メルカリ トラブル。 メルカリの評判は?トラブルは多い? [メルカリの使い方] All About

【メルカリでトラブル!】返金までに事務局と交した40通のメール!

メルカリ トラブル

メルカリのハンドメイドがひどい!トラブル例と解決案 出来がひどい時 ちょっとした裁縫を伴う作品は、縫い目のクオリティーが挙げられるでしょう。 これは義務教育の家庭科レベルにすらなっていない、というケースはレアかと思います。 しかし、糸の始末が甘い、という程度のものでしたら購入金額によっては多少目をつぶる必要もあります。 解決策としては、初めて購入する出品者からは「お試し」と言えるくらいの金額と商品を選ぶことが重要です。 出来上がりに満足がいくものであったら、同じ人から買います。 安い商品の購入から判断し、次回リピーターとなればリスクは軽減します。 壊れたものが届いた 郵送中によるものなのか、作品がもろかったのかにもよります。 もし、「開けた瞬間から壊れていた」という状態ならば、出品者の方に一度問い合わせをしてみましょう。 アクセサリーなど繊細な商品は、軽いゆえによく定形外の郵送が選ばれます。 そのため、こういったトラブルは実はよく起こります。 「配送中のトラブルについての責任は負いかねます」という一文を記載している出品者の方ですと、問い合わせても諦めるしかないケースもあります。 しかしながら、「プチプチもない、雑な梱包」だと、明らかに出品者の落ち度といえます。 良心的な出品者でまだ取引が初心者の方なら、問い合わせに対して真摯に応じてくれる場合もあります。 やはり 過去の取引評価と、プロフィールを考慮して慎重に購入しましょう。 使用していたら壊れた ピアスやネックレスなどのアクセサリーを、使用していたら金具がとれたり曲がったり、壊れてしまった、というトラブルも見られます。 常識的な範囲で、使用して数時間で壊れてしまったものなど、明らかに身に着けるものとしては強度がない場合は、問い合わせしましょう。 中には商品を送り直してくれる方もいたり、一部返金などの対応をとってくれる出品者もいます。 しかし、メルカリに出品している以上、クリエイターというよりは、あくまでも 素人の趣味で作った作品であると念頭においておきましょう。 「思っていたのと違った」 市販のアクセサリーでも、 「服装に合わなかった」 「想像と違った」 ということはよく起こり得ます。 そういった場合、出品者も、毎回、返金・返品に応じていては赤字になってしまいます。 そのため、「 イメージ違いによるクレームはお断りします」と返品拒否されることも。 「サイズが合わなかった」 アクセサリーやちょっとした子供服などに多いですね。 大きさは、使用しないとわかりませんから、購入者によってはサイズが全然合わないこともよくあります。 そのため、• ネックレスなら長さ調節のアジャスターを含めた長さ• 洋服なら実際に採寸したサイズ を確認してから、購入したいですね。 また、 作っているうちにサイズに誤差が出てきてしまうことも。 ハンドメイド作品ならではの注意点です。 「届いたら壊れていた」 小さなピアスなどですと、ミニレターという小さな封筒で60円で送れてしまいます。 それゆえ、プチプチなどの緩衝材もなく、防水のみのごく簡易的な梱包で送る方も多いようです。 でも、 「フレームの曲がりやパーツが取れていた」 ってトラブルも覚悟しなくてはいけません。 1,000円を超える商品なら、安全性を重視した発送をお願いしたいですね。 返品・返金ののリスクを減らせるようにしましょう。 としているので、 発送中のトラブルだけは避けたいポイントです。 使用中に壊れてしまった際は、場合によっては、無理な使い方をしてるかも。 過去に何度も返金トラブルを起こしている出品者は要注意。 購入前のやり取り中でも判断しましょう。 