美ら海水族館 見どころ。 沖縄美ら海水族館はこう楽しむ!見どころやチケット情報など徹底解説

知ってると得する!沖縄屈指の人気スポット「沖縄美ら海水族館」の楽しみ方教えます!|じゃらんニュース

美ら海水族館 見どころ

美ら海水族館とその周辺のエリアガイド 美ら海水族館は4階建ての建物になっていてとっても大きい施設です。 「美ら海水族館」という名前はよく知られていますが、実は美ら海水族館は「海洋博公園」の一部で、水族館以外にも様々な施設があるんです。 子どもが大はしゃぎするネット遊具のエリアや熱帯・亜熱帯の花や植物を展示している「 熱帯ドリームセンター」、琉球王国時代の民家を再現した「 おきなわ郷土村」など沖縄の自然や文化を体験できる施設が充実していて1日中居ても回りきれないほどなんです。 水族館内の見どころだけをささ~~っと見る程度なら 1時間~1時間半程度でも回ることができます。 ただ、水族館の外にはイルカショーが観られるイルカラグーンやウミガメ館・マナティー館など無料の施設もたくさんあります。 屋外の施設を観る場合にはさらに1時間ほどの時間を考えているといいかと思います。 ということで、 所要時間は2時間~3時間ほどでしょうか。 ただ、 子連れでの旅行であれば子供があっちに行ったりこっちに行ったり・・・なかなか予定通りにいかないこともあると思うので、 最低でも3~4時間程度をみているといいと思います。 水族館内では飼育員の解説や生き物たちとの触れ合いなど様々なプログラムがありますし、売店やカフェ・レストランなども充実しているので、楽しもうと思ったら半日・1日あっても足りないくらいです。 周辺には夕日が綺麗に見える「海岸遊歩道」や真っ白な砂浜が美しい「エメラルドビーチ」など綺麗なスポットも多いのでぜひそれらも楽しんでくださいね。 美ら海水族館の見学おすすめ時間は? 美ら海水族館は、たくさんの観光スポットがある沖縄の中でも人気ナンバーワンともいえる人気の施設です。 そのため、常に混雑していて、タイミングによっては「人の頭で全然魚が観れない・・・」なんてことも・・・。 美ら海水族館は10:00頃から混み始め、11:00~16:00頃は非常に混雑する時間帯です。 そのため、見学のおすすめ時間は朝一か、夕方以降になります。 9:00 水族館に入館 サンゴの海・熱帯魚の海・深海の海などを見学 10:00 黒潮の海(黒潮探検) 11:00 オキちゃんショー 11:30 イルカ餌やり体験 12:00 ウミガメ・マナティー館見学 まずは空いている間に水族館に入り、一通り見て回りましょう。 また、水族館内のおすすめプログラムとして、「黒潮探検」というものがあります。 これはバックヤードに入り、水族館で一番大きな水槽である「黒潮の海」を真上から見学することができるというプログラムです。 なかなかできない体験ですし、巨大なジンベエザメやマンタなども正面から見るのとはまた違った迫力があり面白いです。 水族館の見学が一通り終わったら、イルカラグーンへgo!! 美しい海をバックに可愛らしいイルカショーを観ることができます。 混雑している日時だと入場制限で会場に入れない場合もあるので、いい席を確保したい場合は早めに会場に行くことをおすすめします。 そして、10:00~12:00の間にはイルカの餌やり体験もやっています。 予約不要で先着順になりますので、定員に達していたら終了している場合もありますが、500円と格安なので、空いていればぜひおすすめです。 午後観光コース(所要時間2時間30分) 14:00 水族館入館 サンゴの海・熱帯魚の海・深海の海見学 15:00 黒潮の海(餌やり見学) 16:00 オキちゃんショー 16:30 ウミガメ館・マナティー館見学 午後になると人が増えてくるので、なかなかゆっくりと観るのは難しいかもしれません。 