クエン 酸 スプレー 作り方。 【簡単】アルコール除菌スプレーの作り方

エタノールやウォッカでアルコール除菌スプレーを自作!手指消毒用アロマスプレーの作り方!

クエン 酸 スプレー 作り方

重曹もトイレ掃除に役立つ!どんな効果があるの? トイレ掃除といえば、 真っ先に思い浮かべるのが専用の洗剤ですよね。 しかし、洗剤を使って一生懸命こすっても、 なかなか落ちない頑固な汚れというものがあります。 汚れには酸性の汚れと、 アルカリ性の汚れがあり、 汚れによっては洗剤の種類を選びます。 トイレ専用の洗剤もいいですが、 私は無味無臭無害で殺菌効果の高い 重曹がお気に入りです。 まず、重曹の成分は アルカリ性です。 その為、主に酸性の汚れに対して効果が期待できます。 では、トイレではどこに使えばいいのでしょうか? 便器 便器といえば、気になるのが 黄ばみ汚れですよね。 ここに重曹を粉のまま振りまいた後、ブラシでこすれば 黄ばみをしっかりと落とすことができます。 傷が気になるという場合は、 重曹を水に溶かして便器にスプレーし、 そのまま放置しいて置けば、重曹が汚れを 浮き上がらせてくれるので 汚れを落とすのが簡単になります。 重曹スプレーの作り方は、 ・スプレーボトル ・水1リットルに対して ・重曹大さじ1杯 を入れてよく混ぜれば重曹スプレーの出来上がり。 重曹は汚れを落とすだけではなく、 殺菌・消臭の効果もあるので、 まさに便器の掃除にはぴったりということが言えます。 トイレタンク トイレタンクの中って、 普段なかなか掃除をしない場所ですよね。 このトイレタンクの中に、 重曹をカップ1杯くらい入れて、 しばらくそのままにしておき、後は普通に流すだけ。 これだけでトイレタンクの中の汚れも 簡単にキレイになります。 トイレ掃除にはクエン酸スプレー!その効果とは では次に、トイレ掃除での クエン酸の使い方についてご紹介します。 クエン酸は重曹とは逆に、 酸性の性質を持っています。 その為、アルカリ性の汚れを 落とすのに向いています。 トイレの汚れでアルカリ性といえば、 水垢や尿石など。 これらはクエン酸を使えば すっきりと落とすことが出来ます。 まずは クエン酸スプレーを作りましょう^^ 用意するのは、 ・スプレーボトル ・水1リットルに対して ・クエン酸大さじ1杯 を入れてよく混ぜればクエン酸水の完成です。 このクエン酸スプレーを、 便器にまんべんなく吹きかけます。 その上にトイレットペーパーを しっかりと貼りつけ、その上からクエン酸スプレーを吹きかけます。 しばらく置いておくと、 汚れが浮き上がってくるので、 ブラシでこすれば完成です。 ただ、これだけでは、 水垢や尿石汚れが落ちない場合もありますよね。 そんな時にはクエン酸ペーストがオススメ。 