オーダーメイド出品者のトラブル対応 お客さんの要望に沿って商品をつくるオーダーメイド作品。 手作りなので、キャンセルされたり作り直しを要求されたら、大変困ります。 オーダーメイドでのトラブル具体例と注意点をまとめました。 注文後のキャンセル• 作成後のキャンセルは基本受け付けない 注文後に作ったのに、作り始めたのに、キャンセルや逃げられてしまった、というケースは、残念ながらメルカリにおいてしばしば見られます。 「購入金額が足りなくなった」 「他に欲しいものができたから不要になった」 という理由もよく見られます。 製作時間や材料費などを考えると、出品者による負担が大きいジャンルなので、大変ですよね。 良識的な購入者の方は、良く熟知しておられるかもしれません。 しかし、安易にオーダーメイド品を注文する人もいますので、「 オーダーを受けてからのキャンセルはできません」という一文があると防止になりますね。 作り直してほしいと頼まれた• 作り直しは、別料金で 商品をおくったのに、「再度作り直して欲しい」というような要望が多いお客さんがいたら、別料金で対応する旨をお伝えしましょう。 作り直しを要望する場合、パーツを多く付けて欲しい、という機能面のグレードアップを求める方と、「購入した作品と写真が違ったから」という場合などが挙げられます。 布製品を使用したハンドメイドですと、布のパターンによって見本と仕上がり品が異なってきます。 完成品の見本の写真を複数アップして、購入前に確認を取ってもらうと。 トラブルはグッと減ります。 真似をされた時の対応• 出品ページへ警告のコメントを せっかく考えた「ハンドメイドのアイディアを真似されてしまった」ということもあるでしょう。 人気の作品は次々と真似されてしまうそうです。 もし真似をされてしまったら、 通報する警告を相手の出品コメント欄へ送りましょう。 購入を検討している方も、それを見ると買うのをやめたりと抑止効果にもつながります。 自分のプロフに、「真似はアカウント停止など処分される行為」と注意書きをしてみても、効果があるかもしれません。 クレームにならない出品のコツと注意点• 自分で使用して確かめる 出品前に、よく完成した作品チェックを行いましょう。 強度の足りないところやや歪みがないか、身に着けるものなら同じ作品を、試作品ができたら、 しばらく使用して様子をみるなどといった方法も有効です。 写真の撮影にも気をつかう また、カラフルな作品はとにかく実物との差をなくす、自然光での写し方が望ましいです。 小さな作品は大きさが比較できる対象の物を一緒に写すのもいいですね。 が参考になります。 途中経過を伝え、確認をする 製作段階では、途中経過を購入者にお伝えすると良いでしょう。 「柄・お色はこれでいいですか?」 「何か気になることはないですか?」 など、多くの方がオーダーページを作成し、こまめなやりとりをしています。 包装は、ケチらない また、壊れ物ならプチプチなど緩衝材はつけましょう。 過剰包装に思えても、購入者の 印象が格段に良くなるので、悪い評価を付けられることが避けられます。 少しのクレームは丁寧に対応 クレームがあっても、まずは高圧的にならず低姿勢で対応することが望ましいです。 今後、創作活動をする上で、あえて注意してくれるという方もいます。 購入者の不満に対して、丁寧な姿勢を伝えることがスマートな選択です。 まとめ メルカリのハンドメイド作品は、手作業のため、既製品よりも強度やクオリティーに、ばらつきが出てしまうのが、難しいところです。 発送中のトラブルはもちろん、中には既製品と同等の品質を期待して購入する人が増えています。 しかし、上手くいけばリピーターさんもついたり、ちょっとしたお店やさんごっこも楽しめてしまうのがハンドメイド出品の魅力です。

