バルカン s。 VULCAN S

カワサキが650ccのバルカン「VULCAN S」を発売!

バルカン s

需要と供給のバランスって難しいです。 でも、自分はハーレーやビッグスクーターは全然好みではないのです。 なんか強面のひとが乗るイメージというか。。。 笑 なので、そーゆーひととはジャンルが違うのかもしれませんね。 どちらかというとネイキッドやスポーティーなバイクからのひとのほうが好きになるかも?? たしかに大型のひとはハーレーやスポーツバイクや外車とか拘りが強そうだし。。。 バルカンsは400にして中型免許で乗れるほうが敷居がかなり下がって売れるかも??と思えてきました。 しかし、見た目はあのままを維持してほしいんですよね。。。 もしかして、カワサキさん、ターゲットを間違えたのかもしれませんね。。。 書込番号:20063961 スマートフォンサイトからの書き込み 9点 >レヴォえすとさん おっしゃるように街乗り用途でどこへでもお気楽に行こうというハーレーの水冷750のコンセプトと同様のもの、というか対抗車ですね。 ただ、日本の市場ですと、いろんな要素を持っているということは中途半端に思う消費者が多く、人気がないのではないでしょうか? 米国と違い、日本だとお気楽街乗りにはちょっと大きく(それ日本だと125ccやいいとこ250ccが果たしている)、アメリカンとしてはちょっと小さいと思われちゃってるのでは? 使い勝手としてはちょっとツーリングしたりするのに本当はとっても便利な車両なのかもしれません、日本の峠道、山道だとかだと大きなアメリカンだと慣れてないとちょっと乗りにくかったりしますから。 人気があろうとなかろうと、レヴォえすとさんがこれはいい!と思えば、乗られると良いと思いますよ。 将来の下取りまで気にされるのでしたら、お勧めはできないですけど。 (あんまりそんなことまで考えてオートバイに乗る人も少ないでしょうけどね) 書込番号:20064069 7点 レヴォえすとさん はじめまして。 私は去年、バルカンSを公式サイトで見た時は本気で欲しいと思い、すぐカタログ請求しました。 免許取った時に欲しかったエリミネーター250Vみたいで、凄くカッコいいと思いました。 元々アメリカン好きですが、ゆったり走るのではく、キビキビ走りたいタイプですので、そんな自分にピッタリだと思いました。 あと、乗ってる人が少ないのも、好きな理由です。 回りの人が乗ってないような車やバイクが好きなので。 因みに当方在住の県内に在庫が3台しか無いみたいです。 日本仕様発売の時に、メーカーのキャンペーンでローン金利がもの凄く安い時はかなり悩みましたが、その1年前に軽自動車を新車で購入したばかりでなくなく諦めました。 ですが、海外仕様のキャンディーグリーンが発売されたら購入しようと思ってます。 書込番号:20088736 スマートフォンサイトからの書き込み 4点.

