白でも黒でもない世界でパンダは笑う デイリーモーション。 シロでもクロでもない世界でパンダは笑う動画配信dailymotion横浜流星TikTokに関して

シロクロパンダ見逃し配信動画1話~無料!白黒つけるドラマをフル視聴!|ENTAMENOTE

白でも黒でもない世界でパンダは笑う デイリーモーション

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』第8話の放送終了後から1週間限定配信なので 2020年3月1日 日 放送終了後〜2020年3月8日 日 22時29分 までは見られるよ! 1週間以上経過している場合のオススメはHulu! ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』放送終了から1週間以上経過してしまっている場合はで見逃し動画配信を見るのが最もお得な方法となります。 Huluは2週間のトライアル期間があり、全作品が無料で見放題です。 最近のドラマでは• 獣になれない私たち• ブラックスキャンダル• ドロ系• 今日から俺は!! 高嶺の花• サバイバル・ウェディング• ゼロ 一攫千金ゲーム• 正義のセ• Missデビル• 崖っぷちホテル! などが見放題となっています。 2週間の無料トライアルキャンペーン中なので、この機会に是非どうぞ! 2020年冬ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』第8話のあらすじ 2020年3月1日 日 放送のドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』第8話のあらすじを紹介します。 8年前のあずさ(白石聖)誘拐事件の犯人・コアラ男が哲也(田中圭)と断定する報道に激しく動揺する直輝(横浜流星)。 その報道は、神代(要潤)によるスクープだった。 直輝は、なぜガセネタを流したのかと神代に詰め寄る。 すると神代は、佐島(佐藤二朗)から哲也がコアラ男である証言と証拠を得たと告げる。 神代は、哲也が犯行を告白している遺書の文面を写した写真を佐島から預かっていた。 直輝は佐島に「あなたが父を殺したんじゃないですか?」と迫る。 佐島は、自分でシロクロをつければいいと直輝を挑発。 直輝は「承知しました、ミスターノーコンプライアンス」と受けて立つのだった。 麻衣子(山口紗弥加)が門田(山崎樹範)を殺したという信じたくない事実に直面し、苦しむレン(清野菜名)。 彼女は、拘置所で麻衣子と対面。 なぜ門田を殺したのかと尋ねようとすると「レンなの!?リコなの!?」と麻衣子に問われ、レンは戸惑う。 麻衣子はレンに、今すぐ直輝を殺すようにと言う。 直輝は、哲也が遺したUSBの中の動画を見返していた。 その中の1つにパスワードでロックのかかった動画があった。 直輝は心当たりのある文字と数字をパスワードとして入力してみるが、動画は開かない。 直輝は、そこに重要な証拠が隠されていると考え、パスワードを探すことに。 あずさは、直輝が自分に近付いたのは父を殺した犯人を突き止めるためだったのではないかと疑惑を抱く。 彼女は、本当のことを確かめるために直輝を呼び出す。 直輝は、あずさに、近付いたのは利用するためだったと言い切り、父を殺した犯人として佐島を追い詰めるつもりだと告げる。 父の汚名を晴らし、佐島が犯人だという証拠を見つけようと命がけで奔走する直輝。 一方、レンは、麻衣子の言葉に苦悩を深めていた。 そんな中、レンの前に直輝が現れる…。 より引用 このドラマも佳境をむかえ、どのようにコアラ男の事件にシロクロつけるのか気になるところである。 パンダは何を象徴しているのか、7話の最後で直樹の父親 田中圭 がパンダの目出し帽を被っているように見えたが、なぜそのようなことをしたのかなど、その謎が明かされるような展開を期待している。 同じことを考えている人は既にいると思うが、パンダは白と黒だが、コアラはグレーであるため、それがグレーな世の中を象徴しているのだと思った。 