鍵 の かかっ た 部屋 2 話 キャスト。 鍵のかかった部屋・特別編のキャスト!ネタバレ?あらすじ!大野智主演の月9を楽しむ!

鍵のかかった部屋 2話 ネタバレあらすじと見逃し動画を無料でフル視聴する方法

鍵 の かかっ た 部屋 2 話 キャスト

Contents• キャスト一覧 榎本 径 警備会社「東京総合セキュリティ」の研究員 仕事で呼ばれないときは備品倉庫室に常駐している。 普段は無口かつ無表情でどこまでも冷静で淡々としているが、防犯・鍵に関して膨大な知識を持った鍵マニアでもあり、その話題になると饒舌になる。 大野智 青砥 純子 フリードマン・芹沢総合法律事務所の新人弁護士。 小規模個人法律事務所での約2年間の経験を経て、芹沢の事務所で働くことになり、未熟ながらも彼の専属アシスタントとなる。 興味を惹かれたものに対して衝動に逆らえず、つい手を出してしまう欠点がある。 戸田恵梨香 芹沢 豪 フリードマン・芹沢総合法律事務所弁護士。 専門は企業法務で、業界では「やり手の弁護士」として知られている。 合理主義者で時間に厳しく、短気な性格。 佐藤浩市 立川 東京総合セキュリティ、榎本の同僚。 夙川アトム 水城 里奈 フリードマン・芹沢総合法律事務所秘書。 父親・重治の勧めで芹沢法律事務所に入所する。 能年玲奈 鴻野 光男 警視庁捜査一課刑事。 ある密室事件で芹沢を容疑者として疑って以降、芹沢とは因縁の仲となり、互いに嫌味を言いあう。 宇梶剛士 ゲスト出演者 Episode1 池端 誠一 新日本葬礼社専務・大石の甥 風間杜夫 日下部 雅友 明正法務司法書士事務所司法書士 堀部圭亮 円山 貿易会社社長・大石の友人 浜田晃 大石 満寿男 新日本葬礼社社長 前田昌明 田代 芙美子 新日本葬礼社社長秘書 阿南敦子 小高 中央朝日銀行頭取 名高達男 松田 大輝 事件の目撃者 土師野隆之介 川崎 中央朝日銀行副頭取 前田健 Episode2 会田 愛一郎 元泥棒・美樹と大樹の叔父 中村獅童 高澤 芳男 美樹と大樹の継父・練馬区立西ヶ岡中学校科学教師 髙嶋政宏 高澤 美樹 大樹の妹・練馬区立西ヶ岡中学校生徒 福田麻由子 幼少期の美樹 山田萌々香 高澤 大樹 会田の甥 和田崇太郎 幼少期の大樹 石井蒼月 Episode3 来栖 奈穂子 女流棋士三段・竹脇の恋人 相武紗季 中野 秀哉 棋士四段 忍成修吾 稲垣 真理 女流棋士一級・奈穂子の後輩 山下リオ 竹脇 伸平 棋士五段 ゆうぞう 谷 二郎 棋士八段 児玉頼信 毒島 薫 棋士竜王 貴志祐介 Episode4 桑島 美香 桑島の妻・菓子鋪亀屋栄泉若女将 白石美帆 古溝 俊樹 桑島の友人・生物系雑誌ビバリウムガイドライター 松尾諭 矢口 芹沢を取材する記者 浅見れいな 桑島 悦子 桑島の母親・菓子鋪亀屋栄泉大女将 かとうかず子 桑島 雄司 菓子鋪亀屋栄泉社長 久ヶ沢徹 Episode5 杉崎 俊二 東京都立望ヶ丘高校教師・野球部顧問 新井浩文 飯倉 加奈 東京都立望ヶ丘高校教師・杉崎の婚約者 関めぐみ 斉藤 美里 純子の友人 小松彩夏 竹本 袈裟男 明新工務店社長 田窪一世 三井 城栄ホームズ取締役 横堀悦夫 Episode6 鬼塚 隼人 劇団幸楽園パフォーマー兼脚本家 坂本昌行 畑山 奈緒 劇団幸楽園パフォーマー兼演出家 堀内敬子 井岡 祐樹 劇団幸楽園パフォーマー・里奈の彼氏 桐山照史 薬師寺 剛史 劇団幸楽園パフォーマー 山中聡 水城 重治 日本企業法務弁護士協会会長・里奈の父親 清水紘治 Episode7 西野 真之 荒神村地主・愛美の父親 吉田鋼太郎 遠藤 晴彦 真之の友人 平田満 西野 猛 西野家長男 郭智博 西野 愛美 西野家長女 森迫永依 西野 明日香 西野家次女 石井心愛 辻 登美子 荒神村りんご園農家 高柳葉子 Episode8 安西 理佳子 文恵のアシスタント MEGUMI 橘 麻美 文恵のアシスタント 岩佐真悠子 中田 文恵 友香の叔母・漫画家 渡辺めぐみ 中田 友香 文恵の姪・タレント 志田未来 三宅正治(フジテレビアナウンサー・めざましテレビMC) 生野陽子(フジテレビアナウンサー・めざましテレビMC) 松尾翠(フジテレビアナウンサー・めざましテレビ出演者) Episode9 野々垣 二郎 富樫貿易取締役 哀川翔 坂口 健也 富樫貿易取締役 高杉亘 八田 三夫 富樫貿易社員 鈴木亮平 犬山 勝巳 富樫貿易社員 佐藤祐基 岡崎 政嗣 富樫貿易副社長 井上肇 八田 美沙 三夫の娘 畠山彩奈 富樫 口達 富樫貿易会社社長 岩松了 Episode10 — 11 佐藤 学 渋谷ビルメンテナンス清掃員 玉木宏 穎原 雅樹 介護サービス会社ベイリーフ副社長 鈴木一真 久永 篤二 ベイリーフ専務 中丸新将 穎原 昭造 ベイリーフ社長 佐々木勝彦 伊藤 寛美 ベイリーフ社長秘書 西山繭子 河村 忍 ベイリーフ専務秘書 本田翼 岩切 新一 ベイリーフ介護ロボット開発課長 菅原大吉 安養寺 修 ベイリーフ介護ザル研究課長 小須田康人 萬田 警視庁捜査一課刑事 丸山智己 あらすじネタバレ カテゴリー•