ただ黒潮の海での餌やりを見学できますし、他のプログラムもたくさんありますので、プログラムの時間に合わせて予定を組むと良いと思いますよ。 水族館の入り口にプログラム時間が掲載されていますし、公式HPでも掲載しているので、事前にチェックしていくことをおすすめします。 また、夏場はオキちゃん劇場も日差しが強くてバテちゃうかもしれません。 日焼け止めやサングラス、帽子などの日よけグッズも必須ですよ。 まずは屋外施設を観て、その後に水族館で涼むという手もアリ。 夕方コース(4時からチケット利用) 15:00 イルカ観察orイルカ餌やり(要整理券) ウミガメ館、マナティ館見学 16:00 オキちゃんショー 16:30 水族館入館 サンゴの海・熱帯魚の海・深海の海見学 17:30 黒潮の海(黒潮探検) 18:00 カフェオーシャンブルーで休憩 4時からチケットは通常よりも500円以上安くなるチケットで、お得に入館することができます。 また、夕方になると人も少なくなってくるので個人的には一番おすすめの時間帯です。 水族館に入場できるのは16:00以降ですが、イルカショーなど外の施設は無料で見学できるので、まずは屋外から見学して、その後に水族館に入場するのをおすすめします。 巨大水槽「黒潮の海」の脇にはカフェコーナーがあり、軽食をいただくことができます。 目の前をジンベエザメやマンタ、カラフルな熱帯魚が優雅に泳いでいるのを見ながら、食事を楽しむことができます。 タッチプール 水族館の入口に入ったところには「イノーの生き物たち(タッチプール)」があり、実際に海の生き物たちに触れることができます。 イノーとはサンゴ礁に囲まれた浅い海のことで、ヒトデやナマコ、熱帯魚などに触れることができます。 なかなか触れ合うことのない生き物たちで、子どもたちが大喜びのスポットですよ。 高さ8. 2m、幅22. 5mもの巨大な水槽の中には全長8. 7mもの巨大なジンベエザメやマンタ、サメなどあらゆる海の生き物たちが悠々と泳ぎ回っていて、その光景は圧巻。 一番の写真映えスポットでもありますよ。 黒潮体験 美ら海水族館では、「黒潮の海」の巨大な水槽を水面から見学できちゃうんです。 8:30~11:00、17:30~閉館まで予約不要で見学することができます。 時間によっては水槽解説もしてくれて、普段なかなか見ることのできない水族館のバックヤードの雰囲気にドキドキワクワクできるプログラムです。 オキちゃん劇場(イルカショー) 絶対観るべきプログラムの一つで、屋外にあるオキちゃん劇場では美しい海を背景にイルカたちの楽しいショーを観ることができます。 イルカたちの大ジャンプや泳ぎ、アクションはとっても可愛くて子供はもちろん大人も楽しめるショーですよ。 イルカラグーン イルカたちを間近で観察することができるイルカラグーンでは様々なプログラムが準備されています。 イルカラグーンのデッキから餌をあげることができる餌やり体験(500円)や実際にイルカにタッチしたり触れ合うことができるふれあい体験(無料・要予約)など、子供たちは大喜びしますよ! カフェ・オーシャンブルー 水族館内にあるカフェ・オーシャンブルーは巨大水槽・黒潮の海の目の前にあり、魚たちを眺めながら食事やお茶を楽しむことができるんです。 水槽前の席にはすぐ目の前に巨大なジンベエザメが来てくれることもあり、席は争奪戦。 営業時間は8:30~19:30(10~2月は18:00)なので、朝早い時間や閉園ギリギリの時間であれば混雑もなくゆっくりと特等席で食事をしながら魚たちを眺めることができますよ。 さっと見るだけであれば1時間半~2時間でもいいですが、餌やり見学や水槽解説、屋外施設の見学をするなら3時間以上は考えていたほうがいかと思います。 巨大なジンベエザメが水槽の中を泳いでいる姿は圧巻で見る価値あり!のスポットですよ。 沖縄らしい熱帯魚の水槽や、イルカショーなど子供が大喜びのエリアもたくさんあるので、ぜひ参考にして、楽しんでほしいと思います。

