『僕は営業をしに来たわけでは無いので辞めます』と言って辞めました。 あとはある程度自分の裁量でお客さんのコース振りが出来るので(例えば金曜の客を木曜にガッツリ移動させて金曜日を楽なコースにしちゃうなど)自分の裁量で仕事を決めたい人には向いているかもしれません。 この仕事に就きたい人へ一言 生協だからと舐めてかかると痛い目にあいますw やはり下請けでは無く、元請けで入った方がイイです。 イヤな仕事は下請けに振られますので。 CATEGORY• 1 タグ.

次の

生協配達員の仕事内容 給料や年収は? ノルマはあるの?

生協 仕事

Contents• 生協 生活協同組合・コープ とは 宅配サービスなどで広く知られ、コープの愛称で親しまれている生協は「」の略称で、協同組合の一つであります。 というのは、消費者がお金を出し合って組合員となり、協同して運営、利用をする組織のことです。 は協同組合の意味を持つ「Co-operative」の「COOP」から由来しています。 生協 コープ 配達ドライバーの仕事 生協配送ドライバーの仕事内容 生協は地域によってさまざまな名称で存在し、それぞれが独自の宅配サービスを展開しています。 北海道ではコープさっぽろの宅配サービス「」や、東京、千葉、埼玉、茨城などの関東地域では「」や「」、関西地域では「」や「」といったサービスがあります。 生協の配達ドライバーは、これらの各生協と契約している組合員のもとへ食材や生活用品をお届けする仕事です。 担当する宅配ルートはある程度決められており、毎週決まった曜日の決まった時間に配達をするのがルート配送の仕事になります。 配送には主に1. 5トントラックが使用されるため、 普通免許があれば仕事に就くことができます。 配達するコース 生協(コープ)の配達ドライバーは、あらかじめ担当する地域が決まっている固定ルート配送です。 毎週決まった曜日の決まった時間に決まった場所へと商品を届けるため、配送コースも覚えやすく、一度覚えてしまえば土地勘のない人や、地理が苦手という人であっても苦にならずに働くことができる仕事です。 配達する商品 生協(コープ)の配達ドライバーが配達する商品には肉や魚、野菜などの生鮮品のほか、お惣菜などの食品を中心に、日用品や生活雑貨など様々なものがあります。 この他にも、衣料品や家電の配送を行っていることもあり、店舗によってはとかなり多くの商品が取り揃えられているため、配達する商品の種類はかなり多くなっています。 生協 コープ 配達ドライバーの1日の仕事の流れ 生協(コープ)配達の1日の流れは以下のようになります。 出社: 出社後はまずアルコールチェックを行います。 その後、 朝礼 とミーティングを行い、1日のスケジュールを確認していきます。 積み込み: その日に配達する商品の種類や個数を確認して、トラックへ積み込みを行っていきます。 配達件数は大体60件 から70件 ほどあるので、それなりに体力を使う作業となります。 店舗によっては専任スタッフが積み込み作業を行ってくれる場合があります。 出発: 担当エリアをトラックでまわり、商品をお届けしていきます。 配達時間が決まっているので、遅れないように段取り良く仕事を進めていく必要があります。 訪問・お届け:トラックを停めた後、移動には台車を利用し、荷物を台車に載せて各家庭を訪問していきます。 商品をお届けした際には来週の注文を聞きます。 お昼休憩:午前の配送が終われば好きな時間にお昼休憩をとり、午後からは引き続き配送業務を行います。 帰社: 配送終了後は会社に戻り、トラックの荷台の中を 片付け ていきます。 片づけを終えた後は、 伝票整理 や事務処理を行い、最後に 終礼 をしてから業務終了となります。 生協 コープ のルート配達にノルマはあるのか 生協(コープ)配達はルート配送なのでノルマとは無関係に思われるかもしれませんが、「販売目標」という名のノルマが存在することもあるようです。 組合員のもとへただ配送すればいいわけではなく、毎週のおすすめ食品や商品があるため、配送の際にはこれらの おすすめ商品を提案したり、他にも 新規顧客の獲得や、生協で扱っている 共済保険の加入を勧めなければならないこともあります。 営業のような業務になるので、コミュニケーション能力が必要となります。 