映画 dvd。 映画「キングダム」公式サイト

DVD・ブルーレイ情報

映画 dvd

概要 [ ] に製品の発売が始まり、以後世界的に幅広く普及している。 それまで映像パッケージソフトの主流だった、等に比べて高画質(解像感が高く、の草創期にはのなどでなどの用に迫る画質と謳われる事もあった)であること、と同じようなメディアの扱いやすさ、操作性の良さ、対応機器の低価格化などにより特にに入ってから再生専用ソフトに関してはVHSを置き換えるほど普及した。 DVD-Videoは一般的にはDVD-Videoフォーマット規格で映像データが記録されたディスクを指すものとして用いられ、「DVDに記録されたデジタルビデオ」全般を表すものではない(詳細はを参照)。 記録フォーマット名として明確に区分する目的で表現する場合は「DVD-VF」 DVD Video Format が用いられる場合もある。 一方、本来は単に "DVD" という場合はDVD-Videoディスク自体のことを表す言葉になるので解説・説明をする際には紛らわしさを避けるように注意する必要がある。 規格概要 [ ] 映像 [ ] DVDで使用する際は本来のMPEG-2の規格に若干の変更や制限が加えられており、映像は最大約9. 8Mbpsで同時に再生する音声のビットレートや字幕データを含めて10. 08Mbpsを超えてはならない。 また、マルチアングル使用時は映像ストリームの上限は8Mbpsになる。 なお欧州で使われる規格のDVD-Videoは576iとなる。 MPEG-1方式の映像ストリームも使用可能である。 解像度については、と同じCIFである。 映像の最大ビットレートは1. 859Mbpsを超えてはならない。 ただしシネマスコープ・ビスタサイズなど16:9よりも横長な映像は垂直480本の解像度の一部しか利用できない(NTSCの場合。 PALは576本)。 詳細はを参照。 ディスクが指定するアスペクト比と再生環境を合わせるため、DVDプレーヤーには・の機能が搭載されている。 16:9のテレビで映画を再生する場合、上下に黒帯を付加して全体を表示する(レターボックス)かスクイーズかを選択する。 ただし映像ソフト側でパンスキャンを許可しないものが多く、これらは強制的にレターボックス表示となる。 16:9型のテレビ等で4:3の映像を再生することはDVD-Video規格の上では考慮されておらず、プレーヤーとテレビ等のどちらかで左右の端に黒帯を付加する処理()を行う必要がある。 音声 [ ] 標準で、 AC-3 、オプションでや Audio Layer-2 なども利用可能である。 地域によって、その他の音声フォーマットにも対応する。 1kHz)より高音質となる。 ただし24bit・96kHzはほとんど利用されていない。 [ ] 複数の音声を同時に収録することができるマルチ音声収録が可能、ただし非圧縮PCM音声でステレオを超えるマルチチャンネルを収録することはできない。 再生時にユーザーが好みの音声1種類を選ぶ。 規格上は8ストリームまで利用可能でそれぞれのストリームに1ch、2ch、5. 1chなどの音声を割り当てられる。 例えば2チャンネルステレオをPCM、5. 1チャンネルのサラウンド音声をドルビーデジタルまたはdtsで収録する。 また海外の映画作品などの場合、• 日本語• コメンタリー音声(出演者・スタッフなどによる場面解説) といったものが多い。 これにより海外の映画作品がVHSでは「スーパー版」「日本語吹き替え版」と2種類のソフトを発売しなければならなかったのが、DVDなら1本に両方とも収録できるようになった。 市販のDVDレコーダーでは、DVD-Videoフォーマットでのマルチ音声収録に対応したものは2009年現在発売されていない。 加えて、DVD-Videoフォーマット規格では再生専用機でも含めて音声チャンネルの左右切り替え再生を許容していないことからDVDレコーダーを用いた場合、テレビ放送の二ヶ国語放送()をDVD-Videoフォーマットで二ヶ国語再生が可能な形式の記録は不可能になっている(DVD-VRフォーマットでは可能。 後述も参照のこと)。 