ラインペイ スタバ。 イオンでPayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ)などQRコード決済は利用できるのか?

LINE Pay(ラインペイ)にクレジットカードを登録する方法・メリットは? チャージ機能は使えない?|まるわかりキャッシュレス

ラインペイ スタバ

「LINE Starbucks Card」登場 これまでのLINE Pay対応店舗は一部 今までも、東京を中心とする一部の店舗で、LINE Payのコード支払いによる決済はできました。 【】より 公式ブログでは、10店舗の掲載がありました。 全店舗対応の「LINE Starbucks Card」 今回の「LINE Starbucks Card」の登場で、全国のスターバックスの全てのお店で、間接的にLINE Payで決済できることになりました。 「間接的」というのは、こういうことです。 「LINE Starbucks Card」は、LINE Payからチャージできる• 「LINE Starbucks Card」は、そのバーコードを、お店でスキャンすれば決済に使える 結果的に、LINE Payでキャッシュレスで、スタバのコーヒーが飲めます。 お得なのはコード決済 「LINE Starbucks Card」を使うと「star」というポイントがもらえて、貯めると特典のある「STARBUCKS REWARDS」があります。 頻繁にスタバを使う、常連の方ならご存知でしょうか? 相当使わないと特典は得られないようです。 LINE Payコード支払いができるお店なら、2019年7月末までは、 コード支払い3%上乗せのポイント還元がLINE Payではあります。 ですので、コード支払いができるお店なら、 コード支払いを使った方が、「LINE Starbucks Card」を使うよりお得になります。 「LINE Starbucks Card」へのチャージ単位は、1000円以上になります。 細かい金額はチャージできません。 スターバックスでキャッシュレス とはいえ、コード支払いできるSTARBUCKS のお店は全国にまだ少ないので、スターバックスファンの方には嬉しいですね。 スターバックスにはコアなファンも多く、意識も高いので、キャッシュレスが進むと喜ばれるでしょう。 話題の人気メニューを頼んだり、友達におごったりしてもいいですね。 割り勘や個人送金も、LINE Payなら簡単にできますし。 【】より カード発行方法 ガイドに従って進めるだけで、簡単にカード発行できます。 ポイントは、既にスターバックスの会員カードを持っている場合は「My Starbucks会員」をタップして既に持っている会員番号等を入力します。 まだ、会員で無い人は「新規発行」をタップします。 これぐらいです。 注意点 注意点としては、「LINE Starbucks Card」への チャージは1000円以上です。 細かい金額をチャージできないのが、残念です。 まとめ 大手人気店のスターバックスに、LINE Payが対応したことは大きいですね。 スタバの決済もキャッシュレスで、スマートにオトクに出来ちゃいます。 LINE Pay拡大の勢いは、まだまだ止まりません。

次の

イオンでPayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ)などQRコード決済は利用できるのか?

