お礼状 ビジネス 6月。 6月の書き出し例文

6月上旬・中旬・下旬の時候の挨拶の例・結び|ビジネス/お礼状

お礼状 ビジネス 6月

入梅の候/梅雨の候/初夏の候/薄暑の候/首夏の候/青葉の候/麦秋の候/向夏の候/孟夏の候/長雨の候/短夜の候/季夏の候/ 6月の季語の読み方ですが、候は「こう」と読みます。 入梅の候は「にゅうばいのこう」。 以下、梅雨(ばいう)初夏(しょか)薄暑(はくしょ)首夏(しゅか)青葉(あおば)麦秋(ばくしゅう)向夏(こうか)孟夏(もうか)長雨(ながあめ)短夜(みじかよ)季夏(きか) 季語を使った六月の時候の挨拶は、私的文書では「入梅の候、お変わりなくお過ごしのことと存じます」「薄暑の候、ますますご清栄のこととお喜び申しあげます」、ビジネス文書の場合は「向夏の候、貴社ますますご発展のこととお喜び申しあげます」などとします。 ・ 青葉若葉の候、いかがお過ごしでしょうか。 ・ 暑気日ごとに厳しさの増す今日この頃 ・ 長雨が続きますが、お元気ですか? ・ 入梅の折から蒸し暑い日が続きます。 ・ 梅雨明けが待ち遠しい今日この頃 ・ くちなしの花が香る季節になりました。 ・ 麦秋の黄金色が目に眩しい季節になりました。 ・ 紫陽花の花の紫が日ごとに深まる今日この頃 ・ そろそろ海や山の恋しい季節 手紙の冒頭には、六月の季節を伝える季語や言葉を持ってきて、先方の安否を気づかう言葉を添えます。 「長雨が続きますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます」「梅雨の季節になりました。 いかがお過ごしでしょうか」など。 ビジネス文書の場合は、書き出しでは季節の挨拶は不要です。 時候の挨拶(の候)のあと、そのまま本文(用件)に入ります。 「梅雨の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申しあげます。 さて、さっそくですが~」など。 時候の挨拶も省いて「時下ますますご隆盛のこととお喜び申しあげます」としてもかまいません。 結びの挨拶文例(6月) ・ 孟夏の候、お元気でお過ごしください。 ・ 梅雨晴れのからりと明るい夏空を期待して。 ・ 梅雨明けも間近、お会いできる日を楽しみにしています。 ・ 蒸し暑い日が続きます。 くれぐれもご自愛ください。 ・ うっとうしい毎日ですが、お体を大切にお過ごしください。 ・ 暦のうえでは夏もすぐそこ。 お元気でお過ごしください。 ・ 梅雨寒の日も巡ってまいります。 ご自愛専一に。 六月の手紙の結びは、季節の言葉を入れたあと「お元気でお過ごしください」「ご自愛専一に」などの挨拶文を添えて「うっとうしい毎日が続きます。 風邪など召されませんよう、ご自愛専一に。 」「梅雨明けも間近、お元気でお過ごしください。 」といった感じで終わります。 ビジネス文書の場合は結語には季節の挨拶は入れません。 用件を伝えたあと「まずはお願いまで」「とりあえず書中にてお詫び申しあげます」「まずは略儀ながらお礼かたがたご挨拶まで」「以上、取り急ぎご連絡申しあげます」などの言葉で書き終わります。 6月の手紙の挨拶文(初旬・中旬・下旬) 月ごとの時候の挨拶は、初旬・中旬・下旬とか、月の前半・月の後半などと、無理に使い分ける必要はありません。 6月なら「向夏の候ますますご清栄のこととお喜び申しあげます」と、書き出しに、6月の季語を使った「の候」を入れておけば大丈夫です。 初旬・中旬・下旬と使い分けて、6月の季節感を出したい場合は、6月の行事や草花などの言葉を織り込んで、次のような書き出しにします。 6月の代表的な和風月名は「水無月」。 読み方は「みなづき」。 意味は、梅雨が終わり田んぼの水が枯れ尽きる月=水の無い月(みずのないつき)を略したもの。 一方では、田んぼに水を張るという意味とする説もあります。 6月の別名には次のような呼び名があります。 弥涼暮月(いすずくれつき)風待月(かぜまちつき)季夏(きか)季月(きつき)極暑(ごくしょ)常夏(じょうか)小暑(しょうしょ)涼暮月(すずくれつき)積陽(せきよう)蝉羽月(せみのはつき)則旦(そくたん)長夏(ちょうか)長列(ちょうれつ)鳴神月(なるかみつき)林鐘(はやしのかね)伏月(ふせつき)松風月(まつかぜつき)皆月(みなつき)水月(みなつき)皆尽月(みなつき)旦月(みなつき)陽氷(ようひ)盛熱(みなつき)皆熱月(みなつき) 6月:外国語の呼び方 6月は英語では「June」(ジューン)と言いますが、語源は、ローマ神話のユピテルの妻ジュノー(結婚出産の神)から名づけられたものと言われています。 別名「花嫁月」とも。 今日はロマンスの日。 /とはいえ惚れた腫れたの世界は遠い昔の話になってしまいましたが(笑)/いかがお過ごしでしょうか。 今日は露天風呂の日。 /たまには温泉につかって鋭気を養いたいと思う今日この頃。 お元気でお過ごしのことと思います。 いよいよ今日から金沢百万石まつりが始まりますね。 美沙恵さんのお母さまもさぞ楽しみにしていらっしゃることでしょう。 早いもので、6月も三分の二が過ぎようとしています。 お礼のはがき文例<6月>サクランボを贈ってもらった礼状 6月に、サクランボを贈っていただいたお礼のはがきを作りました(上記の写真)。 礼状なので書き出しには時候の挨拶は入れません。 季節の挨拶は結びの言葉だけに入れます。 礼状の前文に時候の挨拶や季語を入れないのは、贈り物をいただいた喜びのあまりに季語や時候の挨拶を書くのを忘れてしまいました、という意味あいがあります。 お礼のはがきを書く手順としては、まず最初にお礼の言葉を述べてから、いただいた品物の感想を書いて、季節の挨拶を添えて(6月の場合は「入梅の季節」など)、文末は「まずはお礼まで」と書いて結びます。 はがきの文面は以下のとおり。 実際のはがきは縦書きで印刷しました。