次の

メルカリの評判は?トラブルは多い? [メルカリの使い方] All About

メルカリ トラブル

いちいちチェックなんかしてられませんよ。 往復の送料をそっちが負担するなら、返品を受け付けます。 着払いで送ってきたら受け取り拒否します。 実際はもっとかなりひどかったんですが、こんな感じでラチがあかないので、メルカリ事務局へ問い合わせることにしました。 メルカリトラブルから返金まで(2)事務局へ問い合わせた メルカリって、問い合わせを入れる時、メールが使えないですよね。 問合わせフォームを使うしかありません。 今でこそパソコン版のメルカリができたのでパソコンの問い合わせフォームが使えますが、当時(2年前)はスマホの問い合わせフォームから打ち込むしか選択肢がありませんでした。 私のようなオバサンには、スマホから長文での問い合わせはキツイんです。 これはもう悪い意味でのクレーム対策としか思えない・・・ 電話も試みましたが、電話でのトラブル相談は一切受け付けてくれません。 ま、想像はしてたけど、信じられへんわ。 電話番号は飾りか!?(今はどうか知りません。 ) しかし、そんなことでくじける私ではない。 パソコン版のLINEからスマホのLINEへ問い合わせ内容を送って、スマホの問い合わせフォームへコピペ。 どーだ!まいったか まぁ、こんなとこだろうとは思ってました。 定型文でよろしくてよ。 メルカリだって毎日大量の問い合わせが来るだろうから、いちいち心を込めてメールなんて書けないのは当然。 でも、 絶対、諦めないからね!! メルカリトラブルから返金まで(3)事務局とメールしまくった ここで初めて、メルカリ側からトラブル解決に向けての「ひとつの提案」がありました。 私には納得できるものでは無かったので承諾しませんでしたが、メルカリのマニュアル的には、ここまで来たら「これを提案する」という決まりだったのかも知れません。 メルカリさんにも大人の事情があると思うので、ここで詳しく書くことは避けますが。 その後、納得のいく返答(全額返金)をもらえるまでに交したメールの総数はなんと、40通! かかった日数、一か月! メーラーを見るとこんな感じです。 私は全て問い合わせフォームから送っているので、表示されているのは、メルカリ事務局からの返信メールになります。 上の方に、モザイクのかかったメールがありますが、そこが解決の瞬間です! 事務局がキャンセルしてくれました。 出品者と事務局の間ではどのようなやり取りがあったのか知りませんが、最終的に私には全額返金されました。 最後の最後はかなりのごり押しでしたがね・・・ 笑 メルカリトラブルから返金まで(4)出品者も疲れ切っていた 後半はさすがの私も疲れてきていましたが、絶対引かないと決めていたので、やり抜きました。 そして当然のことながら、事務局とメールのやり取りをしている間、出品者ともやりあっていました。 出品者のコメントからもかなり疲れが見えてきていましたが、最後まで引かなかった彼は偉いと思います。 最後に決断を下したのはメルカリ事務局なので、彼は一度も屈しませんでしたから。 後半の出品者との会話はこんな感じでした。 スマホも持ってない中高年です。 家にある、捨てるにはもったいない使ってない物を、いい加減処分しようかとメルカリに興味があり検索してましたら、ここへ来ました。 個人的な意見ですが、そもそも(ネット上でなく)現実生活のフリマ(ガレージセール)って、言うなれば、お金で決済せずとも、購入者側が農家さんだったら「野菜と物々交換をしてくれないか?」