パンダはそれをはっきりさせるという意味合いがあるのだろう。 ミスパンダはパンダと言いつつ、白を基調とした服で、一方飼育員さんは黒を基調としている。 それは、2人で1つ=パンダを表していると考える。 また、ミスパンダが白なのも、何も知らずに利用されており、且つ純粋な心を持っているため白い服を着ているのだろう。 飼育員さんは、全てを知っていて、レンを利用しているというレンに対する罪悪感や後ろめたい感情を表す黒なのではないかと考えられる。 事件の犯人に関しては、予想はつかないが、今後も期待して視聴していきたい。 ペンネーム:翠月(10代・女性) 直輝の父親がコアラ男だというのは佐島が仕掛けたことなのではないかと思いました。 神代が企んでいるような顔をしたのはなぜなのか気になりました。 遺書が今更出てきたのはなぜなのか何が隠されているのかとても気になりました。 マリコがリコに誰かを殺せと指示をしたのは一体誰なのかも気になりました。 レンの姿になり母親に会いにいくレンはどのような心境で母親と会うのか、母親はどう対応していくのかも見どころです。 直輝が掴んでいる情報と、神代はどこまで手を組み進んでいくのだろうと思いました。 あずさとの関係がなくなり、リコと直輝がくっついてくれればいいのにと思いました。 神代と佐島が手を組んでいるように見せかけ、直輝の父親の遺書をつくったが佐島を陥れるための罠を作っている気がします。 ペンネーム:tjw(20代・女性) いよいよリコとレンの境目がなくなっていき、一人の人物として「飼育員さん」の復讐にともに挑んでいくのではないでしょうか。 そんな中、鍵になるのは、森島直輝のもつパンダのぬいぐるみ、神代の立ち回り、そしてコアラ男の正体です。 おそらくミスターノンコンプライアンスの娘をつかった自作自演をやめさせようとした森島の父親がパンダとなり、真実とともに抹殺されてしまう前にぬいぐるみにいくつものヒントを託しているのでしょう。 そんな中、父の肩身を手に真実に迫る森島と、佐島に取り入ったように見せかけて情報を得て真実に迫る神代が、再び世の中にシロクロつけていくのではないでしょうか。 ペンネーム:さや(20代・男性) 2020年冬ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』第8話のあらすじネタバレと感想! DRAMAPユーザーさんからいただいた、ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』第8話のあらすじネタバレと感想をご紹介します。 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』第8話のあらすじネタバレ コアラ男の正体が森島だと神代に吹き込んだのは佐島だった。 それを信じ神代が報道を流したのだ。 情報を直輝は否定するが信じている様子。 直輝は佐島に会い、父を殺したのではないかというと自分の力で犯人を暴けと言われた。 犯人を暴く為動き出した直樹は、あずさの元へ向かい今まで利用していた事を告げるとあずさは直輝のためなら何でもすると言い、父親である佐島を探ることに。 あずさは父が隠していた書類を見つけ直輝に見せると、森島が隠していたコアラ男の有力な情報をつかんだ。 一方レンは母親に会いにいくと、今すぐ直樹を殺せと言われリコと入れ替わっていることを知らないレンは怯えた。 直輝に会いその事を話すと、直輝はミスパンダの正体はレンだと伝え、父の事件を解決する為にミスパンダとして手助けしてほしいと伝えた。 そしてミスパンダの姿にしリコと会い事件解決に挑む。 今まで通りライブ中継を流し翌日事件の真相を伝えると言い終えた。 この先は一人で真相を暴くという直輝にリコは復讐なんてやめたら?という。 楽しい人生を送ってほしいと伝え元の姿に戻った。 直輝は佐島に会いコアラ男の正体は佐島の部下だと暴いた。 佐島は事件を知られたこと、森島を殺したことを直輝に話し自殺した。 直輝は佐島がまだ何か隠していることを知るが聞き出せなかった。 