次の

【鍵のかかった部屋】特別編と再放送の違いはある?いつのドラマだったかも確認!|ヒトトキ#

鍵 の かかっ た 部屋 2 話 キャスト

鍵のかかった部屋 2話 ネタバレあらすじ内容 🌙夜9時~放送📺 『鍵のかかった部屋 特別編 #2』🔑 【嵐・大野智主演!】「鍵のかかった部屋 特別編#2」スペシャル動画 完璧に密閉された部屋で起きた自殺の真相! — フジテレビ fujitv 鍵のかかった密閉された部屋、天井からは紙テープという場面からドラマがスタート。 場面は変わり、高級タワーマンションに住む芹沢豪(佐藤浩市)は、時計コレクションを盗まれる。 セキュリティー強化のため、榎本径(大野智)に相談をする。 榎本によると、タワーマンションの屋上には意外と行きやすいと、鍵についてのアドバイスをした。 そんな芹沢は、町中を行き来するサラリーマンの腕時計にばかり目が行く。 全て泥棒に見えてしまうようだ。 そんな中、甥の大樹が練炭自殺したとされる会田(中村獅童)が相談に来る。 会田によると、大樹は練炭自殺するようなやつではなかったと…。 会田の姉の再婚相手である高澤芳男(高島政広)に疑いの目を向ける。 会田の姉(大樹の母)は他界し、再婚相手の高澤が大樹とその妹、美樹をひきとっていた。 会田は事件当時の事を思い出す。 高澤が大樹の引きこもりについて話したいといわれ、高澤家を訪れるが、部屋にいる大樹は応答せず、鍵がかかっていた。 ベッドに横たわっていた大樹は、すでに息を引き取っていた。 警察は密室なことから自殺以外にはありえないと、断定してしまう。 だが、榎本らは、遺産相続権が高澤に行くことから、やはり高澤が怪しいとよむ。 美樹にも危害が及ぶことを危惧した会田は、練炭自殺があったとされる部屋の再調査を依頼。 大樹の部屋で調査する三人は、ひきこもりである感じがしないと、自殺を否定。 そんな中、榎本らは、高澤が学校で行う化学マジックショーを見学。 高澤は、様々な化学を使ったマジックを披露し、そこで榎本は何かヒントを得た様子。 その後、美樹が高澤が捨てたはずのテープなどの証拠品を榎本の元に届け、再び事件現場に向かうことに。 テープを完璧に貼って、部屋を密閉することで気密性を必要としていた犯人の意図を読む榎本。 高澤がの化学マジックショーで使っていた実験を参考に、榎本は推理を更に進めるが、そこへ高澤が突然帰宅する。 指をすりあわせて考える榎本は、指を止める。 「密室はやぶれた」と榎本。 そこへ帰ってきた高澤が部屋へ入ってくる。 相田に対し嘘八百を並べ、自分への疑いの目をそらそうとするが、美樹から「嘘つき」といわれる。 榎本は、この部屋のドアははじめからかかっていなかったこと、部屋の気圧が上がっていたことなど、次々と謎を解明していく。 部屋の鍵のトリックを解き明かされ、高澤の負けが確定し犯人と断定された。 終わりのシーンでは、榎本がピッキングが難しいはずのカギを開けるシーンが。 3話以降に大きな秘密がありそうだ。 鍵のかかった部屋 2話 ネタバレ感想 感情が入っていないかのような話し方をする大野君は見どころの一つですね。 名台詞は「密室はやぶれた」。 そして、指をすりあわせて考えるシーンが独特です。 8年前のちょっと若い大野君が表情のない演技するので、見た事がない方は必見! 密閉空間をあつかった謎解きで癖は強く、本格ミステリー好きな方にも楽しむことができます。 密閉された空間の謎を解く、推理ドラマ• キャストは嵐の大野智、戸田恵梨香、佐藤浩市• 「密室はやぶれた」がキャッチコピー• 貴志先生の作品にしては、確かにほのぼのする部分も有るけど、大野くんの主人公が、見える暗さと隠れた暗さを両方きちんと感じさせるのは、よく出来てるなって思った。 一切笑わない大野智くんは、 凄い。 TVerは、登録の必要もなく、完全無料で見逃し視聴できます。 視聴中に、CMが流れるますが、完全無料で視聴できます。 ただ残念な点は、配信期間が地上波放送後、1週間で終了してしまいます。