字幕(サブタイトル) [ ] 映像データとは別に字幕専用のデータを収録し、映像と重ね合わせて表示する(再生機器側の機能)ことが可能である。 マルチアングル [ ] 1つの場面に対して複数の映像を収録し、ユーザーが切り替えて楽しむことができる。 例えば音楽ライブ映像でカメラの位置を切り替えながら鑑賞するといったことが可能になる。 しかし現在の市販ソフトではGOP構造の制限やビットレートの制限による画質の低下や製作コストの問題もありマルチアングルを採用したタイトルは極めて少なく、十分に活用されていない。 チャプター、タイトル [ ] シーンの区切りにチャプターを設定することが可能。 のチャプタースキップボタンやメニュー(後述)で好きな位置に移動することができ、VHSやレーザーディスクなどに比べて高い操作性を持つ。 また、1枚のDVDに複数のタイトルを収録することができる。 例えば特典映像には本編とは別のタイトル番号が割り当てられる場合が多い。 メニュー [ ] チャプターを一覧表示し、好きな場面に瞬時に移動できるといった機能を持つメニュー画面を組み込むことができる。 メニューには静止画だけでなく動画(モーションメニュー)を使うことも可能。 メニューが適切かつ便利でなければソフトの魅力を大きく損なう場合があり、DVD-Videoの重要な要素の一つである。 メニューの双方向機能をさらに発展させてのような構造を用いたDVD-Video形式のを制作することも可能であり、主にの分野でと呼ばれるソフトが市場に出回っている。 また、アニメDVDのおまけ要素として3択クイズを再現して収録したものも存在する。 複製防止技術 [ ] アクセスコントロール技術として CSS によるが可能であり、ほとんどの市販ソフトで導入されている。 その際、コピーコントロール技術としてアナログコピーガード(マクロビジョン)が施されるのが一般的である。 その一方で、CSSやマクロビジョンを解除して複製を可能にするソフトウェアも存在する。 なお、日本では、2012年6月20日に、DVDなどに用いられる「CSS」などの暗号型技術を、著作権法上の対象となる「技術的保護手段」に追加するDVDのの違法化を盛り込んだ著作権改正法案が可決されている。 これに伴い、CSS等の保護技術を回避してのDVDのリッピングは私的複製の対象外となり違法行為となる(ただし、CSS等の保護技術が使われていないDVDのリッピングについては、改正後も従来と変わりはない)。 CSSを回避するプログラム・装置を提供することについても規制され、刑罰の対象となる。 リージョンコード [ ] リージョンコードの分布 世界をいくつかの地域に分け、 (地域コード)を割り当てることで地域限定のリリースやリリース日をずらすということができる。 DVDプレーヤーとDVD-Videoディスクのリージョンコードが異なると再生することができない。 ただしDVDプレーヤーのリージョンコードの設定を変更することによって再生できるものがあるが、ほとんどの機種では変更できる回数に上限(多くは5回)が設けられている。 また、リージョンコードが合っていても(やなど)が合わないと再生できない。 例えば日本とヨーロッパ・中近東・南アフリカは同じリージョン2であるが、テレビ方式が異なるために通常は再生できない。 しかし日本国内でPAL方式に対応したDVDプレーヤーも存在し、またNTSC規格に縛られない機器(パソコンなど)では再生できる場合が多い。 なおとおよび(NTSC方式)のDVDはリージョンコードがとは違うため再生できない。 手持ちのDVD-Videoがどのリージョンあるいはテレビ方式であるかは、DVDのレーベル面やケースの裏表紙に記載されている。 マークは地球を模した図の中にリージョンコードが書かれている。 リージョンコードとそれに対応する地域は下記の通り。 コード 地域 0 制限なし(パッケージには「ALL」と記載されることが多い) 1 米国、カナダ、米国領域 2 ヨーロッパ、中近東、南アフリカ、日本 3 韓国、台湾、香港、マカオ、東南アジア 4 オーストラリア、中南米 5 アフリカ、アジア、東ヨーロッパ、ロシア 6 中華人民共和国 7 未定義 8 航空機内等 ペアレンタルロック [ ] 暴力や性描写などがあるシーンを子供に見せないため、にを設定して、ロックをかけ該当シーンを再生できないようにする機能がある。 