クエン酸を少量の水で溶いてペースト状にし、 汚れが気になる部分に塗りつけるだけ。 しばらく待って、 ブラシでこすり落とすときれいに落ちますよ。 サボったリング そして便器といえば、 気になるのがいわゆるサボったリング。 つまり、 便器の輪じみですよね。 ここの汚れは、 クエン酸と重曹の合わせ技がオススメなんです。 やり方は簡単で、便器内に溜まった水に、 クエン酸と重曹を入れるだけ。 すると、もこもこと泡が立ってきます。 ちなみにこの泡は無害なので安心してくださいね。 泡が立ったまましばらく置いたら、 ブラシで汚れの気になるところを こすればきれいに落とすことが出来ます。 他にも、クエン酸は、 トイレの蛇口もキレイにすることが出来ます。 トイレの蛇口 まず蛇口にまんべんなくクエン酸スプレーを吹きかけます。 そしてトイレットペーパーでパックをして、 さらにクエン酸スプレーを吹きかけます。 しばらく置いたらトイレットペーパーで 蛇口をキレイにふき取ったら出来上がりです。 後は乾いた布などで残ったクエン酸をふき取っておきましょう。 その他の場所(床や壁、便座の裏) トイレ掃除で面倒なのは、 便器やタンクの掃除だけではありません。 壁や床の掃除も必要です。 トイレを使用する際に、 ペーパーに、重曹スプレーをシュッとして、 床や壁などをサッと拭くだけでも埃やゴミが落とせます。 また、 便座の 裏も必須ですよね。 トイレ使用後、トイレの蓋を 閉じる方も多いと思いますが、 トイレの蓋を閉じる癖があると、 トイレの見える部分だけを掃除して、 便座の裏の掃除を忘れがちになりますよね。 毎回のトイレ使用後に、 便座を上げての拭き取り掃除が理想的ですが、 結構、面倒なので、 「朝1のトイレ使用時だけは、 便座を上げて掃除する」というルールを 決めておかれるのもおススメです。 まとめ トイレ掃除は面倒ですが、実は重曹とクエン酸があれば それだけで簡単キレイに仕上げることが出来るんです。 大切なのは、 重曹とクエン酸の特徴をしっかりと知ることです。 重曹はアルカリ性なので、酸性の汚れに効果的。 クエン酸は酸性なので、アルカリ性の汚れに効果的。 そして、どうしても落とせない汚れには、 重曹とクエン酸の合わせ技がおすすめ。 重曹のアルカリ性としての特性と、 クエン酸の酸性としての特性を合わせれば、 まさに怖いものなしということが言えますね。 トイレ掃除で面倒なのは、 便器やタンクの掃除だけではありません。 一番目につく壁や床の掃除も必要です。 トイレ掃除といえば、 トイレ専用の洗剤を使うのが一般的ですが、 重曹、クエン酸なら無害で安全ですし、 何よりも価格が安いのが嬉しいですよね。 まずは何の汚れを落としたいのか知り、 酸性の汚れには重曹、 アルカリ性の汚れにはクエン酸 とそれぞれの特徴を活かして、 いつでもキレイなトイレを保つようにしましょう。