次の

『鍵のかかった部屋』特別編・2話のネタバレあらすじと感想│密室だけでなく心の鍵も解いた榎本径

鍵 の かかっ た 部屋 2 話 キャスト

鍵のかかった部屋 1話 ドラマ「鍵のかかった部屋」第1話のあらすじ・ネタバレを紹介します! 第1話「佇む男」 あらすじ ある日、 芹沢法律事務所で働くことになった 弁護士の青砥純子(戸田恵梨香)は初出勤すると、 急用で出て行こうとしている 弁護士・芹沢豪(佐藤浩市)から突然、仕事を任される。 いきなり1人での仕事だった。 青砥純子(戸田恵梨香)が クライアントの円山社長(浜田晃)に会い話を聞く。 円山社長(浜田晃)によると、 先日、新日本葬礼社の大石社長が死亡したが、 不審な点があるということだった。 新日本葬礼社から仕事を引き受けていた 司法書士の日下部雅友(堀部圭亮)が、後を継いで説明する。 新日本葬礼社の大石社長は唯一の親族である 専務の端誠一(風間杜夫)に会社を相続させる 公正証書を作成していたのだが、 端誠一の横領が発覚したため、公正証書を書き換えようとしていた。 しかし、先日、死んだ大石社長が残した遺書は、 端誠一に会社を相続させる内容になっていた。 部屋が密室状態だったため、警察は事故として処理したが、 書き換えようとしていた内容の遺言状はおかしい。 だから、弁護士の芹沢豪(佐藤浩市)に調査して欲しい、 というのがクライアント円山社長(浜田晃)の依頼だった。 青砥純子(戸田恵梨香)は依頼を引き受け、 別件で仕事していた芹沢豪(佐藤浩市)に報告するが、 芹沢豪は「馬鹿野郎、そんな金にならないことを引き受けてくるな」と激怒し、 仕事を始めるため、銀行の金庫へ入る。 芹沢豪(佐藤浩市)は頭取と一緒に 銀行の金庫の中で資産査定の仕事をしていると、 金庫の外で待っていた青砥純子(戸田恵梨香)がボタンを押してしまい、 金庫の扉が閉じてしまった。 銀行の金庫は次の営業開始時間まで開かないシステムになっていた。 今日は金曜日だから、月曜日まで金庫は開かない。 絶望的な状況だった。 緊急時用のダイヤルを揃えれば、 解錠することはできるが、ダイヤルの番号を知っている頭取は、 金庫の中に閉じ込められていた。 もはや金庫を開ける方法は無く、銀行の社員も諦めていた。 そのようななか、1人の男が訪れる。 男は、東京総合セキュリティの榎本径(嵐の大野智)と名乗った。 社員は「絶対に開かないシステムだ」と追い払おうとするが、 榎本径(嵐の大野智)はそそくさとダイヤルの前に座ると、 指先とパソコンを駆使して、わずか10数分で金庫の扉を開けてしまった。 金庫から出てきた芹沢豪(佐藤浩市)は 「クライアントには、自殺だったと報告しておけ」と言い、 急いで次の仕事へと向かおうとする。 しかし、青砥純子(戸田恵梨香)が食い下がる。 芹沢豪(佐藤浩市)は 「警察が無理だった物を、どうやって証明するんだ」と呆れると、 青砥純子(戸田恵梨香)は 「密室だから、自殺として処理されたんですよね。 密室の謎が解ければ良いんじゃ無いですか」と答える。 ちょうど、帰り支度をしている 榎本径(嵐の大野智)の姿が目飛び込んできた。 