楽天ビジネスカード デメリット。 楽天ビジネスカードの4つのメリットと3つのデメリットを徹底解説!

楽天プレミアムカードはゴールドカードでは無い。メリット・デメリットと本当の使い方。

楽天ビジネスカード デメリット

*引き落としよて金額はメール(携帯メール・PCメールの両方)で、知らせてくれますので、安心。 もし、 欲しいものがないときは、楽天市場で【VISA】【JCB】のギフトカード 商品券 を購入 しましょう。 *このデメリットを回避する方法は、チェックを毎回買い物のたびにはずすことです。 ・0570-66-6910(営業時間 9:30-17:30) ・092-474-6287(営業時間 9:30-17:30) この二つがオペレーターと直接話せる電話番号です。 *私も以前2回この電話番号に電話してオペレーターと話しましたが丁寧な対応でしたよ。 *楽天カードは利用明細が郵送されません。 *逆に郵送を希望すると月80円必要となってしまいます。 なぜなら、楽天カードは予想以上に楽天ポイントが貯まるりますから。 *デメリット 欠点 の方でも言いましたが、楽天カードのETCカードは、年会費500円必要ですのでご注意くださいね。 私自身、楽天カードを作ってから、家の出費(食費・保険・生活消耗品・衣類)のほとんどが楽天市場です。 その結果、 貯まる 楽天ポイントも、毎月4,000〜6,000ポイントって凄い事になってます。 これは、別に楽天市場で、無駄遣いしてるわけでは、有りません。 今まで、別な場所で使っていたお金を楽天市場や楽天関連サービス(保険等)に変えただけなのです。 私は、専業主婦ですが、このホームページので、無事に楽天カードの 審査が通り楽天カードを作れました。 そして、 楽天カードをお供に、念願のグアム旅行に行ってきました。 ちょっと下の写真をご覧くださいね。 この ダイヤモンド会員ってむちゃくちゃ楽天ポイントが貯まるんです。 だから、私は、ダイアモンド会員のランク特典メリットと楽天カードのメリットを活用して、楽天ポイントを超お得に貯めてるの。 なので、楽天カードに備わっているメリットについて、こちらの記事にまとめています。 他社カードと比べた場合にどうお得なのか、詳しい情報を掲載していますので、利用する場合にはぜひ注意してみましょう。 よりお得な使い方もご紹介しています。 楽天カードを持つことで色々なメリットが生まれます。 その基本的なメリットはなんなのかを見ていきましょう。 ・還元率とキャンペーン 楽天カードは使うことで楽天スーパーポイントがもらえますよね。 100円につき1ポイントもらえる仕組みになっているので還元率は1%です。 これはつまり楽天カードで買い物を済ませれば常に1%の値引きになるので一緒で、還元率は楽天カードの主なメリットの1つなんですね。 積極的に楽天カードを使ってポイントを貯める、これが重要です。 また、楽天では随時キャンペーンを行っていて還元率をアップさせられます。 たとえば楽天市場をはじめ楽天の各種サービスを複数利用するとそれだけでポイントが3倍・4倍になったりもするんです。 普段の以上にたくさんポイントをもらえるとなれば見逃せないですよね。 楽天では頻繁にキャンペーンを実施しているので常に情報をチェックしておきましょう。 ・お得なポイントアップ 主に楽天市場を対象に、楽天カードを使用するだけでポイントが4倍(最高で7倍)になるキャンペーンが楽天のスーパーポイントアッププログラムです。 エントリーも不要で楽天市場や楽天ブックスなどで楽天カードを使用するだけでポイントが4倍ももらえてしまうんですよ。 つまり還元率は1%から4&に変化するんですね。 単純に普段の4倍ポイントが貯まる状態なのでこのキャンペーンを狙ってまとめ買いをするなんていうのもいいですよね。 他のクレジットカードと比較しても4倍という数字は大きく、さらに条件を満たせば5倍、最大で7倍ものポイントアップが受けられるのでこれは楽天カードの大きなメリットになっているんですね。 ・加盟店や楽天ダイニングでは? 楽天市場だけじゃなくポイント加盟店や楽天ダイニングといったサービスではどうなんでしょう? まずポイント加盟店で楽天カードを使うとそれだけでポイントが100円につき2ポイントから3ポイントもらえます。 還元率が2%から3%なるんですね。 加盟店はとても多いので特に意識しなくてもどんどんポイントを貯められるはずです。 さらに楽天ダイニングでも楽天カードを使えばポイントは2倍貯まる形になっているんです。 キャンペーン中であれば3倍、5倍、10倍になることもあってかなりお得ですよね。 とにかく楽天と提携しているお店ならポイントをお得に貯められるのでどんな時でも楽天カードを使うように意識することがポイントを素早く貯めるコツになると思いますよ。

次の

楽天ビジネスカードのメリット・デメリット!審査・ポイントを徹底解説!

