トヨタ レンタ リース 多摩。 名義変更

トヨタレンタリースってどんなサービス?トヨタレンタリース以外でもトヨタ車をカーリースすることは可能?

トヨタ レンタ リース 多摩

ワンウェイ(返却) 別の店舗からご出発された場合でもご返却いただくことが可能な店舗です。 バリアフリー対応 手すりやスロープ、多目的トイレを設置するなど、バリアフリーに対応した店舗です。 配車 ご宿泊のホテル・旅館などからレンタカーをご利用いただけるサービスです。 サービスのご利用には事前のご予約が必要です。 別途料金がかかります。 送迎 店舗周辺の駅やホテル・旅館までお迎え、またはレンタカーをご返却後に店舗から周辺の駅やホテル・旅館までお送りするサービスです。 サービスのご利用には事前のご予約が必要です。 引取 ご宿泊のホテル・旅館などからレンタカーをご利用いただけるサービスです。 サービスのご利用には事前のご予約が必要です。 別途料金がかかります。 カーナビゲーションやナビゲーションアプリに入力することで、地図上に位置を表示することができます。

次の

レンタカー・カーリースならトヨタレンタリース栃木

トヨタ レンタ リース 多摩

取扱車種 [ ] 幅広いトヨタ車をラインナップしており、地域によりの、の大型車や、のなども用意される。 また、系列に販売会社があるトヨタレンタリース愛知のようにスズキ車が用意される場合もある。 各運営会社の系列販売会社から車両が調達されるのが通例である。 車種区分 [ ] 基本的に、乗用系・W・RV・V3クラスはETC、カーナビが標準装備。 乗用系・W・RV・VクラスはETCが標準装備である。 その他の車種にも、オプションで設定がある。 又、一部地域や運営会社では、クラスの異なる車種や設定車種が無いクラスもある。 又、軽自動車は予約時の車種指定が不可となる。 2012年4月1日付でレンタカー推奨料金の改定が行われた。 Pクラス(乗用車)は利用目的や車両本体価格等を参考に従来の7クラスから5クラスに再編され、一部車種のクラスが下げられたことにより実質の値下げとなった。 併せて、ハイブリッドカーの普及を受け、ハイブリッドカーを専門としたHVクラスを新設(HVクラスはETC、カーナビ標準装備)。 HVクラスは排気量や乗員人数に合わせた3クラスで構成されており、従来はPクラスの料金設定となっていたプリウスはこのHVクラスに移動となった。 また、HVクラスではメーターディスプレイに表示される燃費を基に燃料代を精算する「ハイブリッド HV 燃費精算」を新たに導入しており、他のクラスでは必要となる返却時の満タン給油が本クラスに限って不要となるサービスが行われている。 2014年4月1日付でレンタカークラスの改定が行われた。 前回の改定から2年の間にトヨタが販売しているハイブリッドカーのラインナップが増えていることを背景に、ハイブリッドカー専門のHVクラスの車種が拡充され、プリウスPHVはHV2クラスに格下げしたほか、クラウンハイブリッド用にHV4クラスが新設。 さらに、クルマ好きユーザーの増加を目指してスポーツクラスも新設され、一部店舗のみの設定となっていた86がP5クラスからSP1クラスに移動して全国展開化された。 なお、HW2クラスに関しては同年7月1日から予約受付が開始された。 2015年10月1日には、一部の運営会社のみの設定となっていた軽自動車の貸し出しを全国展開化し、乗用車クラスにP0クラス、バンクラスにV0クラス、トラッククラスにT0クラスをそれぞれ新設定した。 2017年4月1日にレンタカーサービスのリニューアルに伴って一部車種クラスの統合・整理を行い、従来のHWクラスをWクラスへ統合、RVクラスをSUVクラスに名称変更してラインナップを拡大した。 併せて、車種クラスの指定を標準化し、従来は無料だった個別の車種指定をオプション(有償)化した(車種指定オプションを利用しない場合は「車種おまかせ予約」となる)。 更に、2018年4月2日からは車を使った「プレミアムクラス」が設定された。 導入当初は岩手県・宮城県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・福井県・愛知県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・和歌山県・福岡県の全14都府県のみの扱いとなる。 2019年4月1日(当日以降の予約取得分)から、商用車のVクラス・Tクラス・BUSクラスを除き全車禁煙車となり、喫煙車を希望する場合は利用店舗へ直接問い合わせる形となる。 