価格 プロジェクター。 大型デジタルサイネージの導入比較「ディスプレイとプロジェクター」どちらがよいか:キヤノン

【楽天市場】ホームプロジェクター

価格 プロジェクター

今、自宅で楽しむエンタメといえば、インターネット経由で楽しめる動画配信サービスが常識となっている。 そして、そんな流れに乗ってプロジェクターがブームに沸いている。 プロジェクター人気のけん引役は、Wi-Fi内蔵で10万円以下で購入できるカジュアルな一体型モデル。 設置や外部のソース機器の準備、ケーブルの引き回しといったプロジェクターの面倒なところをすっ飛ばし、プロジェクター本体とWi-Fi環境だけ整えれば100インチオーバーの超大画面で映像を楽しめるという手軽さから、初めてのプロジェクターとして多くのユーザーから選ばれているという訳だ。 予算のイメージは6万円から 製品購入の際に最初に考えるのははやり予算。 Amazonプライム・ビデオ対応プロジェクターの購入を考えると、HD解像度の比較的カジュアルな機種で6万円程度から、ほとんどの機種は10万円以下の予算でOKだ。 なお、4K対応などのハイエンドになると15万円以上をみておくのが無難だろう。 Wi-Fi内蔵プロジェクターのなかでもAmazonプライム・ビデオに対応しているというモデルは実は意外に少なく、Androidベースだからといって必ず対応しているとは限らないし、Amazonプライム・ビデオは、スマホからAirPlayや一部キャスト機能で再生もできないので、ここは確実にチェックしておこう。 お詫びして訂正します。 画質スペックもチェック プロジェクターの主な画質スペックは、HD画質、フルHD、4K画質といったパネル解像度。 薄型テレビは4K中心になっているのだが、超大画面が一番の価値であるプロジェクターはあまり高解像度化が進んでいない。 ベストはもちろん4K画質だが、フルHD、HDでも超大画面の非日常体験はできる。 もうひとつ重要なスペックが輝度で、日中や照明を付けたまま使うならANSIルーメンで500lm以上は欲しいところ。 設置するする部屋のイメージをつかんでおこう プロジェクターは離れた場所から投写する映像デバイスだから、設置する部屋の環境に左右されるところが大きく、まずは窓や家具に邪魔されない投写する壁面の確保が必要だ。 壁は必ずしも無地の真っ白である必要はなく、白以外や塗り壁風クロスの模様なら十分実用的に利用できる。 また投写距離もデバイスや投写したい画面サイズによって異なるが、1. 5〜3mくらいの投写距離は確保しておきたい。 投写する壁面と投写スペースは確認しておこう 5. 天井照明にプロジェクターを融合した「popin Aladdin」という選択肢も 今、注目を集めているユニークな存在が部屋の照明の引掛シーリングに設置できる「popin Aladdin」。 「popin Aladdin」を設置できるかは引掛シーリングの位置次第だが、左右振り、上下位置の調整は可能で調整範囲は広い。 「popin Aladdin」なら天井に設置できるので、設置場所を確保する必要ない 6. 電源ケーブルを外して動かせるので設置が自由で位置調整もラクだし、ベランダやアウトドアなど、コンセントのない屋外でも大画面投写して遊べる。 ただし、モバイルプロジェクターは画質スペック面が控えめなので、その点は注意したい。 Amazonプライム・ビデオ対応の注目モデル プロジェクターの具体的な製品探しを始めていこう。 発売中の製品探しはが便利。 Amazonプライム・ビデオに限定した絞り込み機能はないので、ひとまずWi-Fiプロジェクターから絞っていこう。 