次の

お中元のお礼状で使う6月の季語や時候の挨拶は?上中下旬の例文紹介!

お礼状 ビジネス 6月

1.頭語 2.時候のあいさつ 3.お礼の言葉 4.相手の健康を気遣う言葉 5.結語 1. 頭語は結語とセットになっていて、 「拝啓」ではじまるお礼状は「敬具」で締めくくります。 拝啓・敬具がもっとも一般的な表現です。 2. 時候の挨拶は、正式なお礼状には季節感を表すものとして必ず入れるものです。 お中元が届きはじめるのは早いところで6月後半ですよね。 その場合は6月の下旬の季語である「梅雨」や「夏至」などの季語を含めた時候の挨拶を書きましょう。 3. お礼が本題です。 いただいた品物に大して、家族が喜ぶようすと共に感謝の気持ちを書きます。 4. 相手の健康を気遣って、「お体を大切に」などの言葉を入れて 5.最後に結語の「 敬具」です そのうえで 改まった文面 親しみのある文面 という具合に、送り主との関係によって文面を使い分けます。 一方友人や親戚には口語で時候の挨拶を書く場合が多いです。 暑い時期になりましたがお元気でいらっしゃいますか などですね。 このページでも、それぞれの場合に応じた例文を載せましたので、自分が書きたい相手に合わせてくださいね。 この記事がお役にたちましたら幸いです。

