難 消化 性 デキストリン デメリット。 難消化性デキストリンの副作用・危険性は?正しい飲み方と摂取量を調査

【難消化性デキストリン】誤った方法では効果なし!正しい飲み方とは

難 消化 性 デキストリン デメリット

デキストリンとは デキストリンとは、じゃがいもやトウモロコシのでんぷんが元になった物質です。 通常、でんぷんとは、ブドウ糖が鎖状に結びついた状態です。 ブドウ糖が結びつけばでんぷんとなり、でんぷんがバラバラに分解されればブドウ糖となるわけです。 デキストリンとは、この中間の状態。 つまり、でんぷんから、ブドウ糖が数個結びついた状態で分解をとめたもののことなのです。 このようにデキストリンは化学合成により人工的に作られた物質ですが添加物には指定されていません。 食品添加物ではなく食品として扱われています。 デキストリンの用途 デキストリンは微かに甘い物質で、水飴を薄めたような粘り気を与えます。 使われている食品は、菓子類やソース、タレなど使い道はさまざまです。 また粘度の調整にも使われ、粉状の材料を固めるといった特徴もあるためよく見るお菓子に使用されています。 デキストリンとデキストランって同じ? デキストランは多糖類で、デキストリンとは似ていますが違う物質です。 デキストランは増粘剤、安定剤として使用されることの多い食品添加物の一つですが、虫歯の原因菌を作ることが指摘されています。 難消化性デキストリンとは でんぷんを分解する酵素にアミラーゼという物質があります。 トウモロコシやじゃがいものデンプンにこのアミラーゼを作用させるとぶどう糖やデキストリンができますが、このデキストリンはアミラーゼでは完全に分解されません。 つまり消化されない物質ということです。 この消化されない物質が難消化性デキストリンです。 難消化性デキストリンの効果・効能 難消化性デキストリンにはたくさんの効果や効能があり、ダイエットにも役立つと言われています。 具体的には、以下のとおり。 中性脂肪や食後の血糖値の上昇を抑える。 内臓脂肪を減少させる。 腸内環境を整えて便秘を解消する。 ミネラルの吸収力が高まる。 これらはどれも事実ですが、 難消化性デキストリン独特の効果というわけではなく、食物繊維の摂取で得られる効果です。 デキストリンの副作用や危険性 デキストリンと難消化性デキストリンの違いを理解する デキストリン、難消化性デキストリンにおける一番の危険性は、この二つを混同してしまうことです。 デキストリンには糖質が含まれますから、難消化性デキストリンのつもりでデキストリンを摂取し、それが過剰になれば、肥満はもちろん、血糖値や血圧の上昇、それにともなって糖尿病や通風などの心配も出てくるでしょう。 難消化性デキストリンの副作用 難消化性デキストリンは食物繊維です。 そのため、摂取すれば便秘の改善が期待できるでしょう。 ただし、過剰摂取になった場合はその効果が行き過ぎて、今度は下痢を引き起こしてしまう心配があるのでじゅうぶん注意が必要です。 原料が遺伝子組み換えであるおそれ デキストリンは、じゃがいもやトウモロコシのでんぷんから作られています。 しかし、このうちトウモロコシが問題で、日本にあるトウモロコシのほとんどはアメリカから輸入されたもの。 そして、アメリカで作られているトウモロコシは、9割が遺伝子組み換えなのです。 遺伝子組み換え食品による害は報告されていなかったり、危険性は低いと言われていたりしますが、遺伝子組み換え食品の割合が高まったアメリカでは、白血病、自閉症、アレルギーなどの疾患が急激に増えたというデータがあります。 もちろん、これが遺伝子組み換え食品によるものだと断定はできませんが、安全だという確証がない限り、できれば必要以上の摂取は避けたいものです。 トクホ=健康や安全が保証されているわけではない 難消化性デキストリンが使用されている食品が健康食品やサプリメント、トクホに多いのは事実です。 しかしながら、トクホ、つまり特定保健用食品とは、なんらかの効果が期待できると消費者庁が認めたもの。 メーカーの申請に応じて消費者庁が検査、認可するのですが、その際に実験や研究が行われているわけではありません。 申請通りの効果が期待できる物質や成分が入っているか、それのみが基準であり、原料の安全性や、申請されたもの以外の成分に有害なものがないかどうかは考慮されていないのです。 もちろん、それでもある程度の目安にはなるでしょうが、盲目的に信頼するのはやめておいたほうがいいでしょう。 健康やダイエットのためにはほかの食物繊維を もともとがでんぷんですから、デキストリン自体に危険性はほとんどありません。 心配するとしたら、原材料の遺伝子組み換えの有無でしょう。 しかしながら、これはなかなか確認の難しいところでもあります。 ただ、もし、積極的に難消化性デキストリンを摂ろうとした場合、その目的はダイエットか、便秘の解消ではないでしょうか。 だとすれば、本文中にも述べたとおり、それらの効果は難消化性デキストリン独特のものではなく、食物繊維によるものです。 原材料が心配なら、ぜひ、ほかの食品から食物繊維を摂取してください。