青砥純子(戸田恵梨香)は事情を説明し、 「密室の謎も解けますか」と尋ねると、榎本径は 「他殺なら解ける」と答えたのであった。 こうして、榎本径(嵐の大野智)は 青砥純子(戸田恵梨香)らに連れられて、 新日本葬礼社の大石社長が自殺したという山荘へ向かうことになった。 第1発見者の1人である司法書士の日下部雅友(堀部圭亮)によると、 当時、山荘は玄関の鍵がかかっており、 窓を割って室内に入ったが、既に大石社長は死んでいた。 ドアの内側には画鋲で白幕が張られており、 大石社長はドアにもたれかかるように座って死んでいた。 さらに、大石社長の前にはテーブルがあった。 ドアは内開きなのでドアを開けることは不可能だった。 榎本径(嵐の大野智)は1人で室内を隅々まで調べている。 日下部雅友(堀部圭亮)から当時の状況を聞いていた 芹沢豪(佐藤浩市)は 「聞けば聞くほど自殺としか思えない」と適当な事を言い、帰ってしまう。 後日、榎本径(嵐の大野智)から呼び出され、 青砥純子(戸田恵梨香)らは東京総合セキュリティへ向かう。 榎本径のは、地下にある備品管理室で鍵をいじっていた。 ここが榎本径の職場らしい。 榎本径(嵐の大野智)は密室の状況を説明するが、 密室の謎は解けていなかった。 青砥純子(戸田恵梨香)が 「これまでとは違う次元の発想が必要なのかもしれませんね」とつぶやく。 しかし、芹沢豪(佐藤浩市)は 「時間の無駄だ。 俺はこんなちっぽけな事件に関わっている暇は無い」と言い、 クライアントへの報告を命じるが、青砥純子(戸田恵梨香)は頼み込み、 1日だけ時間をもらった。 翌日、青砥純子(戸田恵梨香)が山荘を調べに行くと、 榎本径(嵐の大野智)が先に来ていた。 青砥純子が山荘に入ろうとすると、 そとに少年が窓から中を見ていた事に気づき、少年から話を聞いた。 少年は、社長が自殺した日に、 社長が自殺した部屋で立っている白髪の男性を目撃した、と証言した。 青砥純子(戸田恵梨香)が日下部雅友(堀部圭亮)に問い合わせると、 被疑者に浮上している専務の池端誠一(風間杜夫)は白髪ということだった。 青砥純子(戸田恵梨香)は大石社長の葬儀に少年を連れて行き、 目撃した白髪の男性の顔を確認させるが、 少年が指さしたのは池端誠一(風間杜夫)ではなく、死んだ大石社長の遺影だった。 青砥純子(戸田恵梨香)は 「少年が目撃した時間には、大石社長に死んでいたんですよ。 やはり違う次元の発想が必要なんですかね」と悩む。 それを聞いた榎本径(嵐の大野智)は、 「我々にはもう1つの次元が存在します。 それは時間です。 …なんで気づかなかったんだ。 これで密室が破れました」と告げた。 翌日、青砥純子(戸田恵梨香)らは 池端誠一(風間杜夫)に会いに行くが、 池端誠一は荷物を処分するために山荘へ向かったということであった。 青砥純子らは急いで山荘へ向かう。 山荘に到着すると、榎本径(嵐の大野智)は 「この事件のキーワードは時間です」と言い、 密室トリックの謎を話し始めた。 死体の発見時、大石社長の口にはウジが沸いていた。 ハエが卵を産んでからふ化するまでに半日はかかる。 つまり、ハエは室内にいたことになる。 通風口には網が張っており、ハエは侵入できない。 大石社長が死んだ後、犯人が窓を開けた。 