あし の うら が 熱く て 寝れ ない。 太ももの痛み、違和感、ビリビリ、ズキズキ、痺れの原因

足に異常が現れる6つの怖い病気、50代からが特に危険!

あし の うら が 熱く て 寝れ ない

足の裏だけ熱くなる5つの原因︎ まずは、 足の裏が熱くなってしまう5つの原因です。 1.疲労 2.冷え 3.自律神経の乱れ 4.腰の病気 5.むずむず脚症候群 レストレスレッグス症候群 では、 それぞれを詳しく解説していきます。 1.疲労 疲労によって起こる事、それは 血行不良 です。 血液の循環を行うポンプの役割となっているのが、 足のふくらはぎです。 これが疲労により機能しなくなると、 足で血液が停滞してしまい、 それにより足の裏が熱く感じてしまうのです。 2.冷え これも体が冷えてしまうことによる 血行不良 が原因です。 血行不良となった場合、 身体の末端へ血液を送ろうとします。 その為、身体の末端にある足が熱くなってしまうのです。 3.自律神経の乱れ 自律神経とは、心臓を動かす・体温を調整するなど、 自分の意思ではなく、体が自動で行ってくれているのを コントロールする神経のことです。 つまり、この自立神経が乱れると 血液循環や体温調整 などが上手に出来なくなってしまいます。 その為、体のあちこちに不調が出てきてしまうのです。 その一つが 冷え症 です。 冷え症になることにより、2つ目に書いた「冷え」と同様の状態になります。 自立神経が乱れてしまう原因は、大きく 「心」「生活」「体」「環境」に分けられます。 「心」精神的なストレス 「生活」生活習慣の乱れ 「体」骨盤の歪みなどの身体構造の異常 「環境」気温や湿度 この自律神経の乱れからおこるのが 「自律神経失調症」 です。 自律神経失調症が疑われる場合は、 心療内科等の専門医へ受診される事が必要です。 自律神経失調症チェック 4.腰の病気 腰の病気には、坐骨神経痛や椎間板ヘルニアなど様々なものがあります。 これにより、 足から腰にかけて伸びている 神経が圧迫される ことが原因です。 この場合は、足のほてりの他に、 腰から足の踵までの広い範囲の中で 痛み・痺れなどの症状もみられます。 もし、上記の症状があった場合は、 早めに整形外科へ受診される必要があります。 5.むずむず脚症候群 レストレスレッグス症候群 あまり聞いたことがないと思いますが、 この症状をもっている人は意外と多いそうです。 足のほてりの他に、 足がムズムズ して 動かさずにはいられなくなったりします。 この症状が起きる原因は、 まだハッキリと解明されていませんが、鉄分不足により 症状が出やすくなると考えらえています。 この症状がある場合は、神経内科等へ受診される必要があります。 スポンサーリンク 熱くなってしまったのを治す3つの対処法 足の裏が熱くなってしまったら、 早く症状を治してゆっくり休みたいですよね。 そんな時に簡単で効果的な対処法をご紹介します。 1.足や体を温める 足の裏が熱いと逆に冷やせばいいのでは?と思われがちです。 でも、上記で書いた1~3が原因の場合は、 血行不良でほてりを引き起こしているので、 血流を促すために足や体を温める必要があります。 冷却シートを貼ったりして熱い足を冷やすのは 逆効果 になってしまいます。 湯船に浸かる・足湯・湯たんぽや蒸しタオルで足を温める など効果的な対処法です。 2.マッサージ 足が温まったら、 掌でもんだり、さする などしてマッサージをしましょう。 また、足の指を曲げてみてくぼみができる辺りにある 「湧泉(ゆうせん 」は血流を促すツボなので、 ツボ押ししておきましょう。 詳しくはこちら 今後、足の裏が熱くならないようにする2つの対策 では、今後、足の裏が熱くならないようにするには どのような対策をとればよいのでしょうか? 日常で簡単に出来る対策をご紹介します。 1.軽めの運動やストレッチ 軽めのウォーキングなどの運動を取り入れるのもおすすめです。 また、長時間立ったり座ったり同じ姿勢で 仕事をしていると、血の巡りが悪くなります。 時々休憩を挟んで 背伸びしたり、腰ひねりや首回し、かかとの上げ下げ など体を動かして筋肉の緊張をほぐしましょう。 「疲労」による血行不良を防ぐ対策として 効果的です。 2.食生活の見直し また、食生活の見直しも大切です。 体を温めたり、 ホルモンバランスを整える食べ物を食事に取り入れるようにしましょう。 ビタミンEは、血行を良くする作用があり、かぼちゃやごまなどに含まれます。 ビタミンCは、手足の毛細血管の機能を向上させる作用があり、ピーマンなどに含まれます。 また、鶏肉や鮭、さつまいもやにんじんなどの食品にはカラダを温める作用があります。 その他に、 摂りすぎると体を冷やしてしまう食材 も多くあります。 「冷え」を防ぐ対策として、温める食材と冷やす食材をバランスよく摂りましょう。 体を温める食材 あさり、うなぎ、うに、かに、かいわれ、キュウリ、黒きくらげ、くわい、こんにゃく、しめじ、白うり、せり、セロリ、大根、たんぽぽ,とうがん、トマト、なす、にがうり、はくさい、へちま、ほうれん草、レタス、柿、スイカ、梨、みかん 等 まとめ いかがでしたでしょうか? 当サイトでは他にも足に関する記事をご紹介しています。 あわせて参考にしてみてください。 もしも、上記の事をやっても全く改善しない、 長期間足の熱さが取れないといった場合は、 「自律神経失調症」 「腰の病気」 「むずむず脚症候群」 などが疑われます。 ・「自律神経失調症」心療内科へ ・「腰の病気」整形外科へ ・「むずむず脚症候群」神経内科へ たかが、足の裏が熱いだけ! と放っておくのではなく、 それぞれの専門医で早めに受診するようにしましょう。

