探偵 仕事 内容。 調査員の仕事とは|探偵・興信所の調査員の姿

探偵事務所の仕事内容にはどんな業務がある?探偵・興信所の求人

探偵 仕事 内容

探偵の仕事について 探偵の主な仕事は依頼者からの依頼に応じて、さまざまな調査を行う事です。 中でも一番多いのが、「浮気・不倫」調査。 探偵事務所のほとんどがこの調査でご飯を食べているといわれているほどの割合を占めます。 その他にもありとあらゆる依頼に応じます。 ・個人や企業の情報を調査する「身辺調査」 ・ストーカーに対する対応業務 ・情報網を駆使した行方不明者の捜索 ・依頼者の護衛 ・警察が動いてくれない民間の揉め事の仲裁 など 警察は民事不介入の原則があり、民間の揉め事には介入する事ができません。 また、刑事事件の可能性があっても事件性が低ければ警察が動く事はありません。 そのような微妙なラインの依頼を探偵は請負い、独自のリサーチ力を活かして解決の糸口を探していきます。 特別危険な依頼は受けない テレビや映画のイメージとは異なりますが、どこかの団体に忍び込んで何かを盗み出すような危険度の高い依頼は受けません。 法律に違反するような業務を請け負う事はありません。 しかし、危険な目に遭う事も 危険度の高い業務は受けませんが、普通の調査の際に対象者に気づかれて激昂され、攻撃を受けてしまう事もあります。 ストーカーとの話し合いの際に危険な目にあったりと、危険度はそれなりに高い職業です。 探偵のつらさ 様々な調査依頼を受ける探偵ですが、どんなに優秀なスタッフでも必ず結果を出せるわけではありません。 何日も続けて張り込んだものの、全く成果が得られない時もあります。 そんな時にも調査時間に対しての費用を請求しなければならず、何とも言えない気持ちになる事もあるそうです。 何の結果も出していないのに高額な請求をされた依頼者からクレームを浴びる事も少なくないといいます。 そのため、休日や勤務時間は不定期になることが一般的です。 突然の呼び出しで休日も休日にならないことも珍しくないとか。 探偵のなり方・仕事のつき方.

次の

探偵 興信所のアルバイトをやったことがある方に質問です。①どうやっ...