次の

クエン酸の掃除への使い方21選!効く汚れや作り方、注意点など徹底解説

クエン 酸 スプレー 作り方

基本の材料だけでも寝癖直しスプレーは作れますが、お好きなエッセンシャルオイルで香りをつければリラックス効果も得られて一石二鳥です。 慣れてきたら、複数のオイルをブレンドして好みの香りを作ってみるのも楽しいですよ(おすすめのオイルについては後ほど詳しく解説します!) ただし、お子さんがヘアスプレーを使う場合はオイルは入れないか「ラベンダー」や「カモミール」など安全性が高いと言われているものを選ぶようにしましょう。 日本アロマ環境協会(AEAJ)のガイドラインでは、3才児未満の乳幼児は芳香浴法以外の使用不可、妊娠中の方の使用に対しても十分な注意を呼びかけています。 QUOTE 3歳未満の乳児・幼児には、芳香浴法以外は行わないようにしましょう。 3歳以上の子どもでも、精油の使用量は、成人の使用量の10 分の1程度から始め、多くても2分の1の程度とし、使用にあたっては十分に注意を払いましょう。 香水のようにキツくなく自然にふんわり香るので、リフレッシュしたいときにもシュッとひと吹き!気軽にたっぷり使えます。 精製水…100cc• お好みのキャリアオイル…全体量の2~3割程度• お好みのエッセンシャルオイル…2~3滴 ヘアケアと香りを同時に楽める!寝癖直しスプレーの作り方• キャリアオイルを計量し(精製水100ccなら20~30cc)、エッセンシャルオイルを垂らす• スプレーボトルにすべての材料を入れて振り混ぜる 汗臭いという言葉がありますよね。 でも、汗はそのほとんどが水分のため実は汗自体は無臭なんです。 なのに臭うのはなぜかと言うと「『皮膚常在菌』と反応を起こしている」からだったり、普段あまり汗をかく機会のない人が汗をかいたとき「汗腺に溜まった老廃物や角質などが一緒に出てくる」ことが原因なのだそうです。 さて、この臭い汗は「アルカリ性」ですから、手作りの寝癖直しスプレーを使えば中和してくれるため臭わないというわけです。 バッグにの中に1本忍ばせておけば活躍しそうですね。 夏場はエッセンシャルオイルとしてハッカ油を少量加えて、簡単なリフレッシュウォーターとしてもいいでしょう。 髪の毛ってけっこうニオイ移りしやすいものですよね。 非喫煙者であれば、満員電車や分煙されていない場所で知らぬ間についてしまった「もらい煙草臭」は、かなり気になるのではないでしょうか。 そんなシーンでも手作りの寝癖直しスプレーは大活躍します。 実は煙草のあの刺激臭はアルカリ性なので、バッチリ消臭できてしまうんです。 さらにふわっと自分好みのエッセンシャルオイルのいい香りがしたら気分もあがること間違いなしですね。 その場合、ブラッシングをしてからスプレーするとより効果的です。 手作りコスメの作り方に登場するより、料理に使うハーブとしての方が有名かもしれませんね。 香りには頭をスッキリさせる効果があると言われていますから、集中したいときにシュッとひと吹きするといいかもしれませんね。 他には消臭効果、収れん効果にも期待できるそうです。 ブレンドするなら「レモン」や「オレンジ」などの柑橘系と相性が良いのですが、大人女子なら「フランキンセンス」をおすすめします。 複数のオイルを混ぜるよりも簡単に、深く落ち着きのある神秘的な香りを実現できます。 手作りの寝癖直しスプレーでキレイな髪になろう 寝癖直しスプレーを自作する方法をお届けしました。 「手作り」なんて聞くといかにも面倒臭そうですが、ここまで読まれた方は「けっこう簡単かも!」と思っていただけたのではないかと思います。 髪の毛のために良いのはもちろん、頭皮に負担もかけず、さらにはいい香りもするとなったら作らない手はないですよね。 女性にとって「スタイルが決まらないと1日が始まらない!」と思うほど、ヘアスタイルは重要なことです。 以下の2つの記事も、そんなあなたの気持ちを上げる情報が満載!ぜひ、読んでみてくださいね。

