スマブラ リュカ コンボ。 【スマブラSP】リュカの性能・立ち回り【スマブラスペシャル】

リュカ

スマブラ リュカ コンボ

この記事の目次• トレーニングモード・参考動画を利用する 自分でトレーニングモードで調べてもよいし、大体のテクニックは動画で紹介されていたりするので、動画を探してみるのもよいでしょう。 たくさん練習してどうしてもできなくて、詳しく調べてみたらそもそも入力が違っていた…こんな経験はないでしょうか。 非常に非効率的ですよね。 数学で練習問題たくさん解いた後にそもそも自分が認識していた公式が間違っていると気付いた瞬間のようです。 そういった時間のロスを発生させないために、 早い段階で入力方法は確認するようにしましょう。 コンボ入力の仕様を知ろう コンボの入力方法がわかったら、 「どういう仕様でこの入力になっているのか」を理解できていると非常に良いです。 後述しますが、とにかく原理を知っていることがポイントであることは頭に入れておいてください。 その際の練習方法としておすすめしたいのは、 練習内容を分解して練習することです。 複雑なものでも、分解すれば内容はシンプルになるので、おすすめの練習方法です。 スローモードも練習に有効 おまけにもう一つ練習方法として紹介しておきますが、トレーニングモードのシステムにある、時間をスローなするシステムを活用するのも有名です。 こちらは入力の忙しいコンボやテクニックを練習する際にかなり有用です。 僕はリュカのヒモヘビコンボを練習する際に利用しましたが、とても良い練習方法だと感じました。 同時に入力するのか、連続で入力するのか、一瞬遅らせる必要があるのか…タイミングが微妙なものほどコンボやテクニックの難易度は高まります。 入力タイミングを見直すためには 自分の入力が早いのか遅いのかなんてわからない!という人も多いでしょう。 入力が早くても遅くても、画面には何かしらの影響が出ています。 例えばピカチュウの通常必殺技「でんげき」をする際に、 「空中ダッシュ ベクトル反転 」と呼ばれるテクニックをしたいとします。 空中ダッシュは対応している必殺技入力の少し後にスティックを「キャラの向いている方向と反対に入力する」ことで成功するテクニックです。 スティック入力が遅すぎると、普通に必殺技が発生するだけになります 反転入力と合わせるとわかりづらくなりますが、わかりやすくするために上記内容とします。 一方、仮に必殺技入力の少し前にスティックを「キャラの向いている方向と反対」に入力すると、空中ダッシュではなく、ただの「反転必殺技」になるという仕組みも存在します。 そして当然のことですが、必殺技入力と同時にスティックを「キャラの向いている方向と反対」に入力すると、横必殺技が発生しますね。 この3点をまとめると、ピカチュウのでんげきで空中ダッシュを入力した際に、画面で起きた出来事から以下の情報が読み取れます。 そのため、ある程度ゲームの仕組みを理解していると良いということになります。 最後まで読んでくださった皆様、ありがとうございました!.