禁煙車で喫煙が確認された場合は、「安心Wプラン」加入時であってもノンオペレーションチャージが適用される。 2020年4月1日からは、乗用車(P)とハイブリッド車(HV)のクラス体系が統合・整理され、P0クラスを「軽自動車」、P2クラスをP1クラスに統合して「エコノミー」、P3クラス(アリオン・プレミオを除く)をHV1クラスに統合して「エコノミープラス」、P3クラスのアリオン・プレミオをHV2クラスに移行して「スタンダード」、P4クラスをHV3クラスに統合して「スタンダードプラス」、HV4クラス(MIRAIを除く)とP5クラスを統合して「ラグジュアリー」にそれぞれクラス名称が改められ 、ルーミーやタンク等のP2クラス、カローラ等のP3クラス、クラウンハイブリッドのHV4クラスに関してはクラス統合により値下げになる(逆にP3クラスのアリオン・プレミオ、P4クラスのマークXは値上げとなる)。 「スポーツ」は「スペシャリティ」へクラス名称が変更され、従来HV4クラスだったMIRAIはSP2クラスへ移行された(86に設定のSP1クラスは変更なし)。 乗用車 [ ] 従来のHV4クラスとP5クラスを統合した「ラグジュアリー」では、ガソリン車・ハイブリッド車が両方用意される。 軽自動車:、、• 地域によりダイハツ製の同等 OEM元 車種(、、)や他車種(など)が用意される場合がある。 エコノミー:、、、、、、、• エコノミープラス:、、アクア GR SPORT、、、、、カローラアクシオ 1. 5L 、• スタンダード:カローラ ハイブリッド、カローラツーリング ハイブリッド、カローラスポーツ ハイブリッド、、(2列シート・5人乗り)、カローラフィールダー ハイブリッド、、• スタンダードプラス:、、、• プリウスPHVは一部地域・店舗のみの取り扱いで、「トヨタレンタカー予約センター」または出発する店舗の窓口での予約のみ受け付ける。 ラグジュアリー:• クラウンは2018年6月のフルモデルチェンジに伴って、順次15代目モデルへの切り替えが行われているが、店舗によっては14代目モデルのクラウンロイヤルまたはクラウンアスリートが貸し出される場合がある。 スペシャリティ(SPクラス) [ ] 一部地域・店舗のみの取り扱いとなるほか、SP2クラスのMIRAIは出発する店舗の窓口での予約のみ受け付ける。 SP1:• SP2: ミニバン・ワゴン(Wクラス) [ ] 従来のHWクラスをWクラスに統合したことに伴い、W2クラスのすべての車種及びW1クラスのシエンタ、W2クラスのアルファードとヴェルファイアはガソリン車・ハイブリッド車両方が用意される。 W2:、、• W3:、、• W4: SUV(SUVクラス) [ ] SUV2クラスのC-HR、SUV3クラスのハリアーはガソリン車・ハイブリッド車両方が用意される。 なお、RAV4はクラスによってモデルが異なり、SUV1の場合は3代目モデル、SUV2の場合は2019年4月にフルモデルチェンジされた現行の5代目モデルとなる(順次切り替えとなるが、店舗によってはSUV2クラスでの設定が無い場合がある)。 SUV1:、• SUV2:、RAV4(5代目)• SUV3:、 プレミアムクラス [ ] 2018年4月2日から全国の14都府県の店舗で設定。 その後、北海道・青森県・山形県・山梨県・富山県・長野県・岐阜県・三重県・沖縄県でも取り扱いが開始され、2019年11月5日時点では23都道府県で取扱店舗がある。 サービス開始当初は出発する店舗への電話予約のみの対応だったが、取扱店舗の拡大によりインターネット予約も可能となった。 アルファベットの3文字目で"C"は最新モデルの車両が貸し出される「CURRENT(カレント)」、"P"はモデルチェンジ前の車両が貸し出される「PREVIOUS(プレビアス)」で、取扱車種は一部のクラスを除き同一である。 なお、地域により取扱店舗が一部に限られている場合があり、取扱車種も限られている。 UXは2018年11月に発売された車種のため、LPC1クラスのみの設定となる。 ESは2018年10月に日本で発売された車種のため、LPC3クラスのみの設定となる。 V0:• V1:、• V2:、• V3:、 一部地域では、ハイエースのスーパーロングバンの貸し出しが可能なV4クラスが設定されている。 また、V0クラスは地域によりダイハツ製の同等 OEM元 車種であるが用意される場合がある。 