探偵 仕事 内容

探偵費用ってナニ? 探偵と関わることなんて、普通に生きていれば無いし、利用する機会なんて一生に一回あるか無いかでしょ?とお考えの方が多いと思います。 でも、少し思い出してください。 信頼しているパートナーとの何気ない会話に違和感を感じたり、気のせいだろうと思いつつも行動を不審に思った経験や、昔の恋人が今何をしているのだろう?とか、長い間会っていない友人の安否を心配に思った経験はないでしょうか? 実際に専門家に依頼するレベルではないにしても、自分自身で調べるのは難しいと思うはずです。 これらのことを解決する専門家が「探偵」です。 そこで、一番気になるのが「探偵費用」だと思います。 探偵費用の相場や仕組みを解説しますので、ぜひ最後までチェックしてみてください。 でも、実際に依頼をしよう!と気持ちはあっても、行動に移せません。 なぜならば、「具体的なきっかけ」がないからです。 配偶者・パートナーの浮気を疑っているけど、証拠がない状況• お金を貸した相手が失踪してしまった状況• 息子・娘の交際相手が信用できない状況• 仕事の取引先が信用できない状況、使用しても良いのかの判断ができない状況• 子供の頃に仲良くしていた幼な馴染みの行方を知りたい状況• 家族が事件や事故に巻き込まれ、警察の捜査にも進展く自分自身で動かなければならない状況 いかがでしょうか?上記に当てはまるかたは、探偵に依頼をするタイミングかと思います。 調査依頼をする前は、疑問や心配事が次から次に沸き起こり、なかなか一歩を踏み出す事が難しいです。 ただし、探偵事務所の費用やどの探偵事務所が良いのかなど、依頼する前にもハードルがあります。 また、トラブル回避のための注意点もありますので解説していきます。 調査業は「探偵事務所」の専売特許ではない!? 調査業=探偵とお思いのかたも多いのではないでしょうか?実は、探偵以外にも調査業を営んでいる業種があります。 探偵と比較して、あなたにぴったりの調査業種を選択してください。 「探偵」と「興信所」の違いとは? 探偵以外の調査業の代表格は「興信所」です。 ここでは、探偵との違いを説明します。 探偵:日本大百科全書(ニッポニカ)の解説 隠された事実を調べること、またそれをする人。 職業としてそれを行い、警察関係でない者をいうことが多い。 (中略)日本での私立探偵は、1895年(明治28)岩井三郎が東京・京橋に事務所を開いたのが始まりといわれる。 しかし国情の違いもあって、アメリカの探偵のようなピストル携行権もなく、またホテル探偵やビル探偵のように限られた区域内での捜査権といったものもないので、その活動範囲は狭い。 財政調査、信用調査、素行調査などの、興信所所員を探偵といっていることが多く、探偵小説のなかの探偵のような活動はほとんどみられない。 (後略) 興信所:世界大百科辞典第2版の解説 第三者の委託によって,個人または法人の経歴,人物,性向,行状,財産状態,事業の種類・性質,組織・経営・業務の現状などを調査し,その結果を報告することを業務とする機関。 結婚や就職に際して,個人の身上を調査することもあるが,本来の主要業務は,商取引上の相手方の信用状態を調査することにあり,そのため商業興信所 mercantile credit agencyともいう。 18世紀後半にイギリスで発生したとされるが,ひろく普及するようになったのは,イギリス人のペリーが開業した1830年ごろからで,それ以降は,おりしも経済恐慌が兆していたアメリカにもひろがり,さらに資本主義経済が発展するにしたがって,その必要性が高まった。 これらの説明からも分かるように、警察とは関係のない人物や機関が、依頼を受けて特定の個人や法人の実態を調査する職業が「探偵」或いは「興信所」と呼ばれます。 元々、商業上の目的から取引先の信用や経済状況を調査することに特化していたのが「興信所」。 「探偵」は推理小説やドラマの中で華々しく事件を解決したり、依頼人の要望に応えて活躍するような描かれ方をすることが多いため、何となく興信所とは違う、というイメージが広まったのかもしれません。 現在の日本において、両者に明確な区別はありません。 タウンページなどではどちらも「探偵」に関する職業として「興信・探偵」というカテゴリーに区分されています。 その他の呼称 タウンページでは、「探偵」や「興信所」以外にもいくつかの呼び方があることが分かります。 また、最初に顧客の対応をする機関として「相談所」や「相談窓口」を設けている業者が多いようです。 また、最近流行りで力があるのが、「弁護士探偵事務所」です。 法律の専門家である弁護士と調査の専門家である探偵のコンビです。 費用対効果は人それぞれですが、弁護士が動きますので、法律トラブルを未然に防ぎ、解決し、尚且つ探偵による証拠集めを行うので、一石二鳥であるとして、話題です。 事実、弁護士事務所と提携していない探偵事務所は違法な調査をしたり、法律内容に絡んできたら、依頼者を放置し、依頼者自身で弁護士に相談しに行くように促したりもしています。 《調査業者》へ依頼できる仕事内容とは? 調査業者といえど何でもかんでも調べる事はできません。 そこで、全国調査業協同組合のハームページに記載されている、調査業者に依頼する事のできる相談内容を説明します。 『行動調査』 尾行、張り込み等による対象人物の行動や立ち回り先の解明を行います。 