生協 コープ 配達ドライバーの仕事のつらいところ 重い荷物がある 生協 コープ 配達の求人情報では重い荷物はあまりないと書いていることがありますが、お 米やビールをまとめて購入する方もいるため、そのような場合は荷物が重くなってしまうことがあります。 また、配送量と配達件数もそれなりにあるので、体への負担は少なからずあり、体力のない人にはきつい仕事と言えます。 毎日同じ仕事の繰り返しで仕事が単調 生協(コープ)配達の仕事はルート配送のため、仕事を覚えるのに時間もかからず、 慣れてしまえば毎日同じことの繰り返しで単調になるので、人によってはすぐに飽きてしまうこともあります。 ですので、日々の仕事に変化を求めている人にとっては物足りなさを感じてまうかもしれません。 交通事情や天候で苦戦する 生協(コープ)配達の仕事上、事前にスケジュールをしっかりと組んでいたとしても、突然の渋滞によって予定が狂ってしまうことがあります。 決まった時間に配送しなければいけないため、こうした予期せぬアクシデントはストレスでもありつらいところでもあります。 また、天候の悪い日でも商品を届けなければならないため、雨風の強い日は積み下ろしや移動の妨げになり苦戦することもあります。 新たなスキルが身につける機会が少ない 生協(コープ)の配達はルート配送のため、基本的に単調な仕事でこれといったスキルは身につきません。 運転技術に関しては毎日運転するので確実に上達しますが、他業種への転職を考えた時のアピール材料として物足りなさがあるのは否めません。 生協 コープ 配達ドライバーの仕事の良いところ 収入が高い 生協(コープ)の配達ドライバーはルート配送のなかでは収入が高く、 ルート配送の平均月収が21万円と言われているなか、 20万円から25万円の基本給に各種手当をプラスした25万円から28万円前後となっており、 年収500万円を目指すことも可能です。 未経験から普通免許で始められて安定収入も得られる点では非常に大きなメリットかと思います。 普通免許さえあれば就職できる 生協(コープ)の配達で使用される車は1. 5トントラックがほとんどなので 、普通免許さえあれば応募することが可能です。 また、 資格の有無も必要とされておらず、学歴や経験も不問としている場合が多いので、応募に際してのハードルは低く、まったくのドライバー未経験者であってもチャレンジしやすいのが特徴です。 再配達の手間やストレスがない 生協(コープ)の配達はクロネコヤマトや佐川急便などの宅配便と違い、再配達の手間がありません。 客先不在で玄関先での引き渡しができない場合でも、あらかじめ指定された場所の専用ボックスに入れておくだけで済みますので、何度も往復する必要がないため、ストレスを感じることなくスムーズに仕事をすることができます。 道順を覚える手間が少ない 生協(コープ)配達の仕事は固定ルート配送のため、配送先があらかじめ決まっているので、次から次へと色々な道を覚える必要がありません。 自分が担当するルートに関しても入社後に先輩に横乗りしてもらいながら教えてもらうため、最初の数週間で覚えることができます。 そのため、土地勘がなくても支障なく働くことができます。 配送の時間設定に自由度がある 生協(コープ)の配達は1週間のなかで毎週決められたルートを配達していきます。 配送時間についても時間は決まっていますが、例えば、ある地域には9時から11時の時間帯でお届けするといった具合に、 配達時間をおおよその設定にしているため、スケジュールにある程度自由度があります。 ですので、入社して間もない頃であってもある程度余裕をもって働くことができます。 固定客への配送が多く初対面の客が少ない 生協(コープ)の配達は毎週決まったルートを回るため、固定客への配送がメインとなります。 ですので、 宅配便のように初対面の客のもとへ行くことは少なく、不安や緊張といった面での負担は少ないです。 固定の組合員のもとを毎週のように訪れコミュニケーションをとるため、次第に顔なじみにもなることができるので、仕事に慣れていけば他愛もない会話を楽しんだりといった具合にゆとりを持って働くことができます。 生協 コープ 配達ドライバーの仕事のやりがい 配送先のお客に感謝される 生協(コープ)の配達は毎週決まった組合員のもとへ商品を配送するため、コミュニケーションをとる機会が多く、あいさつ以外の会話を交わすことも多くなります。 