トラック(Tクラス) [ ]• T0:• T1:タウンエーストラック、ライトエーストラック• T2:、(2t標準キャブ・標準デッキ)• T3:ダイナ、トヨエース(2tワイドキャブ・ロングデッキ)• T4:ダイナ、トヨエース(3t以上) 地域により、のように4tクラスの大型トラックや特装車も用意されているほか、T0クラスはダイハツ製の同等 OEM元 車種であるハイゼットトラックが用意される場合がある。 なお、トヨタレンタリース公式サイト「トヨタレンタカーWebサイト」によるインターネット予約はT0クラス・T1クラスのみ利用可能である。 バス(BUSクラス) [ ]• BUS1:ハイエースコミューター(14人乗り)• BUS2: BUSクラスに関しては「トヨタレンタカー予約センター」か出発する店舗の窓口の予約のみ受け付ける。 ウェルキャブ [ ] 福祉車両「」シリーズの貸し出しも行われている。 貸し出しが可能な仕様は、車いす仕様車、サイドリフトアップシート車、助手席リフトアップシート車、助手席回転スライドシート車、サイドアクセス車の5種類で、対象車種・クラスは以下のとおりである。 車いす仕様車• エコノミー:ラクティス• エコノミープラス:シエンタ(初代又は2代目・5人乗り)• W1:シエンタ(2代目・7人乗り)• W2:ノア、ヴォクシー、エスクァイア• W3:ヴェルファイア• W4:ハイエース グランドキャビン• V3:ハイエース バン、レジアスエース バン• サイドリフトアップシート車• エコノミー:ラクティス• W1:アイシス• W2:ノア、ヴォクシー、エスクァイア• ヴォクシーはガソリン車・ハイブリッド車両方が用意される。 W3:ヴェルファイア、エスティマ• 助手席リフトアップシート車• エコノミー:ルーミー、タンク、ラクティス、ポルテ、スペイド• W1:アイシス• W2:ノア、ヴォクシー、エスクァイア• 助手席回転スライドシート車• W1:シエンタ• サイドアクセス車• エコノミー:ポルテ、スペイド なお、予約受付後、在庫確認を経て予約可否メールにて連絡を行うため、当日中の予約完了は不可となる。 料金は各クラスの料金に準じるが、一部の車種・仕様については基本料金分のが非課税となる。 トヨタレンタリース旭川利尻店・礼文店のみの車種区分 [ ] トヨタレンタリース旭川利尻店・礼文店は、他店舗と異なり、離島料金が適用される。 同時にクラスの名称も異なる他、取扱のない車種もある。 予約は直接店舗に電話で行う形となる。 乗用車(Sクラス・Aクラス) [ ]• S:ヴィッツ• A:カローラアクシオ ミニバン(Wクラス) [ ]• W:ノア、ヴォクシー ワンウェイシステム [ ] 乗り捨て(ワンウェイシステム)は運営会社が異なっていても可能であり、同一都府県内(は同一ブロック内)では無料である。 北海道・を除く都府県間相互のワンウェイシステム料金はVクラス・Tクラスを除いてクラスに関係なく同一である(Vクラス・Tクラスは加算料金が適用される)。 利用の際には事前申し込みが必要。 但し、次のような例外がある。 BUSクラスは全国一律でワンウェイシステムを利用できない。 Tクラスにおけるワンウェイシステムの利用は、本州・四国・九州・沖縄では全クラスで可能。 北海道は、軽トラッククラスであるT0クラスと4ナンバークラスであるT1クラス・T2クラスのみブロック内・ブロック外問わず利用可能で、1ナンバークラスであるT3クラス・T4クラスはブロック内・ブロック外問わず利用できない。 北海道〜・・・沖縄の各都府県間並びに沖縄〜北海道・本州・四国・九州の各都道府県間はワンウェイシステムを利用できない。 関西空港店からワンウェイ出発する場合は、乗り捨て先の店舗が内・大阪府外問わず出発時に通行料を別途支払う。 と、とでそれぞれ同一ブロックを組んでいるが、香川県〜徳島県相互間、愛媛県〜高知県相互間でワンウェイシステムを利用する場合はワンウェイシステム料金が必要となる。 北海道におけるワンウェイシステム料金は、「乗用車クラス・SPクラス・プレミアムクラス(LXC・LXPを除く)」「Wクラス・SUVクラス・プレミアムクラス(LXC・LXPのみ)」「Vクラス・Tクラス」の3つに分け、それぞれ料金を定める(同一ブロック内は無料)。 一部車種や一部店舗では、ワンウェイシステムが利用できない場合がある。 イメージキャラクター [ ]• (2019年8月 - 現在)• 1999年から2009年4月23日まで、を起用していた。 かつては、、、(2015年6月 - 2016年4月)、(2016年5月 - 2019年3月)を起用していた。 イメージキャラクターの交代に伴って、2015年6月からTVCMの放映を開始している。 