次の

VULCAN S

バルカン s

購入動機 メインはSSですのでタンデム用に購入しました 長所・満足している点 とにかく楽。 どこでまででも行けます。 3泊4日で約750km走行しました。 タンデムでしたがバイク疲れは感じませんでした。 車重も軽いうえにベタ足なので二人乗りでの方向転換も容易にできます。 高速道路での追い抜きもストレスなくできます。 短所・不満な点 不人気車種?なのかカスタムパーツは少ないです。 国内メーカーのカスタムパーツはほぼありませんので海外から取り寄せるものが多いです。 なのでカスタムを予定している方は英語力が必要になります。 直接海外と取引した方が断然安いです。 用途・思い出、これから買う人へのアドバイス 私はセカンドバイクとして購入しましたので大変満足しています。 購入者がバイクに何を求めるかで変わりますが、走る、曲がる、止まる、を求めている方には不満が残るかもしれません。 ゆったり走り、景色を見ながら行った先で美味しい食事をしてツーリングを楽しむには最高のバイクだと思います。 今後のカスタムプラン 購入動機 街乗り、ツーリング用。 伝統的で眠たい仕様のクルーザーではなく、その気になればある程度のスポーツ走行も可能な攻めのスタイルとものづくりに共感して。 長所・満足している点 車両重量は230kg程度と若干重いものの、低重心と小さな車体で取り回しは非常に良い。 手押しでもスルスル進む。 エンジンの味付けが面白く、4速の低回転域まではクルーザーの鼓動感を味わえ、それ以上の中・高回転域では回せば回しただけロードスポーツの鋭い加速感とサウンドを味わえる。 エンジンガードがよく似合う。 純正部品かと見紛うほど。 初心者でコケるのが心配な場合も安心。 姿勢が楽。 エンジン熱も控えめで、乗ることが苦痛にならない。 他のクルーザーと比較してステップ高めで交差点を曲がったくらいではこすらず、街乗りから郊外でちょっとスピードを出すのにちょうどよい。 値段なりのコストダウンが各所で見られるものの全体的に見てこの性能なら文句なし。 短所・不満な点 平地では取り回しが良いが、悪路や坂道の取り回しは車重が足かせに。 3速までが比較的に遅い。 低回転でトルクがなくカーブの際はギアを落とさないと立ち上がりでギクシャクする。 ここはロードスポーツ系エンジンを選択したがゆえのやむを得ない弱点。 シールドが似合わない。 かろうじて許容できるスクリーンを装着しているものの、街乗りでは十分だが高速道路では不足気味。 用途・思い出、これから買う人へのアドバイス 初めての大型でしたが初心者でも乗りやすいバイクです。 マフラーはショートマフラーですがサイレンサーが優秀で音はかなり小さいです。 カスタムパーツはほぼないので、ノーマルでも楽しい最初の時期はともかく、慣れてきてカスタム欲が出てきても選択肢はほぼありません。 当初はノーマルで十分と考えていましたが、慣れてくるとどうしても欲が出てきてしまうものです。 いまはレバーやLEDなど細々した部分を交換してお茶を濁しつつ、車検切れと同時に乗り換えるくらいの気持ちで乗っています。 長所・満足している点 他のアメリカンにはない独特なルックス、力強い発進・加速。 Ninja250に比べて姿勢、特にお尻が超楽です。 ハンドルミラーなのでミラーが近くて安心感があります。 押し引きのときにハンドルが胸に刺さりそうになります…(慣れの問題だと思いますが) 用途・思い出、これから買う人へのアドバイス 純正ETCはハンドルマウントですがシート下に入れるスペースがしっかりあります。 積載性がないのでサイドバッグサポートとバッグはほぼ必須かもしれません。 今後のカスタムプラン 高速道路の風圧対策にスクリーン!! 購入動機 やはりV-MAXは重いので年も年だし軽いバイクへと乗り換えを決意。 スタイリングも申し分なくブラックな出で立ちがかっこいい。 長所・満足している点 V-MAXが超乗りにくいバイクに思えてきた。 (実際乗りにくい!?) やはり思ったとおり取り回しが軽い! 走りも軽快!峠でも意外とヒラヒラ走れる。 シートは最初座った印象は「固い」。 が、リアシートとの段差でおしり全体で圧分散できるため、おしりが痛くならない! どこまでも行けそう。 V-MAXのコルビンシートより尻痛にならない。 短所・不満な点 サスが固い。 明らかにクルーザーのそれではない。 パラツインなので振動はそれなりにある。 ただ、高速域ではその振動も感じなくなる。 低回転でトルクが細いのかな?ノッキングしやすい。 慣れれば問題なし。 左のカギのかかるカバーは何のためにあるのか?車検証すら収納できない。 また、そのカバーがはめ辛い。 全体的に樹脂パーツが多くチープかな・・・ 用途・思い出、これから買う人へのアドバイス なぜ不人気なのだろう?と疑問に思うくらい、クルーザー離れした走り、アメリカンアメリカンしてない外観、まさに自分が求めていた感じ。 逆に、立ち位置が中途半端なので不人気なのか・・・? 今後のカスタムプラン リアサス替えたい。 が、高い・・・ 購入動機 店頭で見て、他のアメリカンには無い雰囲気に一目惚れ 長所・満足している点 街でほとんど見かけない。 Z系と同じエンジンで、回すと怖いほどスムーズに加速してくれる。 ステップ位置が比較的高いので、コーナーや交差点でもガリガリしにくい。 短所・不満な点 身長154cmの私にはちょっとステップが遠いかな。 用途・思い出、これから買う人へのアドバイス 低身長な私でも十分な足付き性(さすがに両足かかとベッタリとはいきませんが)で不安無く乗れています。 着座位置が5cm前になるカスタムシートに交換すると少し膝に余裕が生まれ、ハンドルも近くなるので上半身にも余裕ができて、小柄な人にはおすすめ。 今後のカスタムプラン 次はステップを5cm後方に移設したい。 そのうちリアフェンダーレス化も...。 購入動機 一目惚れ 長所・満足している点 乗っている人が少ないので、ツーリングスポットに行っても被らない ライダースキルが乏しい自分にとっては十分すぎる性能 アメリカンタイプなのにV型エンジンじゃなく、しかも6速ミッション その他諸々 短所・不満な点 乗っている人が少ないので、情報交換がなかなか出来ない アフターパーツが少ない 立ち乗りが出来ないので、ケツポジ移動がしにくい 用途・思い出、これから買う人へのアドバイス 通勤からロングツーリングまで幅広く活躍してくれる頼れる相棒です ロングツーリングに出かけたくなる、でも片道10キロ弱の通勤でも乗っていて楽しいバイクです 積載性の無さはリアボックスやサイドバッグ等でフォロー 今後のカスタムプラン 購入動機 たまたま値段が安くなっていた 長所・満足している点 スタイルが良い。 足を投げ出すようなポジションも良い。 低速からもスムーズに加速するところ 全く同じ車種に出くわすことはない 短所・不満な点 荷物がノーマルでは何も積むことができない。 意外とバンク角があると言われているが、その気になるとすぐステップをするので注意が必要 用途・思い出、これから買う人へのアドバイス アメリカンと思いがちですが、実は違う このスタイルが美しく思えるのであればオススメの一台となると思います。 スピードやコーナリングを求めるのでは無く、気ままに流すことがとても自然にそして気持ちよく感じる走りができるバイクだと思います。 今後のカスタムプラン 詳細条件で絞り込む Myバイク写真• すべて 34• 有り 30 保有状態• 昔乗っていたバイク 9• 今乗っているバイク 25 カスタム情報• すべて 34• 有り 15 Myバイク登録年• 2020年 4• 2019年 4• 2018年 6• 2017年 9• 2016年 8• 2015年 3• 2014年 0• 2013年 0• 2012年 0• 2011年 0• 2010年以前 0 車種の年式• ~ 都道府県別• 全て 32• 北海道 2• 東北 2• 青森県 0• 岩手県 0• 宮城県 1• 秋田県 0• 山形県 0• 福島県 1• 関東 14• 茨城県 1• 栃木県 1• 群馬県 0• 埼玉県 6• 千葉県 1• 東京都 2• 神奈川県 3• 北陸・甲信越 3• 新潟県 1• 長野県 0• 山梨県 0• 富山県 0• 石川県 0• 福井県 2• 東海 4• 静岡県 0• 岐阜県 1• 愛知県 3• 三重県 0• 関西 6• 大阪府 1• 京都府 1• 滋賀県 1• 兵庫県 3• 奈良県 0• 和歌山県 0• 中国 0• 鳥取県 0• 島根県 0• 岡山県 0• 広島県 0• 山口県 0• 四国 0• 香川県 0• 高知県 0• 徳島県 0• 愛媛県 0• 九州・沖縄 1• 福岡県 1• 佐賀県 0• 長崎県 0• 大分県 0• 熊本県 0• 宮崎県 0• 鹿児島県 0• 沖縄県 0.