次の

6月の書き出し例文

お礼状 ビジネス 6月

7月の「の候」を使った漢語調の「時候・季節の挨拶」 7月の「時候・季節の挨拶」のうち、「〇〇の候」というビジネスに使いやすい漢語調の慣用句を紹介します。 「候(こう)」とは、時節や時季を表す言葉です。 「拝啓 〇〇の候、貴社ますますご繁栄のことと心からお喜び申し上げます。 」というように書きだします。 なお「初夏の候」は、夏の初めの時節の意味ですが、暦の上での初夏は6月6日頃までとなるため、6月上旬までに使われる時候の挨拶です。 7月には使いませんのでご注意ください。 「盛夏の候」「盛暑の候」【7月上旬~8月上旬】 「盛夏の候」(せいかのこう)、「盛暑の候」(せいしょのこう)の「盛夏」・「盛暑」とは「夏の一番暑い時期」を表します。 時候の挨拶では、実際に一番暑い時期ではなく、暦の上で秋が始まる8月8日頃の「立秋」の前日まで使うのが一般的です。 「酷暑の候」【7月下旬~8月上旬】 「酷暑の候」(こくしょのこう)の「酷暑」とは「きびしい暑さ」の意味です。 「盛夏の候」と同じく、8月8日頃の立秋の前日までに用います。 7月下旬から8月上旬の間で猛暑日が続く時などに使うのがよいでしょう。 「大暑の候」【7月下旬~8月上旬】 「大暑の候」(たいしょのこう)の「大暑」とは二十四節気の季節の名称で、7月23日頃が「大暑」の日です。 そこから立秋の前日まで使うことができます。 結びの言葉まで含めた「の候」の文例 「拝啓」に続いて時候の挨拶と礼儀文を入れ、結びの言葉のあとに「敬具」を入れて終わるビジネスレターの文例を紹介します。 儀礼文や結びの言葉のバリエーションは<>を参考にしてください。 拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、心から感謝いたしております。 さて、(主文) つきましては、(主文) 末筆ながら貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら書中にてお知らせいたします。 敬具 7月のビジネスにも使える口語調の「時候・季節の挨拶」 「時候・季節の挨拶」の口語調の慣用句を使った例文を、結びの言葉まで含めて紹介します。 漢語調では固すぎると感じる場合など、ビジネスレターでも使うことができます。 基本的な構成は変わりませんが、口語調の挨拶に合わせて全体の口調も統一するようにしましょう。 また、私的に近い手紙の場合でも、ビジネスに関する手紙であれば「拝啓」「敬具」をつける手紙の基本スタイルで書くのがおすすめですので、例文に付け加えて利用してください。 【7月上旬】の慣用句と結びの言葉 ようやく梅雨も明け、本格的な夏が訪れましたが、皆様にはお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろは一方ならぬお心づかいを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 今後におきましても変わらぬご指導をいただきたく、よろしくお願いいたします。 まずは略儀ながら書中にてお知らせまで。 梅雨明け十日の晴天が続いています。 〇〇様にはご健勝にてご活躍のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のご支援を賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> これから夏本番ですが、どうかお元気でお過ごしくださいますようお祈りいたします。 まずは略儀ながら書中にてご挨拶まで。 今年も酷暑になるのでしょうか。 皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。 いつも身に余るお力添えを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 今後ともご助力を賜りたく、伏してお願いいたします。 まずはとり急ぎお知らせまで。 海開き、山開きの便りが届く頃となりましたが、〇〇様にはいよいよお健やかにお過ごしのこととお喜び申し上げます。 日ごろはお引き立てをいただきまして、まことにありがとうございます。 <例文> 暑い毎日が続きますが、〇〇様には一層のご健康をお祈り申し上げます。 まずは略儀ながら、書中をもってお知らせいたします。 【7月中旬~下旬】の慣用句と結びの言葉 日を追うごとに暑くなりますが、お元気でご活躍のこととお喜び申し上げます。 平素は多大なご指導をいただき、厚くお礼申し上げます。 <本文> 暑さ厳しき折、ご自愛のほどお祈りいたします。 とりあえずご通知申し上げます。 今年の夏はひときわ暑いようですが、〇〇様にはご健勝のこととお喜び申し上げます。 いつも身に余るお力添えを賜り、心からお礼申し上げます。 <本文> 時節柄、お体には十分お気をつけください。 まずはとり急ぎお知らせまで。 【7月下旬】の慣用句と結びの言葉 暦の上ではもっとも暑い時期の大暑の候となりましたが、ますますお元気でお過ごしのことと存じます。 日ごろはご芳情にあずかり、ありがたくお礼申し上げます。 <本文> 時節柄、〇〇様にはお健やかにお過ごしくださいますよう、心よりお祈りいたします。 まずは略儀ながら書中をもちましてご案内申し上げます。 親しい方への夏の挨拶文と結びの言葉 親しくお付き合いをしている方へ、夏の挨拶を柔らかい言葉で書きたい時は次のような夏の挨拶文があります。 【7月上旬】 夏の到来を思わせるような太陽が照りつける毎日ですが、お変わりなくお元気でお過ごしのことと存じます。 いつもなにかとお世話くださり、本当にありがとうございます。 <本文> これからもどうか変わらぬお力添えをいただきたく、お願いいたします。 末筆になりましたが、お健やかにお過ごしくださいますよう、祈念いたします。 【7月中旬~下旬】 厳しい暑さの毎日が続いていますが、お変わりございませんか。 日ごろはご無沙汰いたしまして大変申しわけございません。 <本文> 今後ともどうぞ従来どおりご指導くださいますよう、よろしくお願いいたします。 時節柄、ご自愛のほど心からお祈りいたします。 7月の「時候の挨拶・季節の挨拶」を使った例文 7月の時候・季節の挨拶を取り入れた「招待状」と「お礼状」の例文を紹介します。 「招待状」の例文(7月) 拝啓 大暑の候、〇〇様にはますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のお引き立てを賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、このたび… を下記の通り開催いたします。 つきましては、… ご多忙中まことに恐縮ではございますが、ぜひご出席賜りますよう、お願い申し上げます。 敬具 記 日時: 場所: 「お礼状」の例文(7月) お中元のお礼状の例文 拝啓 盛夏の候、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。 平素は格別のお引き立てにあずかり、まことにありがたくお礼申し上げます。 さて、このたびは結構なお中元の品を賜り、まことにありがとうございました。 平素は一方ならぬご支援ご協力をいただいておりますうえに、このようなお心づかいをいただき、恐縮いたしております。 酷暑の折から、皆様のご健勝と貴社の一層のご発展をお祈り申し上げます。 まずはとり急ぎ書中にてお礼申し上げます。 出席いただいたことへのお礼状の例文 拝啓 日ごとに暑さが厳しくなりますが、〇〇様にはお元気でお過ごしの由、お喜び申し上げます。 さて、このたびはご多忙中にもかかわらず、… にご出席いただき、まことにありがとうございました。 これからも… 今後とも変わらぬご厚誼のほど、 伏してお願いいたします。 まずはとり急ぎ書面にて、お礼申し上げます。 敬具 まとめ 7月は梅雨が終わっていよいよ夏本番という季節のため、上旬には「初夏」の言葉を使いたくなってしまいますが、暦の上での初夏は6月6日頃までのため、「初夏」の季語は7月には用いませんので注意してください。 初夏を表す挨拶文としては、上に紹介したような、これから日一日と暑くなることに触れるような口語調の言葉を使います。 7月に使う「〇〇の候」の慣用句では初夏を表す言葉はないようです。 7月の結びの言葉には、暑さをねぎらうような言葉も工夫して入れてみてください。

次の