次の

スマブラSPのリュカ対策を究める。

スマブラ リュカ コンボ

リュカの強さについて リュカは、相手からの攻撃に合わせて動くことを得意とするファイターです。 攻撃を避けながらの小ジャンプヒモヘビや、PKファイアを使ってダメージを稼いできます。 そういった攻撃で、こちらが怯んでいるところに一気に近づいてきて、空Nなどの攻撃でコンボを稼いできます。 投げ攻撃も強くて、コンボ始動にも撃墜手段としても使える程です。 さらに、撃墜手段として極めて優秀なPKフリーズという技があります。 それをガケ際で受けてしまえば、そのまま横に吹っ飛んで、ストックを落とされてしまうことがあります。 リュカは、とにかく各種B技の性能が高いです。 これらをどうにかしなければ倒すことは難しいです。 以下より、リュカの対策について書いていきます。 有効な立ち回りについて リュカに対しては、近距離戦を強要した後、斜め上方向からリーチに優れた技で攻めていくことをオススメします。 なぜなら、ヒモヘビやPKファイアは正面にしか飛ばせないからです。 斜め上には攻撃の判定がありません。 リュカの各種空中攻撃はリーチが短く、こちらの攻撃の有効範囲が長ければ、判定的に勝つことが出来ます。 ガノンドロフやクッパのような重量級の空前や、ルキナのような剣士の空前が有効です。 リュカに対して斜め上に飛んで、攻撃することが効果的です。 その後は、各種B技が打ちにくいような近距離戦を強要していきましょう。 ヒモヘビによる掴みを受けないためにも、その間合いを保ったまま小ジャンプを多めに使うことで、より安全に戦えます。 また、物理系の飛び道具も効果的です。 リンクのブーメランや弓矢、リヒターの手斧が該当します。 リュカのサイマグネット 下b はエネルギー系の飛び道具は吸収出来ますが、物理系の飛び道具には無力です。 もし、お使いのファイターがこういった飛び道具を持っているのではあれば、積極的に使っていきましょう。 PKファイアとPKフリーズについて リュカの主力です。 これらの技に屈して、うざい!勝てない!という声を挙げている方がほとんどだと思います。 これらに対しては、全てガードをすることをオススメします。 どちらの技も判定が広く、避けることは難しいからです。 リュカのPKファイアには、ネスのような拘束力はありませんが、その代わりに吹っ飛ばす効果が非常に強いです。 これを受けてしまうと、折角縮めた間合いをリセットされてしまいます。 頑張ってガードしてください。 また、PKファイアもそうですが、PKフリーズに関しても受けないようにシールドで防いでください。 フリーズは、威力が高いだけでなく、凍らせる効果もあります。 そのため、ガードしながら近づいていき、前述の通りに近距離で戦うことを意識してください。 また、これらの技はエネルギー系の飛び道具です。 エネルギー系の飛び道具への対抗策があれば、ガンガン使ってリュカにプレッシャーを与えていきましょう。