そうして組合員の方との信頼関係を築き上げていく中で、ふとした瞬間に「いつもありがとう」といった感謝の言葉をかけられることもあります。 こうした言葉をかけられることで、仕事へのやりがいも感じ、モチベーションアップにもつながります。 運転が上手くなる 生協(コープ)の配達ではルートによっては道の狭い住宅街へ配送することがあったり、トラックに載せている荷物に影響が出ないような慎重な運転を心掛けなければならないなど、一定の運転技術が必要となります。 最初のころは慣れないトラックで苦労することもありますが、毎日運転し続けることで次第に慣れていくため、運転技術も飛躍的に身についていきます。 体が鍛えられていく 生協(コープ)の配達では運転以外にも荷物の積み下ろし作業も行うため、体力が必要な肉体労働の一面もあります。 配送件数や荷物の量も多いため、 慣れるまではハードに感じることもありますが、その代わりに仕事で体が鍛えられるため運動不足の解消にもつながり、健康面ではいい影響があると言えます。 自分の担当地区に詳しくなる 生協(コープ)の配達を続けていれば、毎週同じコースを配送するため必然的に自分の担当地区に詳しくなります。 そうすると、渋滞場所や裏道にも詳しくなるため仕事に活かすこともできますし、ほかにも、今まで知らなかったお店や穴場のスポットを発見できたりするので、プライベートの充実に役立つ情報も手に入れることができます。 仕事の処理が早くなる 生協(コープ)配達の仕事はルート配送以外に営業ノルマや伝票処理といった業務もあるため、効率よく仕事をこなさなければなりません。 慣れるまでは大変ですが、経験を積んでいくことでこれらの業務も次第にこなせるようになり、 仕事の処理も早くなるため、スケジュール通りに仕事がこなせたときにはやりきったという達成感を感じることができます。 生協 コープ 配達ドライバーの仕事環境 生協配送ドライバーの需要は大きい ネットショッピングの普及や若者の車離れにより、近年運送業界ではドライバー不足が問題となっています。 生協(コープ)配達ドライバーも例外ではなく、高齢化が進む中で生協配送の仕事の需要は年々増え続けています。 そのため、 生協配送ドライバーを目指す人にとっては今がとてもチャンスな状況となっています。 職場の雰囲気は明るく楽しい 転職を考えたとき、新しい職場の雰囲気や、すぐに馴染める環境なのかといったことは気になるポイントかと思いますが、 生協(コープ)配送の仕事は新卒採用だけでなく、中途採用も積極的に行っているため、転職組の人も多くいます。 転職組にはいろいろな経歴や年齢層の人たちがいるのでその分話題も豊富で和気あいあいとしており、職場の雰囲気は明るく楽しいことが多いため、 中途採用でも馴染みやすい環境となっています。 生協配達ドライバーに必要な資格 必要な資格は普通免許だけ 生協(コープ)配達の仕事では1. 5トントラックを使用するため、ドライバーを目指すには普通免許だけ持っていれば大丈夫です。 普通免許以外は仕事をするにあたって必要となる資格も特にないため、応募のハードルも低く、未経験であってもチャレンジしやすくなっています。 ただし、 2017年3月12日以降に免許を取得された人については準中型免許が必要な場合があります。 生協 コープ 配達ドライバーの給料・年収 生協(コープ)配達ドライバーの月収は20万円から25万円の基本給に各種手当がついて、25万円から28万円となっています。 平均月収21万円のルート配送の中では給料の水準は高く、さらに 福利厚生も充実していて、 店舗によっては皆勤手当や家族手当をはじめ、愛車手当、引越し費用補助など様々な手当が用意されています。 ボーナスは年2回支給となっている生協も多く、 年収に関しては360万円から500万円ほどとなっています。 アルバイトやパートの時給については1000円から1300円となっていて、 祝日勤務の場合はこれらの時給に30円から150円の上乗せがあります。 この他にも 時間帯割増しを採用している店舗もあり、祝日勤務同様、時給に100円程度の上乗せをしています。 生協配送ドライバーの休暇 生協(コープ)配送ドライバーの休みは土曜日と日曜日の完全週休2日制の場合が多く、 店舗によっては日曜日と月曜日の完全週休2日制を採用していることもあります。 祝日に関しては基本的には出勤となっていて、 この他には年末年始や年次有給休暇などが用意されていて、 年間休日は110日前後となっています。 