comで対応機種を探す場合は、Wi-Fiプロジェクターで絞り込むと探しやすい 実際にどの機種がAmazonプライム・ビデオに対応しているかは個別の製品情報をチェックする必要があるが、今回は僕が調べた6月上旬時点でAmazonプライム・ビデオに対応している機種の中から注目モデルをご紹介しよう。 popIn「popIn Aladdin 2」 照明用の引掛シーリングを使って天井に設置できる「popin Aladdin 2」 プロジェクター付き照明というコンセプトで、天井の引掛シーリングに設置でき照明にもなるプロジェクター界の革命児。 4月に登場した第2世代モデルではパネルがフルHD解像度となり、明るさも700lm確保。 100インチを1. 78mで投写でき、下方向へ最大32度の調整が可能と、設置性が向上している。 内蔵アプリもヨガやキッズ向けなど、ライフスタイル寄りのラインアップが多いのも面白い。 Anker「Nebula Capsule II」 Wi-Fi内蔵のポータブルプロジェクターのNebllaシリーズ。 Android TV搭載の「Nebula Capsule II」は特に人気 Wi-Fi内蔵ポータブルプロジェクターのカテゴリを切り開いた人気シリーズがNeblla。 「Nebula Capsule II」は最新の人気モデルで、HD画質に輝度200lmとスペックはやや控えめだが、バッテリー内蔵で約3時間使えるポータビリティ性はやっぱり便利。 100インチの投写に必要な距離は3. 08mだ。 ちなみに、Nebulaシリーズ他機種でもAndroidベースのOS搭載モデルはAmazonプライム・ビデオ対応だが、操作性や機能性は機種によって異なるので注意。 XGIMI「MoGo」「MoGo Pro」 Nebllaを追いかける形で日本上陸を果たしたWi-Fi内蔵のポータブルプロジェクター「MoGo」シリーズ 2月に日本でも販売が始まった海外で人気のAndroid TV搭載のバッテリー内蔵ポータブルプロジェクター。 エプソン「dreamio EF-100」「dreamio EF-100TV」 「EF-100」はスティック型端末の内蔵が可能。 FireTV Stickをそのまま使えるところもメリット 日本のプロジェクタートップメーカーであるエプソンが手がける動画配信サービスに特化したプロジェクター。 「EF-100TV」はAndroid TV搭載のスティック型端末付属、「EF-100」ではFireTV Stickなどのスティック型端末を購入して本体の専用スペースに内蔵、実質一体型として運用する発想だ。 HD解像度ながら2000lmと非常に明るくリビング向きで、ズーム対応なので100インチを2. 09m〜3. 14mの範囲で投写できる。 なお、型番違いの白色バージョンもある。 LGエレクトロニクス「CineBeam HU70LS」「CineBeam HU85LS」 LGエレクトロニクスもWebOSベースでAmazonプライム・ビデオに対応。 「HU70LS」は4Kの高画質に機能性も揃う注目モデル 「HU85LS」は壁の間近に設置できる超短焦点モデル。 4K高画質であるのと構造的に複雑なためまだまだ高価 世界的なプロジェクター大手のLGエレクトロニクスは、ホームシアター向けの高画質プロジェクターから薄型テレビと同じWebOS 4. 5を搭載し、Amazonプライム・ビデオ対応を果たしている。 「HU70LS」は4K対応、1500lmで1. 25倍ズームに対応で20万円前後。 「HU85LS」は120インチをわずか18cmで投写できる超短焦点モデルで、設置性が高く4Kで2700lmのスペックも揃うが、約65万円と価格もハイエンドだ。

