カタツムリ 寄生。 カタツムリの寄生虫「ロイコクロリディウム」は人間にも寄生?【死亡例も…】

※カタツムリとナメクジに要注意!脳まで達する恐ろしい寄生虫とは?

カタツムリ 寄生

ナメクジを触って手を洗わないと寄生虫に感染!? 広東住血線虫とは。 梅雨の時期になると公園やコンクリートの塀にどこからともなく現れるナメクジやかたつむり。 ツンっと出た触角をさわるとピュッとひっこむのが楽しくて、子供のころにはつかまえて遊んだりした人もいるかと思います。 しかしこのカタツムリやナメクジ、実は素手で触ると思わぬ 寄生虫の危険があるかもしれないってご存知でしたか? 私も知ったのは大人になってからなのですが、運が悪いと死に至ることもあるそうで…(!) 子供ってナメクジなどを見ると無邪気に触ってしまうこともありますよね。 可能性は低いとはいえ、あまり知られていなくて危険だと思ったので、この寄生虫について詳しく調べてみました。 【目次】 ・カタツムリやナメクジに寄生する寄生虫について ・どんな症状が現れるのか・潜伏期間は? ・具体的な予防・対処法 Sponsored Link カタツムリ・ナメクジに付着する寄生虫とは?宿主は? カタツムリやナメクジに寄生しているかもしれない虫は 「広東住血線虫」といいます。 普通はその卵がまた中間宿主のえさになり・・・という延々ループを行うわけですが、この 中間宿主に寄生した幼虫をヒトが食べてしまうと、成虫になりきらない幼虫の状態で脳や脊髄のあたりに移動し、好酸球性髄膜脳炎という病気を引き起こす原因となってしまいます。 ちなみに、ネズミを食べることはそうそうないと思いますがネズミを食べたり触ったりした場合でも同様の危険がありますのでご注意を! 日本での 死亡例は過去一件、平成12年に沖縄で起こっています。 他にも 全国各地で感染報告はありますが、その数は多くはありません。 ちなみにこの広東住血線虫の感染・死亡報告が一番多いのはタイ・次いで中国だそうです。 日本ではあまり文化がありませんが、中国やタイでは中間宿主である巻貝を生で食べる習慣があるため、感染例が多いみたいですね。 日本では、死亡例も出た 沖縄が特に危険! 中間宿主となるカタツムリの種類・ アフリカマイマイが日本で唯一生息しています。 からの巻き方がとは違うのでわかりやすいですね。 他にも沖縄だけに生息する中間宿主は多いので旅行の際には要注意です。 ナメクジでよく中間宿主として報告される 「チャコウラナメクジ」も沖縄には多く分布しています。 この「チャコウラナメクジ」は本土でも 中部地方くらいまでは分布しているので気を付けましょう。 また、ナメクジやカタツムリ以外に タニシやカエルも中間宿主となります。 アジアヒキガエル ) リンゴガイ(ジャンボタニシ)() いずれも本土にはあまり見られない種で、沖縄でも対策として検疫を行っているのであまり危険はないように思いますが、本土での感染報告例もあります。 旅行・運送などどこから紛れ込むともわかりませんので注意しておきましょう! どんな症状が現れるのか?潜伏期間は? 前述のとおり、幼虫がヒトの体内に入ってしまうとその幼虫は成虫になることなく、幼虫のまま脳や脊髄のあたりに移動します。 ヒトは終宿主ではないためそのまま成虫にはならず、一生を終えるのですが、脳や脊髄で生活するわけですから死ぬまでの間に、 出血・肉芽腫形成・性好酸球性脳脊髄膜炎などの病気を引き起こすことがあるのです。 一般にこの線虫によって引き起こされる症状を 「広東住血線虫症」と呼びます。 もしこの幼虫を食べてしまった場合、症状がでるまでの 潜伏期間は2~35日 平均16日)。 発熱・嘔吐・脳神経麻痺・嘔吐・四肢の硬直・複視・筋力低下など様々な症状を引き起こし、最悪死に至ります。 寄生虫に対する 有効な治療法はないものの、対処療法(寄生虫ではなく病気にならないための対処)は可能なので疑わしい症状がでたら早めにお医者さんにかかり、「 寄生虫の可能性」があることを伝えましょう。 病気を抑えていれば、しばらくすれば幼虫は自然と死滅します。 予防・対処法は? まず絶対条件として、 ナメクジやカタツムリ・カエル・タニシなど宿主の危険があるものは生食しないこと! 日本でこれらを生で食べる人はそうそういないと思いますが、寄生虫の危険もあるので絶対にやめましょう。 それでもどうしても食べたい場合は、よく加熱すること。 寄生虫は熱に弱いため、煮るなり焼くなりの加熱調理をすれば幼虫は死滅します。 あとは、これらの生物に触った場合は すぐに手をよく洗いましょう。 これらは知っていれば簡単に注意することができますね。 気を付けたいのはこれらの宿主が接触したことで 寄生虫が付着してしまった野菜。 ナメクジが通ったキャベツやレタスなどを洗わずに生で食べると大変危険です。 店で売られているものはそうそう危険はないと思いますが、直売所や自家栽培のものは特に要注意! 生野菜はしっかり洗って食べましょう。 いかがでしたか? 本土での報告例が少ないとはいえ、全国各地で報告があり、感染の危険のある広東住血線虫。