楽天ビジネスカード デメリット

*引き落としよて金額はメール(携帯メール・PCメールの両方)で、知らせてくれますので、安心。 もし、 欲しいものがないときは、楽天市場で【VISA】【JCB】のギフトカード 商品券 を購入 しましょう。 *このデメリットを回避する方法は、チェックを毎回買い物のたびにはずすことです。 ・0570-66-6910(営業時間 9:30-17:30) ・092-474-6287(営業時間 9:30-17:30) この二つがオペレーターと直接話せる電話番号です。 *私も以前2回この電話番号に電話してオペレーターと話しましたが丁寧な対応でしたよ。 *楽天カードは利用明細が郵送されません。 *逆に郵送を希望すると月80円必要となってしまいます。 なぜなら、楽天カードは予想以上に楽天ポイントが貯まるりますから。 *デメリット 欠点 の方でも言いましたが、楽天カードのETCカードは、年会費500円必要ですのでご注意くださいね。 私自身、楽天カードを作ってから、家の出費(食費・保険・生活消耗品・衣類)のほとんどが楽天市場です。 その結果、 貯まる 楽天ポイントも、毎月4,000〜6,000ポイントって凄い事になってます。 これは、別に楽天市場で、無駄遣いしてるわけでは、有りません。 今まで、別な場所で使っていたお金を楽天市場や楽天関連サービス(保険等)に変えただけなのです。 私は、専業主婦ですが、このホームページので、無事に楽天カードの 審査が通り楽天カードを作れました。 そして、 楽天カードをお供に、念願のグアム旅行に行ってきました。 ちょっと下の写真をご覧くださいね。 この ダイヤモンド会員ってむちゃくちゃ楽天ポイントが貯まるんです。 だから、私は、ダイアモンド会員のランク特典メリットと楽天カードのメリットを活用して、楽天ポイントを超お得に貯めてるの。 なので、楽天カードに備わっているメリットについて、こちらの記事にまとめています。 他社カードと比べた場合にどうお得なのか、詳しい情報を掲載していますので、利用する場合にはぜひ注意してみましょう。 よりお得な使い方もご紹介しています。 楽天カードを持つことで色々なメリットが生まれます。 その基本的なメリットはなんなのかを見ていきましょう。 ・還元率とキャンペーン 楽天カードは使うことで楽天スーパーポイントがもらえますよね。 100円につき1ポイントもらえる仕組みになっているので還元率は1%です。 これはつまり楽天カードで買い物を済ませれば常に1%の値引きになるので一緒で、還元率は楽天カードの主なメリットの1つなんですね。 積極的に楽天カードを使ってポイントを貯める、これが重要です。 また、楽天では随時キャンペーンを行っていて還元率をアップさせられます。 たとえば楽天市場をはじめ楽天の各種サービスを複数利用するとそれだけでポイントが3倍・4倍になったりもするんです。 普段の以上にたくさんポイントをもらえるとなれば見逃せないですよね。 楽天では頻繁にキャンペーンを実施しているので常に情報をチェックしておきましょう。 ・お得なポイントアップ 主に楽天市場を対象に、楽天カードを使用するだけでポイントが4倍(最高で7倍)になるキャンペーンが楽天のスーパーポイントアッププログラムです。 エントリーも不要で楽天市場や楽天ブックスなどで楽天カードを使用するだけでポイントが4倍ももらえてしまうんですよ。 つまり還元率は1%から4&に変化するんですね。 単純に普段の4倍ポイントが貯まる状態なのでこのキャンペーンを狙ってまとめ買いをするなんていうのもいいですよね。 他のクレジットカードと比較しても4倍という数字は大きく、さらに条件を満たせば5倍、最大で7倍ものポイントアップが受けられるのでこれは楽天カードの大きなメリットになっているんですね。 ・加盟店や楽天ダイニングでは? 楽天市場だけじゃなくポイント加盟店や楽天ダイニングといったサービスではどうなんでしょう? まずポイント加盟店で楽天カードを使うとそれだけでポイントが100円につき2ポイントから3ポイントもらえます。 還元率が2%から3%なるんですね。 加盟店はとても多いので特に意識しなくてもどんどんポイントを貯められるはずです。 さらに楽天ダイニングでも楽天カードを使えばポイントは2倍貯まる形になっているんです。 キャンペーン中であれば3倍、5倍、10倍になることもあってかなりお得ですよね。 とにかく楽天と提携しているお店ならポイントをお得に貯められるのでどんな時でも楽天カードを使うように意識することがポイントを素早く貯めるコツになると思いますよ。