次の

難消化性デキストリンの副作用と5つの効果!アレルギーやダイエットに良いって本当?

難 消化 性 デキストリン デメリット

Contents• 難消化性デキストリンとは 難消化性デキストリンとは、 トウモロコシなどのでんぷんから作られた水溶性の食物繊維です。 甘みや粘り気が少なくほぼ透明なのが特徴で、見た目や味を変えないため、食品や飲料などに幅広く使われています。 食物繊維不足を補うために利用しやすく、 カロリーも1gあたり1kcalと低カロリー。 さらに、健康や美容のサポートをする働きもあることから人気の食品素材です。 安全性について 日本だけでなく、世界中で利用されている難消化性デキストリン。 アメリカの FDA 食品医薬品局 にも認定されていて、安全な食品素材であることから、 1日の摂取量上限を定める必要はないとされています。 日本では、消費者庁の 特定保健用食品(トクホ)として機能表示を認められていることからも、安全性の高い食品素材といえるでしょう。 難消化性デキストリンのダイエット効果 健康をサポートする働きがたくさんある難消化性デキストリンは、摂取することでダイエット効果が期待できます。 どんな働きがあるのか見ていきましょう。 糖の吸収速度を抑える ご飯や麺類、砂糖などの 炭水化物(糖質)は、 食後の血糖値を上がりやすくします。 急激に血糖値が上昇する状態が続くと、肥満や糖尿病などの生活習慣病を引き起こすこともあり注意が必要です。 難消化性デキストリンには、糖の吸収速度を穏やかにする効果があるため、食事と一緒に摂ることで食後の血糖値上昇を穏やかにし、肥満や糖尿病の予防ができます。 脂肪の吸収速度を遅くする 中性脂肪は大事なエネルギー源ですが、肝臓などに過剰に蓄えられてしまうと、肥満や動脈硬化、脂肪肝などの原因にもなることも。 難消化性デキストリンには、 脂質の吸収を抑えて、食後の中性脂肪の上昇を穏やかにする働きがあるため、脂肪が多い食事を取る時には、難消化性デキストリンを一緒に摂取しましょう。 整腸作用がある 難消化性デキストリンは水分を抱えこむ性質があることから、便を柔らかくしたり、便量を増やして、便秘解消を助ける作用があります。 また、腸内細菌叢のバランスを整えて腸内環境を良くするため、 便秘だけでなく下痢の改善にも効果的です。 腸内環境を整えることは、痩せやすい体を作ることにもつながるので、ダイエット中の人は積極的に食物繊維を摂りましょう。 内臓脂肪を低減させる 内臓脂肪は 内臓の周りや腸間膜などにつく脂肪のことです。 増えすぎると肥満の原因になるだけでなく、糖尿病や高血圧、動脈硬化などさまざまな病気を引き起こしやすくなります。 難消化性デキストリンは内臓脂肪を減らす効果があるため、 内臓脂肪が気になる人は習慣的に飲むのがおすすめです。 ミネラルの吸収を促進させる 難消化性デキストリンは、 カルシウム、亜鉛、鉄、マグネシウムといったミネラルの吸収を促すことが確認されています。 ダイエット中に食事制限をしていると、ミネラルが不足しがちになり、骨や神経、ホルモンに影響が出る場合があります。 また、肌荒れや抜け毛が起こることもあるため、美容のために難消化性デキストリンの作用が活用できます。 ダイエット効果を得るには正しい摂取方法が必須条件 難消化性デキストリンの効果を発揮するには、正しい摂取方法を守ることが大切です。 飲むタイミングや摂取目安量などをチェックしましょう。 飲むタイミング 難消化性デキストリンの 糖や脂肪の吸収を抑える効果は、炭水化物や脂肪と摂ることで効果を発揮します。 