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』第8話の感想 ラストシーンでレンを拐った着ぐるみは一体何者なのか、レンはどうなってしまうのかとても気になります。 そして父が残した映像は一体なんなのか、実は殺したのは佐島ではないことが分かりそうな感じで終わってしまい解決されずに気になることが増えました。 レンが母親に会い直樹を殺せと言われたことや、ミスパンダと直輝に知らされ動揺しながらも直輝のためならと言ったレンが切なく、どうなったか知りたいからまた会いたいと言ったレンの顔をみると涙が出そうになりました。 辛いこと続きでも強く生きてるレンが幸せになれることがあることを望んでいます。 直輝の事が好きだからという理由であずさは父親の情報をすんなり盗んだが、親子関係なのにも関わらず直輝を選んだ理由に何か隠されているのではないかと思いました。 ペンネーム:sattt(20代・女性) 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』第8話のあらすじネタバレ 前回、コアラ男が森島の父親だった事がニュースで報道され、その続きから始まりました。 森島はその現実を受け入れる事が出来ずにいました。 しかし、森島はどうしても父はコアラ男ではないと直感で感じていました。 また、森島の父を殺したのは法務大臣なのではと疑い続けるのでした。 法務大臣が犯人である証拠を突き止めるために法務大臣の娘のあずさに近づいたことを明かします。 しかし、それでも付き合っていたい娘は森島に法務大臣の部屋に忍び込むように指示し利用するのでした。 そして、ついにコアラ男の手がかりを掴むのでした。 さらに、森島は川田レンのところに行きもう一度だけミスパンダになってくれと頼むのでした。 そして、法務大臣の部下がコアラ男だったことを法務大臣に伝えるのです。 コアラ男誘拐事件は法務大臣の知名度を上げるためのでっち上げだった事が判明するのです。 また、法務大臣が森島の父を殺したこともわかります。 しかし、法務大臣にはまだ隠している事がある事に森島は気付いたのですが法務大臣は自殺してしまうのです。 いったい、その裏に隠されている真相とは… 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』第8話の感想 今回でいよいよ法務大臣が行っていたグレーゾーンが暴かれると楽しみに待っていました。 そして、予想通り法務大臣のグレーゾーンは暴かれてスカッとしてたのですがその裏にさらに奥深い真相がある事をしり、え?!面白い!!!とドキドキしてしまいました。 そして、今回の最後に法務大臣が持っていた森島の父の警察手帳になにかメッセージが隠されているような終わり方でとても次回はどーなっちゃうの?と思うような終わり方でとても見ごたえがありました。 また、川田レンと森島の関係も次回で終わってしまうのかそれとも付き合う流れになるのか楽しみです。 次回も絶対に観たいと思います。 ペンネーム:るー(20代・女性) 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』第8話のあらすじネタバレ コアラ男が父親の哲也だという報道を見た直輝は、その報道を流した神代に会いに行く。 すると神代は、佐島にこの真実を聞いたと話した。 佐島に会いに行くと、やはり佐島は哲也が犯人だと言い、もしも自分を疑うのなら、いつもの方法で白黒つけてみろと直輝を挑発した。 あずさの協力もあり、直輝は哲也の残した事件資料を発見。 それを使って佐島をおびき寄せるべく、レンにこれまでの催眠について打ち明け、協力を仰いだ。 レンは戸惑いながらも頷き、ミスパンダが召喚された。 ミスパンダと共に配信した動画により、直輝の元に現れた佐島は、誘拐事件の自作自演を自白。 ところが直輝は、佐島の中に、まだ何か秘密があることを見抜く。 問い詰める直輝の前で、佐島は薬を飲み意識を失うのだった。 