次の

楽天ビジネスカードは複数枚持てない!追加カードが発行できる法人カードは?

楽天ビジネスカード デメリット

もしあなたが 法人、つまり会社経営者であれば、楽天カードより 楽天ビジネスカードをおすすめします。 楽天ビジネスカードは、 楽天プレミアムカードを持っている人が追加発行できる特別なクレジットカードです。 何が特別かといいますと、 引き落とし口座に法人口座を指定できるんですね。 楽天カードも楽天プレミアムカードも、引き落とし口座は個人口座しか指定できません。 法人口座を引き落とし口座に指定できるのは、楽天ビジネスカードだけです。 個人で使うお金は楽天プレミアムカードで、会社で使うお金は楽天ビジネスカードで支払うことによって、 会社の経費を完全に切り分けることが出来ます。 楽天プレミアムカードで支払った分の明細書と、楽天ビジネスカードで支払った分の明細書は別々で発行してもらえますので、 経費計算が劇的に楽になります。 その他、 楽天ビジネスカードには通常の楽天カードにはない様々な メリットがあります。 以下に詳しく紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。 おすすめポイント• 法人口座を引き落とし口座にできる• 楽天ビジネスカードと楽天プレミアムカードの明細を別々に発行できる• 楽天プレミアムカードのメリットが享受できる(海外旅行保険、ラウンジが無料で使えるなど)• 楽天ポイントが合算される(楽天ビジネスカードと楽天プレミアムカードの利用分) 法人口座を引き落とし口座に設定できる 楽天ビジネスカードは、 法人口座を引き落とし口座にできます。 これが楽天ビジネスカードを使う 一番大きなメリットといってもいいでしょう。 会社経営者にとって非常に便利です。 個人口座のみです) 例えば、会社で使うお金も個人で使うお金も、全て楽天カードで支払っていた場合、どの支払いが経費で、どの支払いが私用なのか、いちいち計算しなくてはいけません。 しかし、 会社で使うお金を全て楽天ビジネスカードで支払うようにしておけば、経費は全て法人口座から引き落とされることになります。 いちいち計算する必要はありません。 会社で使ったお金と、個人で使ったお金がゴチャゴチャになることはありません。 楽天ビジネスカードと楽天プレミアムカードの明細を別々に発行できる 楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードを使っている人だけが追加発行できる特別なカードです。 楽天ビジネスカード単体で発行してもらうことは出来ません。 ですので、 楽天ビジネスカードを使う場合は、かならず楽天プレミアムカードも使うことになります。 楽天ビジネスカードの引き落とし口座には法人口座しか指定できません。 楽天プレミアムカードの引き落とし口座には個人口座しか指定できません。 よって、 個人で使うお金は楽天プレミアムカードで支払い、 会社で使うお金は楽天ビジネスカードで支払うという使い方になります。 そして、この2枚のクレジットカードの 明細書は別々に発行してもらうことが出来ます。 要するに、楽天ビジネスカードの明細書を見れば、会社でいくら使ったか一発でわかるわけです。 経理業務が劇的に楽になりますね。 楽天プレミアムカードのメリットが享受できる(海外旅行保険、ラウンジが無料で使えるなど) 度々くり返しますが、楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードを使っている人が追加発行できる特別なクレジットカードです。 ですので、楽天ビジネスカードを持っている人はみな、楽天プレミアムカードを持つことになります。 つまり、 楽天ビジネスカードを持っている人は、自動的に楽天プレミアムカードの恩恵を受けることになります。 楽天プレミアムカードには、 最高5000万円まで補償される海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険がついています。 また、 最高300万円までのショッピング保険もついています。 これらの保険は利用付帯ではなく『 自動付帯』なので、楽天プレミアムカードを使わなくても、楽天プレミアムカードをただ持っているだけで補償されます。 一般的に、法人用クレジットカードのポイント還元率は低いです。 