大谷 翔平 目標 達成 シート。 大谷翔平の目標達成シートの作り方は?本やエクセルでダウンロードする方法も

大谷翔平に学ぶ!絶対に夢を叶える目標達成シートの作り方

大谷 翔平 目標 達成 シート

大谷翔平選手が高校1年生のときに書いた目標シートを知っていますか? 当時の大谷選手は、「ドラフト1位、8球団から指名」を目標にして、その目標を達成するために何をすればいいか?を導き出していました。 今回はスポーツ選手じゃない私たちにもできる、 理想の実現に近付ける目標シートの書き方を紹介します。 漠然とした目標や理想はあるけど、どうやって実現させればいいかわからない• 目標達成・理想の実現のために、何をすればいいかわからない スポーツ選手じゃなくてもそう思ったことはあるはず。 私も実際に書いてみたんですが目標シートに書き込むことで、好きなことをどう活かしていくか、 そのためにどう行動するかを考えられるようになりました。 ダウンロードできる目標シートも作ったので、ぜひこの記事と一緒に活用してみてください。 もくじ• 目標シートは【漠然とした理想】が【具体的な行動】につながる 目標シートの大きなメリットは、漠然とした理想を 具体的な行動まで掘り下げることができることです。 達成したい目標(長期的)• 目標達成のための要素• 要素を取り込むための行動 これらを書くという構造です。 これは 【未来の目標・理想】と【今の行動】のつながりを論理的な構造でまとめているもの。 目標を達成するためには【未来の目標・理想】と【今の行動】がつながっている、ということを意識する必要があります。 そのつながりを意識できなければ、いくら行動をしても「何のために行動しているんだろう…」と見失ってしまう可能性があるのです。 目標・理想を大きく広げるだけでもなく、やみくもに行動するだけでもない。 目標達成・理想の実現のために【今の行動】をどうするのか、両方のつながりを意識できるのがこの目標シートなのです。 私も実際に目標シートに書き込んでみたんですが、頭の中で バラバラになりがちだった理想や好きなことがまとまりやすいと感じました。 全部のマスを埋めるには、とことん自分と向き合わなければいけません。 目標シートに書いたことは、漠然とした理想や目標について とことん掘り下げるいい機会になりました。 私も書いてみましたが、8つの要素は意外と多い! スラスラと書けると思っていたのですが、自分のやりたいこと以外にも、 普段の生活にまで目を向けなければ8つは挙げられないと感じました。 まずは直接目標にかかわる活動を書いていきましたが、後半3つくらいは健康維持や家事効率化など、暮らしに関することにつながりました。 個人的にはこの段階がいちばん大変だと感じ、とことん自分と向き合う必要があると感じました。 3:要素を取り込むための具体的行動を書く そして最後に埋めるのが、要素の周りの白いマスです。 8つの要素(青いマス)を取り込むための具体的行動を、ひとつの要素につき8つずつ挙げていきます。 このいちばん外側のマスが、いちばん大事です! とにかく、 具体的に! このマスが抽象的だと目標達成のための行動に移せないので、 今日からすぐに行動に移せるような言葉・表現で書いてみてください。 に「具体的」のポイントを書いたので、こちらも参考にしてみてくださいね。 目標シートで【今の行動】を可視化しよう 今回は、目標達成・理想の実現に役立つ目標シートの書き方を紹介しました。 漠然とした目標・理想があっても、 そのためにこれをしよう!とすぐに行動できる人は多くないと思います。 だからこそこのような論理的な構造の目標シートを活用して、自己実現のための 具体的な行動を可視化するのがおすすめです。 今やるべきことができれば、目標達成も・理想の実現は目に見える範囲にまで近付くはず。 目標シートで【今の行動】とを可視化して、理想へ近付いていきましょう。