土日が休みのため、家庭を持っている人にとっては子供の行事ごとやイベントにも参加できるといったメリットがあります。 生協配送ドライバーのキャリアアップ 生協(コープ)配達の仕事は、配送ドライバーとして経験を積んだ後は将来的にキャリアアップを目指すことも可能です。 流れとしては、リーダー、マネージャー、営業所長といった順になっていて、キャリアアップをしていくためにはそれなりの努力と経験も必要となりますが、上を目指して働きたいという人にとってはこうしたチャンスが用意されているのは、モチベーションアップにも繋がりますし、非常に良い環境ではないかと思います。 生協配送ドライバーに向いている人 運転するのが好きな人 生協(コープ)配達の仕事は1日の大半を車で過ごし、色々なところを運転し配送していきます。 当然ながら、仕事をするうえで運転することが好きで楽しいと思えるという事がとても重要な要素となっています。 ですので、 日頃から運転が好きで、一人で誰にも気を使わずに働きたいという人に向いていると言えます。 反対に、色々動き回るよりもデスクワークや製造業のように一か所にとどまって黙々と仕事がしたいといった人にはあまり向いていない仕事でもあります。 配送件数も荷物もたくさんあるため、体への負担も大きく体力が必要となります。 よって、 この仕事をするにあたっては体力に自信がある人や、体を使った仕事が好きな人のほうが向いていると言えます。 聞き上手な人 生協(コープ)配達の仕事は固定ルートの組合員の人たちと深く関わる仕事のため、 配送先ではあいさつだけでなく世間話をすることもあります。 利用者の中には一人暮らしのお年寄りの方も多く、そうした人たちは普段会話をする機会が少ないため自分の話を誰かに聞いてほしいと思っています。 そこで、 この仕事では話し上手であるよりも聞き上手であることが大切です。 生協配送ドライバーの仕事を探す際には 求人情報をしっかりチェックする 生協(コープ)配達の求人件数はたくさんありますが、これらの求人には 生協直属の配送ドライバー求人と 協力会社である委託業者のドライバー求人とがあります。 生協直属のドライバー求人の場合、正社員の募集もありますが、アルバイトや契約社員からのスタートで 試用期間や登用試験を経てからの正社員登用を設けていることが多く、応募する際にはそのあたりをよく確認しておくことが大切です。 反対に委託業者の場合は、正社員からのスタートが多いため、はじめから給与もしっかりもらえ、年齢制限も設けていない会社が多いので、正社員で転職を考えている人にとっては委託業者を選択肢の一つに入れるのもおすすめです。 応募する際にはこのような雇用形態や生協直属なのか委託業者なのかをしっかり確認することが大切です。 また、 店舗によって取り扱っている商品も違うので、注意してチェックしてください。 積極的に職場体験を利用する 生協(コープ)配送ドライバーの仕事に興味があるけど迷いがあるという人は、職場の一日体験を利用してみるのがおすすめです。 すべての店舗が実施しているわけではありませんので調べる必要がありますが、もし近くの店舗で体験をさせてもらえるところがあれば問い合わせてみるのもいいかと思います。 事前に職場の雰囲気を体験しておくことで、転職に対する不安も和らぐはずです。 生協配達ドライバーの仕事のまとめ 生協(コープ)配達の仕事は配送だけでなく、荷物の積み下ろしなど体力を使う作業もあるので、慣れるまではこういった点がつらいところでもあります。 ただし、良いところもたくさんあり、まず 給料が高く、休みや労働時間が安定しており、 組合員の人たちへ商品を届けた際には感謝の言葉や労いの言葉をかけてもらったり、また、 将来はキャリアアップを目指せる環境が整っていたりとやりがいをもってできる仕事でもあります。 この他にもルート配送ドライバーのなかでは給料が高く、普通免許からはじめられるため、もしドライバーに興味がある人は検討してみるのもおすすめです。 慣れた環境や仕事があれば長時間労働や低い年収も気にしないという考えもあります。 ただ、そこまで本気で転職を考えたりはしてないけど、 「一応、ドライバーの年収や労働条件って世の中的にはどの位がアタリマエなのか興味はある」、というのであれば 情報収集するのは得はあっても損はないでしょう。 