次の

リュカ

スマブラ リュカ コンボ

コンテンツ• スマブラSPのリュカの評価は? リュカを一言で表すなら「投げ」。 基本的にどの投げも性能が良く、 特に後投げと上投げは撃墜能力が非常に高い。 位置によっては100%程度で撃墜出来てしまう事もあり、早期撃墜をしたいのであれば掴みを積極的に狙いに行くのが良いでしょう。 おまけにワイヤー掴みでリーチも広く後隙も長い訳ではないため、立ち回りの中に自然と組み込んでいけるのも大きいです。 コツコツと近距離戦でダメージを稼ぎ、投げで撃墜を狙っていくのがリュカの立ち回りの理想。 ただし、リュカは接近戦が得意なファイターではありますが、飛び道具であるPKファイヤーを除けばリーチはやや短め。 リーチを活かした攻め技が中心になるなどの 剣士系ファイターには苦戦を強いられる事でしょう。 ワイヤーを利用したリーチの長い掴みから撃墜を狙って行きたい方にリュカは向いています。 通常空中攻撃や前空中攻撃で相手に差し込んでいき、シールドをされていた場合は弱攻撃で暴れて誤魔化し択を通していきましょう。 弱2まで入れてもなお、相手にシールドを貼られっぱなしにされているようであれば、反撃を貰うのを防ぐために回避で逃げるなどの工夫もして行きます。 横強攻撃(PKスラッシュ) 根元よりも先端の光部分を当てた時の方が、ダメージと吹っ飛びともに大きくなります。 おまけに後隙も少なく連発が出来ますので、 PKスラッシュは相手とほんの少し距離が離れている時の置き技として使っていくのが効果的です。 弱攻撃では届かない位置の時は、横強攻撃を当ててリターンを取りに行きましょう。 こちらも相手との間合いを見ながら、空中から透かしとして狙ってみるのも良いですし、相手がステップを踏んだら刺さる位置に置いておくのも強い横強攻撃の使い方。 崖付近であれば撃墜も狙えるため、地上で守りを固めている相手には横強攻撃先端を当てる事を意識していきましょう。 上強攻撃(PKリバーサルキック) 上強攻撃ではありますが、リーチと持続がそこまで長い訳ではないので、対空としてはそこまで優れている訳ではありません。 地上での巻き込み性能が高いのと、相手が前後どちらにいても巻き込める特徴を活かして、通常空中攻撃などで相手の背後に回り、後隙を誤魔化すようにPKリバーサルキックを打っていくのがおすすめです。 下強攻撃(スピニングリープキック) 吹っ飛ばしこそ出来ませんが、その他の発生や後隙、コンボの起点としてかなり優秀。 高%帯ではフワっと浮かせる事が出来、相手がAボタンをこすっていたりした場合は横スマッシュ攻撃が刺さる場合もあるため、相手が撃墜%になってきたら強気に狙ってみるのもリュカで早期撃墜するためのコツです。 ダッシュ攻撃~各種スマッシュ攻撃 ダッシュ攻撃(PKパームプッシュ) こちらも横強攻撃同様に、先端部分を当てた時の方が威力が大きくなります。 また発生が若干遅いため、直接相手に狙いに行くというよりは、ダッシュやステップを読んで先端部分を嚙合わせるイメージで使うのがリュカのダッシュ攻撃のコツです。 先端部は15%近く入るうえに撃墜も十分狙って行けますので、ダッシュやステップを踏みながら相手が隙を見せたところに当てに行けるのが理想です。 横スマッシュ攻撃(ぼうっきれ) ぼうをバットのように振り相手を吹っ飛ばす。 見た目によらず威力は非常に強力で、特に先端部分を崖際でクリーンヒットさせれば100%未満でも撃墜出来てしまいます。 後隙はスマッシュ攻撃なのでやや長めですが、発生はかなり早いので 狙える場面では積極的に当てたいところ。 基本的には崖際に追い詰めた相手に狙って行きましょう。 シールドを貼っている相手に先端部分で当てるように振ったり、 後ろにゆっくり歩いて相手がダッシュ掴みや焦った攻撃をしてきたところに合わせたりなどなど。 上スマッシュ攻撃(PKスマッシュゲイザー) スマブラSPの各ファイターの上スマッシュ攻撃の中でもトップクラスの破壊力を誇る技。 主に空中に浮かした相手への着地狩りとして使っていくのが一般的。 当たりさえすれば相手は物凄い勢いで飛んでいくため、ワンチャンス掴みたい時などは強気に狙って行くのもアリです。 ただし発生が遅いだけでなく技の硬直もとんでもなく長いため、技を外してしまったり相手に読まれてしまった場合は手痛い反撃を貰ってしまいます。 リスクを少しでも抑える打ち方をするのであれば、 リュカのダメージが低い時だったり、ストックでリードをしていてPKスマッシュゲイザーが当たれば1ストック奪えると言った状況で狙いに行くと良いでしょう。 下スマッシュ攻撃(PKブロウ) 相手の足元目がけて3連発でPKブロウを発射。 1段目が最も威力が高く、2段目3段目になるにつれて威力は弱くなっていきます。 主な狙いどころとしては、 復帰をしてきて崖に掴まる直前の相手に対して。 復帰時に相手の頭が出ていれば当たる事、3発あるのでどれか1つでも当たれば良いというのもあり、上手く噛み合わせられればそのまま撃墜出来てしまう事もあります。 当たらなくても相手目線で見れば精神的にすり減る復帰阻止ですので、ガンガン狙って精神的に有利を取って行くと良いでしょう。 スマブラやスマホの見過ぎで目に疲れを感じていませんか? 強くなるためには毎日の練習と同時に、 疲れ切った目をケアして上げる事も大切! テレビCMでもお馴染み、ファンケルからの【えんきん】で頑張った目にご褒美を! 各種空中攻撃 通常空中攻撃(PKフライングアタック) 空中でPKをまとい相手を巻き込んでいく。 の通常空中攻撃とモーションが似ています。 