そのとき、ハエが侵入したのではないか。 青砥純子(戸田恵梨香)が 「一度、密室は破られたってこと?」と尋ねると、 榎本径(嵐の大野智)は 「いえ、そのときは自由に出入りできていました。 密室が完成したのは、長い時間が経ってからです」と答え、推理を続けた。 犯人は山荘で大石社長と話し合っていたが、 大石社長が癌で苦しみだしたため、 「モルヒネの注射をうつ」と言い、致死量のモルヒネを注射して殺害し、 大石社長を横に寝かせた。 そして、犯人は一度帰ると、12時間後に再び山荘を訪れた。 青砥純子(戸田恵梨香)が 「12時間後?」と尋ねると、 榎本径(嵐の大野智)は 「密室を完成させるためには、それまで待つ必要があったんです」と答えて、 推理を続けた。 犯人は再び部屋に入ると、死臭が酷いため、窓を開けた。 そのときにハエが室内に入ったのだろう。 その後、犯人は、死後硬直で堅くなった死体をドアに立てかけ、 死体がずり落ちないようにテーブルで死体の足を固定した。 そして、犯人は廊下へ出て慎重にドアを閉めた。 後は時間が密室を作り上げてくれる。 死後硬直は上から順番に解けていくため、 ドアに立てかけた死体は次第に緩んでいき、 死体はドアとテーブルの間に座る。 これで、密室が完成する。 池端誠一(風間杜夫)は 「あんたの言っていることは憶測に過ぎん。 証拠はあるのか」と反論すると、 榎本径(嵐の大野智)は 「ドアに張ってあった白幕を調べればDNAの痕跡が付着しているはずです」と答えた。 池端誠一(風間杜夫)は 「だとしても、私が犯人だという証拠は無い」と反論すると、 榎本径(嵐の大野智)は「ありません。 私は貴方が犯人だなんて言っていません」と答える。 え?… 池端誠一(風間杜夫)も青砥純子(戸田恵梨香)も、 狐につままれたような顔で榎本径(嵐の大野智)を見る。 青砥純子(戸田恵梨香)が 「あのー、証拠は?」と尋ねると、 榎本径(嵐の大野智)は「僕はただ、密室を破れたと言っただけです。 その先に興味はありません」と答えた。 池端誠一(風間杜夫)は勝ち誇ったように高笑いをし、 「犯人を特定する証拠は無いわけだな」と言い、 帰ろうとするが、芹沢豪(佐藤浩市)がドアの前に立ちはだかる。 芹沢豪(佐藤浩市)は 「遺言書に書いてあったんですが、貴方は新日本葬礼社が破綻しかけたとき、2000万円の借金をして会社を救ったそうですね」と尋ねると、 池端誠一(風間杜夫)が「そうするしかなかったんだ」と答えた。 すると、芹沢豪(佐藤浩市)は 「それは貴方と社長しか知らない事実だった。 だとすると、社長が亡くなった今、あの遺言状を書けるのは貴方しか居ないんです」と告げたのであった。 後日、クライアントへの報告が終わると、 芹沢豪(佐藤浩市)は「あいつとは改めて報酬の話をしておかないと、後々、厄介なことになったら面倒だ」と告げた。 青砥純子(戸田恵梨香)が 「わかりました。 でも、榎本さん、すごかったですね。 ああいうのを天才っていうのかな」と話すと、 芹沢豪(佐藤浩市)は「ただの変人だろ」と答えるのだった…。 以上、ドラマ「鍵のかかった部屋」第1話のあらすじ・ネタバレの紹介でした! カテゴリー•

次の