全国トヨタレンタリース店運営会社 [ ] レンタリース店の地域分けは府県(北海道においては旧支庁を元にするブロック)単位となり、一ブロック一社となるのが通例である。 この他東京都は東部と多摩地域とが別ブロックとなり、また四国は・両県と・両県とでブロックを構成する。 ・・・・・神奈川県・・・・などをはじめとして、同一ブロックに複数のレンタリース店運営会社が店舗を展開している地域がある。 このような地域における各レンタリース店運営会社は、その地域のトヨタ販売会社系列に対応している(【例】愛知県において営業する「」は系列、「」は系列)。 空港の店舗は原則いずれか一方のみが受け持っているが、とでは調整がつかず、前者はトヨタレンタリース札幌とトヨタレンタリース新札幌、後者はトヨタレンタリース兵庫とトヨタレンタリース神戸の双方が出店している。 新千歳空港では「札幌」の店舗が「新千歳空港ポプラ店」、「新札幌」の店舗が「新千歳空港すずらん店」として区別されているが、神戸空港では両社とも「神戸空港店」(しかも同一建物)なので注意を要する。 北海道 [ ]• (道北・宗谷、留萌地区、利尻島、礼文島) 系列、12月設立、15店舗• (道東・網走地区) 6月設立、6店舗• (道東・釧路、根室地区) ・ネッツトヨタ道東系列、7店舗• (道東・帯広地区) 系列、4月設立、4店舗• (道央・札幌、室蘭地区) 系列、1966年8月設立、19店舗• (道央・札幌、胆振地区) 系列、3月設立、16店舗• (函館地区) 系列、1966年10月設立、4店舗 東北 [ ]• 系列、1967年10月設立、17店舗• (T-MIG)系列、1968年6月設立、9店舗• 石井グループ傘下。 現在の本社は、同じく石井グループに当たる本店と同居。 他の秋田県内のトヨタ4ディーラーからの出資も受けている。 1970年設立、21店舗• (MTG)系列、1966年9月設立、16店舗• (系列)、1990年1月設立、12店舗• 1967年7月設立、15店舗• 系列、1967年7月設立、8店舗• (系列)、1970年3月設立、9店舗 関東 [ ]• 系列、1967年9月設立、20店舗• 系列、4月設立、16店舗• 系列、1967年10月設立、16店舗• 系列、1967年10月設立、39店舗• 系列、7月設立、28店舗• (・系列)、1966年12月設立、22店舗• 系列、7月設立、17店舗• 成田空港店を除く(下記参照)• (東京都多摩エリア) 系列、4月設立、19店舗• (系列)、1966年7月設立、36店舗• (系列)、1979年5月設立、34店舗 中部 [ ]• 系列、1964年2月設立、19店舗• 系列、1966年11月設立、7店舗• 品川グループ(系列)、1967年10月設立、8店舗• 系列、1966年9月設立、11店舗• 1968年3月設立、8店舗• トヨタUグループ(系列)、1966年設立、13店舗• 1967年4月設立、20店舗• 系列、1966年11月設立、16店舗• (県内一円に出店) グループ、1966年11月設立、20店舗• (浜松市、掛川市) グループ、1990年1月設立、5店舗• ATグループ(系列)、1966年9月設立、65店舗• NTPグループ(系列)、1982年7月設立、61店舗 近畿 [ ]• 系列、1972年3月設立、9店舗• 、23店舗• 系列、1966年10月設立、54店舗• 系列、1981年7月設立、30店舗• 系列、1967年7月設立、27店舗• 系列、1990年1月設立、25店舗• 系列、9店舗• 系列、1967年7月設立、13店舗 中国 [ ]• ()系列、4月設立、7店舗• トヨタレンタリース島根 系列、5店舗• 系列、1971年12月設立、11店舗• (系列)、1990年1月設立、7店舗• (系列)、1971年6月設立、17店舗• 系列、3月設立、9店舗 四国 [ ] ・• 1972年4月設立(トヨタレンタリース香川の法人格を継承、系列)、8店舗(香川県内5店舗、徳島県内3店舗) ・• 1970年4月設立(トヨタレンタリース愛媛の法人格を継承、)、8店舗(愛媛県内5店舗、高知県内3店舗) 九州・沖縄 [ ]• 、1966年10月設立、37店舗• 系列、1979年10月設立、27店舗• 昭和グループ、1979年4月設立、11店舗• 1967年6月設立、13店舗• 8月設立、14店舗• 1966年11月設立、11店舗• 1966年12月設立、7店舗• 1966年11月設立、21店舗• 9店舗 出典 [ ].