浮気調査:配偶者や恋人の異性関係の調査• 不貞行為や密会の様子などの証拠撮影• 愛人の居住先、職業・勤務先、身元や実家の確認• 裁判にも対応できる慰謝料請求の為の証拠収集 素行調査:対象者の接触する交友関係の解明や人物背景・立ち寄り先• 外勤営業者の就業規則違反• 従業員の機密漏洩やライバル関係者との接触、金品などの授受• 勤務時間外の就労の有無などの確認• 不審人物の身元特定 『人探し・所在調査』 家出人や失踪者・債務者の捜索、連絡が取れなくなった知人の居住地の確認を行います。 突然家出した配偶者や子供の捜索活動• 債務者の行方調査• 法的対応の為の不貞相手(愛人)の居住先調査• 連絡が取れなくなった知人の転居先• 退職後の新しい勤務先の確認 『結婚調査』 結婚後の幸せな家庭を築くために、縁談相手の気になる事項を確認します。 家族構成や家庭環境の調査• 現在の居住地や実家周辺での風評• 結婚詐欺への対策• 金銭問題の有無、素行&交遊関係 『信用調査』 個人信用調査では、特定の人物に関しての資産や負債などの調査します。 企業信用調査では、取引先の信用度や現状把握と債権回収リスクなどを回避する為に、また、ライバル社に関しての経営実態を調査します。 『その他の調査内容』 特許に関する調査では、知的所有権 特許・商標・著作権等 の侵害実態の把握と証拠収集を行います。 プライバシーの防衛では、ご家庭やオフィスにおける盗聴盗撮等の発見調査、不審人物や嫌がらせ行為等、ストーカーに対する諸問題を解決することができます。 裁判資料の収集では、弁護士・有資格者との連携により各種の証拠を取得、個人や企業の様々な訴訟問題やトラブルに対応します。 各種鑑定調査では、DNA・指紋・筆跡・印影等の鑑定を行います。 個人信用調査• 競合・ライバル精査• 反社会的勢力対策• 人物調査(素行経歴) 上記のように調査業者の業務内容は多岐に渡ります。 そのため、調査業者のホームページに「最も多い相談内容は浮気調査です」と書いていても、人探しや信用調査であっても法律に触れない依頼内容であれば調査可能ということになります。 また、あなたの相談内容に法律的な問題が絡んでくると、調査業者の仕事外になりますので依頼できない可能性があります。 (浮気地調査から離婚問題へと発展し裁判に移行するケースが一例です。 )そこで、大きな調査業者では弁護士事務所とタッグを組んで仕事をしていたり、スタッフとして弁護士を雇っているようなところも増えてきているようですので、依頼する前にしっかりと確認するようにしましょう。 しかし、注意点は、依頼内容が調査業者にとって専門分野であるかどうか?です。 これについては、他業種でも言えますが、弁護士事務所でも裁判が得意な弁護士もいれば、苦手な弁護士います。 こちらも踏まえて、調査業者選びが肝心です。 探偵協会でも料金に関する基準も無く、10の探偵事務所があれば10通りの料金設定になります。 その理由として一番大きいのが、「依頼者により依頼内容が違う」からです。 例えば、浮気調査を依頼しても、調査対象者や地域、年齢、属性等同じものがないからです。 そのため、探偵の調査料金は依頼者ごとの「完全オーダーメイド型」になります。 それでも、相場感はありますので、1日5~10時間の行動調査を1週間行った場合にかかる費用をご説明しますので、参考にしてみてください。 上記のような相場感があります。 比較的安い料金設定をしている業者でも、1週間で30万円〜60万円もかかります。 また、調査業者は完全に「人」が業務を行いますので、安かろう悪かろうであったり、安いからラッキーとか高いから質が良いとの判断が難しいです。 ポイントとしては、調査費用が安すぎると疑ってください。 なぜならば、安すぎるということは、調査器具も安物である可能性があるからです。 先ほどもお伝えしましたが、調査は「人」が行いますが、証拠はカメラやビデオなどの「機械」が行うからです。 この証拠を押さえる機械に設備投資をしていないと、写りが悪い、画質が荒いなどで、証拠としての効力が低下する恐れがあります。 次に、調査業者の実績に注目してください。 各調査会社のHPから簡単に判断できます。 調査会社は特殊な業種ですので、経験が命です。 豊富な実績と経験を積んだ事務所が安心でしょう。 中には、悪徳な業者も真切れ混んでいます。 安い料金で引き受けて貰えたからといって安心してはいけません。 1人の調査員が何件もの案件を抱えてしまうような業者では、有意義な調査はして貰えない可能性もあります。 逆に、他の業者であれば1、2名の調査員で済んでしまうような案件を、大勢のスタッフで綿密に調査して高額の費用を請求されるケースもありますのでご注意ください。 賢い選び方は、契約する前に、無料で相談を受け付けて費用の見積もりを出してもらいましょう。 さらに、相見積もりがオススメです。 そして、料金や業者の実績、担当者やスタッフの相性を比較した上で契約する業者を選ぶのが失敗しない賢い方法です。 そんな曖昧な表現をされても困りますし、ボッタクられるんじゃないかと心配になります。 しかし、そこにはしっかりとした意味があるのです。 調査員の数 少人数であればあるほど費用は安くなるが、人手不足で結果を残せない場合もある。 調査時間、調査期間 深夜料金や長時間料金が発生する。 