次の

カスタム素材としても人気!カワサキ「バルカン S」のABSスペシャル&2017年モデル発売!

バルカン s

カワサキの650ccクルーザー「Vulcan S」。 ヨーロッパでは、同車をベースにしたカスタムが盛り上がっています! Vulcan S ベースのカスタム 例えば、当サイトでは… カワサキのドイツ法人が制作した、NOSキットを搭載した本気カスタム車両から、 コチラはカワサキのフランス法人の手によるカフェレーサー! それから… (バルカン70ですが…)カワサキのイタリア法人の手によるコンプリート・モデルと、いろいろと紹介して来ました。 これらカスタム車両では、扱いやすく軽量コンパクトなツインエンジンと、シンプルで癖のない車体という「Vulcan S」の素性の良さが生かされています。 そんな「Vulcan S」のスペシャルモデルと2017年モデルが発売されることになりました! Vulcan S ABS Special Edition 低シート高を実現した独創のボディパッケージとパラレルツインの鼓動感が魅力の「VULCAN S」が、追加装備を携えて新登場! と言っても、前年モデルからの変更点は…• ギヤポジションインジケーター装備によるスポーツイメージの向上• ヘルメットロックの装備による実用性の向上 の2点のみ。 また、スタンダード2017年モデルからの変更点は、• ABS アンチロックブレーキシステム の装備• クラッチカバーにメッキパネルを装備 であり、カラーは、ここに掲載したメタリックインペリアルレッドの1色です。 Vulcan S 2017年モデル コチラは同時にリリースが発表された ABS を装備していない素の「Vulcan S」2017年モデル。 ギヤポジションインジケーター装備によるスポーツイメージの向上• ヘルメットロックの装備による実用性の向上 のみ。 カラーは、このメタリックマットカーボングレーの1色です。 発売予定日は両車共に 2017年1月15日です。 ヨーロッパではカスタム素材としても注目されているクルーザー「Vulcan S」。 素のまま乗るのも渋いですが、なんだかカスタムしたくなりますね! 皆さんなら、どんな風に楽しみたいですか? Vulcan S のスペック• ホイールベース:1,575mm• シート高:705mm• 車両重量:224kg(ABS は227kg)• 総排気量:649cc• 0mm• 圧縮比: 10. 最大トルク:63N・m(6.

次の