空腹時では効果を感じにくいため、食事をする時に一緒に摂取するようにしましょう。 食物繊維は食事の始めに摂取すると、そのあとに食べる糖や脂肪が吸収しづらくなります。 お腹も膨らんで食べ過ぎを予防することもできるので、食事の一番始めに摂取するのがおすすめです。 摂取目安量 難消化性デキストリンの1日の摂取量は5g程度を目安にしましょう。 難消化性デキストリンは、過剰摂取すると下痢が起こる場合もあります。 1度にたくさん摂るよりも、毎日適量を続けて摂取することが大切です。 また、厚生労働省の 「日本人の食事摂取基準(2015年版)」では、食物繊維の摂取目標量を男性(18歳以上)20g以上、女性(18歳以上)18g以上としています。 難消化性デキストリンを摂る時は、 他の食品からの食物繊維の摂取量も考えて適度に摂取しましょう。 【注意】暴飲暴食では痩せない 難消化性デキストリンの健康効果はダイエットをサポートしてくれますが、ダイエットを成功させるには、生活習慣や食事の見直しが不可欠です。 暴飲暴食が習慣になっていると、 痩せないだけでなく胃痛や胃もたれの原因になったり、胃炎や胃潰瘍、胃がんなどを発症する危険性もあります。 過度な食事制限によって暴飲暴食をしてしまうこともあるので、ダイエット中は栄養バランスと食事量を守るようにしましょう。 また、食事だけでなく、適度な運動を心がけるのが健康的に痩せるポイントです。 効果を実感するまでの期間 効果を実感するのは、体質などの違いで個人差があります。 難消化性デキストリンは長期間摂り続けることで効果が期待できますが、実際に試した人の中には、3ヶ月で効果を実感したという口コミや、半年という口コミもあります。 すぐに効果が出ると思わずに、長期的なダイエットに役立てましょう。 難消化性デキストリンを簡単摂取するなら【スリムプリンセス】 手軽に難消化性デキストリンが摂取できる「 スリムプリンセス」を紹介します。 【スリムプリンセス】の5つの魅力 スリムプリンセスは、難消化性デキストリンを簡単に摂取したい人にぴったりな商品です。 ダイエット中でも美味しく栄養補給がしっかりとできるように、5つの魅力が揃っています。 他にも1杯が25kcalと低カロリーなことや、 サイリウム・酵母・ナイアシンの3種の成分がダイエットを助けてくれます。 無理せずストレスのないダイエットをするために、食事と合わせてスリムプリンセスを活用してみましょう。 【スリムプリンセス】の購入方法 スリムプリンセスは公式通販サイトや電話で簡単に注文ができます。 継続的なダイエットに利用するために、毎月商品を届けてくれる「 すっきりスリム定期コース」がおすすめです。 難消化性デキストリンで健康的にダイエットをしよう 健康や美容をキープするには、暴飲暴食を避けて栄養をきちんと摂取するようにしましょう。 難消化性デキストリンの作用は、体重や体脂肪が気になる人にも効果的です。 安全性も高く、食事やドリンクの味を変えずに美味しく摂取できるため、ダイエット食品は味が苦手で続かなかったという人も、挑戦しやすい食品素材です。 おすすめした商品もぜひチェックして、健康的なダイエットに役立ててみましょう。 まとめ• 難消化性デキストリンはトウモロコシなどのでんぷんから作られた水溶性食物繊維• 安全性が高く、味や見た目に影響を与えにくい• 血糖値上昇抑制作用や整腸作用など、代表的な5つの効果がある• 健康への作用からダイエット中の人にも向いている• 食事と一緒に摂り、1日5g程度を目安に摂取すると良い• 簡単に摂取したい時にはスリムプリンセスがおすすめ.