次の

【簡単】アルコール除菌スプレーの作り方

クエン 酸 スプレー 作り方

クエン酸とは? クエン酸は無色無臭の安全な物質で、酸性のため、アルカリ性の汚れに効果的です。 また、食事に含まれている酸味の元にもなっており、梅干しや、柑橘類のフルーツに含まれている酸性の成分です。 最近は、100円ショップや量販店で気軽に顆粒状のクエン酸を手に入れることができます。 クエン酸が効く汚れとは? クエン酸を用いて掃除することのできる汚れの種類はたくさんあります。 まずは、 トイレの黄ばみです。 また、それに伴うアンモニアの 臭いも軽減させることに役立ちます。 水垢にもクエン酸は効果的です。 水道水には、カルシウムやミネラルが含まれています。 それらの物質が固まると落とすことは難しいですが、クエン酸を使うと落とすことができます。 さらに、タバコを吸う時に気づかない間に出来てしまう、 ヤ二の汚れなどを掃除することもできてしまう。 クエン酸の酸性は弱酸性のため、落とせる汚れには限界があります。 酷い汚れなどを落とす時は強酸性の洗剤が必要となりますが、取り扱いが危険なため、クリーニングはプロにおまかせすると良いでしょう。 クエン酸の使い方 クエン酸は、粉末を水に溶かして作ったクエン酸水をスプレーに入れて使うのがおすすめです。 クエン酸を使ったスプレーを作るためには、スプレーボトルを用意する必要があります。 それ以外に必要なものは特にありません。 もちろん、基本的なクエン酸や水を用意するのは言うまでもありませんが、スプレーボトルを準備することができたら、後は混ぜ合わせるだけです クエン酸スプレーの作り方• 目安としては、500mlの水を準備します。 そこに、大体小さじ二杯分のクエン酸を入れます。 後はかき混ぜます。 スプレーに入れれば完成。 お風呂掃除 クエン酸を使ってお風呂場を掃除することもできます。 水垢汚れに、 クエン酸スプレーを汚れに吹きかけて、スポンジでこするだけです。 さらに、床以外の部分の細かい部分の水垢などを落としたい場合は、布や紙にクエン酸を含ませて汚れをこすることで、掃除できます。 特にシャワーヘッドを洗う時はこの方法がおすすめです。 また、鏡の水垢汚れにもクエン酸は効きます。 キッチン掃除 キッチンの水垢汚れにもクエン酸を使ってお掃除することができます。 スプレーでクエン酸を吹きかけて、後はスポンジでこするだけです。 トイレ掃除 トイレ独特の匂いの アンモニア臭もクエン酸を使うことによって軽減させることができます。 また便器の周りについた黄色がかった汚れも、クエン酸のスプレーをふりかけて、その上からトイレ用のたわしや布などで汚れを拭き取ることで掃除できます。 リビング掃除 リビングにはカーテンやクッション、ソファなど布製品が多くあります。 小まめに洗濯できれば良いのですが、カーテンやソファカバーを洗濯するたびに外すのも一苦労です。 汚れてしまった部分は洗濯をする他ありませんが、 染みついた匂いにはクエン酸が活躍します。 カーテンやソファカバー等の布製品 クエン酸スプレーを吹きかけて嫌な臭いを取りましょう。 クエン酸には消臭効果があり、生活しているうちに知らずについてしまう臭いを中和してくれます。 フローリングの床 まず、クエン酸スプレーを床に吹きかけます。 その後、かたく絞った雑巾でクエン酸スプレーを拭きとると、簡単に除菌ができます。 素足で歩いたり、食事時に食べカスが落ちてしまったり、知らずに増えている雑菌を抑えましょう。 電気ケトルの汚れ落とし 電気ケトルの中も、ずっと使い続けていると 水垢や注ぎ口にお湯を注いだ際の飛び跳ね汚れが付着していることがあります。 この汚れを落とすためには、クエン酸をそのまま使用するのが効果的です。 掃除方法• クエン酸大さじ2杯を電気ケトルに入れます。 お湯を沸かすことのできる目盛りまで水を入れます。 クエン酸が溶けるように水をかき混ぜたら、お湯を沸かします。 沸騰したら2時間そのまま時間を置きます。 お湯を捨てます。 この時、汚れがまだ残っていたら、スポンジ等で擦り落とします。 