ただ、ドライバーの仕事は忙しいので じっくり探す時間はなかなか取れないものです。 ホームページに書いてあることが本当かどうかあやしいと感じるドライバーさんもいます。 それなら、• 転職するしないに関係なく完全無料でサポート• 電話で希望条件を伝えて待っているだけで好条件の仕事を探してもらえる• もし応募したくなったら、履歴書や面接のサポート、条件交渉も手伝ってもらえる ので、仕事を探す方にはメリットしかないようなサービスです! ドライバーズジョブは ドライバー専門のお仕事探しサービスなので運送業界や仕事内容に詳しく、ドライバーや運送業界で働こうと考えるみなさんを親身になってサポートします! 登録はもちろん無料で、気軽な悩みから仕事探しまで何でも相談してみてください。

次の

株式会社アシストの求人概要

生協 仕事

転職のことでご相談させていただきます。 現在旅行会社で1年ほど働いていて、今度コープの宅配サービスに転職しようかと考えております。 皆様のご意見をぜひ伺いたく思います。 なお悩んでる点は2点あります。 1 点目は現在の仕事がずっとやりたくて切望していた仕事で諦めが完全についていないことです。 2 点は転職先のコープの仕事について(経験されたことがある方がいらっしゃいましたらぜひお話を伺いたいです) 1 現職への思い 転職理由はこれまで3社旅行会社をわたってきてそれぞれ1年たらずで、やめていて、細かい日程の管理など旅行業に向いてない性格で体を動かすことのほうが性に合っているかもしれないと思うのです。 (お客様とのアポイントなどは忘れません、ただし細かい日程などが苦手で、書類作成が特にだめでした)そこで別業種への転職を思いつきました。 しかしまったく違う業界でやり直すことに戸惑いを感じてます。 高校生の頃から旅行業にあこがれて専門学校へ入り、研修でバリへいったり、自費で世界一周旅行をしたりとこの業界でずっとやっていきたいと思い、訓練していたのにもかかわらず、仕事ができなかったのです。 今の会社でも期待されてブラジルへ2週間も研修にだしていただいたことに対しても申し訳ない気持ちです。 私はこの状態であきらめるべきでしょうか? 将来的なことをいえば、お給料は決していい業界ではなく、拘束時間も長い(これはどの業界でも同じとは思いますが)今付き合っている彼女との結婚などを考えると転職すべきか、迷っています。 できれば仕事で最後に一度成功(上司などを見返させる)したいと思ってますが、第三者のご意見をいただきたいです) 2 現在25才、一生勤める仕事をしたいと思い仕事を探していたところ、コープの宅配サービスを見つけました、体を動かすのは得意でなおかつ笑顔の接客には自身があります。 できれば子供などが生まれた時のために土日をできれば休み、少し有給も使えればと考えています。 (運送業はほとんど有給を使えないものと聞いたことがあります)コープは有給をとれるのでしょうか? 仕事内容はお客様の注文をとり、その品物を丁寧に間違えずお届けする、これであれば私が仕事をずっと続けられると考えました。 実際、体力と笑顔と営業根性があれば続くものかどうか? またこの仕事をずっと続けて家族を養えるものか?経験者もしくはご在職中の方がいたら教えていただきたいです。 長々とご相談させていただきましたが、自分自身の中では人生の岐路と思っていまして、できるだけ多くのご高見を伺いたいのです。 私が皆様にここまで自分の人生にご意見をくださいといのも実際あつかましい、自分で考えるべきかとも思いますが、今回限りはじっくりと人生の先輩方のお話をききたいので、どうぞよろしくお願いします。 始めましてこんにちわ。 コープの仕事に経験があるので、アドバイスさせていただきます。 コープの仕事は、体育会系の人でも大変だと思いますよ。 例えば、エレベーターのないマンションに配達する時は、商品を担ぎ上げたりします。 そんなマンションに限って、たくさん購入します。 また、いろいろと生協の会社がありますが、私が働いていた生協は、営業や保険のお薦めといった配達以外での業務がありました。 私は、こちらの方が大変だと思いますよ! 配達後に、戸別に一軒、一軒回り、新しいお客さんを開拓する。 貴方さんが、ご希望している生協に、どのような業務があるか一度聞いてみるといかがですか? でも、生協の配達のいいところは、お客さんと話ができることですよね。 