ってのもありでは?って思ってますし、新品の包装紙で梱包せずとも、一度使ったけど清潔なレジ袋や新聞紙の再利用でもOKでしょ!って思ってます。 (消費税がかからないのに。 ) 変だわ。 まあ、でも文句言ってても現実はもうスタートしてるんで、私ひとりがどうのこうの言ってもどうにもならんのでしょうから、大河にあわせるしか・・・ で、mintさんの記事を拝見しまして、メルカリが企業としてここまで大きく成長してるのに、しかもですよ、全売買成立の手数料を取ってるのに、運営者側は(最初の問合せ時)仲介しないというのは、そりゃずるいでしょ! 旅館紹介所でも、旅行ツアー手続き申込を受け付ける旅行社でも、手配手数料を頂戴するならば、きちんと間に入ります。 家のリフォームだって、工務店を通して職人さんがやってきて作業してもらったら、何かクレームあれば、その工務店が間にはいり、職人さんに指示します。 だから、その分、直に職人さんを雇うより、料金は高くつくわけですが、支払う方は工務店の信用を買うことになるんです。 メルカリさんは、そこらへんをどうとらえてるんでしょうね? コンピューター情報システム開発費と、メンテ代、運営事務のコストとしか思ってないのかしら? 一般企業なら、こういうトラブルがおきた場合の「対策費」は見積もってるものなんですが・・・。 この記事から、なんだか、売買成立時の手数料って、トラブル仲介コストが含まれてないように感じました。 メルカリも、ここまで手広くやるなら(TVCMも流してるし)、試験資格制度にし、会員登録にはある程度の供託金を預かってもいいかも? (その供託金額以下の売買しかできないように。 ) 私、専業主婦なもので、収入ないので、なんとかお金を稼げれば!って思ってたけど、(夫には反対されてる)、あなたの記事を読んでサポートが不十分と知り、がっかりです。 やはり、二の足踏みます。 よい、記事に出会い、参考にでき、喜んでおります。 ありがとう。 コメントをいただき、ありがとうございます。 無責任だと思います。 メルカリ側の言い分としては規約の第一条に、 「・・・売買の場・機会を提供するもので、ユーザー間の売買契約、出品、購入 等の保証等に関しては、すべて当事者ユーザーの自己責任とし、・・・」 と書かれているので、手数料は「場所代」という意味なのだと思います。 「売れなかったら場所代は取らないけど、売れた時は場所代を払ってね」 という考えなのでしょう。 しかしメルカリは売買が成立すると、商品が到着するまでの間お金を預かります よね? そして、その後も販売者が売上金を請求する(もしくは購入に使う)までの間、 そのお金を握っています。 ヤフオクのように販売者と購入者が直接取引するのなら「場所を提供しているだ けです」と言う話も筋が通りますが、お金を握ってしまうのなら、筋が通らない と思います。 まぁ、私には法的なことはよくわからないので、断言はできませんが。 やはり、二の足踏みます。 残念ですが、今の時点ではその判断が正解なのかもですね^^ 今後もメルカリの動きを見守っていきたいと思います。 コメントいただき、ありがとうございます。 そういうトラブル・・・本当に多いですね。 商品は衣類でしょうか? 衣類は特に判断が難しいように思います。 判断が難しいというのは、逆に言えば、出品者にとって逃げ道が多いということです。 しかしもちろん、取引はキャンセルされるべきです。 購入者には何の落ち度もないのですから。 さて、対策ですが・・・ 一番大切なことは、絶対に評価を入れないことです。 