次の

沖縄美ら海水族館割引チケットはファミマが最安値!見どころ画像満載 | 格安で行く沖縄一周旅行!おすすめプランやスポット情報の旅行記ブログ

美ら海水族館 見どころ

この記事の目次• 美ら海水族館ってどんなところ? 「美ら海(ちゅらうみ)」とは、沖縄の方言で清らしい海という意味。 沖縄本島北西部の本部半島備瀬崎近くにある海洋博公園内に位置しています。 海洋博公園は、71. 6ヘクタールの広さでとっても大きな公園です。 その公園内に位置する美ら海水族館は、2005年にアメリカのジョージア水族館が開館されるまでは、なんと世界最大の水族館だったのです! 800群体のサンゴや、世界最大の魚であるジンベイザメ、そして世界で初めて繁殖に成功したナンヨウマンタなど見どころがとにかく満載です!ぜひ美ら海水族館の観光を楽しんでみましょう!さて、ここからは絶対に見逃せない館内の見どころポイントを紹介します! 1. 水族館のメインスポット!大迫力の「黒潮の海」 深さ10m、幅35m、奥行27m と世界最大級の大水槽である沖縄美ら海水族館のメインスポットとも言える場所が、「黒潮の海」。 ジンベエザメやマンタなど、他の水族館でもなかなか見ることができない魚たちが優雅に泳ぐ姿を眺めることができます! 巨大な水槽の中で魚たちが気持ちよさそうに泳ぐ姿は、思わず見とれてしまうほどのまさに圧巻の美しさ。 約70種、1万6000匹の様々な魚たちを思う存分様々な角度から眺めることができる大水槽の黒潮の海。 世界最大級だからこそ味わえるダイナミックで感動的な体験を、ぜひお楽しみください。 1-1. 大迫力のジンベエザメの給餌は必見! 黒潮の海の中でも特に必見のポイントとしてあげられるのが、やはりジンベエザメ。 現在、黒潮の海には3尾のジンベエザメがいます。 美ら海水族館のメインキャラクターと言ってもいいでしょう。 全長約8. 6メートルのジンベエザメを眺めるだけで圧巻ですが、午後3時と5時にはジンベエザメの給餌タイムがあります。 ジンベエザメは1度になんと約100リットルの海水と餌を吸い込むことができるのだそう。 迫力満点のジンベエザメの食事シーンは、他ではなかなか見ることができない体験なので、必見です。 ぜひ時間を調整して、黒潮の海に訪れてみてくださいね。 1-2. 世界初!ナンヨウマンタの複数飼育 黒潮の海において、ジンベエザメと並ぶほど人気があり、必見ポイントとして挙げられるのが、ナンヨウマンタです。 ここ美ら海水族館は、世界で初めてナンヨウマンタの複数飼育と繁殖に成功した水族館です。 そんなナンヨウマンタたちが、この黒潮の海の中で優雅に泳いでいます。 これは、大水槽と新鮮な海水を常に供給できる美ら海水族館だからこそ実現することができたことです。 世界中探してもこのような貴重な体験ができる場所は、本当に少ないです。 美ら海水族館に来たならば、マンタの姿は絶対に見逃せませんね。 圧巻!約70種のサンゴが見られる「サンゴの海」 こちらのサンゴの海は、屋内にありながら屋根がない水槽になっています。 沖縄の太陽光を直接取り込むことが出来るオープンシステム構造になってるおかげで、サンゴの大規模飼育を可能にしているんです。 そのサンゴの海の中では、沖縄の代名詞ともいうべきサンゴが800群体も生育されており、まさに圧巻の光景が広がります。 また、こちらの水槽のモデルは、飼育員が地元沖縄の海に潜って実際に見たサンゴ礁の風景を参考に作られているそうです。 約70種類のサンゴが様々な角度から眺められる「サンゴの海」は必見です! 