オー ロンゲ ポケモン。 ポケカスターターセット

ポケモンカードゲーム ソード&シールド スターターセットVMAX オーロンゲ : ポケモンセンターオンライン

オー ロンゲ ポケモン

意地ASドラパルトのはがねのつばさ 30. 0〜36. 2% 乱数3発(38. 陽気ASギャラドスのたきのぼり 23. 8〜28. 4% 乱数4発(95. AS珠ミミッキュのじゃれつく 62. 1〜74. 0% 確定2発• HB特化ナットレイのジャイロボール 35. 2〜43. 無振りドラパルトを 89. 5〜106. 7% 乱数1発(37. H振りローブシンを 85. 8〜101. 8% 乱数1発(12. 耐久無振りギャラドスを 61. 7〜72. 9% 確定2発• HB特化ブラッキーを 57. 4〜69. 3% 確定2発• H振りウォッシュロトムを 52. 2〜61. 特化ナットレイを 88. 3〜106. 0% 乱数1発(31. また多くのご指摘も感謝致します。 ・完全な両受けとまではいきませんが特殊アタッカーと対面で殴り合う際に確定数がズレる場合があり擬似的な両受けのような動きも可能と表記させていただきました。 例と致しましては、控えめCSウォッシュロトムと対面で殴り合う際はハイドロポンプとの撃ち合いが想定されソウルクラッシュのC1段階ダウンにより乱3にすることが出来ます。 それに対してこちらのソウルクラッシュは確2を取れているので特殊アタッカーと殴り合う際に勝率が上がる場合がありソウルクラッシュを採用しています。 ・4枠目の技に関してはPTの他メンバー次第で重いポケモンやオーロンゲで相手しなければならない仮想敵が変わるので自由枠とさせて頂いています。 ほのおのパンチに関してもナットレイへ確1を取るまでに攻撃力を伸ばすと耐久力がかなり落ちてしまい本来のビルドアップを先制で積むメリットがかなり少なくなってしまうのでHを最低限必要且つ食べ残しを最大限に活かせるところまで削り、Aを伸ばしています。 ・フルアタ型との立ち回りの違いは明確に記してあると考えます。 特性いたずらごころにより多くの変化技を無効化できる点、物理に対して先制でビルドアップを積むことにより耐久力、攻撃力共に伸ばすことができる点、でんじはを採用した際には後続のサポートもできる点などです。 ・また、身代わりに関しましては変化技を無効化できる点に加え相手のダイマックスターンをまもるやダイウォールと違い、体力の許す限り連続で使用し、やり過ごすことが出来る点が明確なメリットになると考えます ・候補技についてはちょうはつを追加すべきと言う点については仰る通りなので追加致します。 ありがとうございます。 改めてご指摘ありがとうございました。 後日編集し追加致しますがそれまではこの返答を補足とさせて頂いています。 1倍の性格値補正を生かしてAにあと8振って11nである165にしたほうが数値の無駄がないのかなと思いました。 あとこれだけBに振ってAに振らないならわんぱくではダメなんでしょうか。

次の

【ポケモン ソード&シールド】オーロンゲの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

オー ロンゲ ポケモン

とくせい:「いたずらごころ」 悪タイプ以外に補助技が優先度プラス1で打てるようになる。 つまり先制技と言われる。 優先度プラス2以上の技以外全て先制で補助技が打てる。 オーロンゲは、「みがわり」「でんじは」「ひかりのかべ」「リフレクター」「ビルドアップ」など様々な変化技を覚えるため、かなり器用に立ち回ることが出来る。 すばやさが半分になるので、中速抜きエースを通しやすくなる。 「ひかりのかべ」「リフレクター」は後続積みエースのための起点作り。 壁があれば積み技も安全に積むことができる。 「みがわり」は有利対面で置いておくと、相手が交代した時に大きなアドバンテージがとれる。 他にもダイマックスの時間稼ぎに使える。 「いたずらごころ」で相手より先に「ビルドアップ」が積めるので、物理ポケモンの対面で積んでいける。 減ったHPは、「ドレインパンチ」で回復できる。 はがねタイプの「ドリュウズ」や、フェアリータイプ「ミミッキュ」などの火力の高いポケモンは受けきれない。 アーマーガアとかに任せよう。 「リフレクター」で壁張りをして「ビルドレイン」という自分の役割を遂行しても良いし、その他の補助技で後続のサポートもできる。 ちょっと役割的には中途半端で「ドリュウズ」も多いので今の環境で活躍できるのは微妙。 ダイジェットですばやさを上げる「ギャラドス」「トゲキッス」などの抜きエースにも有効。 役割遂行後は、壁を張っても良いし「でんじは」を撒いても良いし、殴っても良い。 「かみなりパンチ」は「ギャラドス」を意識して採用も有り。 技枠と相談。 「こだわり」系のアイテムと違い技を打ち分けられるのが良いところ。