次の

カタツムリに住む寄生虫が非常に危険!?ロイコクロリディウムと広東住血線虫

カタツムリ 寄生

スポンサードリンク ナメクジに寄生虫がいる確率は? ナメクジに寄生している寄生虫というのは、 『広東住血線虫(カントンじゅうけつせんちゅう)』と言われるものです。 この広東住血線虫は、ネズミに宿っていることが知られていますが、ネズミの糞などに排出される第一期幼虫が、中間宿主であるカタツムリやナメクジ、アジアヒキガエル等が餌と一緒に捕食し、体内で第三期幼虫まで発育していきます。 さらに、第三期幼虫まで発育した広東住血線虫が寄生しているナメクジ類をネズミが捕食すると、中枢神経に第三期幼虫が移動していき、第5期幼虫まで発育し肺動脈へ移動して成虫となります。 では、この寄生虫が宿っているナメクジというのは、日本全国全てのナメクジに当てはまるのでしょうか? 実は国立感染症研究所の報告によりますと、広東住血線虫に感染したドブネズミやクマネズミが、沖縄県、奄美大島を含む南西諸島、鹿児島県、福岡県、広島県、愛知県、静岡県、神奈川県、小笠原父島を含む東京都、北海道など、各地で認められています。 ネズミだけではなく、アフリカマイマイや、スクミリンゴガイなどの貝や数種のナメクジから、第3期感染幼虫が検出された地域もあります。 最終宿主である、ネズミに自然感染しているのが全国各地で確認されていますので、その排泄物を餌として生息しているナメクジにも感染している可能性がかなり高いということが分かります。 確実に何パーセントの確率で、寄生虫がいるナメクジが存在する、と明確なデータは存在しませんが、まずもって身の回りに現れるナメクジは全て寄生虫がいると考えていた方が安全です。 ナメクジ寄生虫に感染したらどのような症状になる? 人がナメクジに寄生する広東住血線虫に感染し、何らかの健康被害が出たという症例が報告されています。 2003年8月現在の報告によりますと、日本では54例あり、沖縄県が少なくとも33例、本土が21例あり、本土の21例のうち15例が静岡6、神奈川2、鹿児島の各2、島根1、徳島1、 高知1、東京1、大阪1が本土内での感染と考えられえています。 全ての感染源がナメクジではなく、多くはアフリカマイマイ、アジアヒキガエル、ナメクジの順ですが、ナメクジは一般に広く多く目にする害虫ですので、注意が必要です。 【もしも人に感染したらどのような症状がおこる?】 平均16日間(2~35日)の潜伏期間を経た後、下記の症状を発生させる症例があります。 報告されている症例をご紹介しています。 ただ、まれに失明や知能遅延やてんかんなどの後遺症が遺る場合がある。 生で食べる野菜サラダなども注意が必要です。 ナメクジ寄生虫が野菜についていた場合はどうする? 上記のように、寄生虫に感染したナメクジを食べたいと思う人はそもそもあまりいないはずですが、季節になると、家庭菜園で取れた野菜や、園芸のプランターなどにもナメクジが多く見つかります。 また、スーパーで購入したサラダ類、特にキャベツやレタス、サニーレタスなどの葉物類にはナメクジが潜んでいる事が多く、水洗いをする際に発見してしまうことも・・・。 そんな時は、ぬめりが無くなるまでよく洗うか、ぬめりが残っている部分を破棄してから使うようにしましょう。 また、生ではなく過熱して使用するには、感染する心配はありませんので、どうしても生で食べたくないけれど、破棄するのも忍びないという場合には、温野菜として食べるようにしましょう。 私は畑仕事をしますので、キャベツや白菜などの葉物を早朝に収穫すると、びっくりするような大きなナメクジに遭遇する事がよくあります。 自分の体に入れるつもりで作物をつくっているので、農薬も使用していませんから、ある意味虫がついているのは当たり前でもあり、そんなに心配はしていません。 不要な部分をはがしていくと、中は綺麗な野菜が出てきます。 実験的に農薬を大量にまいた部分の野菜には、さすがに虫も近寄らず、どちらを食べたいか?と聞かれれば迷わず、無農薬の虫も近寄る葉物です。 きちんと洗浄し、生で食す部分はきれいなところ。 そうでない部分は過熱して調理するようにしています。 まれに、台所や、お風呂でナメクジが見つかることもありますが、歩いた場所はテカテカとして分かるので、洗剤やハイターなどで除菌し、衛生的に保つようにしています。 寄生虫を考えると不安になるでしょうが、まずもって、生で直接食する事が無い限りは、感染する可能性は極めて低いものです。 基本は土いじり、野生の動植物を触ったら必ず手洗いうがいをすること。 それだけです。