3. 実際に触れる浅瀬の生き物!「イノーの生き物たち」 「イノー」とは、沖縄の方言でサンゴ礁に囲まれた浅い海のことです。 この「イノーの生き物たち」においては、ヒトデやナマコなど浅瀬の生き物たち約40種類を実際に触ってみることが出来るタッチプールになっています。 こちらの水槽の海水は、そんな浅瀬の生き物たちが過ごしやすいように、なんと美ら海水族館の目の前の海から水温調節せずにそのまま引き入れています。 沖縄の海の温度を直接感じ取ることができるは、とても嬉しいですね。 お子さま連れの方には特におすすめですので、是非訪れてみてくださいね。 無料で楽しめるイルカショー「オキちゃん劇場」 水族館と言えば、やはりイルカなどのショーは欠かせませんよね。 ここ沖縄美ら海水族館のある海洋博公園内には、イルカやウミガメなどの海の生き物たちに、なんと無料で出会えるスポットがあるんです。 それこそが「オキちゃん劇場」という場所です。 沖縄の絶景をバックに、イルカたちのジャンプや歌などを見せてくれる「オキちゃん劇場」は、1日4回も開催されています。 絶対手に入れたい美ら海水族館限定土産 見どころがとにかく満載の沖縄美ら海水族館ですが、楽しいのはそれだけではありません。 ここには美ら海水族館限定の絶対に買いたいお土産もたくさんあります。 旅の楽しみのひとつともいえるお土産探しをぜひ美ら海水族館でも楽しんでみましょう!今回はそんな美ら海水族館限定のお土産の中から、特におすすめのものを厳選してご紹介いたします。 6-1. 沖縄土産定番!「紅いもタルト」 沖縄のお土産として有名な紅いもタルト。 那覇空港などでも購入することができ、味も抜群なので、とても人気の商品となっています。 そんな紅いもタルトですが、なんと美ら海水族館では、ここでしか買えない限定の紅いもタルトがあります! パッケージには美ら海水族館のメインキャラクターともいえるジンベエザメが描かれておりとっても可愛い仕上がりとなっています。 お土産として買って帰れば喜ばれること間違いなしの逸品です。 沖縄土産の定番の紅いもタルト、ぜひ美ら海水族館限定バーションをゲットしてくださいね。 可愛い!ジンベエザメの形のちんすこう こちらも沖縄といえば誰もが知っているほどの定番のお土産「ちんすこう」。 今ではいろんな味が登場し、沖縄県内の様々な場所でも購入することができるようになりました。 そんなちんすこうですが、こちらも美ら海水族館限定のものが存在します。 なんとそのちんすこうは、ジンベエザメの形をしているんです!味はもちろんですが、形もとっても可愛らしいので、美ら海水族館、そして、沖縄の思い出として、大人気の商品となっています。 那覇空港から、車で約2時間(高速道路利用)、バス(高速バス使用)で約3時間と沖縄観光で時間が空いた時にふらっと行けるような場所ではないので行く前にしっかりと計画を立てた方が賢明でしょう。 基本情報、開園状況については変わる可能性がありますので最新情報について詳しくは公式ホームページで確認の上来館してくださいね。 沖縄美ら海水族館の観光を満喫しましょう! いかがでしたでしょうか?世界的にも有名な美ら海水族館。 とっても広い敷地と、世界各国からの観光客でにぎわう水族館です。 あらかじめ外せないポイントを調べておいて、見学するタイミングなどを計画しておくとより一層美ら海水族館の魅力を味わえるでしょう!沖縄に来たら是非美ら海水族館まで足を伸ばしてくださいね!思い出に残る素敵な旅になること、間違いありませんよ。