調査に使う機器(車両などの移動手段や、カメラ、暗視カメラ、録音機など) 最新の高額機材を導入している場合には、その分費用も高くなる傾向がある。 調査対象地 調査対象者が、実際に調査を依頼した場所にいない場合や、調査中に移動をした場合、交通費や駐車料金、宿泊費を負担しなければならないことがある。 依頼者が最初から持っている、調査対象に関する情報量 調査をスムーズに進められるような情報を既に持っている場合、費用が安くなる傾向がある。 このように、レストランのようなメニュー表通りの料金設定をしてしまうと、探偵事務所が赤字になってしまうケースがあるので、曖昧な表現になるのです。 先ほども説明しましたが、「探偵調査費用は依頼主ごとのオーダーメイド型」であるということです。 そのため、上記の項目を理解した上で見積もり依頼をしてみましょう。 ちょっと待って!調査依頼前に知っておくべきこと 「浮気・不倫調査費用」を抑えるコツ 浮気・不倫調査費用を抑えるコツは、ズバリ!事前の情報収集です。 こちらは、調査対象者であるパートナーに気付かれては、元も子もありませんので慎重に行う必要があります。 なぜ、リスクを冒してでも事前情報を得る必要があるのでしようか。 それは、探偵の調査時間の短縮のサポートです。 調査時間が短縮できれば、必然的に探偵費用が安くなります。 探偵が1から10を調査すると、時間もコストもかかります。 逆に、あなたが1から3を用意してあげて、4から10を探偵に依頼すれば時間もコストも安くなります。 探偵の仕事は「浮気の証拠」を掴むことですので、あなたしか知らない情報をできるだけ多く探偵に提供することで、調査の成功率も格段に上がります。 すなわち、あなたと探偵は二人三脚の関係です。 下記に、具体例を挙げます。 パートナーが浮気をしている場所や時間が判明している場合 「〇曜日の〇時に、決まった店で会っている」というあなたが事前に集めた情報があれば、その現場に1名(場合によっては2名程度)の調査員を派遣して証拠を押さえて貰うだけで済み、余計な時間やコストがかかりません。 浮気相手を事前に特定しているケース パートナーの浮気相手が事前に特定している場合は、時間も費用も抑えられ一番スムーズに進みます。 また、浮気相手が「会社の同僚」や「地元の友人」であれば、卒業アルバムや会社HPから浮気相手の顔や素性も調べやすくなります。 前提として深追いは危険ですが、あなた自身が調べられることは調べ、その先の尾行などの専門性が高い作業になれば探偵に依頼することが一番効率が良いでしょう。 ここでポイントですが、浮気調査を依頼する際の報酬形態です。 依頼先が「成功報酬」であれば、注意してください。 注意する点は、「成功の定義」です。 依頼する側からすれば、「浮気の事実を確認して証拠を掴むこと」が調査の成功と捉えますが、実際には調査対象者が浮気をしていないこともあり得ます。 この場合、調査業者の側からすれば「浮気をしていない事実を確認した」ことが調査の成功となり、成功の定義の認識が異なります。 事前に成功の定義をしっかりと決めて、依頼するようにしてください。 「人探し」費用に相場は無い!? 「人探し」と言っても、その調査内容は様々です。 したがって、発生する調査費用も10万円前後のケースもあれば、100万円以上かかるケースもあります。 そのため、人探しは費用は『いくらかかる』と断言できず相場もありません。 人探しには所在調査と失踪者調査の2種類の調査があります。 2つの違いは「調査対象者に依頼者から隠れようとする意図があるのかどうか」です。 下記に具体的に説明します。 所在調査…依頼者が対象者の現在の所在を知らないだけで、対象者に隠れる意図がないケース 失踪者調査…対象者が故意に失踪している(意図して隠れている)、或いは対象者が犯罪や事件に巻き込まれて家族などに所在を知らせることができなくなっているケースなど 所在調査依頼をする場合には、対象者と最後に連絡を取り合えた時の所在と共通の交友関係・知人の有無を確認しておくことが重要になり、調査もしやすくなります。 逆に失踪者調査は相手が逃げている場合には調査は難航し長期化してしまうことが多いようです。 そのため、人探しを依頼する際には、前もって調査業者との入念な打ち合わせと料金体系を確認することが肝心です。 そして、先ほども説明しましたが、「成功の定義」をしっかりと決めてください。 対象者の所在は特定できたとしても、探し出した本人に面会を拒否されるようなケースがあり、この場合、調査自体は成功したと見做されることを理解しておかなければなりません。 また、金銭的な理由や心境の変化から、調査途中で人探しの依頼をキャンセルする際の、キャンセル料などについても、事前に確認しておきましょう。 最後に ここでは、浮気調査や人探しなどを専門的に行う「調査業者」について解説しました。 一番重要である、「料金」については、各調査業者によりバラバラであることが分かりましたね。 お金に換え難いモノは以外とたくさんあります。 あなたの心が休まる方法を選択してみてください。 探偵事務所等の調査業者への依頼の鉄則は、最初から一つの業者に決めて飛び付くのではなく、いくつかの料金設定と見積もりを比較して業者を決定してください。 探偵事務所への依頼という人生でも数少ない経験を前にして、不安や心配が襲ってくるでしょう。