一日配達していて、会うたびに感謝されることが、私が生協で仕事をしていて、嬉しく、達成感を感じる瞬間でした。 有給の話ですが、恐らく取れると思いますよ。 また、土日は休みですが、時々土曜日出勤もありました。 貴方様は、夢の旅行会社に入社して一年働いていますよね。 一年、そんな短い期間で、何か、得られましたか? せっかく自分のしたいことが、実現したのですから、もう少し頑張ってみるのも、いいのではないのですか? なかなかこのご時勢自分の好きな仕事をしている人はいませんよ。 一年しか続かない人が、生協の仕事が務まるとは、私には思いません。 是非転職もいいですが、現在の自分と向き合って、ちょっと考えてみてください。 最後に厳しいことを言ってしまってスミマセンが、頑張ってください。 A ベストアンサー 生活協同組合組織はほぼ全国にありますが、それぞれ独立した組織なので(単位生協、略して単協といいます)、その単協ごとに賃金・待遇は違ってきます。 したがって、どの生協をお考えかで具体的な話もかなり違うものになってきます。 消費者運動の色合いが強い組織から、事実上その地区の有力スーっパーであるような組織もあります。 >はじめはみんな宅配トラックからスタートだと思うのですが、 共同購入支部に配属された場合は地域の担当者から始まります。 この他に店舗、後方(加工センターや工場、物流センターなど)、システム関係、共済・保険業務などがあります。 非営利の団体ではありますが、組織を維持するためには経常剰余(利益)を出さなければなりません。 そういう側面では一般の小売業と変わらないように見えもしますが、利益を上げることが目的ではなく、出資金を拠出し、組合員として組織された消費者の日常生活を支えるために働くのだ、という意識で働いています。 商品開発も組合員組織の要望や提案を入れることはよくあります。 安全な安心な商品開発という側面においては、常にリードしてきたと思います。 (例の牛肉コロッケの事件はありましたが) 職場の雰囲気は単協によって千差万別だと思いますが、労働組合が強いところも多く、労基法はどちらかというと守られやすい傾向にあるかと思います。 どこかの政党を支持させられることもないと言って差支えないと思います。 ノルマというか数値目標はどんな職場にもあります。 レーザーラモンHGがコープこうべの新人職員の頃冷蔵庫をノルマの倍の8台売った話も有名ですね。 賃金は単協によって、また地方によってかなり差はありますが、コープこうべ、かながわ、とうきょうなどは高水準にあるといえそうです。 生協は一見小売業のようでもありますが、地域の消費者が出資金を出し合って運営にもかかわり、自分たちで利用し、そこで得られた剰余で運営されている消費者組織です。 やりがいのある職場だとは思いますよ。 生活協同組合組織はほぼ全国にありますが、それぞれ独立した組織なので(単位生協、略して単協といいます)、その単協ごとに賃金・待遇は違ってきます。 したがって、どの生協をお考えかで具体的な話もかなり違うものになってきます。 消費者運動の色合いが強い組織から、事実上その地区の有力スーっパーであるような組織もあります。 >はじめはみんな宅配トラックからスタートだと思うのですが、 共同購入支部に配属された場合は地域の担当者から始まります。 この他に店舗、後方(加工センターや工場... Q こんばんは。 今日は、夫の転職のことで相談があります。 実は、夫の働いていた店が閉店となり 無職となってしまいました。 34歳になりますが、この店で13年間ずっと働いて 焼肉屋でウェイターをしていました。 夫は、ハローワークに行ったり、雑誌を見て仕事を探していますが 以前から夢であった 宅急便の会社に転職したいと言っています。 素人の私(妻)から見れば、どこの会社も宅急便なら 似たような感じがするのですが・・・。 夫は、ゴールドドライバーで普通2種免許を持っています。 運転には自信があり、私が隣にのっていても安全運転です。 でも、毎日、仕事で運転するのは、とても心配です。 体力はあるので、なんとかやっていってくれるとは思うのですが やはり、求人には(特に給与など)良いことばかり書いてあり 本当かどうか、疑心暗鬼な状態です。 将来、2人でお店(食べ物屋)をやるのが夢です。 そのために、コツコツと二人でお金を貯めていきたいです。 あと、友達・家族・知人から聞いた話でも いいので教えてください。 