ラインペイ スタバ

LINEスターバックスカードとは? LINEスタバカードは、LINEアプリ内で発行できるスタバ専用のデジタルプリペイドカードです。 2019年4月8日より全国の店舗で順次利用できるようになっています。 LINEユーザーであれば会員登録せずに発行・チャージ・支払いが可能で、スタバのポイントプログラム「」も貯めることができます。 LINEスタバカードと公式アプリのスタバカードとの比較 スタバで使えるデジタルプリペイドカードには、大きく分けて「LINEスタバカード」と「スタバ公式アプリのスタバカード」の2種類があります。 なお、公式アプリのスタバカードにはプラスチックの物理カードもあります(後述)。 LINEスタバカードと公式アプリのスタバカードの違い LINEスタバカード 公式アプリのスタバカード 発行 LINEアプリから発行 スタバ公式アプリから発行 支払い LINEスタバカードの残高から支払い スタバカードの残高から支払い チャージ• LINE Pay• 現金またはクレジットカード(店頭で)• クレジットカード(アプリから)• オートチャージ• 50円(税別)の支払いでGreen Starが1つ貯まる• Green Starを250個集めるとGold Starを集められる• Gold Star150個集めるとReward eTicketsを1枚発行• スタバ公式アプリから会員登録することで発行・チャージ・支払いが可能です。 appllio. com ちなみに、スタバのプリペイドカードには物理カードもあります。 この物理カードは店頭でカード内にチャージして支払いに利用できるほか、カードの裏面に記載されたカード番号とPIN番号をスタバ公式アプリに入力すれば、アプリからチャージや支払いすることもできます。 物理タイプのスタバカード 公式アプリのスタバカードとLINEスタバカードの違い スタバ公式アプリのスタバカードは、LINEスタバカードと同様の機能もありますが、機能や仕様でいくつか異なる点もあります。 会員登録 スタバ公式アプリの場合、チャージや支払いをおこなうためには会員登録が必要となります。 会員登録するためには、生年月日、メールアドレス、パスワードなどの入力をおこないます()。 一方のLINEスタバカードは、 会員登録をしなくても利用を開始できるというメリットがあります。 会員登録しなかったユーザーは「準会員」という会員区分となり、決済やチャージなどが利用可能です。 ただし、Rewardについては貯めることができるのみで、貯まったStar(いわゆるポイント)をGold StarやReward eTicketsに交換することはできません。 交換するためには、LINEスタバカードからMy Starbucks会員に登録しなければなりません。 チャージ LINEスタバカードは、 LINE Payでチャージできるのがメリットの1つです。 左:スタバ公式アプリのチャージ画面 右:LINEスタバカードのチャージ画面 LINE Payによるチャージは、厳密にはLINE Pay残高を使ってLINEスタバカードにチャージすることになります。 たとえば1000円をチャージした場合、1000円分のLINE Pay残高を利用したことになりますので、LINE Payボーナスの付与やPayトクなどのキャンペーン対象にもなります。 公式アプリのスタバカードは、基本的にアプリに登録したクレジットカードから金額を指定(最小で1000円から)してチャージします。 また、一定の金額を下回るとあらかじめ設定した金額を自動的にチャージする「オートチャージ」機能もあります。 オートチャージはLINE Payによる残高利用ではないため、LINE Payの還元を受けることはできません。 なお、いずれも店舗での現金・クレジットカードによるチャージが可能です。 カードの複数枚登録 LINEスタバカードで登録できるスタバカードは1枚だけとなっています。 一方、公式アプリのスタバカードは1人につき最大30枚まで登録が可能です。 LINEスターバックスカードの使い方 本項目では、LINEアプリからLINEスタバカードを発行・チャージ・支払いする方法を解説します。 LINEスタバカードを発行する方法 LINEスタバカードは、LINEアプリをインストールしているユーザーであれば誰でも発行できます。 LINEアプリの「ウォレット」タブから[マイカード]を選択。 「LINEマイカード」の一覧から[LINE Starbucks Card]を選択し、[取得する]をタップします。 「LINE Starbucks Cardへようこそ!」の画面で[次へ]をタップ。 注意事項と利用規約を確認したら「上記の内容に同意した上で発行する」にチェックを入れ、[新規発行]をタップします(すでにMy Starbucks会員のユーザーは[My Starbucks会員]をタップ)。 [新規発行]をタップすれば、これでLINEスタバカードの発行は完了です。 ただし、ここまでの手順は「準会員」の登録方法です。 本会員の登録方法はします。 LINEスタバカードにチャージする LINEスタバカードのチャージは、LINE Payまたは店舗でおこなえます。 LINE Payでチャージ まずはLINEスタバカードを起動します。 [LINE Payで入金]をタップし、チャージしたい金額を入力します。 1回につき最低1000円以上の1円単位で1万円までチャージ可能で、蓄積限度額は3万円となります。 なお、LINE Pay残高が不足しているとLINEスタバカードにチャージすることができません。 LINE Payにチャージする方法は下記の記事を参照してみてください。 appllio. com 店舗でチャージ 店舗でチャージする際には、LINEアプリからLINEスタバカードを開き、トップ画面に表示されるバーコードをレジに提示します。 店員がバーコードをスキャンしてくれるので、金額の横にある更新ボタンをタップするとチャージ金額が更新されます。 チャージは最小で1000円から、1円単位で可能です。 スタバ公式アプリと連携している場合、スタバ公式アプリの残高にも反映されます。 LINEスタバカードで支払う スマホに表示されたバーコードをレジで読み取ってもらうだけで支払いは完了 LINEスタバカードで支払う場合は、LINEアプリからLINEスタバカードを開き、トップ画面に表示されているバーコードをレジで提示するだけです。 店員がバーコードを読み取ると決済は完了。 支払い金額はLINEスタバカードの残高から差し引かれます。 ちなみに、LINEスタバカードと現金の併用は可能です。 LINEスタバカードの残高が不足している際に、不足分を現金で支払うこともできます。 スタバ公式アプリとの連携・本会員への登録 LINEスタバカードとスタバ公式アプリは、連携させることができます。 そのメリットや方法について紹介します。 LINEスタバカードとスタバ公式アプリの連携メリット スタバ公式アプリにLINEスタバカードを登録することで、チャージや支払いの際に「LINEを開いて、ウォレットタブからマイカードを選択して…」という手間が不要になります。 LINEスタバカードと連携したスタバ公式アプリ。 また、スタバ公式アプリに追加することで、チャージはクレジットカードまたはオートチャージが可能になります。 LINE Payでチャージしたい場合は、LINEアプリのマイカードからLINEスタバカードを起動する方法でチャージすれば、LINE Payの特典も受けることができます。 Rewardを貯める条件も変わることはありません。 LINEスタバカードからの本会員への登録が必要 LINEスタバカードとスタバ公式アプリを連携させるには、LINEスタバカードからMy Starbucks会員に登録する必要があります。 画面下部の[My Starbucks会員登録]をタップします。 生年月日やメールアドレスの入力、パスワードを設定など必要項目を記載し、利用規約の同意にチェックを入れて[同意して次へ]をタップします。 その後、氏名、電話番号、住所などを入力し、[同意して登録する]をタップします。 設定したアドレス宛に届くメール 設定したメールアドレス宛てにメールが届きますので、記載されているURLをタップすれば、My Starbucks会員の登録は完了です。 スタバ公式アプリからログインすれば連携完了 次にスタバ公式アプリとの連携です。 スタバ公式アプリを開き、右下の[ログイン]をタップ。 会員登録の際に設定したメールアドレスとパスワードを入力してログインします。 これでスタバ公式アプリがLINEスタバカードを読み込み、連携完了です。 次回よりスタバ公式アプリからLINEスタバカードによる決済が可能となります。 一度発行したLINEスタバカードは、利用中のスタバ公式アプリにあとから登録することはできません。 連携させるには、LINEスタバカードの[ メニュー]から[スターバックスとの連携を解除]を選択し、My Starbucks会員として新規でLINEスタバカードを発行しなければなりません。 LINEスタバカードとの連携を解除する際、残高は0円にする必要があります。 まとめ:LINEスタバカードを発行するメリットはある? LINEスタバカードはLINEから簡単に発行でき、本登録なしでもチャージ・支払いが可能なため、これからスタバに通おうと思っている初心者向けの機能といえます。 LINE Payでチャージすれば、その還元も受けられます。 本会員の登録も最初だけ情報の入力などに時間を要しますが、一度設定してスタバ公式アプリと連携させてしまえば、スタバ公式アプリを立ち上げるだけでLINEスタバカードを利用できるため利便性は向上します。