楽天ポイントが合算される(楽天ビジネスカードと楽天プレミアムカードの利用分) 楽天ビジネスカードを使って貯めた楽天ポイントと、楽天プレミアムカードを使って貯めた楽天ポイントは、 合算されます。 つまり、 経費で貯めたポイントを個人で使えてしまうということです。 例えば、今まで会社の支払い用に楽天ビジネスカードとは違う別ブランドの法人用クレジットカードを使っていた場合、会社で使ったお金で楽天ポイントは貯められなかったわけです。 しかし、楽天ビジネスカードを法人用クレジットカードとして利用し、楽天プレミアムカードを個人用クレジットカードとして使えば、 個人で使ったお金に対しても、会社で使ったお金に対しても楽天ポイントがもらえるわけです。 楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードを使って貯めた楽天ポイントは合算されますから、経費で貯めた楽天ポイントも個人で貯めた楽天ポイントも、会社ではなく個人で使えるわけです。 経費として使う必要はありません。 合算された楽天ポイントで牛肉買おうがダンベル買おうが自由なわけです。 楽天プレミアムカードが持っている機能を全て楽天ビジネスカードが持っているかというと…そうではありません。 上記のように、多少違いがありますので注意してください。 ただ、楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードと必ずセットで使うことになりますので、 楽天プレミアムカードの海外・国内旅行保険など自動付帯の機能は、楽天ビジネスカードを持っていても享受できます。 楽天ビジネスカードにかかる年会費 楽天ビジネスカードは 年会費2160円(税込み)です。 繰り返しになりますが、楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードを持っている人が追加発行してもらえるクレジットカードですので、楽天プレミアムカードとセットで使うことになります。 つまり、楽天ビジネスカードを使うには、 楽天プレミアムカードの年会費10800円(税込み)も支払う必要があるわけです。 なので、楽天ビジネスカードを使うには 年会費12960円(税込み)を支払う必要があります。 メリット 楽天ビジネスカードは 引き落とし口座に法人口座を指定できます。 また、楽天プレミアムカードとは別に 楽天ビジネスカード用の明細書を発行してもらえます。 これによって、 経費計算が劇的に楽になりますので、 個人事業者・会社経営者(法人)の方に おすすめの法人用 クレジットカードです。 また、 海外旅行保険、国内旅行保険も最大5000万円まで保障してもらえますので、 海外・国内出張が多い方にもおすすめです。 デメリット 楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードを持っている人だけが追加発行してもらえる法人用クレジットカードです。 ですので、楽天ビジネスカードは必ず楽天プレミアムカードとセットで使うことになります。 残念ながら、楽天プレミアムカードにも楽天ビジネスカードにも年会費がかかります。 年間12960円(税込み)支払う必要があります。 例えば、 ポイント還元率1%として計算した場合、 会社と個人で年間129万6000円使えば、年会費12960円分ポイント還元されます。 楽天ビジネスカードを作るかどうかの基準として参考になるのではないかなと思います。 楽天ビジネスカードの申し込み方 楽天ビジネスカードの申し込み方法は簡単です。 全てオンラインで申し込み完了できます。 ただ、 楽天プレミアムカードを持っていない方は、一旦楽天プレミアムカードを発行してから、楽天ビジネスカードを追加発行してもらうことになります。 オンライン申込画面で、現在使っている楽天カードの情報を入力すれば、何もしなくても自動的に楽天プレミアムカードに切り替える手続きをしてもらえます。 特に自分で何かする必要はありません。 楽天プレミアムカードを申し込んで、自宅に楽天プレミアムカードが届いたら、今使っている楽天カードはハサミで切って捨ててしまってOKです。 キャンペーン実施中! 現在、楽天プレミアムカードの入会キャンペーン実施中です。 「楽天プレミアムカード新規入会&1回利用」で、 楽天ポイントが最大10000ポイントもらえます。 楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードを合わせて申し込むと 合計1万6000ポイントもらえます。

次の