次の

【ポケモン剣盾】オーロンゲの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

オー ロンゲ ポケモン

技「イカサマ」の起用は、技「」持ち 「ドリュウズ」を対策するために起用しています。 また、素早さの12調整は環境にはびこる4振り調整のオーロンゲよりも先に動けるような調整としています。 道具「こうこうのしっぽ」には、持ち主が必ず後攻になる効果があるので、素早さの高いポケモンの機能停止を狙えます。 耐久面では「ドリュウズ」の対策として技「アイアンヘッド」を確定2発まで耐える調整としました。 ちなみに技「イカサマ」で 攻撃・素早さ特化のドリュウズを確定2発で倒しきれるので、対面で負けないようになっています。 また、特防は「サザンドラ」の技「ダイスチル」を最高乱数で耐えられるので、技「ソウルクラッシュ」確定2発で倒し切りましょう。 素早さが高い相手の動きを制限できるのもメリット。 自分の能力を上げて相手を倒していきたい場合。 高い攻撃力を伸ばしつつ低めの防御を補える。 物理アタッカーとしての役割を持たせたい場合の攻撃技。 相手を見て「ビルドアップ」による、攻撃と防御を上昇させる立ち回りも可能なので、ダイマックス以外でも戦える利点をもちます。 キョダイスイマには、攻撃によるダメージだけではなく、次のターン終了時に相手を「ねむり」状態にする追加効果があります。 トリトドンやヌオーなどの受けポケモンを倒せる オーロンゲの役割と立ち回り いたずらごころを生かして行動を封じる 「オーロンゲ」は特性「いたずらごころ」を活かし、 相手に好きなことをやらせないのが主な戦法です。 「ちょうはつ」によって補助技を封じたり、こだわり系アイテムを「トリック」で渡すことで相手の行動を制限して後続につなげたりし、自分が有利になるように相手を動かすことが重用です。 自分を強化して戦うこともできる 相手の行動を阻害する技の他に、 「ビルドアップ」のような自分を強化する技を先制で打てるため、高い攻撃ステータスを更に強化して相手を倒していくこともできます。 オーロンゲと相性の良いポケモン オーロンゲで作った隙に積むアタッカー オーロンゲで作った隙を活かせる、積み技を使用するアタッカーや、ダイマックスを使用して戦うアタッカーなどがおすすめです。 「でんじは」「ちょうはつ」「トリック」などを利用して、後続のアタッカーの起点を作りましょう。 オーロンゲは攻撃の種族値が高いので、アタッカーとしても優秀です。 相手のHPを削ることで、後続のダイマックスアタッカーで敵を倒しやすくなります。 また、 持ち物「じゃくてんほけん」を持たせたポケモンのために、「リフレクター」「ひかりのかべ」でダメージを軽減する動きも強力です。 さらに 特性「いかく」により、攻撃をさげてオーロンゲと殴り合うことができるので、非常に有利に戦うことが可能です。 レンタルパーティは 育成不要で戦える代物なので、ぜひ活用してみてください。 関連記事 新ポケモンの育成論一覧• 鎧の孤島攻略ガイド 注目記事• データベース• お役立ち• 人気記事• ポケモン図鑑 分類別• 世代別ポケモン一覧• ワイルドエリア 攻略情報• ストーリー攻略 攻略チャート• トレーナーバトル• お役立ち• 育成論• 新着育成論• 人気の育成論• パーティ レンタルパーティ• パーティの対策• 掲示板• お役立ち 初心者におすすめ• やり方・方法まとめ• 新要素 鎧の孤島からの新要素• 剣盾からの新要素• English Walkthrough Wiki 英語版)•

次の