次の

ラインペイ(LinePay)のスタバでの使い方!ポイントや割引で超お得!

ラインペイ スタバ

「LINE Starbucks Card」登場 これまでのLINE Pay対応店舗は一部 今までも、東京を中心とする一部の店舗で、LINE Payのコード支払いによる決済はできました。 【】より 公式ブログでは、10店舗の掲載がありました。 全店舗対応の「LINE Starbucks Card」 今回の「LINE Starbucks Card」の登場で、全国のスターバックスの全てのお店で、間接的にLINE Payで決済できることになりました。 「間接的」というのは、こういうことです。 「LINE Starbucks Card」は、LINE Payからチャージできる• 「LINE Starbucks Card」は、そのバーコードを、お店でスキャンすれば決済に使える 結果的に、LINE Payでキャッシュレスで、スタバのコーヒーが飲めます。 お得なのはコード決済 「LINE Starbucks Card」を使うと「star」というポイントがもらえて、貯めると特典のある「STARBUCKS REWARDS」があります。 頻繁にスタバを使う、常連の方ならご存知でしょうか? 相当使わないと特典は得られないようです。 LINE Payコード支払いができるお店なら、2019年7月末までは、 コード支払い3%上乗せのポイント還元がLINE Payではあります。 ですので、コード支払いができるお店なら、 コード支払いを使った方が、「LINE Starbucks Card」を使うよりお得になります。 「LINE Starbucks Card」へのチャージ単位は、1000円以上になります。 細かい金額はチャージできません。 スターバックスでキャッシュレス とはいえ、コード支払いできるSTARBUCKS のお店は全国にまだ少ないので、スターバックスファンの方には嬉しいですね。 スターバックスにはコアなファンも多く、意識も高いので、キャッシュレスが進むと喜ばれるでしょう。 話題の人気メニューを頼んだり、友達におごったりしてもいいですね。 割り勘や個人送金も、LINE Payなら簡単にできますし。 【】より カード発行方法 ガイドに従って進めるだけで、簡単にカード発行できます。 ポイントは、既にスターバックスの会員カードを持っている場合は「My Starbucks会員」をタップして既に持っている会員番号等を入力します。 まだ、会員で無い人は「新規発行」をタップします。 これぐらいです。 注意点 注意点としては、「LINE Starbucks Card」への チャージは1000円以上です。 細かい金額をチャージできないのが、残念です。 まとめ 大手人気店のスターバックスに、LINE Payが対応したことは大きいですね。 スタバの決済もキャッシュレスで、スマートにオトクに出来ちゃいます。 LINE Pay拡大の勢いは、まだまだ止まりません。

次の