ドコ ドコドコドコ。 スバル車から消えるボクサーサウンド…あの「ドコドコ音」はもう聞けないのか?

南米の小さなヤマネコ「コドコド」を知ってますか

ドコ ドコドコドコ

普通に走ってくる車とは、明らかに違う排気音…「ドコドコドコ」と、なんとも形容しがたい音が近づき、ブリッピングをすれば、「ドリュリュリュリュン!」と、これも普通の車にはありえない音を響かせます。 それを鳴らすクルマは、VWのビートルやカルマンギア。 あるいは、アルファ ロメオのアルファスッドかもしれません。 しかし、それが国産車であれば、スバル車のボクサーサウンドでしょう。 ボクサーサウンドとは、に特有の排気音です。 直列4気筒などの配置エンジンではまず鳴らず、星型やの一部で似たような音を鳴らすものもあります。 ところがだけは、その配置とピストンがボクサーの打ち合いのように見える「ボクサーエンジン」という別名から特別に「ボクサーサウンド」と呼ばれていました。 その排気音への親しみをこめて「ドコドコエンジン」と呼ばれることも一部ではあったそうです。 それではなぜ、ボクサーエンジンはあのような派手な音を奏でていたのでしょうか? は、クランクを中心にが左右にわかれており、排気をまとめるエキマニ エキゾーストマニホールド は、各気筒 から別々に伸び、集合していきます。 この時のエキマニの長さがごとに大きく異なると、エキマニの集合部で排気がバラバラにぶつかり合う排気干渉が起きることから、独特のドコドコ音を響かせるのです アメリカンV8エンジンのドロドロ音も原理は同じです。 「それならエキマニの長さを合わせればいいじゃないか。 」といわれればその通りで、スバルでも最初の搭載乗用車スバル1000では、各からの長さが同じ等長エキマニを採用していました。 しかし、単純に各から最短距離でつなげる不等長エキマニと違い、タコの足のようにウネウネと距離を稼がせる等長エキマニは製造に手間がかかります。 当然高コストになるので、2代目のスバルff-1以降、安価な不等長エキマニになったのです。 それからスバル1300Gやレオーネと受け継がれ、3代目のレガシィや2代目インプレッサの途中までは、近づいてくるだけでスバル車が来た!とわかるものでした。 インプレッサ ボクサーサウンド ボクサーサウンドは単なる「ノイズ」なのか? かつてスポーツランドSUGOで開催されたある自動車雑誌のファン感謝デーで、独特の「バサバサ音」を響かせたチューニング・ビートルが、ホームストレートでR32スカイラインGT-Rを追い詰める姿を多くの自動車ファンに目撃されました。 あの時、クァーン!と心地よいエキゾーストノートを響かせたGT-Rの後ろに、バササササササッ!と音を立ててビートルが張り付いているさまが、ちょっと不気味だったのも確かです。 そのような光景を見ていれば、ボクサーサウンドがそこまで性能に影響するものでは無いことがわかりますし、また最近では排気干渉を利用して、排気効率を上げる手法も編み出されています。 ラグジュアリー要素の強いモデルでは、これまで通りボクサーサウンドを消した設計が続くと思います。 しかし、WRX STIのように尖ったモデルなら、積極的に排気干渉を利用して、ボクサーサウンドを響かせることに遠慮はいらないと思われます。 チューニングの結果としても良いのですが、スバル純正で『ボクサーサウンドエディション』なる特別グレードを出してみるのも面白いかもしれませんよね。

次の

<重要>「屋内・冒険の島 ドコドコ」営業再開のお知らせ【2020/6/13(土)~】

ドコ ドコドコドコ

・ ・. ・ キョロ キョロ ゚. ゚ キョロ キョロ ・・ ・・ キョロ.. ・ェ・? ・ oo ・。 ・ oo ・。 ・ oo ・。 ゚o゚; ドコドコ ;゚o゚?? ドコ o.. ドコ? ドコドコ? z -ェ-z ,, s-ェ- sドコダ?

次の

屋内・冒険の島 ドコドコ 口コミ・感想|混雑状況・料金・駐車場・周辺ランチなど

ドコ ドコドコドコ

[画像のクリックで拡大表示] 南米のチリとアルゼンチンの森に、コドコド(Leopardus guigna)と呼ばれる小さなネコ科動物がひっそりと暮らしている。 可愛らしい顔をしたこのネコは、大きさがイエネコの半分ほどと、南北米大陸で最も小さなヤマネコだ。 極端にシャイな性格なうえ、科学的知見が乏しいこともあって、多くの人は彼らの存在すら知らなかったはずだ。 これまでは。 このほど、コドコドが、写真家ジョエル・サートレイ氏とナショナル ジオグラフィックが取り組む、絶滅から動物を守る撮影プロジェクト「Photo Ark(フォト・アーク、写真の箱舟)」の、記念すべき1万種目の乗組員となった。 (参考記事: ) コドコドは、地球上に33種いる小型ヤマネコたちと同じく「とても謎の多い動物で、ひそかに生活しています」と、サートレイ氏は話す。 サートレイ氏が目指しているのは、世界の動物園や野生動物サンクチュアリにいる生物全種を撮影すること。 これまで50カ国を超える国々で、ムール貝から甲虫、アザラシやゾウに至るまで、大小問わず様々な動物を写真に収めてきた。 飼育されている1万5000種の全てを撮影するまで続けると言う。 (参考記事: ) 「1万というのは大きな数字です。 あと10年か15年か、プロジェクトが終わるまでの長いトンネルの先に、一筋の光が見えたようです」。 自身が撮影した写真が、手遅れになる前に多くの人の目に留まり、絶滅の危機について知るきっかけになればと、彼は願っている。 「最近は注目してもらえるようになったと感じます」 フォト・アークに加わっている他の多くの動物と同様、2つの亜種からなるコドコドは絶滅が危ぶまれており、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストでは「危急種(vulnerable)」に指定されている。 最大の原因は、30万平方キロにわたる生息域の環境が劣化していることだ。 チリ南部のコケに覆われた森林に暮らす南方の亜種Leopardus guigna tigrilloは、チリ中央部のマトラルと呼ばれる低木林に暮らす北方亜種Leopardus guigna guignaよりも小さく、体色が明るい。 重要な到達点となる今回の写真を撮るため、サートレイ氏は地球上でおそらく唯一飼育下にあるコドコドのもとへ旅をした。 チリの中南部にあるファウナ・アンディーナは、認可を受けた野生生物保護区であり、リハビリテーションセンターでもある。 創設者のフェルナンド・ヴィダル・ムジカ氏は、野生で傷ついたコドコドの世話をし、時に森に帰している。 被写体となったコドコドは少し特殊な例だ。 北方亜種のオスで、名前は「ピクムチェ」という。 生後10日で捕食者に母親を殺され、このセンターで人の手によって育てられた。 現在2歳半となった彼は、あまりにも人に慣れすぎており、野生に帰すことはできない。 困難なスタートとなった彼の人生だが、「とても自信に満ちたネコに育ちました」とヴィダル・ムジカ氏は言う。 ピクムチェという名は、現在のチリ北部にあったコロンブス到達以前の先住民文化の名に由来する。

次の