次の

イヌリンVS難消化性デキストリンを徹底比較【どっちが効果的?】

難 消化 性 デキストリン デメリット

それではどうして難消化性デキストリンがダイエットに効果があるのかについてご説明します。 難消化性デキストリンは、食物繊維の中でも水溶性食物繊維にあたります。 食物繊維には、不溶性と水溶性があります。 不溶性食物繊維は、ごぼうのように水に溶けない繊維質が腸にこびりついた汚れを取る効果があるものです。 また、腸の蠕動運動を活発にしてお通じをよくしてくれます。 一方、難消化性デキストリンに含まれる水溶性食物繊維は、ドロドロに溶け、糖や脂質を包み込むため、小腸でそれらの栄養素が吸収されないようにする効果があります。 さらに、難消化性デキストリンの場合は、難消化という名前の通り、胃で消化されることがありません。 合わせて読みたい「デブ卒」の記事! 難消化性デキストリンのダイエット効果 食後の脂質や糖質の吸収を抑制 先ほどもご紹介した通り、難消化性デキストリンを摂取することで、食後の脂質や糖質の吸収を抑えることができます。 その結果、血糖値の上昇を抑えたり、脂質を吸収を抑えることができる点は、難消化性デキストリンはダイエットに効果があるといえます。 コレステロール値の低下 脂質の吸収を抑えることが出来るということは、食後のコレステロール値の急上昇を防ぐこともできます。 コレステロール値の上昇を防ぐことができれば、動脈硬化を予防することができます。 ダイエット以外にも健康効果がある点は嬉しいですよね。 内臓脂肪の減少 難消化性デキストリンを摂取しても痩せないというコメントがありました。 他にも、3か月の摂取でウエストが10㎝も減少したという結果もありました。 そのため、バランスの良い食事や適度な運動を合わせて、ダイエット補助食品として摂取すれば内臓脂肪を減少させることができるということです。 腸内環境の正常化 難消化性デキストリンの飲み方をご紹介します。 まず、難消化性デキストリンは食中か食後に摂取することが重要です。 また、難消化性デキストリンを摂取しているからと言って、食べすぎはよくありません。 難消化性デキストリンで痩せないと思う方は、バランスの取れた食事を取ることや間食を止めるようにしてみてください。 摂取量の目安 難消化性デキストリンの摂取量の目安は、一度に6グラムまでとされています。 6グラム以上摂取しても、体外に排出されてしまい意味がないです。 つまり、飲めば飲むほど痩せるということではありません。 そのため、毎食に6グラムを摂取することが最も難消化性デキストリンのさまざまな効果を期待できます。 3か月以上続けないと効果が現れない 難消化性デキストリンを摂取しても痩せないというコメントを拝見すると、継続期間が短いということもありました。 難消化性デキストリンでダイエットをしても即効性はありません。 様々な実験データを確認しても、3か月以上経過しないと効果は表れていないので、実際に難消化性デキストリンでダイエットをしたいという方は気長に試してみることが重要です。 もし1回で6グラム以上に摂取してしまうと、副作用の危険性が高まります。 その副作用とは、過剰に摂取したことでお通じが良くなりすぎてしまい、下痢の症状を起こす可能性があります。 体内で消化されないものを摂取するということを考慮すると、過剰摂取は恐ろしいですよね。 そのため、6グラム以上は摂取しないように心がけましょう。 食物繊維以外の栄養が取れないのがデメリット 難消化デキストリンは食べ物や飲み物に入れるだけで効果があって誰でも気軽に取り入れられる方法です。 しかし、食物繊維以外の栄養分が取れないというデメリットがあります。 毎日摂取するものなら、できるだけ1回で体に良い成分をたくさん摂りたいですよね。 そんな人に編集部からおすすめしたいのが、スムージーです。 中でも「からだあいかんのスーパーフードスムージー」は、1杯にスーパーフードがたっぷり10種類も入った優秀スムージー。 地球で一番栄養が含まれていると言われているあのモリンガも配合されているのです。 単なる食物繊維のみの摂取よりは、より健康によく美肌効果もあるスムージーの方が試す価値があるのではないでしょうか?気になる方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてくださいね。

次の