再度水を入れて通常通りスイッチを入れ沸騰させます。 すすぎのため• クエン酸が残らないようよく水ですすいだら終了です。 水垢のついた鏡の掃除 洗面台やお風呂の鏡には水垢汚れがついてしまうことがよくあります。 水垢の 主成分は主に石灰なので、成分的に不衛生はないのですが、見た目は気持ちの良いものではありません。 頑固な水垢汚れを簡単・綺麗に落とすには、クエン酸が有効です。 水垢の主成分、石灰は酸に溶ける性質があるため、クエン酸は水垢汚れを簡単に落としてくれます。 掃除方法• クエン酸スプレーを鏡の水垢汚れに吹きかけます。 すぐにキッチンペーパーやティッシュで鏡を覆うように貼り付け、クエン酸スプレーを密着させます。 更にその上からクエン酸スプレーを吹きかけ、蒸発しないようにラップを被せましょう。 このまま1時間以上時間を置きます。 ラップとキッチンペーパーを取り除き、水垢があった部分をスポンジや布で擦って落とした後、水ですすぎます。 長期間放置してしまった水垢をすぐに落とすことは難しいかもしれませんが、気が付いた時にクエン酸スプレーを使って鏡を綺麗にしてみてはいかかでしょうか。 クエン酸パックでの掃除方法 基本的には鏡の水垢汚れで説明した方法がクエン酸パックでの掃除方法になります。 クエン酸パックの基本は、 クエン酸スプレーを蒸発させないように汚れに密着させることです。 汚れをクエン酸で溶かすためには、スプレーを吹きかけただけでは充分ではありません。 しっかり汚れにクエン酸をなじませることが、汚れを落とすカギになります。 なじませた後、スポンジや布では落ちにくい頑固な汚れには、アクリルたわしや使わなくなったボディタオルを使用してみてください。 スポンジ等よりも汚れが落ちやすいです。 クエン酸パックの方法を覚えてしまえば、 水道の蛇口やお風呂のふち、シンクの汚れも簡単に落とすことができるでしょう。 頑固な汚れに効くクエン酸ペーストを使った掃除方法 「クエン酸スプレーを使ってみたけど、頑固な汚れは落ちない……」 そんな時、試してほしいのが クエン酸ペーストです。 クエン酸ペーストはクエン酸水や粉末のままよりも汚れに密着し、クエン酸スプレーで落ちなかった 頑固な汚れにもよく効きます。 クエン酸スプレーを作る時は水500mlに小さじ2杯分のクエン酸を入れました。 しかし、ペーストにする際は、下記の分量のクエン酸を水で溶かしていきます。 クエン酸ペーストの分量• クエン酸…大さじ3杯• 水…小さじ1杯 目安の硬さはペーストをすくい上げて落とした時、ドロッとするくらいです。 汚れに乗せた時、するっと落ちてしまっては効果が半減してしまうので注意してください。 これで 特に綺麗になるのがトイレの黄ばみです。 臭いのもとになり、見た目も良くないトイレの黄ばみはクエン酸ペーストですっきり綺麗にしましょう。 クエン酸ペーストを使った掃除方法• クエン酸ペーストを汚れに塗ります。 そのまま30分程放置します。 ペースト部分をブラシで擦ります。 トイレの水を流してペーストを落とします。 これで完了です。 汚れが落ちるのと同時に、除菌・殺菌され黄ばみも落ちているでしょう。 ただし、クエン酸ペーストが流れ切らず残ってしまうと、錆びや傷みの原因になってしまうので、 掃除した後はしっかり水でクエン酸ペーストを流してください。 頑固すぎる汚れには効かない! クエン酸はたくさんの汚れに効果的ですが、かなり頑固な汚れは落とすことができません。 クエン酸は酸性を活かして汚れを落としていますので、クエン酸でも効かなかった場合は、さらに強力な酸性洗剤を使って汚れを落とす必要があります。 酸性洗剤は、市販だとトイレ用洗剤などとして販売されていますが、 使用する際はビニール手袋を使用しないと火傷をする可能性があり取扱が難しいです。 酸性洗剤が必要になる掃除はクリーニングのプロにおまかせした方が良いでしょう。 クエン酸で綺麗にならない汚れの種類 洗剤にも酸性やアルカリ性が表記されているように、実は汚れにも、酸性やアルカリ性があるって知っていましたか? 汚れの酸性とアルカリ性 主な酸性の汚れとしては、油汚れや食べこぼし、手垢や湯垢のような皮脂など。 