次の

大型デジタルサイネージの導入比較「ディスプレイとプロジェクター」どちらがよいか:キヤノン

価格 プロジェクター

内容をリアルタイムで更新できたり、目の前のターゲットの属性に合わせた情報をピンポイントで発信できることなどから、ポスターや看板に代わる情報伝達の手段として、街じゅうの至るところで活用が広がるデジタルサイネージ。 中でも視覚的なインパクトの大きさで優れた販促効果を期待できるのが、大画面でのデジタルサイネージです。 もっとも、一口に大画面でのデジタルサイネージと言っても、その手段はさまざま。 それぞれ価格や設置の自由度が異なるので、導入には注意が必要です。 ここでは、「液晶ディスプレイ」と「プロジェクター」という大きく2つの手法について比較し、お客さまの使用環境や用途に合わせたデジタルサイネージの選択、導入を後押しできればと考えています。 世間の目を惹く映像をクリアな画面で提供できる液晶ディスプレイ。 しかし、当然のことながら、より大きな画面を選べば選ぶほど価格も上がります。 特に80インチ以上の大型デジタルサイネージを実現しようと思えば、その価格は液晶ディスプレイ単体だけでも100万円オーバーと非常に高額。 その他デジタルサイネージを実現するためにはさまざまな付属品も必要になることを考えると、相当な投資価格が掛かってしまいます。 一方、投写サイズの大小で価格負担が変わらないのがプロジェクターです。 例えば200インチサイズへ鮮明に投写できる高輝度・高精細なモデルでもおよそ50万円くらいから導入でき、大画面でのデジタルサイネージが可能になるのです。 80インチを超える液晶ディスプレイでデジタルサイネージを実現しようとすると、投資価格は非常に高額に。 そこで、価格を抑えつつインパクトある大画面を実現する方法として注目されているのが、複数の液晶ディスプレイを積み上げて1枚のスクリーンに見立てる「マルチスクリーン」という手法です。 でも、いくら液晶ディスプレイを積み上げても、それだけでは全体で1つの映像を映すことはできません。 そこで必要になるのが、マルチスクリーン表示制御装置と言われる特別な装置。 高額な大型液晶ディスプレイの代替案として一見有効に思えるマルチスクリーンですが、諸々の付属品も含めて考えると、価格面ではここでもプロジェクターに軍配があがります。 なお最近では、有機ELディスプレイによる曲面マルチスクリーンも可能に。 が、当然まだまだ高額です。