なお英語の parentalの発音は「パレンタル」であるが、日本では名詞の parent(ペアレント)からの誤類推で「ペアレンタル」と表記されるのが一般的である。 但し、設定していると、内容(ストーリー)が分からなくなると言う弊害もある。 むしろ、オートチェンジャー型の場合は2枚組の方が入れ替えの手間がかからない。 記録面が汚れる可能性があることを考えると、ユーザーからすれば片面ディスクの方が扱いやすい。 両面2層は『』(特別版)等、極少数に留まり、両面1層も『』(通常正規盤)、『』(正規版)、『』、『』(通常版)、『』等、少数に留まる。 ワーナーの主にテレビシリーズに集中し、ワーナー以外では極めて珍しい。 DVDの普及後期には両面使用で発売されたソフトも片面2層仕様で再発売されるものも多かった。。 操作の制限 [ ] ディスクを入れ始めた直後などに映る注意書きやロゴアニメーションの部分では、早送り・早戻し・一時停止、もしくはその一部の操作が出来ない 禁止されている ことがある。 規格仕様 [ ]• 解像度• NTSC• PAL• :MPEG-2プログラムストリーム• 最大多重化レート:10. 08Mbps• 映像ストリーム• ストリーム数:1• 最大レート• MPEG-1:1. 859kbps以下• MPEG-2:9. 80Mbps以下• 音声ストリーム• ストリーム数:8• 1ch• 1ch(注1)• :(注1)• 副映像(サブピクチャ)ストリーム• ストリーム数:32• 最大データサイズ:52kB• 最大数• 方式準拠ではリニアPCM、ドルビーデジタルとともに標準になっているMPEG-1 Audio Layer-IIなどの音声は日本製のプレイヤーやソフトでは音声が出ない場合もある。 対応機器 [ ] や等、ほとんどのDVD対応機器での再生が可能。 搭載のDVDドライブでも再生が可能である事が多い。 また、一部のDVDドライブ搭載機でも再生できる。 での記録型DVDへの記録形式には主に「ビデオモード」( DVD-Videoフォーマット準拠)と「VRモード」(DVD-VRフォーマット)があり、前者はDVD-Videoにほぼ準拠している。 やがまだ開発されていなかった時代に発売された初期のDVDプレーヤーでは再生できなかったりまたなどが受信、録画可能な最新機種であっても記録状態や機器とメディアの相性によっては再生できない場合もありメーカー各社では完全なを保証していない。 DVD-Videoモードはオーサリング後のカット編集ができない(オーサリングのやり直しという作業をふめば可能)など自由度が低いが、VRモード非対応のDVD-Videoプレーヤーで再生できる互換性の高さが特長である。 のかかったはDVD-Videoモードでは記録できない(記録する際にコピーガードの解除を伴うので、日本では第30条の2に抵触する)。 なおにも規格上は録画可能となっているが、現在記録・再生に正式対応した専用アプリケーションは一般市場には提供されていない。 一般的なDVDプレーヤーやDVDレコーダーでは、たとえDVD-RAM対応機であっても規格外のディスクとして機械が再生を拒む。 DVD-Videoフォーマットは後発規格であるDVD-VRフォーマットでは可能となっている音声トラック(音声ストリーム)内のチャンネル選択による音声切換は出来ない仕様になっていて、別な音声ストリームとして記録されているマルチ音声収録の場合のみ音声の切り替えが可能になっている。 音声の章で前述したように市販の民生DVDレコーダーではDVD-Videoモードで2つ以上の音声トラックに対応した製品が皆無なのと同一音声トラック内のチャンネル切換が規格上で制限されている関係でテレビ放送の二ヶ国語音声を同時に収録することが出来ず、どちらか一方のみを記録前に指定して録画する。 PCなどでのDVD-Videoオーサリングソフトでは同時収録が可能(マルチ音声記録対応)になっているものがある。 アスペクト比16:9の映像を記録・再生(記録)できるのはDVD-VRモードでは各解像度で可能であるが、DVD-VideoモードではFull D1のみである。 