アルカリ性の汚れは、トイレの黄ばみなどの尿汚れや、水垢、石鹸カスなどの汚れがあります。 そして汚れというものは、それ自体の性質と反対の性質を持つ洗剤で中和してお掃除してあげると綺麗に落としやすいのです! 洗剤代わりに使っているクエン酸は弱酸性ですから、アルカリ性の汚れなら綺麗に落とすことができます。 酸性の汚れは落ちない もちろん、黄ばみなどの目に見える汚れだけでなく、トイレのアンモニア臭などの臭いにも効きます。 しかし一方で、酸性の汚れは、酸性であるクエン酸では落とすことができないのです。 クエン酸の代わりになる重曹 先ほど、クエン酸は酸性なので、酸性の汚れは落としにくいと述べました。 では、酸性の汚れはどのようにして落とせばよいのでしょうか? その答えはズバリ、アルカリ性のものでお掃除すればよいのです! アルカリ性のお掃除グッズ「重曹」 クエン酸と同じようにエコで優しいお掃除グッズとして知られる重曹は、弱アルカリ性の性質を持っています。 ですから、クエン酸では落としきれない酸性の汚れや、生ごみ臭などの臭いを取るのにぴったりなのです。 重曹の使い方 クエン酸と同じで、こちらも使い方は簡単。 適量の重曹を水に溶かしてよく混ぜるだけです。 ただし重曹は水に溶けにくいので、クエン酸と違ってスプレーにして使うには使いづらいでしょう。 その代わり、粒子が細かいため擦るとクレンザーの役割を果たしてくれたり、発泡性があるので汚れを泡で浮かせて落とすことができます。 重曹を使ったお掃除方法 では実際に、クエン酸で綺麗にならなかった汚れを落とす方法をご紹介していきます。 電子レンジにこびり付いた油汚れの場合 まずは、電子レンジにこびり付いた油汚れ。 水500mlに重曹小さじ1を混ぜて耐熱容器に入れ、600Wで三分加熱します。 10分ほど扉を開けずに蒸らします。 重曹を含んだ蒸気の力で、しつこい汚れを浮かせましょう。 10分経ったら扉を開け、蒸気で浮いた汚れを布巾で拭き取ります。 熱いので火傷をしないよう気をつけてください。 最後に、濡れ布巾で仕上げ拭きをしたら、完了です。 湯船の湯垢取りの場合 次に、湯船の湯垢取り。 こちらは簡単です。 残り湯に重曹1カップを溶かして一晩置きます。 翌日に水で洗い流します。 なんとこれだけで完了です。 ついでに洗面器やお風呂の椅子なども湯船に入れておけば、一緒に綺麗になりますよ。 重曹は肌に触れても危険はありませんが、肌の弱い方は念入りに濯いでくださいね。 重曹とクエン酸を使った応用編 クエン酸は単体で使用しても汚れを落とすのに十分ですが、さらに重曹を加えると、排水口まで綺麗にすることができます。 排水口の汚れ お風呂やキッチンの排水口は、ぬるっとして掃除をする時触れるのも嫌になります。 掃除をサボっていると、悪臭もしてくることがあります。 しかし、クエン酸に重曹を合わせることによって、排水口に触れることなく綺麗に汚れと匂いを落とすことができます。 掃除方法• 重曹:クエン酸を1:2の割合で混ぜます。 排水口のふちから中までまんべんなくふりかけます。 コップ1杯分のぬるま湯を注ぎます。 発砲するので、5分程そのまま置きます。 汚れが残っている時は、歯ブラシ等で磨きます。 お湯で十分に流して終了です。 重曹は油汚れ等の酸性の汚れに、クエン酸は水垢などのアルカリ性の汚れに効きます。 両方を合わせることによって発生する二酸化炭素の泡が汚れを落としてくれます。 是非、重曹とクエン酸を合わせて掃除をしてみてください。 クエン酸掃除の注意点 また、クエン酸を使用する時には注意が必要です。 他の物質とクエン酸が混ざると、有毒ガスが発生する可能性があります。 例えば塩化系漂白剤とクエン酸を混ぜる事によってその現象が生じます。 間違ってもこの二つの成分を一緒に使うことのないようにしましょう。 また、クエン酸を使う場所によっては掃除した部分を傷めてしまう可能性もあります。 特に、大理石を掃除する場合には、大理石の表面を溶かしてしまう可能性があるため、クエン酸の使用を注意しなければなりません。

次の