次の

人気のプロジェクター 価格ランキング

価格 プロジェクター

今、自宅で楽しむエンタメといえば、インターネット経由で楽しめる動画配信サービスが常識となっている。 そして、そんな流れに乗ってプロジェクターがブームに沸いている。 プロジェクター人気のけん引役は、Wi-Fi内蔵で10万円以下で購入できるカジュアルな一体型モデル。 設置や外部のソース機器の準備、ケーブルの引き回しといったプロジェクターの面倒なところをすっ飛ばし、プロジェクター本体とWi-Fi環境だけ整えれば100インチオーバーの超大画面で映像を楽しめるという手軽さから、初めてのプロジェクターとして多くのユーザーから選ばれているという訳だ。 予算のイメージは6万円から 製品購入の際に最初に考えるのははやり予算。 Amazonプライム・ビデオ対応プロジェクターの購入を考えると、HD解像度の比較的カジュアルな機種で6万円程度から、ほとんどの機種は10万円以下の予算でOKだ。 なお、4K対応などのハイエンドになると15万円以上をみておくのが無難だろう。 Wi-Fi内蔵プロジェクターのなかでもAmazonプライム・ビデオに対応しているというモデルは実は意外に少なく、Androidベースだからといって必ず対応しているとは限らないし、Amazonプライム・ビデオは、スマホからAirPlayや一部キャスト機能で再生もできないので、ここは確実にチェックしておこう。 お詫びして訂正します。 画質スペックもチェック プロジェクターの主な画質スペックは、HD画質、フルHD、4K画質といったパネル解像度。 薄型テレビは4K中心になっているのだが、超大画面が一番の価値であるプロジェクターはあまり高解像度化が進んでいない。 ベストはもちろん4K画質だが、フルHD、HDでも超大画面の非日常体験はできる。 もうひとつ重要なスペックが輝度で、日中や照明を付けたまま使うならANSIルーメンで500lm以上は欲しいところ。 設置するする部屋のイメージをつかんでおこう プロジェクターは離れた場所から投写する映像デバイスだから、設置する部屋の環境に左右されるところが大きく、まずは窓や家具に邪魔されない投写する壁面の確保が必要だ。 壁は必ずしも無地の真っ白である必要はなく、白以外や塗り壁風クロスの模様なら十分実用的に利用できる。 また投写距離もデバイスや投写したい画面サイズによって異なるが、1. 5〜3mくらいの投写距離は確保しておきたい。 投写する壁面と投写スペースは確認しておこう 5. 天井照明にプロジェクターを融合した「popin Aladdin」という選択肢も 今、注目を集めているユニークな存在が部屋の照明の引掛シーリングに設置できる「popin Aladdin」。 「popin Aladdin」を設置できるかは引掛シーリングの位置次第だが、左右振り、上下位置の調整は可能で調整範囲は広い。 「popin Aladdin」なら天井に設置できるので、設置場所を確保する必要ない 6. 電源ケーブルを外して動かせるので設置が自由で位置調整もラクだし、ベランダやアウトドアなど、コンセントのない屋外でも大画面投写して遊べる。 ただし、モバイルプロジェクターは画質スペック面が控えめなので、その点は注意したい。 Amazonプライム・ビデオ対応の注目モデル プロジェクターの具体的な製品探しを始めていこう。 発売中の製品探しはが便利。 Amazonプライム・ビデオに限定した絞り込み機能はないので、ひとまずWi-Fiプロジェクターから絞っていこう。 comで対応機種を探す場合は、Wi-Fiプロジェクターで絞り込むと探しやすい 実際にどの機種がAmazonプライム・ビデオに対応しているかは個別の製品情報をチェックする必要があるが、今回は僕が調べた6月上旬時点でAmazonプライム・ビデオに対応している機種の中から注目モデルをご紹介しよう。 popIn「popIn Aladdin 2」 照明用の引掛シーリングを使って天井に設置できる「popin Aladdin 2」 プロジェクター付き照明というコンセプトで、天井の引掛シーリングに設置でき照明にもなるプロジェクター界の革命児。 4月に登場した第2世代モデルではパネルがフルHD解像度となり、明るさも700lm確保。 100インチを1. 78mで投写でき、下方向へ最大32度の調整が可能と、設置性が向上している。 内蔵アプリもヨガやキッズ向けなど、ライフスタイル寄りのラインアップが多いのも面白い。 Anker「Nebula Capsule II」 Wi-Fi内蔵のポータブルプロジェクターのNebllaシリーズ。 Android TV搭載の「Nebula Capsule II」は特に人気 Wi-Fi内蔵ポータブルプロジェクターのカテゴリを切り開いた人気シリーズがNeblla。 「Nebula Capsule II」は最新の人気モデルで、HD画質に輝度200lmとスペックはやや控えめだが、バッテリー内蔵で約3時間使えるポータビリティ性はやっぱり便利。 100インチの投写に必要な距離は3. 08mだ。 ちなみに、Nebulaシリーズ他機種でもAndroidベースのOS搭載モデルはAmazonプライム・ビデオ対応だが、操作性や機能性は機種によって異なるので注意。 XGIMI「MoGo」「MoGo Pro」 Nebllaを追いかける形で日本上陸を果たしたWi-Fi内蔵のポータブルプロジェクター「MoGo」シリーズ 2月に日本でも販売が始まった海外で人気のAndroid TV搭載のバッテリー内蔵ポータブルプロジェクター。 エプソン「dreamio EF-100」「dreamio EF-100TV」 「EF-100」はスティック型端末の内蔵が可能。 FireTV Stickをそのまま使えるところもメリット 日本のプロジェクタートップメーカーであるエプソンが手がける動画配信サービスに特化したプロジェクター。 「EF-100TV」はAndroid TV搭載のスティック型端末付属、「EF-100」ではFireTV Stickなどのスティック型端末を購入して本体の専用スペースに内蔵、実質一体型として運用する発想だ。 HD解像度ながら2000lmと非常に明るくリビング向きで、ズーム対応なので100インチを2. 09m〜3. 14mの範囲で投写できる。 なお、型番違いの白色バージョンもある。 LGエレクトロニクス「CineBeam HU70LS」「CineBeam HU85LS」 LGエレクトロニクスもWebOSベースでAmazonプライム・ビデオに対応。 「HU70LS」は4Kの高画質に機能性も揃う注目モデル 「HU85LS」は壁の間近に設置できる超短焦点モデル。 4K高画質であるのと構造的に複雑なためまだまだ高価 世界的なプロジェクター大手のLGエレクトロニクスは、ホームシアター向けの高画質プロジェクターから薄型テレビと同じWebOS 4. 5を搭載し、Amazonプライム・ビデオ対応を果たしている。 「HU70LS」は4K対応、1500lmで1. 25倍ズームに対応で20万円前後。 「HU85LS」は120インチをわずか18cmで投写できる超短焦点モデルで、設置性が高く4Kで2700lmのスペックも揃うが、約65万円と価格もハイエンドだ。

次の