次の

立川駅南口店|立川市(東京都)のレンタカー店舗ならトヨタレンタカー

トヨタ レンタ リース 多摩

燃料を給油する際、ガソリンスタンドに入ってから 「あれ、給油口はどっちだっけ…」と戸惑った事はありませんか? 特にレンタカーの場合は普段と違う車を運転することになる為、とっさに給油口の位置が分からず焦ってしまったというお客様もいらっしゃいます。 狭いガソリンスタンドの中で、慌てて切り返しや方向転換… 危ないですよね。 当社では貸渡手続きの中で、ご利用いただく車両の給油口の位置をご案内しておりますが、万が一忘れてしまってもご安心ください。 その場で簡単に判別出来る方法があるんです。 燃料計の近くの給油機マークの左右どちらかに、横向きの三角形が付いているのをご存知ですか? その三角形が向いている方向が給油口の位置なんです。 (写真の車は左側に給油口があります) 次回当社レンタカーをご利用の際は、是非確認してみてくださいね。 道路交通法では、6歳未満のお子様を車に同乗させる場合には、幼児用補助装置(チャイルドシート等)の装着が義務付けられております。 もしチャイルドシートを使用せず、または正しい装着をせずに大切なお子様に怪我をさせてしまったら… 悔やんでも悔やみきれませんよね。 お子様に合うタイプがお分かりにならなければ、お気軽にご相談ください。 また、埼玉県の発行する 「パパママ応援ショップ優待カード」をお持ちのお客様は チャイルドシートの利用料金が1台分無料となりますので、ご予約時にスタッフまでお申し付けください。 最近はフルサービスのガソリンスタンドが減り、当社のお客様もセルフスタンドで給油される機会が多くなっているようですが、それに伴って増加しているトラブルが 給油時の「油種間違い」です。 当社レンタカーにはガソリンエンジン車とディーゼルエンジン車の2種類があり、それぞれ使用する燃料が異なります。 貸渡手続きの際にはご利用いただくお車の燃料についてご案内しておりますが、ついうっかり燃料の種類を間違えて給油されてしまうお客様もいらっしゃいます。 あまり車に詳しくないお客様の中には、「軽自動車だから軽油だろう」と考えてガソリン車に軽油を給油され、路上で走行不能になり、立ち往生してしまった方もいらっしゃいました。 ガソリンエンジン車にはガソリン、ディーゼルエンジン車には軽油。 どちらも誤った燃料を給油してしまうと、走行不能になるばかりか故障や事故の原因になってしまう事もあります。 当社レンタカーには、特に間違いやすい貨物車を中心に給油口の近くに正しい燃料を記載したステッカーを貼っています。 また、 ステッカーはガソリンスタンドの給油ノズルの色に合わせ、ガソリン車は赤、ディーゼル(軽油)車は緑色となっておりますので、給油の際には必ずご確認くださいますよう、お願い致します。 また、ハイブリッド車をご利用の場合は、ご利用中の平均燃費によって燃料代を精算し、面倒な満タン返却が不要となる「HV燃費精算」もお選びいただけますので、是非ご活用ください。

次の