次の

足の裏が熱い!眠れない!原因は血行不良かも?対策も解説 阿佐ヶ谷 整体 研身整体院|阿佐ヶ谷 整体 人気 研身整体院 整体師が解説

あし の うら が 熱く て 寝れ ない

命に関わる心筋梗塞や脳梗塞の前駆症状として、この足の動脈硬化症を捉えることが重要だとしばしば言われています。 心筋梗塞や脳梗塞は、症状なく徐々に悪化していきます。 そして、不意に血栓症による血行遮断により忽然と発症すると、その後短時間で、死や重度の後遺症に至るという悲劇がしばしば生まれます。 足の痛みを感じたら、心筋梗塞や脳梗塞の発症を意識して、自身の動脈硬化のリスクを評価しつつ早期に治療を開始することが肝要です。 足の痛みは心筋梗塞や脳梗塞の予兆かもしれないのです。 こうした症状がある人は、「腰の病気」が原因かもしれません。 これも前述の疾患群と同じで片足に限って症状が出るのが特徴です。 発症時には、腰は全く痛くないので、原因は足にあって腰ではない、と考える方が多いようです。 腰の骨は腰椎と呼ばれ、5個の骨(椎体)で構成されます。 椎体の内部には脊髄が走っており、脊髄から伸びる神経は椎体と椎体の間からさらに末梢に伸びていきます。 特に腰椎から出てくる神経は足に分布します。 すなわち、「椎間板ヘルニア」や「変形性腰椎症」など腰椎のトラブルによって症状が足に出ることは珍しいことではありません。 足の痺れを自覚したら、まず腰椎の異常を考えるべきでしょう。 足の痺れから足の痛みに症状が発展することも多く、重症化すると歩行障害も発生します。 日頃から、姿勢に注意して腰椎の並びを整えること、ストレッチングなどで腰椎周囲の筋肉を柔軟に保つこと、筋力を衰えさせないようにすること、などが腰椎疾患による足の病状の予防として大切です。 また、足の痺れの代表的な疾患である椎間板ヘルニアは、軽症であればレーザーや内視鏡など体に優しい治療で管理することができるようになっています。