次の

カタツムリの寄生虫「ロイコクロリディウム」は人間にも寄生?【死亡例も…】

カタツムリ 寄生

ロイコクロリディウムの凄さ 「ロイコクロリディウム」の凄さについて、少し触れたいと思います。 多くの寄生虫は宿主が大事 多くの寄生虫は、一旦宿主に寄生すると、その宿主にあまり被害が及ばない程度に、体に栄養素を奪いながら生きながらえます。 そして、宿主の体内で繁殖して、宿主の糞が他の宿主が食べるなどして、子孫を残してます。 宿主が死ぬと、自分も死ぬので、ある意味家主である生き物は元気でいて欲しいわけです。 中間宿主を殺す 「ロイコクロリディウム」は他の寄生中と違い、 自分が寄生した中間宿主を最終宿主に食われて死ぬように仕向けるのです。 この点が、「ロイコクロリディウム」の凄いというか、恐ろしいところです。 宿主を完全に乗っ取る 昼間の活動を好まないカタツムリが「ロイコクロリディウム」に寄生されると、日中の活動が活発になります。 これは、カタツムリの 触覚に入り込み視覚情報、脳神経をコントロールしているからだと言われています。 そして、さらには「ロイコクロリディウム」はカタツムリの 寿命まで伸ばすと言われています。 更には触覚を乗っ取り、 芋虫に擬態までしてしまうのです。 これら3つの要素を本体のカタツムリを乗っ取り、コントロールして鳥に食べられる確率を高めるのです。 怖すぎですね。 「ロイコクロリディウム」が人間へ寄生のリスクは 今の所、「ロイコクロリディウム」が人間に寄生して、なんらかの病理的な症状が出たと言う話しはないようです。 人間に積極的に寄生するような生態系は持っていなのでしょう。 「ロイコクロリディウム」が寄生しているカタツムリをもし食べたとしたら、寄生される可能性はあるのかもしれませんが、その辺にいるカタツムリを食べる習慣が私達にはありません。 食べるのはフランス料理の「エスカルゴ」になるでしょうが、火を通すので、そのリスクはほとんど無いと考えられます。 人間にも寄生する「広東住血線虫」 日本ではまだ例がありませんが、アフリカマイマイというカタツムリに寄生していた「広東住血線虫 カントンじゅうけつせんちゅう 」に人間が寄生されて、体に痛みが出て、右半身麻痺しベットから起き上がれない状態になったという例があります。 「広東住血線虫」の寄生経路は 「広東住血線虫」ネズミを宿主にしている寄生虫ですが、そのネズミの糞をアフリカマイマイが食べてしまい、それ経由で人間が寄生されるケースがあるそうです。 「広東住血線虫」の特徴 「広東住血線虫」はドブネズミ、クマネズミを主な宿主にしており、肺動脈に寄生するという特徴があります。 肺動脈に寄生すると、そこで卵を孵化させます。 孵化した幼虫は肺から気管、食道を経て胃腸を通り、糞として体外に排出され、その糞をねずみが食べることで子孫を残します。 この「広東住血線虫」がアフリカマイマイを食べる、野菜経由で食べるなどして人間が体内に入れてしまうと、胃腸を破り、脊髄に侵入して、その髄液を 通り脳への到達することがあるそうです。 脳へ到達すると「広東住血線虫」は死にますが、脳に死骸が残るのでそれを人体は異物とみなし、過剰な免疫反応が起きることにより、 髄膜脳炎が発症し激しい頭痛、手足のしびれ、嘔吐、めまい、などを引き起こすことがあるそうです。 アフリカマイマイを食べなくても、アフリカマイマイが出す粘液にも「広東住血線虫」が付着することがあります。 つまり、アフリカマイマイが這った野菜に「広東住血線虫」が付着して、その野菜を食べることで人体に侵入するケースがありえます。 日本は大丈夫? 今の所「広東住血線虫」に寄生されたという話しはあまり聞きませんが、日本国内でもネズミに寄生している「広東住血線虫」が発見されています。 野菜はよく洗って食べるのがよいでしょう。 まとめ カタツムリを宿主にする寄生虫は主に「ロイコクロリディウム」というもので、その生態は非常に恐ろしいですね。 ただし、カタツムリを食べる習慣がないので、私達が寄生されるリスクは少ないと言えるでしょう。 もう一つは「広東住血線虫」ですね。 とにかく野菜をきっちり洗って食べることが重要ですね。

次の