金 商法。 アクティビストに便乗するのも面白い ~ 私はしませんが (=_=): 金商法についてあれこれと

アクティビストに便乗するのも面白い ~ 私はしませんが (=_=): 金商法についてあれこれと

金 商法

この法整備の具体的な内容は、大きく分けて、• 1 投資性の強い金融商品に対する横断的な投資者保護法制(いわゆる投資サービス法制)の構築• 2 開示制度の拡充• 3 取引所の自主規制機能の強化• 4 不公正取引等への厳正な対応 の4つの柱からなっています。 その後、平成19年7月31日に「証券取引法等の一部を改正する法律及び証券取引法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴う関係政令の整備等に関する政令」が閣議決定されました。 また同日、が公表され、これらを含む金融商品取引法は、平成19年9月30日に施行されました。 なお、「四半期報告制度」、「内部統制報告制度」及び「確認書制度」については、平成19年9月30日から施行され、平成20年4月1日以後に開始する事業年度から適用されています。 新しい金融商品取引法制(パンフレット)( )()• 証券取引法等の一部を改正する法律等の概要(日本語版 、 )( )• 金融商品取引法制の政令・内閣府令等の概要・参考資料()( ) 「金融商品取引法の疑問に答えます」(質疑応答集) 利用者保護と利用者利便のバランスに配慮した金融商品取引法の趣旨・目的が広く理解され、同法の円滑な運用がなされるよう、法令に関する疑問や誤解に答える質疑応答集「」を公表しました。 「内部統制報告制度に関する11の誤解」 内部統制報告制度は、企業等に過度のコスト負担をかけることなく、効率性と有効性のバランスをとりながら整備することを目指していますが、実務の現場では、一部に過度に保守的な対応が行われているとも言われています。 そのような指摘を踏まえ、を公表しました。 金融商品取引法等の一部を改正する法律 我が国金融・資本市場の競争力の強化が重要な課題となっていることを踏まえ、必要な制度整備を行うため平成20年3月4日に「金融商品取引法等の一部を改正する法律案」を国会に提出しました。 同法案は、同年6月6日に可決・成立し、「」は同月13日に公布されました。 その他• (アクセスFSA第44号)• (アクセスFSA第45号)• (アクセスFSA第46号)• (アクセスFSA第57号)• (アクセスFSA第58号).

次の

刚果(金)开始实施非洲商法统一组织法规体系

金 商法

Contents• はじめに 会社法監査、金商法監査(金融商品取引法監査)という言葉を聞いたことがあるけど、どういう意味なのだろう、どういう監査のことを指しているんだろう、と疑問に思ったことはありますか? 当記事では、会社法監査、金商法監査の定義や用法について、確認したいと思います。 会社法監査と金商法監査とは? 会社法監査と金商法監査の定義は? 結論から言うと、「会社法監査」及び「金商法監査(金融商品取引法監査)」という言葉は、会社法及び金融商品取引法等で定義された言葉ではありません。 通俗的に使用されている言葉であり、その使用事例について、以下にご説明します。 会社法監査と金商法監査を行うのは誰? 一般的に、会社法監査と金商法監査という言葉は、会社法と金融商品取引法(以下「金商法」といいます。 )に基づき監査法人が行う監査の差異(または同一性。 )を表現する際に使用されます。 そのため、一般的には、会社法監査と金商法監査を行うのは監査法人であり、例えば、会社法に基づく監査役監査を行う監査役等を想定して使用されることは目にしません。 例えば、株主総会招集通知に添付される事業報告の「会計監査人の報酬等の額」欄において、「会社法に基づく監査と金融商品取引法に基づく監査の監査報酬の額を区分しておらず、また、実質的にも区分できないため、当該金額にはこれらの合計額を記載しております。 」 等という注釈が付されますが、まさに監査法人が行う監査の同一性を表現した事例です。 会社法及び金商法に基づき行われる監査の根拠については「」もご参照ください。 会社法監査と金商法監査という言葉を使い分ける理由 上記の通り、監査法人が行う監査を指しているのであれば、「会社法監査」、「金商法監査」と使い分ける理由がないように思われるかもしれません。 まとめ 会社法監査と金商法監査という言葉は、定義はありませんが、一般的に、会社法と金融商品取引法に基づき監査法人が行う監査の差異(または同一性。 )を表現する際に使用されます。 上記の記事もぜひご参照ください。

次の

金商法: 金商法についてあれこれと

金 商法

Contents• はじめに 会社法監査、金商法監査(金融商品取引法監査)という言葉を聞いたことがあるけど、どういう意味なのだろう、どういう監査のことを指しているんだろう、と疑問に思ったことはありますか? 当記事では、会社法監査、金商法監査の定義や用法について、確認したいと思います。 会社法監査と金商法監査とは? 会社法監査と金商法監査の定義は? 結論から言うと、「会社法監査」及び「金商法監査(金融商品取引法監査)」という言葉は、会社法及び金融商品取引法等で定義された言葉ではありません。 通俗的に使用されている言葉であり、その使用事例について、以下にご説明します。 会社法監査と金商法監査を行うのは誰? 一般的に、会社法監査と金商法監査という言葉は、会社法と金融商品取引法(以下「金商法」といいます。 )に基づき監査法人が行う監査の差異(または同一性。 )を表現する際に使用されます。 そのため、一般的には、会社法監査と金商法監査を行うのは監査法人であり、例えば、会社法に基づく監査役監査を行う監査役等を想定して使用されることは目にしません。 例えば、株主総会招集通知に添付される事業報告の「会計監査人の報酬等の額」欄において、「会社法に基づく監査と金融商品取引法に基づく監査の監査報酬の額を区分しておらず、また、実質的にも区分できないため、当該金額にはこれらの合計額を記載しております。 」 等という注釈が付されますが、まさに監査法人が行う監査の同一性を表現した事例です。 会社法及び金商法に基づき行われる監査の根拠については「」もご参照ください。 会社法監査と金商法監査という言葉を使い分ける理由 上記の通り、監査法人が行う監査を指しているのであれば、「会社法監査」、「金商法監査」と使い分ける理由がないように思われるかもしれません。 まとめ 会社法監査と金商法監査という言葉は、定義はありませんが、一般的に、会社法と金融商品取引法に基づき監査法人が行う監査の差異(または同一性。 )を表現する際に使用されます。 上記の記事もぜひご参照ください。

次の