次の

沖縄美ら海水族館はこう楽しむ!見どころやチケット情報など徹底解説

美ら海水族館 見どころ

日本が誇る世界最大級の水族館、 沖縄美ら海水族館。 その水族館の見どころと魅力、所要時間等を たっぷりの写真・画像でご紹介します! 那覇空港からの所要時間や ホテルからの団体客対策の時間、 さらには、 美ら海水族館の入場チケットを、最安値で買えるお得情報も! クーポンやファミマで割引チケットを買って、浮いたお金で ぬいぐるみのお土産やランチを楽しみましょう! 見どころ満載!沖縄美ら海水族館の凄さは世界レベルです。 この、沖縄の海を再現した美ら海水族館は、 約740種の2万1000点の生き物が暮らしています。 目の前に広がる巨大な水槽で悠々と泳いでいる ジンベエザメやマンタを見る光景は、圧巻。 まさに『美ら海』(美しい海)の中。 世界最大級の「黒潮の海」の水槽 ジンベエザメとマンタが泳ぐ「黒潮の海」の水槽は、 長さ35m、深さ10m、幅27mと、世界最大級の大きさ! そして、この水槽には、ジンベエザメが3匹、マンタが6匹が 一緒に暮らしており、世界初の複数飼育に成功! さらには、2007年から連続でマンタの出産に成功。 マンタの連続出産は世界初の快挙! 現在では、マンタがファミリーで泳ぐ姿が見る事が出来ます。 「黒潮の海」大水槽に隣接したカフェがあるんです。 その名も『オーシャンブルー』 そこならのんびりお茶しながら、マンタやジンベエザメを見る事が出来ます。 予約は受け付けていないので、朝一番を狙って行くのが確実ですね。 美ら海水族館の所要時間 各水槽を観覧していくと、「美ら海ガイド」というのが無料配布されており、 これを全部集めると、沖縄海洋図鑑の出来上がります。 番号順に配布されていないので、ついつい夢中になって観覧していると取り忘れる事があります。 そこで、配布場所を記しておくので、チェックしながらコンプに緒戦してみてください。 美ら海ガイドの配布場所 順路に沿って観覧するときの配布順に並べています。 美ら海ガイド• No,1・2 タッチプール横• No,3・4 サンゴの海• No,5・6 熱帯魚の海(右)• No,7・8 熱帯魚の海(左)• No,9・10 サンゴの部屋• No,11・12 イセエビ水槽前• No,13・14 マングローブの水槽前• No,15・16 クマノミ水槽前• No,19・20 水辺の生き物水槽前• No,17・18 チンアナゴ水槽前• No,21・22 黒潮の海通路左側• No,27・28 サメ博士の部屋• No,23・24 アクアルーム(右)• No,25・26 アクアルーム(左)• No,29・30 深海の海• No,31・32 深海の海 黒潮探検(水上コース)の整理券 続いては、「黒潮の海」大水槽を真上から見学できる無料ガイドツアー、 黒潮探検(水上コース)のご紹介です。 1Fのジンベエ・マンタコーナーで受付、整理券を配布しています。 各回、先着15名で、定員になり次第、締め切られてしまいます。 そして注意が必要なのは、 代表者だけでは人数分の整理券がもらえません。 必ず、参加者全員が受付にいってください。 (整理券配布時間)ツアー開始時間• 朝一番で美ら海水族館に入館後、のんびり「黒潮の海」まで観覧。 そうすれば、ちょうど9:30の受付時間になります。 10時か10時30分の水上観覧コースに参加してから、 残りの水族館を楽しむのがベストコースです。 水槽とジンベエザメの給餌解説プログラム さらに「黒潮の海」大水槽前で、 ビデオ映像を見ながらの水槽解説もやっています。 これは1日4回開催されており、15時と17時になると、 ジンベエザメの給餌解説もやっています。 コンビニの中でも一番安く買えるのがファミリーマート。 許田ICで降りたら、ファミマによって入場券を買いましょう。 1620円で購入する事ができます。 さらに、許田IC降りてすぐにある、『道の駅許田』では 県内最安値の1550円で販売されています! しかし、この道の駅許田は営業時間が8:30からとなっているので、 朝一に美ら海水族館に入館予定なら、前日購入が必要です。 水族館のチケット売り場では、 午後4時以降は、「4時からチケット」1260円も販売しています。 水族館の各水槽の解説が聞ける音声ガイドも無料で貸し出ししています。 一日100台限定で予約制となっています。 美ら海水族館の上手に楽しむには!.

次の