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』第8話の感想 レンが母親の麻衣子の元に向かったシーンが印象的でした。 最初に部屋に入って来た時の麻衣子は、面会に来たのがレンなのかリコなのか分からず、怪訝な表情を見せていました。 レンだと分かると、途端に優しい顔になり、かと思えば、レンを無くしたくない一心で、直輝の殺害まで命じて、恐怖を覚えたと同時に、とても悲しくなりました。 前回、母を想って懸命に気持ちを伝えたリコの想いが、麻衣子には全く届いていなかったのかと思うと、リコが可哀想でなりませんでした。 また、何も知らぬレンに対して、直輝の殺害等という残酷な命令が出来てしまうことも、とても信じられなかったです。 ペンネーム:さきママ(30代・女性) 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』第8話のあらすじネタバレ 直輝は彼女のあずさを8年前に誘拐した事件の犯人であるコアラ男が、自分の父親・哲也だと報道されたことに動揺する。 腹を立てた直輝はこのスクープを報道した神代のもとを訪れ、ガセネタを流した理由を問い詰める。 神代は佐島からコアラ男が哲也であると聞いたことや、哲也が自身の犯行を打ち明けている遺書の文面を写した写真を得たことを話す。 一方、門田を殺害したのは母親・麻衣子だという事実を知りショックを受けたレンは、麻衣子のいる拘置所を訪れる。 レンは門田を殺害した理由を尋ねようとするが、麻衣子から直輝のことを殺すようにと言われてしまう。 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』第8話の感想 神代は直輝たちに協力してくれる存在だと思っていたので残念でした。 自分の父親が恋人の父親を殺害したのかもしれないと知ったあずさは、複雑だろうなと思いました。 父親を裏切ることになっても直輝に協力していたので、あずさの直輝への愛の強さが少し心配になりました。 直輝からミスパンダの正体が自分だと打ち明けられたリンは、もっと動揺するかと思っていました。 ネガティブで弱気だと思っていたリンは、意外と強い心を持っているのかもしれないと感じました。 自分の地位のために娘のあずさを傷つけ、直輝の父親を殺害した佐島は本当に最低だと思いましたが、自殺を図ったことは驚きました。 ペンネーム:YK(30代・女性) 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』第8話のあらすじネタバレ 森島直樹の父親がコアラ男だという報道が流れて、森島直樹は憤慨するところから話は始まります。 報道した、神代の元に向かうが神代は佐島法務大臣から直接もらった情報だと言い出します。 そこで、あずさにお願いして佐島法務大臣の職場を探ってもらう事にします。 その結果、秘密の住所を見つけて、そこを掘り起こすと佐島法務大臣が過去に関わっていた犯罪の証拠が出てきました。 そこで、ミスパンダを使いLIVE中継で佐島法務大臣を挑発する事にしました。 佐島法務大臣は罪を認めて、森島直樹の父親を殺害した事も認めたが、何かをまだ隠している素振りを見せる。 しかし自殺を図りさらなる黒幕の存在は闇の中へと消えてしまった所で話は終わりました。 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』第8話の感想 やはり、佐島法務大臣が関わっていたかというのが最初の感想です。 しかし、それでも何かを隠しているのは一体なんなのか気になります。 自らのキャリアと命をかけて守り抜く秘密とは一体なんだったのか気になりました。 しかし、森島直樹の父親が昔のパンダ男だったのは衝撃的でした、まさに血は争えないと思いました。 そして、森島直樹の父親が残した3本目の動画の中身が気になりました。 森島直樹の父親は本当に佐島大臣に殺害されたのか、それとも別の犯人がいるのかますます謎が深まりました。 そして、リコは本当にこのまま消えてしまうのか、レンだけになってしまうのかも気になりました。 