販売・流通 [ ]• の項で挙げたメリットやVHSソフトに比べてが安い(メディア製造コストが格段に安い、パッケージを小型軽量に抑えられ輸送コストや陳列在庫スペースを節減できる、外国映画の字幕版と吹き替え版を同じパッケージで兼用できるなど)こと、VHSでは出来なかった新しい機能を搭載した(例えば日本語で制作された作品であっても向けに日本語の字幕を収録し再生の際にで字幕の有無を自由に設定できるので、DVD-Videoはの面でも優れている)ことなどにより販売本数が増加した。 全世界では『』が2800万本 、日本国内では『』が222万本(調べ)を売り上げて歴代トップとなっている。 一方、複製や製造のしやすさから違法な海賊版DVDを製造・販売する業者・個人の摘発が後を絶たない。 2000年頃から店でDVDの貸し出しが始まった。 またという新たなビジネスモデルも登場した。 製造コストの低下によりなどの書籍にDVD-Videoが付属することが多くなった。 日本国内では、に縛られる書籍や音楽CDなどと異なり、DVDは値引き販売が可能である。 2003年頃から、日本では音楽(・)に等のDVDを付属した商品が登場した。 値引き後は、CDのみの同一製品と価格差が僅かであるため割安感があり、CDのみの同一製品に比べて、よく売れる傾向にある。 海外でも同様の商品が見られる。 オリジナルビデオの一部の作品にDVDドラマ、DVDアニメが少数ぐらい用いられることがある。 の公開から数ヶ月後にはDVDが発売・レンタル開始されるため劇場に足を運ばない人が多くなり、映画興行収入が低下した要因のひとつになったと言われている。 また半ばにはDVDの総売上も低下傾向となった。 2000年代後半になって、やや(・)が登場し、徐々にDVDを置き換えるのではないかと言われているが、2008年現在の時点ではDVDの比率が圧倒的である。 また本記事で述べた通り、に発売された最初期のでも再生できるなど幅広い機器での再生という、Blu-ray DiscやHD DVDには無い特徴があり、現在でもやの、の成長記録、などを収録したの配布(販売)、用メディアとして、DVD-Videoは根強いがある。 [ ]• 近年は、家庭用視聴環境の普及が進んだのに対して、などの車載型プレイヤーは、依然としてDVDが主流である事などから、『』『』『』など、Blu-rayパッケージに同内容のDVDを添付した販売形式を取る映像ソフトも見られる。 2000年代後半以降、を採用しているメーカー が増えてきている。 そのため、一部の古いDVDプレイヤーやパソコンでは正常に再生できない場合がある。 脚注 [ ] []• DVD Video Formatを表記する際に「DVD-VF」が用いられ場合、DVD Video Recording Formatに関しては「」と表記される。 DVD-Videoモードの規格上では、画面アスペクト比16:9の映像(記録に因る)を保証しなくてはならないのはFull D1解像度の場合のみであるが、実際の機器では、Full D1とは異なるその他の解像度についてもアスペクト比16:9の映像の再生が可能となっているものが多い。 但しこのような場合でも、DVD-Videoモードにおいては本来規格外のコンテンツであるため、機器の仕様上は動作保証を謳ってはいない。 主に洋画作品である。 邦画ではアニメ アニメ映画のみ が一時期にでリリースされた程度で、実写作品ではのみとなっている。 や、、など。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 BD-Video• - VHS廃止後、DVDが主要な媒体として用いられている。 1956• () 1958• () 1961• () 1962• () 1965• 1965• () 1967• 1969• 1969• 1972• () 1972• 1974• 1974• 1975• () 1975• () 1976• 1976• 1976• () 1977• () 1979• 1980• () 1980• 1981• 1982• 1982• 1985• 1986• 1987• 1987• 1989• 1998.