次の

大谷翔平の目標達成シートの作り方は?本やエクセルでダウンロードする方法も

大谷 翔平 目標 達成 シート

今日は 日ハム大リーグで活躍中の大谷翔平選手が高校一年生の時からやっていた夢を叶えるための目標達成シートってものがあるのですが、それすごすぎて記事にすることにしました。 まったくプロ野球に詳しくない私ですが、 日ハム大谷翔平選手といえば大リーグでも大活躍、ホント注目の人なんですよね。 子育てでたいぶ世の中のニュースからも離れてる私ですが、大谷選手のことは知ってます。 二刀流なんですよね。 投手もできて野手もできるという、、、、。 昔の松井選手みたいな感じなのかな。 出典: 見にくいので記事トップにある画像みてもらうのがよいです。。。 すみません。 でも、こんなことを高校1年生からやっていたなんて、、、って本当に夢を叶える人は違いますよ。 ビックリのシートです。 その目標を達成するための要素として、それを取り囲む8マス埋めていきます(中央のグレー8マス)。 運さえも目標達成に必要要素にあげてしまう大谷選手、やっぱり大物感たっぷりです!すごい。 そして、要素としてあげた8つを、また、9マスの中央に配置していきます。 でも指導者として教えなければならないのは、打ち方とか投げ方ではなく、考え方。 だけど、どうしたらその目標を達成できるかという考えを具体的な行動目標を一緒に考えてあげたことがすごい!って思いました。 そして、佐々木監督のインタビューではこんなことも。 例えば『太ってきたので、痩せたい』というのは、目標ではなく決意。 『今日はこれしかカロリーを摂らない』が目標。 そうやって追っていくと、必ず結果が出ます。 言われてみたら本当にそうだな!って思いました。 私、目標と言っときながら毎年やっていたのは決意でした。 それを具体的に行動にするのが目標なんですよね。 はぁ〜、目から鱗というか、反省です。 目標達成シートをより効果的に活用するには? その1.目標達成シートは絶対に普段自分が目で見えるところに置くこと! やっぱり目標を意識しながら生活するのとしないとでは圧倒的に達成できる確率が違います。 目標を日々確認していないと目標が薄れて、次第に決意に変わっていってしまう気がします。 大谷選手のように毎日、何をやったらいいのかっていうのを明確に確認できる毎日が目標達成には不可欠って思いました。 大谷選手のこの目標達成シートを読んだのは少し前なのですが、なかなか忙しくてシートも作れてなかったんです。 でも、新年に立てた目標あれど、毎日の忙しさにやることを見失ってしまう自分もいて、「それじゃいかん!」って記事を書いて改めて思いました。 夢を叶える目標は絶対に目に見えるところに!そして毎日確認が大事って思いました。 その2.目標の期日を決める 大谷翔平選手は高校1年生の時にこの目標達成シートを作って、3年間という期日を決めていました。 やっぱりダラダラ長いとなかなかモチベーションを上げ続けていくことって大変ですよね。 なので、期日を決めることもやっぱり大事かなって思います。 長期目標は長期で作るのがより効率的だろうなって思いました。 私はこの1年の目標ということで立ててみたいと思ってます。 目標は〇〇したいではいつまでも夢はのままなんですね。 目標のために具体的な行動をおこす、それを繰り返すことで必ず結果がでるんですね。 大谷選手の目標の立て方、本当にすごいです。 高校生でこれだけできるのか、、、大人の私、もっと頑張らねばです。 ユニクロの柳井正さん、京セラの稲盛和夫さんなど一流経営者が絶賛する目標達成メソッドだったのです。 TVだと「カンブリア宮殿」「ガイアの夜明け」でも紹介され、「原田メソッド」は英語や中国語、ドイツ語、など24ヶ国で翻訳&出版されてるんだそうです。 私は期間限定でこの「原田メソッド」の概要がわかる無料動画をみました。 目標や目的の立て方、自分のマインドをどこに持って行くと最高のパフォーマンスがだせるのか?など、原田先生が詳しく教えてくださってます。 私は動画の中の原田先生が描いている未来創造図がいいなぁ〜と思っていて、自分の未来って、こんなふうに具体的にイメージしていかないといけないのだ!と思いました。 こうなりたいという未来を決めることで、今がやるべきことが見えてくるというか、 過去が未来を創るのではなくて、未来を決めるから過去があるというか、、、。 自分の未来をよくするために、もっともっとできることがあるのではないかなぁ〜と、その行動や考え方のヒントになる書籍だなと思いました。 いつも読んでくださってありがとうございます。