次の

足が熱い!眠れない時に簡単に出来る改善法と寝る前に気を付ける事

あし の うら が 熱く て 寝れ ない

肩こりの症状でお悩みの患者さんの話を聞いていると、毎日のように湿布(シップ)やサロンパスを貼っているという話をよく聞きます。 シップやサロンパスは肩こりにそれなりの効果があると考えていますが、中には全然効果がないとおっしゃる人もおられます。 そういった事から、シップやサロンパスは肩こりに効果はないの?とお考えの人もおられると思います。 実はシップやサロンパスの効果があまり感じない肩こりの場合、その症状の正体はただの肩こりじゃない可能性もあるんです。 そこでこのページでは、シップやサロンパスは肩こりに効果があるのかどうかについての説明と、効果がない場合の症状の正体について説明させていただきます。 ちなみに私は医療系の国家資格である柔道整復師という資格を持っている人間です 医療系の国家資格を持っている人間の端くれとして、出来るだけ丁寧で分かりやすい説明を心がけていますので、こういった事に興味のある人は是非参考にして下さいね。 スポンサーリンク シップやサロンパスは血行や炎症を改善する効果があり肩こりには有効 通常の肩こりというのは首や肩、背中(肩甲骨)周辺が血行不良で疲労物質が溜まり、その影響で筋肉が緊張する事によって発生します。 さて、では何故血行が悪くなると肩こりが発生してしまう事が多いんでしょうか? その疑問の答えには「炎症」という物質が密接に関わります。 炎症というのは、組織が損傷した時に血の中に発生する物質で、この炎症を神経が感知すると痛みを感じると考えられています。 肩こりの症状の発生にもこの炎症は密接に関わっています。 炎症は血の中に溜まれば溜まるほど痛みが強くなりますが、血行が良い時は一か所に炎症が溜まる前に血が流れる事によって炎症を洗い流してくれます。 逆に血行が悪くなると、炎症が一か所に溜まってしまい痛みが強くなってしまう訳です。 シップやサロンパスの成分の中には、痛みの原因になっている炎症反応を抑える成分がたくさん入っています。 また、血行を促進させるような成分もシップやサロンパスには配合されています。 通常の肩こりの原因の多くは、血行不良から発生する炎症の働きが鍵になっていますので、炎症も血行不良も改善する効果のあるシップやサロンパスを貼る行為は、肩こりの治療にとって非常に有効な方法だと言えるでしょう。 シップやサロンパスの効果が少ない肩こりは肩こりじゃない可能性あり 上記でも説明させていただいたように、シップやサロンパスは肩こりの治療法として効果が期待できる有効な方法だと思います。 しかし、実際にシップやサロンパスを毎日のように貼っていても効果を感じない、もしくは少ししか効果を感じないという人も中にはおられると思います。 そういったシップやサロンパスの効果をあまり感じない肩こりの症状の場合、その症状は単なる肩こりではない可能性があるので気をつけて下さいね。 肩こりの症状はどんなに強くても単なる血行不良から発生している筋肉痛のようなものですので、シップやサロンパスで症状が改善しないという事は通常では考えにくい現象です。 そういったシップやサロンパスの効果を感じない肩こりの症状の正体で一番可能性が高いのは、頚椎症や頚椎ヘルニア、ストレートネックなど、首の骨や変形によって近くの神経を圧迫して発生している神経痛だと思います。 頚椎症や頚椎ヘルニアとは、首の骨や軟骨が変形する事によって近くの神経を圧迫し、その神経が支配している領域に痛みや痺れなどの症状を発生させる疾患です。 (必ずしも痺れが発生する訳ではありません) 軽症から重症例までの症状がかなり幅広く、重症であれば夜も疼いて寝れないなどの強い症状を発生させる事もありますが、軽症であれば肩こりに似た痛みや筋肉の張り感だけを感じる場合もあります。 このように重症であれば、ただの肩こりでは考えられない症状を発生させますので分かりやすいんですが、頚椎症や頚椎ヘルニアなどで症状が発生していたとしても、軽症であれば肩こりに近い症状を発生させますので勘違いされやすいんですね。 