ペンネーム:kei(30代・男性) 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』第8話のあらすじネタバレ 森島はニュースでコアラ男の正体が父親だと言うことが信じられなくて神代に会い話を聞く。 すると神代は父親の遺書のコピーを見せてコアラ男は自分だと書いてあった。 それでも信じない森島はミスターノーコンプライアンスに会い「父親を殺したのは貴方だ」と疑う。 その後、あずさの協力で佐島の執務室を調べてもらうと額縁の裏から紙を見つけてそこにある番号をパソコンに打つと座標であることがわかりその場所に向かう。 そこで穴を掘るとコアラ男の誘拐事件の資料が見つかる。 それからまたミスパンダを呼び出して動画を撮り佐島を誘き出す。 すると佐島は部下に頼んで自作自演で誘拐事件を起こしていたことを白状する。 そのことに気がついた森島の父親を銃で殺したが罪の意識に苛まれてグレーの人間を裁いていたという。 納得ができない森島は佐島を殺そうとするが躊躇ってしまう。 すると佐島は自ら薬で命を断とうとするのだった。 その後、ニュースで佐島が自作自演で誘拐事件を起こしていたことが公になってしまう。 『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』第8話の感想 今回の話はすごく面白かったです。 テンポも良くて話がコロコロと展開していくので先がすごく気になりました。 まさかミスターノーコンプライアンスが自作自演で誘拐事件を起こしていたなんて思いもしませんでした。 しかもあんなにあっさりと森島の父親を殺すなんて冷酷すぎます。 それになぜ銃を持っていたのかその部分も気になりました。 完全に銃刀法違反ですね。 森島はずっと父親がコアラ男ではないと思っていましたから違って本当に良かったですね。 あんなに正義感がある父親はいませんから森島からしたら自慢だったのでしょうね。 来週も楽しみです。 ペンネーム:マルチ(30代・男性) まとめ.

次の

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』 動画の視聴方法は?

白でも黒でもない世界でパンダは笑う デイリーモーション

白でも黒でもない世界でパンダは笑う見逃し1話番組内容横浜流星 日本テレビ系 毎週日曜 22:30~23:25 囲碁棋士の川田レン(清野菜名)はネガティブな性格のせいで試合に勝てず悩んでいた。 そんなレンの唯一の楽しみは、医学生・森島直輝(横浜流星)と会うこと。 世間では、悪人たちを懲らしめる謎の人物・ミスパンダが話題になっていた。 そんな中、顔に包帯を巻いた女性が飛び降り自殺し、さまざまな噂が飛び交う。 ある日、レンは直輝に呼び出され、パンケーキの店へ。 直輝がパンケーキにシロップをかけると、レンの意識は遠のいて… 白でも黒でもない世界でパンダは笑う横浜流星さんの魅力は表情の豊かさだと思います。 笑っていない時はなんだかミステリアスな印象ですが、くしゃくしゃっと笑った顔は女性のハートを打ち抜く魅力があると思います。 また、せつない表情や悲しそうな表情も、見ている人を物語の中にぐっとひきこむ魅力があります。 彼の表情の豊かさはどんな作品に出演されいても一際目立つと思います。 背が高くスタイルもいいので立っているだけでも雰囲気がありますよね。 横浜流星今後の活躍を期待しています。 バラエティーでも活躍していますが、その見た目はイカツイのに天然で面白いギャップが素敵です。 いつもドラマによって印象がガラリと変わるので、白でも黒でもない世界でパンダは笑う今回もそれを楽しみにしています。 今回の役は悪人たちを懲らしめる謎の人物の男性を演じているので、今までとはまた違う演技が見れる気がします。 とても表現力が高いと思います。 今までのドラマの作品を見ていても幅広い演技をする方だなと思います。 顔が少し濃い方なのでヤクザものや、怖い役が合ってるかなと思えば、可愛い役も挑戦していて今回もまた髪型も全く今までと違いますし、予告を見た感じで雰囲気もガラッと変わってる印象でした。 