受取評価を入れてしまったら、それで取引完了です。 事務局にも手出しができなくなってしまいます。 ですので、出品者から受取評価を求められても、 「ガイドラインにもそのように書かれているので、受取評価はできないんです。 」 と答えましょう。 出品者がいろいろ言ってくるようだったら、 「現在メルカリ事務局に問い合わせ中ですので、しばらくお待ちください。 」 で、いいと思います。 メルカリからの返事が遅いなと思ったら、、再度メルカリに問い合わせましょう。 内容は、困っていることを正直にそのまま書けば良いと思います。 最近のメルカリ事務局の傾向として、数日間たっても解決しない場合は、 事務局の判断で取引をキャンセルしてくれます。 このブログ記事ほどの時間はかからないと思いますよ。 とにかく、絶対に受取評価はいれないこと。 それさえ守れば絶対に勝てます。 出品者にとって自分の可愛い子供が着用していた所謂「想い出の品」に、嘘を並べて他人に売る…同じ親として残念な気持ちでいっぱいです。 私もメルカリに衣服を出品しております。 出品する際は細心の注意をはらい、チェックし難点がある場合は必ず購入者にわかるように伝えます。 目で見えない相手だからこそマナーが大切であると思っております。 気になる点が、今回購入した衣服の発送方法が定形外の為お互いの住所がわかってしまったことです。 メルカリで購入して、初めてトラブルになったので、どうしてよいか悩んでいたところ、こちらのブログに行き当たりました。 時間はかかるかもしれないけど、こちらをお手本に頑張ろう! と早速メルカリに問い合わせをお送りしたところ、翌々日に事務局から、当事者間の話し合いが困難と見られたため、メルカリでキャンセル扱いとし、補償を行うというメールが届きました。 本当に相変わらずトラブルが多いですね。 返品を行うにあたり取引相手の住所等の情報が必要な場合は、取引メッセージでご連絡をお願いいたします。 」 と、記載されています。 出品者の方は「わざわざ手間のかかる匿名のメルカリ便で返品での一点張りです。 」 とのことですが、そのような方法は存在しないのでは? 出品者の方がおっしゃる方法がどういうものかはわかりませんが、真っ当な手段で返品しないと、逆に規約違反に問われる可能性だってあります。 出品者が開き直っているのでしたら、出品者は相手にせずに事務局と話し合った方が良いと思います。 がんばってくださいね^^ コメントいただき、ありがとうございます。 今回は大変な目にあってしまいましたね。 本当に困りますよね・・・ ひどい商品が届いた時のガッカリ感、私もよくわかります・・・ 評価をした後は出品者と連絡を取り合う方法が無くなるはずですが、 「それも、よく理解をせず…返品のお願いをしました…」 とおっしゃているのは、事務局へ返品のお願いをしたという意味でしょうか? おっしゃる通り、評価を入れてしまうとメルカリの規約上、返品等の対応は難しくなるかと思います。 しかし、悪い評価をつけたことで何かまずいことが起きるかというと、それはまず心配ないのではと思いますが・・・ 出品者の評価欄は悪い評価が多いでしょうか? 商品を購入する前には必ず出品者の評価欄を確認してみることが大切です。 先に書いた通り事務局の対応は難しいかも知れませんが、 こういうことがあったという報告はやはり入れた方がいいんじゃないかと思います。 今回の件は良い勉強になったと思って、すっぱり気持ちを切り替えた方が良いかもしれませんね。