次の

【魅力的!?】探偵はどんな仕事内容なのか詳しくまとめてみた

探偵 仕事 内容

探偵の仕事内容 まずは、探偵の仕事内容についてですが、個人や法人からさまざまな依頼を受け、それについて調査したり証拠を集めたりするのが探偵の仕事です。 身辺調査という言葉を聞いたことがある人もいるかと思いますが、例えば「この人について調べて欲しい」といった依頼を受け、自宅近くに張り込んだり、その人の日常生活に尾行したりする仕事が主なものとなります。 依頼の内容にはさまざまあり、「男女間の不倫や浮気などトラブルにより相手の行動・真実が知りたい」「会社で採用する前に、その人は信頼のおける人なのか調査してほしい」など調査対象となる人も依頼によってさまざまなケースが考えられます。 こういったことを個人で調査する場合、そのための知識がないと、例えば他人の敷地内に無断で入り不法侵入の罪となったり、対象となる人に近づきすぎて逆にストーカー行為として訴えられたりする危険性があります。 警察を頼りたいところですが、警察もそんなに簡単に動いてくれない場合がありますので、その人について知りたいことがあるときには、専門的な知識を持つ探偵は頼りにされることでしょう。 また、似たような仕事をするところに興信所というものがあります。 興信所は企業がらみの調査、探偵は個人からの依頼、と調査する分野が明確に分かれていたようですが、今ではあまり明確な線引きはされていないようです。 探偵になるには 探偵になるには、個人で開業する方法もありますが、求人情報などを見て探偵の会社に応募する方法もありますが、気になるのは採用条件に関することです。 ここでは、探偵として働くにはどういった条件があるのかに触れていきます。 探偵になるために必要な学歴・資格 探偵になるための特別な学歴や知識、資格は必要とされていません。 ただし、車を運転する機会があり、情報収集や報告のためにパソコンを使うこともあります。 募集の段階で普通運転免許や基本的なパソコンの操作スキルを持っていることを条件としているところが多いようです。 また、探偵の仕事は外で長時間仕事をすることが多く、体力勝負となりますので、スポーツ経験者など体力にある程度の自信がある人は歓迎されやすいです。 年齢制限については応募の段階で制限されるといったことは少ないです。 しかし、体力が求められやすいので例えば35才までと上限を決めているところもあります。 特別な知識をあまり必要とされない探偵業ではありますが、探偵学校で必要なスキルなどを学び、その後探偵として採用されるといった方法もあります。 探偵学校では一般的な知識を得ることができますので、卒業後は即戦力として働くことができるでしょう。 探偵の年収 探偵の収入については、事務所の規模にもよるため一概にいえませんが、初任給で20万円程度のところが多いようです。 その後スキルや実績などが加味され30万円程度もらえるところもあります。 また役職によっては収入がそれ以上になることもあるでしょうが、一般的な年収は400万円前後といわれています。 求人サイトindeedでは30代男性で月給36万円、40代男性で月給48万円とモデルケースが紹介されており、ボーナスなどを加味すると30代で年収500万円台、40代で年収600万円台と推測できそうですが、年収の平均値となるとこれより100万円前後下がった金額となりそうです。 その他年収に関してはこちらが参考になります。 その他の職種に関してはこちらが参考になります。 勤務体系と休日 探偵は不規則 探偵の仕事は毎日決まった仕事量があるわけではなく、依頼次第で忙しくなったり暇だったりしますので、探偵として働く場合、勤務日や勤務時間は不規則であるといえます。 そのため休日も暦通りになるとは限らず「1週間の間に2日の休日付与」としているところが多いです。 また、依頼によっては24時間監視しなくてはならないこともあり、そういったときはさすがに一人で対応するわけにはいきませんので引継ぎなどし、交代で勤務を行うこともあります。 ただし、事務所の規模が小さい場合などは働く従業員の数も限られてきますので、一人で長時間の勤務となりやすく、1日8時間以上拘束されるといったこともあります。

次の