私たちのために、どうか、助けてください。 こんばんは。 今日は、夫の転職のことで相談があります。 実は、夫の働いていた店が閉店となり 無職となってしまいました。 34歳になりますが、この店で13年間ずっと働いて 焼肉屋でウェイターをしていました。 夫は、ハローワークに行ったり、雑誌を見て仕事を探していますが 以前から夢であった 宅急便の会社に転職したいと言っています。 A ベストアンサー まず、季節柄、仕事を体験する意味で お中元の配達の仕事を経験するのはいかがですか? 1ヶ月経験してみて、アルバイトしてみてその視点で見てください。 はっきり言って私も関係者、「宅急便」とサービス名のついている会社で働いていますが、 きついですよ。 サービスの1つで時間帯指定サービスなどありますが、 やはり午前中配達が多いし、もちろん20~21時していももちろんあります。 多い配達をしながら 時間になれば社員は集荷作業もしなければなりません。 もちろん運転が上手、というのは前提ですが、 この仕事は運転がうまいから出来る、という仕事ではないと私は思います。 運転が上手、事故を起こさない、これは当たり前の話しで あってはならない話なのです。 求められるのはどれだけ本人にやる気があるか、 どれだけ集配に関してセンスがあるか。 やはりそれがないとやっていけませんね。 限られた時間の中で200近くの配達、その後の 集荷作業。 休みは定められた決まりの中での労働時間で 働いているので休みはきちんとあります。 ただ1日の労働時間が長い、異常に長いですね。 飛脚の会社やフクツーとかの他社はわかりませんが、 ネコの会社は給料はあまり良くありませんね。 最近また給与体系が変ったので良く検討されてから の方が良いですね。 全面にきつい事、会社のPRとしてはマイナスのような 事ばかり書きましたが、良い事ももちろんありますよ。 まず表面に出ない事も知って戴かないと これから役に立ちたいとアドバイスした意味がないですもんね。 やはりきつい仕事ですが、私はやりがいを感じているので 長く続けています。 この仕事は私は大好きです。 頑張って下さいね。 そう、それと他社で「宅急便」はまずいですよ。 まず、季節柄、仕事を体験する意味で お中元の配達の仕事を経験するのはいかがですか? 1ヶ月経験してみて、アルバイトしてみてその視点で見てください。 はっきり言って私も関係者、「宅急便」とサービス名のついている会社で働いていますが、 きついですよ。 サービスの1つで時間帯指定サービスなどありますが、 やはり午前中配達が多いし、もちろん20~21時していももちろんあります。 多い配達をしながら 時間になれば社員は集荷作業もしなければなりません。 もちろん運転が上手、というの... Q 29歳で、ただいま求職中です。 昨日、職業安定所で良さそうな求人があったので、応募を申込みました。 まずは履歴書を郵送してその後に面接なのですが、これはおそらく面接を行う応募者をまずは履歴書から見出すのだと思います。 私の場合これまでに4つの会社に就職しており、次に勤める会社が5つ目になります。 自分ではこの年齢でこの数は多いと感じ、先方にとっては「この人はあまり長続きしないのではないだろうか…。 」と思われそうで不安です。 そこで、職歴の1つか2つを記入せずに、記入する職歴の在籍期間を長く書き空白の期間を埋めてしまおうと思うのですが、これってどうなんでしょう。 仮に応募した会社に入社したとして、後になって履歴書に記入してあった職歴に偽りがあったとバレてしまうのでしょうか? わかる範囲でかまいませんので、みなさんのご意見をお待ちしています。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー 過去の4社が、社会保険のある会社で、正社員となっていたのであれば、厚生年金手帳を会社に提出することで、バレると思います。 4社が多いというのは、hero0124さんの「ものさし」でしかないです。 退職の理由が、4社とも同類であれば、採用担当者は、また、すぐやめるかも...と思うかもしれません。 自分が将来、どんな35歳、45歳となりたいかを人生設計する必要があろうかと思います。 わたしは、IT系企業の地方都市の営業所長をしています。 採用面接にも同席させてもらうこともありますが、面接に来られる人に、前職の退職理由は、必ず、伺います。 