頚椎症や頚椎ヘルニアの症状の発生にも、血行の状態や炎症反応は大きく関わっていますので、シップやサロンパスによる効果が全くないと極論を言うつもりはありません。 ただし、シップやサロンパスというのは炎症を抑える薬を皮膚から浸透させる訳ですから、あまり劇的な効果を発生させる事は不可能です。 皮膚からの薬品の浸透はどうしても口から摂取するよりも効果は落ちますから。 また、 頸椎症や頚椎ヘルニアなどから発生している症状の場合は、シップやサロンパスと比べてかなり強い薬品である痛み止めを服用しても、効果のない場合が多い強い痛みを発生させています。 つまり湿布薬の効果はあまりない。 というより、症状の強さに比べて効果が薄すぎて意味があまりない。 もしくは症状が強すぎて焼け石に水。 という表現の方が正しいかもしれません。 スポンサーリンク 頚椎症や頚椎ヘルニアであっても、初期であれば異常なしと診断される事が多い もし頚椎症や頚椎ヘルニアを疑った場合、病院へ行ってレントゲンやMRIなどの画像検査をされると思いますが、初期の頚椎症や頚椎ヘルニアの場合は「異常なし」と診断される事も決して珍しくありません。 お医者さんの診断基準はどうしても手術をするべきかどうかで判断される事が多く、首の骨や軟骨の変形、神経の圧迫などの問題点があったとしても、手術するほどの大きい問題じゃなければ「異常なし」と言われる事が多いんですね(こういった事は実際にお医者さんに聞いた事のある話です) また、実際に異常があったとしても神経を圧迫している場所や角度によっては、MRIの検査でも写りにくい、写らない事も決して珍しい事ではないようです(これも実際にお医者さんに聞いた事があります) しかし、このページで何度も説明させていただいたように、何かしらの組織の問題(骨の変形など)が無い限り、シップやサロンパスで肩こりの症状が改善しない事は考えにくい現象ですので、そういった時はやはり頚椎の問題を疑うようにしてくださいね。 頚椎症や頚椎ヘルニアから発生している肩こりの症状なのであれば、弱い刺激で行う治療が効果的 もしあなたが現在感じている肩こりの症状が頚椎症や頚椎ヘルニアが原因で発生しているのであれば、残念ながら一般的な整骨院や病院などで行われているマッサージや電気治療では改善しにくい症状のはずです。 実は頚椎症や頚椎ヘルニアの症状は非常に治療が難しく、お悩みの人が非常に多い疾患でもあります。 頚椎症や頚椎ヘルニアのように、首の骨や軟骨の変形などが症状に大きく関わっている場合、その周辺には常に強い炎症が発生しています。 (通常の肩こりと比べても強い炎症反応です) 炎症は近くの神経を興奮させて、感覚を過敏にさせる特徴を持っています。 感覚が過敏になると、簡単に言えば少しの負担やちょっとした動作でも痛みを感じやすくなってしまうんです。 つまり、こういった症状の方にマッサージなどの強い刺激で行う治療を行うと、あまり効果がない所か逆効果になってしまう可能性があるんですね。 どこの治療院やマッサージに通っても改善しなかったという人は多いと思いますが、そのほとんどの治療が割と刺激量の多い治療である事が多いと思います。 逆に、優しく弱い刺激で行う治療であれば、治療行為が負担になりませんので改善する可能性があります。 弱い刺激の治療を行っている治療院は、あまり多くはないと思いますが、もしよろしければこのページで書かれている事を治療院選びの参考にして下さいね。 もしどこに相談していいか分からない、どこに相談してもダメだったという人は一度私にお気軽にご相談して下さいね。 どこに行っても治らないしつこい肩こりや、頚椎から発生している症状の治療にはそれなりに自信を持っていますのできっとお力になれると思います。 以上で「シップやサロンパスは肩こりに効果はあるのか?」のページの説明を終了させていただきますが、下記に肩こりに関連するページのリンクも載せていますので、興味のある人はそちらも是非参考にして下さいね。 おすすめ記事 スポンサーリンク 肩こりの症状に関連するページ このページを読んで頚椎症や頚椎ヘルニアの疑いがある人は以下のページも参考にして下さい。

次の