次の

メルカリでパソコンを売買する場合のトラブル事例まとめ

メルカリ トラブル

メルカリでコメントが原因で起こるトラブルとは? メルカリでは、コメントが原因でトラブルに発展することもあるということについてなんですが・・・ この場合、商品そのものが問題となるよりは、むしろ 出品者さんとコメントを書き込んだユーザーさんとの関係性に問題が発生するケースがほとんどだったりします。 コメントが元となったトラブルで受ける被害としては、金銭的な損失よりも相手と関わることがストレスになったり、ブロックせざるを得ない状況に追い込まれたりといった感じで、精神的な苦痛が主になります。 無駄な時間や労力を使うことにもつながりますしね… コメントによって起こるトラブルの対処法 コメントによるトラブルに対処する方法については主に以下の2つが一般的ではないかと思います。 購入優先はコメント順• コメント無し購入• コメント返信なし(無視)• コメント逃げ• コメントがしつこい(執着) 上記については、コメントそのものではなくて、あくまでも「どのようにコメントという機能を使うとトラブルが発生しやすいか?」といった話です。 その背景には、メルカリ独自の文化的なものもあったりしますよね? それでは、簡単にではありますが、ひとつひとつ説明していきましょうか。 購入優先はコメント順 コメント順というのは、簡単に言うとひとつの商品に対して購入希望者が複数いる場合、コメントが早かった人を優先するということですね。 ほかにもコメントを書き込んだ人の中で最も条件が良かった人を優先したり、評価の高い人を優先する場合もあります。 しかし、メルカリの仕組みでは基本的に早く購入した人と取引することになっているので、コメント順で優先順位を決めたとしても実際の効力はなかったりします。 これもマイルール(独自ルール)の一種ですからね~ コメント無し購入 メルカリでは、よくプロフィールや説明文に「コメント無し購入禁止」といった文章を記載されている出品者さんもいますよね? まぁ、これもマイルール(独自ルール)ではあるんですけど・・・ 中には商品購入後、一切連絡がなくて取引が進まないユーザーさんなんかもいたりするので、事前にコメントで購入意思があることを伝えてほしいという気持ちは理解できます。 もちろん、手元に商品の在庫がなかったり、ほかのフリマアプリにも同じ商品を出品していることを理由に在庫確認の意味を含めて購入前のコメントを必須としている出品者さんは、マイルール(独自ルール)以前に規約違反ですからね。 この場合、ペナルティのリスクも高くなるので気をつけてくださいね。 先ほどの購入意思を伝える手段としてコメントするという話とはまた別です。 また、メルカリの利用規約では、コメント無し購入でも取引自体は可能とされていますが、出品者さんとしては気分が良くない取引になってしまう可能性も考えられますよね? コメント無し購入を理由に悪い評価を付けられるかも知れませんしね。 一応、トラブル回避のためにも相手のプロフィールや説明文はきちんと読んでおくことをお勧めします。 スポンサーリンク コメント返信なし(無視) コメントで質問したのにいつまで経っても返信がなかったり、「コメント無し購入不可」と書いてあったので、それに従って「購入希望」とコメントしたのに無視されたら、誰だって良い気持ちはしませんよね? 相手にとっては何かしらの理由があるのかも知れませんが、そういった場合は遅くなっても返信してくれたほうが安心にもつながります。 コメント返信なしでも取引が完了する場合もありますが、やはり対応が悪かったという理由で悪い評価を付けられる可能性も高いので注意が必要ですね。 コメント逃げ コメント逃げという言葉もメルカリでよく目にする機会があります。 プロフィールや説明文に「コメント逃げ禁止」「コメ逃げ厳禁」といった文言を記載している人もいたりします。 コメント逃げという言葉は、購入希望を表明するようなコメントをしていたのにも関わらず、いつまで経っても購入することなく、結局そのまま放置…といった感じで、簡単に言えば、コメントだけしておいて買わずに逃げたという意味で使われることがほとんどです。 だいたいコメント逃げユーザーさんはブロックされますけどね~ スポンサーリンク コメントがしつこい(執着) メルカリには、こちらが断っているにも関わらず執拗に値下げ交渉のコメントをしてくる人も中にはいたりします。 また、洋服などの身に付けるものを出品している場合、着画のアップロードをしつこく要求してくる人なんかも・・・。 ほかにも取引と関係ないことをコメントしてきて、何が目的なのかはわかりませんが、執着してくる意味不明な人もいると聞いたことがあります。 私の場合、そこまでしつこい人と関わったことはありませんが、それでも厄介な人というのは過去に何人かいました。 まぁ、これはネットに限らずリアルの世界でも言えることなんですが・・・ 相手に対してしつこく執着してくる人って嫌われますよね? こういう人はトラブルが発生する前にブロックしておいたほうが安全だと考えるのも理解できます。 相手の立場を考えてコメントする メルカリに限った話ではありませんが、 コメントの使い方というのは重要だというのはご理解いただけたと思います。 メルカリの利用規約では、確かにマイルール(独自ルール)は禁止行為とされてはいますが、トラブル回避のためには止むを得ない場合もあります。 コメントに限らず、トラブルを起こす人というのは自己中心的な場合が多く、それが言動にも表れていたりします。 コメントというのはその人の性格が現れる場所でもあるわけです。 快い取引を心掛けるとなると、やはり相手の立場を考えてコメントするというのは大切ですよね?.

次の