次の

大谷翔平選手の目標達成シートがすごい!目標で終わらせないためにできること

大谷 翔平 目標 達成 シート

Contents• 【メジャーでも大活躍の大谷翔平選手】 ロサンゼルス・エンゼルスに移籍した、メジャーリーガー大谷翔平選手の、メジャーでの活躍が止まりません。 メジャーリーグでも「二刀流」選手として、ピッチャーとしては初登板初勝利、バッターとしては初打席初ホームラン、更に2試合連続ホームランと、大谷選手自身も「出来過ぎ」と評価するほどの活躍です。 今後も大谷選手が長く活躍できるように、遠くからではありますが、精一杯応援していきたいと思います。 【大谷翔平選手の目標達成シート(マンダラチャート)】 この大谷選手は、なんと高校1年生の時に「マンダラチャート」を活用して、目標達成シートを作っていたのです。 それがこのチャートです。 (出所:スポーツニッポン) 高校1年生の時から、ドラフト1位でしかも8球団から指名されることを目標に設定しています。 そしてそのために必要なこととして、8つの項目をあげています。 高校1年生が、ここまで考えるのかと思うくらい、立派に作られたマンダラチャートに驚きです。 この時に、既に大谷選手には、自分を支える大きな柱が、自分の中に築かれたのだと思います。 そしてその後、ぶれることなく、目標に向かって頑張ってきたのだと思います。 本当にすごい高校生だったんだと、改めて感じました。 また技術的なところだけでなく、人間性や運などもチャートに書かれているところも、大谷選手の人間性が表れていると感じました。 選手としてだけでなく、人としても、高校時代から一流だったのです。 【大谷選手の目標達成シートから学ぶ】 この大谷選手の目標達成シートを、ただ「すごい」「素晴らしい」と思うだけでなく、是非ここから学ばせていただきましょう。 【上を目指さない人】 仕事をする上で、なかなか目標が定まらない人がいます。 とりあえず生活があるので、ただ何となく仕事をしている 上司に言われたから、この仕事をしている・・・ 特に上を目指さず、現状で良いというのであれば、それはそれで良いと思います。 無理をする必要もないと思います。 こういう方は、特に目標を設定する必要もないと思います。 【上を目指す人】 しかし 今よりは良くなりたい 人より上に行きたい 人に勝ちたい・負けたくない もっと仕事の幅を広げたい 色々な人のお役に立ちたい・・・ など、少しでも今の自分より上を目指す人、向上心がある人であれば、それは明確な目標を持った方が、何に頑張るのかが明確になり、そして実際に頑張ることが出来ます。 こういう方には、今回の大谷翔平選手の目標達成シートは、非常に参考になると思います。 そして目標設定や目標達成について、この機会に是非考えてみましょう。 【私もマンダラチャートを使ってみました】 私にもまだまだ向上心がありますので、改めて自分の目標設定や目標達成について考えてみました。 そこで、大谷選手の目標達成シートを参考に、マンダラチャートを活用して、今の目標とそれを達成するために必要なことを書き出してみました。 このマンダラチャートは、なかなかの優れものです。 中心に目標を書いて、そこからそれに必要なことで周りを埋めていくのですが、目標となる文字を見ながら発想していきますので、つながりのあるキーワードが次から次へと頭に湧いてきます。 そしてそこからマンダラチャートに落とし込んでいきますので、自分の考え方がまとまります。 そしてやるべきことが、明確に見えてきます。 そして何よりも、モチベーションとやる気が高まってきます。 是非皆さんも、お試しください。 そしてマンダラチャートは、ビジネスでも、アイデア出しでも、色々なプロジェクトでも、何でも使えそうです。 マンダラチャートの手帳や本など、沢山出ていますので、是非活用してみたいと思いました。 【改めて大谷翔平選手はすごい人】 しかし、大谷選手は高校1年生でこのマンダラチャートを使って、自分の目標を掲げ、そしてそれ達成するために必要なことを考えていたんですね。 またその後、おそらく愚直に実行に移してきたんですよね。 本当にすごい選手ですし、すごい人です。 本当に尊敬に値する人です。 これからも、大谷選手を応援し続けたいと思います。 そして長く活躍して欲しいと思います。

次の