なので、今までの役と全然違う一面が見られるんじゃないかなと期待しています。 横浜流星くんの魅力は、不思議な雰囲気だと思います。 柔らかい顔立ちですが、クールな感じを漂わせたり、でもそのクールな表情の中で時折見せる可愛らしい笑顔だったり、いろんな表情を見せてくれる彼の雰囲気はとても魅力的で、あまり他にはない不思議な雰囲気でたくさんの人が魅了されると思います。 空手も「白でも黒でもない世界でパンダは笑う」というドラマタイトルから連想されられるイメージとして、少しの闇を抱えつつ愛に生きるようなイメージがあり、彼の不思議な魅力も存分に引き出されるのではないかと感じました。 白でも黒でもない世界でパンダは笑う見逃し1話予告動画清野菜名YOUTUBE 清野菜名さんは今人気急上昇中でブレイクしている女優さんです。 ファッション通販のZOZO TOWNのCMで人気に火がつきましたが、今やっているうどんの丸亀の清野菜名もめちゃくちゃ可愛いです。 可愛いだけではなくて、前々クールで放送されたドラマでは、目が笑っていないちょっと謎めいた女の子役を上手に演じていて、清野菜名演技も期待できます。 今作の白でも黒でもない世界でパンダは笑うではヒロインですが、泣ける芝居も見せてくれそうです。 白でも黒でもない世界でパンダは笑う見逃し1話動画評判、口コミ 清野菜名さんのバラエティー番組で見せる、独特なほんわかした雰囲気とは違い、舞台やドラマで魅せる姿は、役になりきっていて、前から本当に女優さんなんだなぁと、羨ましくテレビで見ていました。 そんな中「白でも黒でもない世界でパンダは笑う」に出演することを知り、女優の姿を想像するだけで、早くドラマを確認したくなりました。 今から楽しみです。 横浜流星さん役者としてもご活躍なさってる方です。 これまで数多くの名作に出演し、出ているドラマはどれも面白いと思わせる方です。 これまで芯を曲げない役どころが多かった横浜流星さんですが、普段前髪をかきあげ男前な長瀬さんが、前髪を作ったことで男前に優しさを併せ持った男性になり横浜流星をどう演じるのか見逃せません。 愛情の表現の仕方が特に楽しみです。 少しでも優しさが見られたらいいな。 白でも黒でもない世界でパンダは笑う見逃し2話動画Twitter動画 新日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。 』より さん、 さんから…行ってらっしゃい! — ZIP! だいぶ体も絞っているようですし、このドラマにかける横浜流星さんの意気込みを感じたように思います。 この冬は横浜流星さんに日本中の女子がキュンキュンする事間違いなし!だと思います! YOUTUBEでは視聴できません 白でも黒でもない世界でパンダは笑う1話この物語は一見悪いことをすれば自分に巡ってくるという意味を持っているドラマに見えるが、私はそうは思わなかったこのドラマの文面からは恨みの感情が見えるからである、これは悪への警鐘ではないと思った。 このドラマの成分は社会や理不尽な世界についての恨みや憎悪の感情であり、決して生ぬるいものではない。 そして「悪」とは何か?という問いかけでもある。 白でも黒でもない世界でパンダは笑う必ずしも「悪」が罰せられる世の中ではないこの世界において果たして正義はなんの意味があるのだろうか、そもそも「悪」とはなんなのか深く考えさせられるドラマである。 白でも黒でもない世界でパンダは笑うあなたは「悪」とは何か「正義」とは何か明確に答えられるだろうか、そんなこと深く考えたりすることもないだろう。 実際「法」や「モラル」によってしか成り立っていないような世界に対しただ消費されていく時間に対しなんの疑問や葛藤も無しに生きる人たちへの毒となるこの白でも黒でもない世界でパンダは笑うは深く心に刻まれ、時には人生を変える結果をもたらす可能性さえありうるのである。

次の

魔女の宅急便の見逃し動画を無料視聴する方法!PandoraやDailymotionでは見れない?