次の

映画『任俠学園』公式サイト Blu

映画 dvd

上映中や新着の作品を対象としたランキング• ぴあ出口調査隊の映画館前アンケートによる満足度ランキング• 興行通信社が発表している週末の全国動員数ランキング• もっとも観たいリストに登録されている作品ランキング 現在上映中の作品を対象としたランキング• 上映中作品の満足度を採点と投稿数を基にランキング• もっともクチコミが盛り上がっている作品をランキング 全作品を対象としたランキング• 過去作品を含めて満足度の高い作品のランキング• 過去作品を含めてクチコミが多い作品のランキング• 全国の上映映画はをご覧ください。 を検索の上ない場合は、から作品名を入力してご投稿ください。

次の

映画『任俠学園』公式サイト Blu

映画 dvd

滋賀県出身の6人組バンド。 バンド名のUVERworldは「自分たちの世界を超えて広がる」ということからドイツ語を変形させたUVERとworldから名付けられた。 これまでに多くのシングル、アルバムをリリースし、2019年12月4日にリリースしたニュー・アルバム「UNSER」は、オリコン週間アルバムランキング初登場1位を獲得。 また2019年12月19日・20日に行われた東京ドーム公演では自身が2017年に樹立したさいたまスーパーアリーナでの23,000人の男祭りの日本記録を大きく塗り替える45,000人での男祭りを成功させた。 2020年で結成20周年を迎えた日本を代表するロックバンドである。 【コメント】 「AS ONE」は陰と陽、正義と悪も生じるところは全て同じ、表裏一体であることを表現している。 映画の世界観にある疾走感を混ぜたかった。 速水秀悟 役 坂口健太郎 最初に脚本を読まれての感想は? 監督がやりたいことがもし上手く撮れたら、面白くなるなと感じました。 一つの事がわかるとドンドン転がって行って、転がって行った先に冒頭で話した欠片みたいなものがピッタリと歯車が合ってきたみたいな、息をつかせない作品になったら良いなと思いました。 永野さんとの共演について 彼女と一緒に作品をするのはもう3年か4年振りで、だけど、こうやって全く違うキャラクター同士でお芝居するというのもとても新鮮でとっても難しい役だと思うので、僕も瞳の考え方を尊重したいと思いますし、良い化学反応がまた出来たら良いなと思います。 映画のメインの舞台となる実際の病院の感想は? 物語の中での病院は生きている病院、まだ営業している病院ですが、どこか違和感であったり、僕が演じる速水という医師は感じて行くんですが、病院って少し怖いという訳ではないのですが、不思議な感覚になるというか、このセットは元々病院だったので、リアルな映像になっているだろうとは思いました。 ご自身が映画のような事件に巻き込まれたらどうしますか? 命を一番大事にしようと思ったら、ただ生きるためなら何もしなくても生きれるじゃないですか。 時間になったらピエロが帰ってくれれば、だけど速水はもう一個上を行こうとし、生きる事にプラスして、この謎を解くという風に動いていく様はカッコイイと思います。 川崎 瞳 役 永野芽郁 最初に脚本を読まれた時の感想は? 素直に面白いと思いました。 瞳という役を演じられることもとても嬉しかったですし、共演者の方が全員決まる前に台本を読ませて頂いていたので、どんな方が演じるんだろうと、映画化を楽しみにして下さっている方と同じような気持ちでいましたし、早くこの世界に入りたいと思いました。 坂口さんとの共演について とても安心感がありましたし、またご一緒出来て本当に嬉しいなと思いました。 坂口さんと目を合わせるだけで、そこに居て良いという気持ちになるので、瞳として気持ちを持っていかれ過ぎないように、自分の中でセーブをしながら演じていました。 映画のメインの舞台となる実際の病院の感想は? 原作と台本を読んだ時の印象がそのまま表現されていて、何かありそうな感じはあるのですが、それが何なんだろうという不思議な力がある病院になっていて、これから楽しみです。 ご自身がこんな事件に巻き込まれたらどうしますか? 何もしないです、静かに。 あんなに勇気を持ってカルテを探しに行ったりしないです(笑)。 ただただ静かに目立たないようにします。 逃げれないですし、何かしたら殺されるかもしれないと思っているので、話しかけられるまで一言も発さないです。 生き残りたいとは思いますが、その時によって何が最善なのかはわかりませんけどね。

次の