その、退職理由が、いかにも自分勝手というレベルの説明をされると、私は、必ず、不採用の欄に署名するようにしています。 転職の回数を問題と考えるのではなく、自分がどんな仕事をしていきたいか、そして、過去4回の退職したくなるシチュエーションが今度の会社であったとき、今度はどう対処するかをきちんと考えておくことが大事です。 ちなみに、私は、「同じ状況になったら、また、退職されますか?」という質問は、必ず、するようにしています。 もち、みなさん、耐えます!と返答されます。 わたしは、「そうなってしまったらおしまいと考え、そのような状況にならないようにする覚悟を決めています」くらいのことを言って欲しい、と思っています。 過去の4社が、社会保険のある会社で、正社員となっていたのであれば、厚生年金手帳を会社に提出することで、バレると思います。 4社が多いというのは、hero0124さんの「ものさし」でしかないです。 退職の理由が、4社とも同類であれば、採用担当者は、また、すぐやめるかも...と思うかもしれません。 自分が将来、どんな35歳、45歳となりたいかを人生設計する必要があろうかと思います。 わたしは、IT系企業の地方都市の営業所長をしています。 採用面接にも同席させてもらうこともありま... A ベストアンサー 29歳6年目の直営現職です。 業務委託しているかは自治体によってまちまちです。 自分の勤務する自治体では8種類ある収集区分の中で、 可燃ゴミとリサイクルプラスチックの2種類、その内の約8割を2tパッカー約90台、 (管理担当の現業職員を含めて)約300人の職員が収集しています。 現業職に分類される職種は学校用務員や下水処理場職員等もあります。 なぜごみ収集にこだわられるのかわかりませんが、 まずは居住する自治体や周辺自治体に現業職の採用があるか問い合わせてみてはいかがですか? 自治体のサイトで採用試験の案内を行っている場合もありますので調べてみるのも手です。 質問者様の年齢ですが、確かに上限ぎりぎりの年齢かと思います。 因みにうちの所では受験資格の上限年齢が35歳です。 自治体によっては40歳と言うところもありますので、一概には言えません。 自分の所の新規採用ですが、ごみ収集部門では収集形態の変更もあって2年程採用を行っていません。 給食、食肉、下水の3部門では合計20人ほど採用しています。 収入については、本俸が約20万円、各種手当(調整、特殊勤務、住宅、扶養、通勤、時間外)を加えた 総支給(税込)が約28万円になります。 (ここから税金等各種控除が行われます) 税込みの年収になると約410万円前後になると思います。 最後にですが、現業職の採用を行っている自治体があって、尚且つ受験可能であるならば受験されてはいかがでしょうか。 近年は競争倍率も高く、厳しい状況ですが受けてみるだけの価値はあると思います。 29歳6年目の直営現職です。 業務委託しているかは自治体によってまちまちです。 自分の勤務する自治体では8種類ある収集区分の中で、 可燃ゴミとリサイクルプラスチックの2種類、その内の約8割を2tパッカー約90台、 (管理担当の現業職員を含めて)約300人の職員が収集しています。 現業職に分類される職種は学校用務員や下水処理場職員等もあります。 なぜごみ収集にこだわられるのかわかりませんが、 まずは居住する自治体や周辺自治体に現業職の採用があるか問い合わせてみてはいかがですか? 自治体... Q 急ぎです。 履歴書を明日出す予定なので時間が無く困っています。 半年で辞めた以前の会社では、包装機器のオペレーターをしていて、次の会社では、医療機器のルート配達の仕事になります。 【自己PR】 風邪を引くことも滅多になく、以前の会社では1日12時間以上動き回るなど、体力には自信があります。 普段から明るく、仕事では何事も黙々と作業する真面目な性格で、人と関わることが大好きです。 【志望動機】 以前から人と接する仕事をしたいと考えており、車の運転が好きなことから、配達の仕事には魅力を感じていました。 貴社の業務内容は医療機器の配達員ということで、責任感もあり、とてもやり甲斐のある仕事だと感じ、応募することを決心致しました。 頭を悩ませて考え出した文章ですが…当方アホなもので、こんなんでいいのか本当に不明です。 よろしくおねがいします.

次の