白でも黒でもない世界でパンダは笑う デイリーモーション

デメリット・リスク * 画像がとっても荒い。 * 広告がかなり多い。 * 危険なウイルスに感染する可能性がある。 * 視聴やダウンロードで違法となり捕まる事もある。 めちゃくちゃ恐ろしいですよね! さっきまでウィルスってか、偽ウィルスソフトって奴にパソコン侵入されて、約3時間の死闘・・。 パンドラTVで毎回貰ってくる気がする・・。 そうなんよ、、何度もやらかしてるんよ、、サルかってぐらい学んでない訳よ・・。 IEの脆弱性を利用したマルウエアに感染させられる可能性があります。 Google Cromeから警告画面が出た。。。 すげーな、Google。 絶対に違法アップロードされたもので視聴するのはやめましょう!! ずっと無料で見たい方はやっぱり一週間以内に「」や「」で視聴するしか方法はなさそうです。 でも、ちょっと節約すれば1,000円なんてあっという間に浮きますから、是非安心のサイトで視聴するようにして下さいね 白でも黒でもない世界でパンダは笑う3話のあらすじと感想!! 門田明宏(山崎樹範)の診察を受けた川田レン(清野菜名)は、表情が豊かになったと言われる。 恋をしたからではないかと門田に指摘され、森島直輝(横浜流星)を思い浮かべるレン。 彼女の精神状態は落ち着いているように見えたが、10年前に遭遇した火事の記憶のフラッシュバックも度々起こっていた。 そんな中、スピードクライミングの日本代表・宮澤沙奈恵がコーチの鹿野博史とともに緊急会見を開き、日本で近々開催予定の世界選手権を辞退すると発表。 沙奈恵は金メダルを確実視される有望選手だったが、練習中に突然ロープが切れて転落し、大ケガを負ってしまった。 彼女は会見で、誰かが故意にロープを切って自分を殺そうとしたと主張。 そこに沙奈恵の前のコーチ・磯貝誠が現れる。 釈明しようとする磯貝に対して沙奈恵は「あなたがロープを切ったんでしょ!?」と取り乱し、会見は大混乱に。 磯貝は厳し過ぎる指導が問題視されるコーチで、沙奈恵からコーチを解任されたばかりだった。 ロープを切ったのは解任を恨んだ磯貝の仕業なのか?それとも沙奈恵を引きずり下ろしたい別の人物なのか? 世間では憶測が飛び交い、沙奈恵の世界選手権辞退は大きなスキャンダルに発展する。 会見の模様をテレビで見ていたレンは、沙奈恵が中学時代の同級生だと思い出す。 一方、直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、沙奈恵の件について調べるようにと告げられる。 沙奈恵に代わって日本代表に選ばれたのは、沙奈恵のライバルとされていた北里亜香里。 亜香里の公開練習が行われることになり、神代(要潤)ら報道陣が集まる。 そこに世界選手権に出場する海外の有力選手・コリーナとコーチのミルコビッチが訪れる。 コリーナと対面した亜香里は平静を失い、公開練習は中止に。 その時、ミスパンダが現れる。 ミスパンダは亜香里に向かって「宮澤沙奈恵のロープを切ったでしょ?」と迫る。 レンは、入院中の沙奈恵を訪ねる。 久しぶりの再会を喜ぶレンと沙奈恵。 レンは沙奈恵から「リコちゃんが生きていたら…」と言われて動揺する。 レンは直輝と会い、沙奈恵と会ってきたことを伝える。 レンの様子に異変を察した直輝は、悩みを聞こうとする。 レンは直輝に、10年前の忌まわしいトラウマについて打ち明ける。 その後、沙奈恵をめぐる一件に新たな事実が判明し…。 引用: 今回はレンの過去がさらに明らかになってきましたね。 流れ的にその方が納得ですね。 それにしても理由ってなんだろう。 溺愛していたレンが亡くなってリコが生き残ったと知ったら母親がどうなってしまうかわからなかったから? 4話ではさらにいろいろと明かされそうなので楽しみですね! そして横浜流星さんの萌シーンや背筋シーンがあり、今回もサービス満点でした! 本当に目の保養です。 ミスパンダも可愛いし面白すぎます!.

次の