リュカの空中横移動は慣性が付きやすく、巻き込み性能が非常に高いため、 主に小ジャンプから相手に突っ込んでいきダメージを与えて行きましょう。 また、シールドで貼って見合わせている時の打開手段としても優秀。 相手から引くように打ってみても良いですし、 逆に相手側に近づいてめくって仕掛けに行くのも面白いです。 ダメージこそ少ないですが、暴れとしては使い勝手が良いので、近距離で困ったら通常空中攻撃を打っておけばまずは大丈夫です。 前空中攻撃(PKエアフロントキック) 前方向にPKをまとった蹴りを繰り出す。 の前空中攻撃と同じような使い方が出来ますが、リュカのPKエアフロントキックは圧倒的に吹っ飛ばし力が高いのが特徴。 差し込みとしてリュカの技の中でも最も使い勝手がよく、 基本的には地上で待ち構えている相手に小ジャンプから狙って行くとリスク少な目で狙って行く事が出来ます。 やはり先端部分が強いので、きちんと先端で相手を捉えられるように間合い管理をきちんとしておくと良いでしょう。 着地隙もあまりないため、小ジャンプから最速で狙って行くも良し、降りながら当てに行くのも良し。 後ろ空中攻撃(PKメテオキック) 後方宙返りをしながらキックを繰り出す。 空中にいる相手にクリーンヒット出来れば、メテオとして相手を下方向へ撃墜する事が可能です。 ただ、などの一般的な下空中攻撃によるメテオと比べてみると、真横の敵に当てなければいけない上に判定がシビアであるため難易度はやや高め。 メテオになればラッキー程度の気持ちで、復帰阻止として狙いに行きましょう。 リュカは空中での軌道が読み辛いため、適当に振ったつもりでも相手が警戒してくれたおかげで噛み合った、なんてことも結構あります。 上空中攻撃(ジャンピングヘッドバット) 空中で頭突きを繰り出す。 吹っ飛ばし能力は平均的ですが、連発が出来るため浮かした相手に狙いに行くのがおすすめ。 しっかりと相手の位置を見て、ダッシュで真下に潜り込んだ後小or大ジャンプで狙いに行きましょう。 浮かした相手への追撃だけでなく、 地上にいる相手に降りながらジャンピングヘッドバットを当て、コンボの起点にして行く使い方もあります。 下空中攻撃(PKフットスタンプ) 空中で下方向に4連続で踏みつけ、最終段は相手を下方向へと飛ばすメテオ技となっています。 基本的には場外へ追い出した敵への追撃として狙って行きます。 下から復帰してくる相手に対して、2段ジャンプを繰り出しながら登りで出していくと最終段まで繋げやすいのでおすすめです。 各種投げ攻撃 前投げ(PKスルー) 相手を崖に追い詰めた時に掴んだらPKスルーを狙って行きましょう。 後投げ(リバースPKスルー) リュカが相手に崖を背負わされてしまったら、リバースPKスルーで形勢逆転を狙います。 撃墜力が高めなので、相手のダメージが100%を超えている時に掴めれば美味しい。 上投げ(PKリフティング) こちらも撃墜能力が非常に高い投げ攻撃。 ステージ中央付近や台の上で高%の相手を掴んだ時には、PKリフティングで上方向へ撃墜を狙いに行きましょう。 下投げ(PKパイルドライバー) リュカの投げでは1番ダメージが高いので、 試合序盤~中盤で相手を掴んだら下投げをして行きましょう。 各種必殺技 通常必殺技(PKフリーズ) Bボタンを押しっぱなしにする事で威力が増し、その間にスティックを左右に動かす事で位置を調節する事が出来ます。 地上で相手と距離が離れている時にけん制として狙ってみたり、 ステージ外に追い出した相手に対して復帰阻止の択として見せて行くのもおすすめのPKフリーズの使い方。 相手に当たれば氷漬けになり、横方向へ飛んでいくため撃墜を狙って行く事も可能です。 油断をしていると刺さりやすい技上位ですので、追い出した相手に対して隙あらばPKフリーズを狙いに行くと良いでしょう。 横必殺技(PKファイヤー) 水平にPKファイヤーを飛ばす。 のPKファイヤーとは違い、空中で出してもそのまま水平に飛んでいきます。 発生こそ若干遅めではありますが、威力や飛距離ともに申し分ない飛び道具であるため、 相手と距離が離れていれば積極的に狙いに行っても良いでしょう。 ある程度PKファイヤーが伸びてくれるため、基本的にダッシュで近づきながら打たなくても大丈夫です。 その場小ジャンプから打つか、後ろに引きながら打つ事で、相手にダッシュシールドで距離を詰められて掴まれる事もなくなります。 上必殺技(PKサンダー) PKサンダーを飛ばし、直接相手に狙いに行くのが基本的な使い方。 相手がどう動いてくるか予測をして、きちんとコントロールをしてPKサンダーを狙いに行きましょう。 主に 浮かした時や復帰しようとしている相手に向かって打っていくと当てにいきやすいです。 或いはリュカ自身に直接サンダーを当て、ヒットした時の勢いで相手に突っ込んでいくのも意表を突けます。 こちらは主に相手の着地狩りに対し、PKサンダーを狙いに行くと見せかけて回避を誘い、自分に当てる事でリターンを稼ぐ事が出来ます。 下必殺技(サイマグネット) のブラスターのようなエネルギー系の飛び道具を吸収して回復する事が出来ます。 相手が遠距離からバンバン飛び道具を打ってくる戦法をしてきたら、サイマグネットを置いて体力を回復して行きましょう。 また、空中で出すと一瞬だけフワっと浮き上がる事が出来ます。 これを利用して、浮かされた時に着地のタイミングをずらす手段としても活躍出来ます。 相手がステージ上でスマッシュ攻撃を溜めているようであれば、サイマグネットを連打して何とかやり過ごしましょう。

次の